アイリス(ポケモン)

登録日:2010/10/08(金) 20:32:46
更新日:2022/06/04 Sat 23:26:11
所要時間:約 15 分で読めます


タグ一覧
BW BW2 うみだよー!! おい、ポケモンバトルしろよ さいきょう ちっぱい どどんがどーん! ほへー もふもふ アイリス アイリス☆マギカ アニポケヒロイン アホの子 アルティメットアイリス イッシュ地方 ウェヒヒ エルフーン オノノクス ジムリーダー スーパーソウリュウ人 ソウリュウシティ チャンピオン トレーナー ドラゴン ドンバトル優勝者 ヒロイン ベストウイッシュ ポケスペ ポケットモンスター ポケモン リアルファイター ロリ ロリコンホイホイ 双竜の片翼 子供ねぇ〜 ←お前もな 巫女 市長の孫 悠木碧 愛すべきバカ 新無印 日高里菜 竜の心を知る娘 竜使い 竹達彩奈 褐色



どお? どお? どお? 

あたしイッシュチャンピオン! びっくりした?


出典:ポケットモンスター、65話『ドラゴンバトル!サトシVSアイリス!!』、19年11月17日から放送中。
OLM、テレビ東京、MEDIANET、ShoPro、
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon



アイリスとは『ポケットモンスター ブラック・ホワイト』の登場人物
及びアニメ『ポケットモンスターBW(ベストウイッシュ)』のヒロイン。

CV:悠木碧(アニポケ)、日高里菜(ジェネレーションズ日本語版)、竹達彩奈(ポケマス)




【ゲームでのアイリス】

通称「竜の心を知る娘」
『ブラック・ホワイト』ではホワイトバージョン限定のソウリュウシティジムリーダー
双流(双龍)の街でシャガと共に挑戦者を待ち構える、イッシュ地方における最後のジムリーダーである。
ドラゴンタイプの使い手。
(ちなみにブラックバージョンはシャガがジムリーダー)


バッジ:レジェンドバッジ

わざマシン:わざマシン82「ドラゴンテール」



小柄で健康的な褐色の肌(日焼け)をした明朗快活な元気少女。
腰まで伸びた髪を左右のツインテと先端で結っているが、髪のボリュームがハンパではない。

民俗風の衣装を纏い、下はレギンスのような物を履いている。
アニメで脱いだことがある。
しかし、その中身がどうなっているかは結局判らず仕舞いである(※当たり前)。
おいバスラオ、ちょっと俺と代われ

当初はシャガの孫だと思われていたが、後のニンドリのスタッフインタビューで、シャガとは血のつながりがないことが判明した。
そのインタビューの大村祐介氏によると、アイリスは「ドラゴンタイプのポケモンと共生している一族の子」であり、
それをシャガに見込まれて留学しているらしい。

他にも
シャガとアイリスが対であることを強調してデザインしたこと
ドラゴンタイプのポケモンと一緒に暮らすので、それに近い格好の方がコミュニケーションが取りやすいと考え髪型をデザインしたこと
「シャガに連れてこられた時は民族衣装しか着ておらず、それで走り回られると目のやり場に困るので、シャガが靴とレギンスを買い与えた」
というイメージでデザインしたこと
等が明かされた。

言語表記を漢字モードにしても、彼女だけ殆ど平仮名で喋る。
そのため一部ファン間でアホの子扱いされてしまっている。
実際は主人公やベル達を「おにいちゃん」「おねえちゃん」と呼んでいるため、
単にアイリスの設定年齢がかなり低いから平仮名で喋っているんだと思われる。(園児や双子ちゃん等の幼いモブもよく平仮名で喋る)
つまりロリ

ロリでアイリスと言っても、とある帝國の過激集団の令嬢レプリロイドネットナビや住み込みスナイパーではない。



《作中の活躍》

彼女の初登場はヒウンシティのイベント。
プラズマ団に奪われたベルのポケモンを手分けして探してくれる。
幼いながら、ベルのボディガードを務めるなどこの時点で既にやり手の雰囲気を漂わせている。

