NARUTO‐ナルト‐

登録日:2012/04/24 Tue 11:47:20
更新日:2021/01/29 Fri 18:40:37
所要時間:約 8 分で読めます




『NARUTO‐ナルト‐』は週刊少年ジャンプで連載していた漫画。
全700話。単行本は全72巻と外伝1巻。
当時、ONE PIECEと並ぶジャンプの看板作品の一つであった。
作者は岸本斉史。

1997年に赤マルジャンプに読み切りが掲載され、1999年から2014年まで連載された。
第一部と第二部に分かれており、238話までが第一部で、全6話のカカシ外伝を挟み、245話から第一部の約2年半後が舞台の第二部となっている。

アニメは2002年10月から放送開始。
2007年2月からタイトルが改められ、第二部『NARUTO 疾風伝』として放送。
第一部ではサブタイトルコールがあり、基本的にナルトが読んでいるが、他のキャラクターが読んだり、サブタイトルコールが無い回も存在する(序盤や中盤は稀だったが、178話から完全にサブタイトルコールが廃止された)。
週刊少年漫画アニメの宿命として原作に追いつかないようオリジナルストーリーを挿入することが多いが、『BLEACH』と違ってこちらの評判はあまりよろしくない。
各章の節目や、原作でも特に人気の高いエピソードの回では業界最高峰のアニメーターが結集し、超絶クオリティに仕上げることで有名。
特に第一部の最終戦であるナルトvs.サスケを描いた第133話『涙の咆哮!オマエはオレの友達だ』はまさに劇場版並の出来栄えで、アニメ業界でも伝説の回とされている。
第二部ではサクラ&チヨ婆vs.サソリ、第十班vs.飛段・角都、九尾ナルトvs.ペイン、忍連合軍vs.マダラなどが挙げられる。
参加アニメーターに、西尾鉄也 松本憲生 松竹徳幸 山下宏幸 若林厚史 井上敦子 鈴木博文 都留稔幸 松島晃 山下清悟 兵渡勝 拙者五郎 甲田正行 堀越久美子など。
劇場版も多数制作。特に『ROAD TO NINJA』『THE LAST』『BORUTO』は原作者が監修に参加しており、後ろの2作は原作と地続きになっている。

現在、脚本・小太刀右京、漫画・池本幹雄により、ナルトの息子が主人公の『BORUTO‐ボルト‐』がジャンプに月1で連載中。またハリウッド映画化も決定している。

日本は勿論、世界では『ドラゴンボール』や『ONE PIECE』と並ぶ日本の漫画作品の代表として認知されている。
日本国内の累計発行部数は1億4000万部を、海外累計は9500万部を突破。2019年5月の時点で累計発行部数は全世界2億5000万部を突破している。

〈あらすじ〉
忍の里・木ノ葉隠れの里に住む少年うずまきナルトは悪戯ばかりの問題児。
そんな彼の夢は里で一番の忍者・火影になること。
ナルトは襲いくる様々な困難を乗り越え、忍として成長していく。


