梅津秀行

登録日:2020/04/05(日曜日) 10:34:37
更新日:2020/04/09 Thu 13:45:17
所要時間:約 5 分で読めます





梅津秀行は日本声優・俳優・ナレーターである。


□プロフィール

生年月日:1955年7月24日
出身地:愛知県
身長:170cm
事務所:81プロデュース
本名:梅津秀之
血液型:O型

□概要

落ち着いた声質が特徴の男性声優。

東京医科歯科大学卒業後にアーツビジョンに入所。
81プロデュースに所属後は1982年に『サイボットロボッチ』のDr.ハイブロー役で声優デビューを果たした。
その後は名バイプレイヤーとして活躍するようになり、特に90年代には多くのアニメ作品に出演していた。
またNHK作品への出演も多く、『飛べ!イサミ』や『アリスSOS』などで個性的な脇役を演じていた。
アニメ以外でもNHK番組のナレーションを担当する機会も多い。
民放では『世界ふしぎ発見』の予告ナレーションで声を聞く機会が多い。
大ベテランとなってからも様々なアニメやテレビ番組で氏の声が聴ける。

□特色

名バイプレイヤーなだけあり、持ち前の落ち着きのある独特な声質で様々な役を演じ分ける。
同じ作品で複数のキャラを演じ分けるということも少なくなく、テレ東版『ミュータント・タートルズ』では渋く艶のある声のスプリンターと甲高い声のクランゲ皇帝を見事に演じ分けている(スプリンターとクランゲ皇帝が同時に出演した回は、クランゲ皇帝はシークレット)。
また両者が会話するシーンでもそれぞれの声質でしっかりと演じ分け、梅津氏の実力の高さが窺え当時の視聴者を驚かせた。
女声・オカマ声にも定評があり、『飛べ!イサミ』や『アリスSOS』などで女声を披露している。
愛知県出身なので、『美少女戦士セーラームーン』などで名古屋弁で演じることがある。

海外アニメ『ルーニーテューンズ』シリーズでは長きにわたりナレーションを担当している。また端役として出演することもある。
スーパー戦隊シリーズにもよく出演しており、『魔法戦隊マジレンジャー』の冥府神スレイプニルなどのレギュラー大幹部から『鳥人戦隊ジェットマン』のドライヤージゲンなどの憎めない悪役まで数多く演じている。

□余談

趣味・特技は乗馬、ヴァイオリン、三味線、フルート。
甘党だが苦い食べ物も平気。しかし酸味の強い食べ物は苦手にしている。

□主な出演作

◆テレビアニメ


◆劇場アニメ


◆OVA


◆ゲーム


◆吹き替え

担当俳優

  • スティーヴ・ブシェミ
  • ドン・チードル
  • マーク・ウィリアムズ
  • ビリー・クリスタル

アニメ

  • スプリンター、クランゲ皇帝(ミュータント・タートルズ) ※テレビ東京版
  • ナレーター 他(ルーニーテューンズ)
  • ピンキー(ピンキー&ブレイン)

◆特撮


◆人形劇

  • ペカリンさん(ともだちいっぱい・かずとあそぼ)
  • ハジメどり、仙ちゃん、首なしガイコツ、なぞなぞの木、ギャオくんなど(ざわざわ森のがんこちゃん

◆その他

  • 玉三郎(天才てれびくん・2代目CGキャラクター)





追記・修正お願いします。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/