そして再会は最後の街ソウリュウシティとなり、外道チスの演説を聴いて憤慨した彼女は何とか主人公に協力しようとシャガの元へ案内。
伝説の双龍『レシラム』と『ゼクロム』の神話を語り、伝説の存在との邂逅のヒントを教えてくれる。

ソウリュウジム内は龍を模した構造物を渡り歩き最奥まで踏破するもの。
ほぼ一方通行なので難易度は高くはないが最終関門ともあり、結構時間は掛かる。
そして漸く辿り着くと待ちくたびれた彼女は


「ねーねー! どんな ポケモンと
 どんなふうに たたかうの!?
 あたし きょうみしんしん だから
 もう はじめちゃうね!」


もう拙者の愚息も辛抱堪らんでござるッ!
ブラック買った人涙目、そう涙目である。こんな可愛い子とあんな事やこんな事が出来ないなんてッ……!
ハンサム「署まで御同行願いますね^^」


◆手持ちポケモン

ポケモン 性別 Lv. 特性 技構成 持ち物 備考
オノンド 41 とうそうしん ドラゴンテール
りゅうのいかり
ダメおし
りゅうのまい
-
クリムガン 41 ちからずく ドラゴンテール
なしくずし
リベンジ
つじぎり
オノノクス 43 かたやぶり ドラゴンテール
きりさく
ダメおし
りゅうのまい

手持ちは全てが四倍を狙えない純正ドラゴンで構成されている為、一撃で落とすのは難しい。

切り札は殺戮の破断竜オノノクス。
特性は『型破り(チート)』。
必ず「りゅうのまい」→「ドラゴンテール」の戦法を執り、やり過ぎってくらい異様に舞ってくれるので、その間に落とせたりするアホの子仕様……
というかそもそも「ドラゴンテール」は強制後攻技なので竜舞の旨味薄く、更にアホの子仕様。

ちなみにバトル中に彼女のポケモンにダメージを与えると


「ポケモンの いたみ……
 あたしもおなじようにかんじる!」



見事勝利すると負けてしまった彼女は


「ふわあああ……」


という可愛いらしい台詞を放つ。

ちなみにブラックでの彼女は、手持ち内の最高になついたドラゴンタイプのポケモンを見せる事で竜技最終奥義『りゅうせいぐん』を伝授してくれる(ホワイトでのシャガの役割)。

サザナミタウンの別荘ではシロナに非常に懐いており、彼女の周りをぐるぐる回っている。
またアイリス曰く「シロナさんのガブリアスはとってもキュート」らしい。
まぁ一応、♀だけど…





以下『ブラック2・ホワイト2』のネタバレ




















ブラック2・ホワイト2での活躍》

BW2ではなんとチャンピオンに昇格。
いろいろな意味で素晴らしいチャンピオン専用BGMをお供に装いも新たに髪型も変え、更に可愛くなった。
ちなみに衣装はシャガからのプレゼント。

2年経って年齢が上がり、言葉もしっかりして、漢字も入るようになった。
余談だが前作でアホの子ではなく園児や双子ちゃんと年齢が同じという理由で前作に漢字が入っていなかったと仮定した場合、なんと2年後の今作では7〜9歳という事になり文句なしの最年少チャンピオンになる。アデクが最年長チャンピオンだった事を踏まえるとあり得そうな設定。

精神面ではまだアデクに劣るものの、若さと未来を兼ね備えた実力者として正々堂々戦い、チャンピオンの座を勝ち取ったようだ。


◆手持ちポケモン

ポケモン 性別 Lv. 特性 技構成 持ち物 備考
サザンドラ 57 ふゆう りゅうのはどう
かえんほうしゃ
なみのり
チャージビーム
-
クリムガン 57 ちからずく ドラゴンテール
かえんほうしゃ
きあいだま
いわなだれ
ラプラス 57 ちょすい なみのり
れいとうビーム
10まんボルト
うたう
ボスゴドラ 57 いしあたま いわなだれ
すてみタックル
じしん
ボディパージ
アーケオス 57 よわき いわなだれ
アクロバット
ドラゴンクロー
がむしゃら
オノノクス 59 かたやぶり ダブルチョップ
じしん
シザークロス
りゅうのまい
きあいのタスキ