〈登場人物〉

第十班
猿飛アスマ CV:小杉十郎太
第十班隊長。三代目火影の息子。
第二部で暁の角都・飛段と戦うが…

山中いの CV:柚木涼香
山中一族の少女。サクラのライバル兼親友。
第二部では医療忍術を習得してる。

奈良シカマル CV:森久保祥太郎
IQ200以上の超天才。でもめんどくさがり。
第一部で唯一中忍になれた。

秋道チョウジ CV:伊藤健太郎
秋道一族のデ…ぽっちゃり系。
見た目通りの肉体派。

第八班
夕日紅 CV:落合るみ
第八班の隊長。
優秀な幻術使いでアスマとは恋人同士。
第二部では産休中。

犬塚キバ CV:鳥海浩輔
犬塚一族の少年。
ペット兼相棒の犬、赤丸とはいつも一緒。

油女シノ CV:川田紳司
体に虫を飼っている油女一族。影薄いとか言わない。

日向ヒナタ CV:水樹奈々
ナルトに恋する日向一族の少女。

第三班
マイト・ガイ CV:江原正士
第三班の熱血な隊長。激眉先生。カカシとは永遠のライバル。
『ダイナミック・エントリー!』

日向ネジ CV:遠近孝一
日向一族分家の天才。ヒナタと従兄妹。

ロック・リー CV:増川洋一
忍術・幻術が全く使えず、体術のみで戦い抜く漢。
後述のスピンオフでめでたく主役を獲得。

テンテン CV:田村ゆかり
班の紅一点で武器のエキスパート。
お団子頭のチャイナ娘。

歴代火影
千手柱間 CV:菅生隆之
木ノ葉の初代火影。

千手扉間 CV:堀内賢雄
木ノ葉の二代目火影。柱間の弟。

猿飛ヒルゼン CV:柴田秀勝
木ノ葉の三代目火影。アスマの父親。

波風ミナト CV:森川智之
木ノ葉の里の四代目火影。ナルトの父親。

綱手 CV:勝生真沙子
伝説の三忍の紅一点で医療忍者。
ある出来事から里を出奔していたが、三代目の死後五代目火影になった。

その他
うみのイルカ CV:関俊彦
忍者学校の教師。忍術学園ではない。
ナルトの理解者。

自来也 CV:大塚芳忠
伝説の三忍の一人。三代目火影の弟子でナルトと父ミナトの師匠。

テウチ CV:朝倉栄介
ナルトの行きつけのラーメン屋の店長。

うずまきクシナ CV:篠原恵美
ナルトの母親。

志村ダンゾウ CV:糸博
暗部の「根」の元締めでヒルゼンのライバルだった男。

うちはオビト CV:小森創介
ミナト班のメンバーの一人。
うちは一族出身の忍者でカカシの親友だった少年。

のはらリンCV:七緒はるひ
ミナト班のメンバーの一人。

我愛羅 CV:石田彰
四代目風影の息子。
とある出来事によりかなり荒んでいたが改心した。
第二部では風影になった。

テマリ CV:朴ロ美
カンクロウと我愛羅の姉。

カンクロウ CV:加瀬康之
テマリの弟で我愛羅の兄。傀儡使い。

チヨ婆 CV:谷育子
砂隠れの里の相談役。赤砂のサソリの祖母。

エー
雲隠れの里の四代目雷影。

キラービー CV:江川央生
八尾の人柱力で、四代目雷影エーの義弟。

ジェイ CV:松田健一郎
雲隠れの里の中忍。

オオノキ
岩隠れの里の三代目土影。


霧隠れの里の上忍。

  • 音隠れの里
大蛇丸 CV:くじら
元木ノ葉の忍。伝説の三忍の一人。
野望の為に人間をやめた人。

薬師カブト CV:神奈延年
大蛇丸の腹心。
スパイとして各地を渡り歩いてきた過去を持つ。

君麻呂
大蛇丸の親衛隊隊長。

音の四人衆
大蛇丸の親衛隊。

音の下忍三人組
下っ端。

抜け忍達で構成された犯罪者集団。

ペイン CV:堀内賢雄
暁のリーダー。

小南 CV:田中敦子
暁の紅一点。

うちはイタチ CV:石川英郎
サスケの兄でうちは一族を滅ぼした男。

干柿鬼鮫 CV:檀臣幸
元霧隠れの忍刀七人衆の一人。

サソリ CV:櫻井孝宏
通称赤砂のサソリ。
砂隠れの相談役チヨの孫。

デイダラ CV:川本克彦
爆弾魔の自称芸術家。

飛段 CV:てらそままさき
ジャシン教というカルト宗教の狂信者。

角都 CV:土師孝也
暁の金庫番を務めているお爺ちゃん。

ゼツ CV:飛田展男
トゲトゲアロエヤロー。

トビ CV:高木渉
暁の新入り。

うちはマダラ CV:内田直哉
暁の影のリーダーで柱間のライバルだった男。

  • 蛇/鷹
兄への復讐の為にサスケが大蛇丸の配下から選抜し組織した四人一組の小隊。

鬼灯水月 CV:近藤隆
鷹のメンバーの一人。

香燐 CV:東條加那子→行成とあ
鷹の紅一点。

重吾 CV:阪口周平
鷹のメンバーの一人。

その他
桃地再不斬 CV:石塚運昇
霧隠れの抜け忍。通称鬼人・再不斬。
ナルトの最初の敵。

CV:浅野まゆみ
再不斬の忠実な部下。ナルトの人生に影響を与えた一人。

六道仙人 CV:立川三貴
本名は「大筒木ハゴロモ」。かつてチャクラの真理を解き明かし、忍術を生み出した忍の祖。
乱れた世界に安寧と秩序を齎す創造神とも、世界を無に帰す破壊神とも伝えられている。