まさかの初手サザンドラ。これには多くのプレイヤーが驚愕したであろう。
エースのオノノクスは襷竜舞とかいう戦法をしてくるため要注意。

ワタル同様、ドラゴンっぽい非ドラゴンも組み込まれているのでバランスはさほど悪くない。
強力なこおりタイプやドラゴンタイプがいるからといって油断はせず、万全な態勢で臨むこと。

+ チャレンジモード
ポケモン 性別 Lv. 特性 技構成 持ち物 備考
サザンドラ 61 ふゆう りゅうのはどう
だいもんじ
なみのり
きあいだま
ものしりメガネ
クリムガン 61 ちからずく げきりん
ほのおのパンチ
かみなりパンチ
きあいだま
いのちのたま
ラプラス 61 ちょすい ハイドロポンプ
ふぶき
かみなり
うたう
こうかくレンズ
ボスゴドラ 61 いしあたま もろはのずつき
すてみタックル
じしん
ボディパージ
ちからのハチマキ
アーケオス 61 よわき ストーンエッジ
アクロバット
ドラゴンクロー
がむしゃら
ひこうのジュエル
オノノクス 63 かたやぶり げきりん
じしん
ハサミギロチン
りゅうのまい
きあいのタスキ

チャレンジモードでは四天王同様に全ポケモンが当たり前のように道具を持っているほか技構成が強化後と同様の物となり非常に強い。
特に注意すべきなのは前作のゲーチスと同様の技構成となったサザンドラ、『ちからずく』と『いのちのたま』のバグコンボを使う両刀クリムガン、『ひこうのジュエル』で威力250近くの「アクロバット」を繰り出すアーケオス。もちろんその他ポケモンも舐めてかかるとptを半壊させるくらいの戦法をしてくるため注意しよう。

+ 強化後
レベル表記は左がノーマルモード、右がチャレンジモード。
ポケモン 性別 Lv. 特性 技構成 持ち物 備考
サザンドラ 76/81 ふゆう りゅうのはどう
だいもんじ
なみのり
きあいだま
ものしりメガネ ノーマルモードでは持ち物を持っていない
クリムガン 76 ちからずく げきりん
ほのおのパンチ
かみなりパンチ
きあいだま
いのちのたま ノーマルモードの場合のみ
ラプラス 76/81 ちょすい ハイドロポンプ
ふぶき
かみなり
うたう
フォーカスレンズ ノーマルモードでは持ち物を持っていない
ボスゴドラ 76/81 いしあたま もろはのずつき
すてみタックル
じしん
ボディパージ
ちからのハチマキ ノーマルモードでは持ち物を持っていない
アーケオス 76/81 よわき ストーンエッジ
アクロバット
ドラゴンクロー
がむしゃら
ひこうのジュエル ノーマルモードでは持ち物を持っていない
ボーマンダ 81 いかく りゅうせいぐん
だいもんじ
じしん
かみくだく
いのちのたま チャレンジモードの場合のみ
オノノクス 78/83 かたやぶり げきりん
じしん
ハサミギロチン
りゅうのまい
きあいのタスキ

チャレンジモードではクリムガンと入れ替わりに珠持ち両刀ボーマンダが加わる。
また、何気にラプラスの持ち物が『こうかくレンズ』から『フォーカスレンズ』に変化している。





【アニメでのアイリス】




子供ね~。



出典:ポケットモンスター ベストウイッシュ、3話『ミジュマル!メグロコ!危機一髪!!』、
10年9月23日~12年6月14日まで放送。
OLM、テレビ東京、MEDIANET、ShoPro、
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon


第一話から登場。BWシリーズのヒロイン。
ゲームでジムリーダーをしているキャラがヒロインにきたのはカスミ以来で二回目。

ドラゴンポケモンを放し飼いにしている「竜の里」出身の少女。
夢はドラゴンマスター。寒いのが苦手。
ドラゴンポケモンが好きで「ドラゴンタイプに悪い子はいない」という独特の持論を持つ。
髪の中にキバゴが住み着いている(なおキバゴの体重は18kg)

陽気で、天真爛漫な性格。
ゲーム以上に喜怒哀楽が豊かで、幼さも兼ね備えているがゲームほどのアホのこっぽさは無い。
多少生意気な面が見られ、サトシに「子供ねぇ~w」と言うのは日常茶飯事。
しかしアイリス自身がかなり子供なため、これは無印時代のサトシとカスミのような姉弟のやり取りではなく、あくまで同レベル。双子か年子の兄妹くらいのものか。
サトシに「お前も子供だろ!」と言い返されて「そーよ子供よ~!」と答えることもある。

序盤はよくサトシと口喧嘩をしていたが、中盤から喧嘩自体少なくなった(ただし終盤に一つでかいのをやらかしているが)。
変わらず度々子供扱いはしつつも、サトシがスルースキルを会得したのもあっていわゆる「お決まり」なだけになり形骸化。
普通の仲間と変わらぬ関係となり、たまに一緒に木登りや綱渡りで遊んでいる。
悪いと思った事は素直に謝ったりもする。

野山を駆け回るのが好きで、非常に野生味溢れるキャラ。
サトシ(エイパムなみ)をも上回る身軽さを持つ。枝から枝へ飛び移りながら木々の間を軽々渡っていく姿はポケモンと間違えてもいいレベル。
その歴代ヒロイン最高と思われる運動神経とサトシ並の大胆な行動力から、一部から『スーパーソウリュウ人』と呼ばれていたりする。

今までのヒロインは出会い時にピカチュウに自転車を壊されていたが、アイリスは初めて自転車を破壊されなかった。
(ただしポケモンに間違われてボールをぶつけられた)
それ以前に自転車を所有していない。そんなものいらねえ。
なお後作のセレナも同じである。

また、彼女メインの回だとやたら作画に気合いが入っているのも特徴。
中の人の熱演もあり、メイン回の時は声が某まどかにしか聞こえなかったりする。

次作のXYシリーズには登場せず、現行シリーズに前作のヒロインがゲストとして再登場する慣習は無くなった。



《軌跡いろいろ》

◆旅立ちのきっかけは、竜の里のオババ様から、生まれたばかりのキバゴを立派なオノノクスにするよう言われたこと。
(ただしこれには裏事情がある)

◆ドラゴン使いのイブキや、ガブリアス使いのシロナを尊敬している。

◆ドラゴンポケモンに対して底なしの優しさを持っているが、交流には結構身体を張っている。
凶暴な奴相手には命懸け。

◆物語後半までシャガのことを避け続けていた。
シャガとの出会いは、昔開かれた竜の里のバトル大会。惨敗してドリュウズにトラウマを植え付けられた。
その後色々あって、旅の途中で竜の里に里帰りをした時、進化したサザンドラの暴走をアイリスが止めたのをシャガが目撃し、ソウリュウジムで再びバトルすることとなる。

◆実は昔はドラゴンポケモンが怖くて苦手だった。
だが偶然知り合ったクリムガンの優しさに触れて以降、ドラゴン大好きになった。

◆ライモンシティではサトシとデートしていた。
サトシ爆発しろ
……ただし、サトシは鈍感なのでデートを理解できていないが。

◆ルークと共に映画を撮影する話では、化けたゾロアと双子の巫女を演じた。
そして2011年最後のSPではまた別の巫女姿を披露。
ミロス島が荒れ狂うボルトロストルネロスにより絶体絶命の危機に陥る中、彼女の祈りの力によりランドロスが呼び覚まされた。
なおどちらの巫女姿も古代中南米風で非常に似合っている。

◆シーズン2でヒカリと知り合った。タイプはかなり異なるはずだが、女の子同士すぐに打ち解けた。
「子供ね~」も仲良く二人で。

◆終盤はサトシとデント(途中からパンジーも)と共にカントー地方へ向かう船旅をしていたが、
到着後はジョウト地方にあるフスベシティジムを訪ねるため一行と別れた。



《特異な立ち位置》

実はアイリスはごくごく初期の頃は、正体不明の謎の少女という扱いだった。
というのも、最初はアニメオリジナルキャラだと思われていたのだが、
ゲーム発売後に原作キャラかつラストジムリーダーだと判明したため、どういった立ち位置にされるのか未知数だったのだ。

現にアニメ初登場時、既に旅に出ている状態であったことや、ポケモンバトル経験者であると匂わせていたこと、
そのわりにカスミほどの「先輩風(かぜ)」には欠けていたり、
また暫くの間、旅の目的が何であるのか伏せられていたりなど、その扱いは歴代ヒロインの中でも特異だった。


で、結局のところどういう子だったのかというと、めちゃくちゃ荒削りなダイヤモンド原石のようなキャラである。


ゲームではチャンピオンにまで上り詰めているキャラを元にしているため、アニメのアイリスも潜在能力はかなりのもの。
幼少期、竜の里で開かれたバトル大会をドリュウズだけで勝ち抜いて優勝したり(その時の総合戦績は99連勝だった)
その後シャガに敗北したにも関わらず、才能を見抜かれ、ソウリュウ学園の英才教育を受けるよう推薦されたり(ただしアルプスを恋しがるハイジよろしく中退に至っている)
竜の里でもごく限られた数人しか持たない「ドラゴンポケモンと心を通わす特殊能力」を持っていたりする。
ドンバトルでサトシに勝って優勝したこともある。

だが一人のトレーナーとしてはまだまだ未熟で、そのレベルは恐らく本作でグレードダウンしたサトシよりも下である。
本編中の手持ちの中で一度も命令無視しなかったのは赤ん坊のキバゴのみであり、
ポケモンとの交流は最初から最後まで悪戦苦闘の連続であった。
特に後半加入したカイリューとはなかなか完全に心を通わせることが出来なかった。

だが、キバゴは最初未完成(りゅうのくしゃみ…)だった『りゅうのいかり』を完成させ、さらにドンバトル準決勝中に『げきりん』を覚えるなど着々と成長しているし、
ドリュウズは過去のトラウマを乗り越え言う事を聞いてくれるようになったし、エモンガも今はアイリスを信用している。
カイリューも特別編まで引っ張ったものの、何とか心が通じるようになっている。

今はソウリュウジムの後継者候補となって修業を続けるアイリスは、いつの日か、ジムリーダーとしてサトシとバトルする日が来るのだろうか。
これからの成長に期待である。


キミにきめた!

本編のパラレル映画には歴代の旅仲間同様EDに登場。この世界のサトシに初めて会うシーンが描かれている。
他の旅仲間がサトシに話しかけられてきょとんする中、アイリスは一瞬きょとんとするが、すぐに満面の笑顔を浮かべている。
このEDでサトシに笑顔を向けたのはアイリスとセレナのみ。
セレナは落とした帽子を拾ってくれたサトシへの感謝の笑みなのに対し、アイリスの場合は本人の無邪気さ故だろうか?



新無印編

XYどころかSM編にも再登場しなかったが、新無印編65話『ドラゴンバトル!サトシVSアイリス!!』にて再登場
ポケモンワールドチャンピオンシップスのバトルを申し込むためサトシに手紙を送る。
アイリスは最近エントリーしたばかりで、やっとスーパークラスになったばかり。なのでハイパー直前のサトシとバトルしてランクを大幅にあげたいようだ。
そしてサトシとゴウがイッシュ地方へ向かうと……。



出典:ポケットモンスター、65話『ドラゴンバトル!サトシVSアイリス!!』、19年11月17日から放送中。
OLM、テレビ東京、MEDIANET、ShoPro、
©Nintendo・Creatures・GAME FREAK・TV Tokyo・ShoPro・JR Kikaku ©Pokémon


なんとゲーム同様チャンピオンにまで登り詰めていたことが判明。
詳しい経緯は不明だが、今でもチャンピオンリーグの設定が生きているのなら、あれからジム巡りをしてイッシュリーグで優勝し、
歴代リーグチャンピオンが参加するイッシュチャンピオンリーグでも優勝し、四天王を制覇してアデクに勝って引き継いだ……と言う事になる。普通にアデクは戦わずして引退した可能性はあり。
この強行軍を一年以内にやったのなら、そりゃXY・SM編に出演している余裕はないよね。

なおチャンピオンになっていることからバトルの腕はシャガを超えたようだが、いまだドラゴンマスターにはなれていないらしい。


オノノクスまで進化したかつてのキバゴとカイリューでサトシに挑むが、最後はオノノクスのりゅうのはどうをカイリューに利用されたりゅうせいぐんで敗北する。
すぐにハイパークラスに行くと約束し2人のバトルは終了した。

なお、バトルの前にサトシと離れて行動していたゴウが木の上で寝ていたアイリスをポケモンと間違えてボールを投げるというサトシと同じ失態を犯している。

演じる悠木氏がアイリスの再登場を知ったのは視聴者と同じタイミング。
悠木氏は一ファンとして新無印を視聴していたため、50話から始まったOP3に映るアイリスとシゲルを見て「再登場するの!?」と驚いたという。
そしてそれから間もなくアイリス役としてオファーが来たので感激したという。

《最終的な手持ち》
◆キバゴ
ドリュウズ
エモンガ
カイリュー
◆フカマル



ポケットモンスターSPECIALでのアイリス】

第10章で初登場。

一言でいえば、「アニメ版の性格に近いがゲーム版に近い立ち回りをしている」。

主人公はブラックなので、立ち回りはブラックバージョン準拠。
本作ではジムリーダーではないものの実力あるドラゴン使いとして描かれており、シャガの元で1年修行していた。

性格は、自分を呼び捨てにしたブラックに「ちゃん」付けで呼ばせたり、ブラックとホワイトの仲を冷かしたりと生意気さやパワフルさが強められている。
その気質は自分の実力の高さに起因しており、そんな彼女を教え諭したシャガとアデクの二人を「おじいちゃん」と呼び慕っている。

ゆえに、アデクを侮辱し打ち負かしたNには怒りを覚えており、既にバッジを8つ集めていたアイリスは彼に勝つためにポケモンリーグに出場。
準決勝でブラックと激突するも、ぎりぎりの攻防に敗れた。

その後、イッシュの伝説を再調査していたシャガに代わってジムリーダーを務めているようだが、第11章開始時にシャガがジムリーダーへの復帰予定を仄めかしたことからすると…。

そしてやはりチャンピオンになっていたことが後に判明。
2年の間はアデクとN、七賢人のアスラ(しょあ!の人)らと洞窟で修行していたが、チャンピオンであるアデクとそのアデクを倒したNが揃っている状況にいてもたってもいられなくなり勝負したらしい。
そしていつかは分からないが2人に勝利し、そしてまたジムへの挑戦もやり直して四天王にも勝利しチャンピオンに就任したとのこと。
流石にNはゼクロムを使ってはいないとは思うがそれでもNの実力はアデクと渡り合うほど強いのでかなりの快挙である。
本編では復活したブラックやホワイトと一緒にキュレムの足留めをしていた。


【二次創作】

フウロとはまたベクトルの違うアホの子である場合が多く、神出鬼没しては相手を子供扱いして頻繁にからかっている。
やはりキバゴを連れている事が多い。




アイリス「わぁーおっぱいおっきい!」
アロエ「そうだろう?」

アイリス「やわらかぁーい」
フウロ「きゃあっ!!」


アイリス「(´・ω・`)」
カミツレ「なん…だと……!?」


名前の由来はおそらくアヤメ科の花であるアイリス。
花言葉は、「よい便り」「メッセージ」「希望」
今作のライバルの名前の由来からして、虹の女神アイリスからとった名前かもしれない



ほへー
…… …… ……
…… …… ……
すごいすごいっ!

アイリス こんなに
つよいアニヲタさんと
ついき・しゅーせーできて
すっごくうれしー!

この項目が面白かったなら……\ポチッと/
キャラクターや作品に対しての愚痴や批判、誹謗中傷等を行った場合、I/P規制・コメント欄の撤去等の措置がされる可能性があります。

最終更新:2022年06月04日 23:26