大筒木カグヤ CV:小山茉美
ハゴロモの母親で、かつて遠い地よりこの地を訪れたチャクラの祖。
ぶっちゃけ宇宙人。

大筒木トネリ CV:福山潤
カグヤの子孫で月に移住した大筒木一族の最後の生き残り。

〈用語〉
この世界での忍者は、チャクラを操り忍術を扱う一種の傭兵や戦国時代の侍に近い存在。
実際の歴史で存在したいわゆるスパイに近い存在ではなく、海外でイメージされる「ジャパニーズニンジャ」をそのまんま表現したような連中である(後述)。
作中では定義がもう一つあり、初代火影が唱えた「目的のために耐え忍ぶ者」というものである。こちらはいわば忍者としてどうあるべきかを諭す心構えに近い。

  • チャクラ
忍者が術を使用する際に必要とするエネルギー。
身体エネルギーと精神エネルギーを練り合わせ、印を結ぶことで術が発動する。
術は主に忍術・体術・幻術の3つに分類される。
精神を宿す霊魂としての側面もある。

中忍に昇格できる下忍を選抜するための試験。
各里共通の試験となっており、他里からの参加者もいる。

特定の一族の間にだけ受け継がれる特殊な体質や、それに依拠する術のこと。
その能力故に敵から狙われたり、戦争の道具に使われたりと不幸な人生を歩む者もいる。
例:うちは一族・写輪眼
  日向一族・白眼

生き物や物体を自分のもとに転送する時空間忍術の一つ。
ちなみに「口寄せ」は実在の単語であり、イタコが行う降霊術の俗称。本作の固有名詞ではないので注意。

  • 忍刀七人衆
霧隠れの里に伝わる7本の特殊な刀を操る実力者。
…なのだが、作中では五代目水影の側近以外すべて抜け忍となっている。

尾を持つ巨大な獣。その体は膨大なチャクラの塊。
尾の数でそれぞれ一尾や九尾等と呼ばれる。

NARUTO世界で忍の里が存在する国の中で特に強大な5つの国のこと。
五大国の隠れ里で頂点に立つ忍は影の称号を授かり、5人の影は総称して「五影」と呼ばれる。

火の国:木ノ葉隠れの里/火影
水の国:霧隠れの里/水影
風の国:砂隠れの里/風影
土の国:岩隠れの里/土影
雷の国:雲隠れの里/雷影


これらの他にも様々な隠れ里がある。


また、週刊少年ジャンプの兄弟雑誌『最強ジャンプ』で、登場人物の一人ロック・リーを主人公としたスピンオフ漫画『ロック・リーの青春フルパワー忍伝』が連載。
作者は平健史。アニメも放送された。
本編とは一味違ったギャグ満載のNARUTOとなっている。
興味があればそちらもどうぞ。


[余談]
  • 作者である岸本斉史氏は90年代に少年ジャンプに連載されていたが諸事情により連載が中断されてしまった忍者漫画『忍空』の大ファンであり、
    「忍空の続きが読みたいから」という理由で忍者漫画である本作を描いたという逸話がある。
    その為か、一部は忍空をモデルとした術がある。
    例:螺旋丸(風圧掌)

  • 一般的な忍者漫画にはない独特なテイストは「海外から見た間違った忍者」の要素をあえて活用することで生み出されたもの。
    つまり、正確には忍者漫画ではなくNINJA漫画である。
    (そもそも架空の世界が舞台で、ナルトたちは忍者をモチーフにしたNINJAであり、最初から忍者漫画ではない。
    作者自身も初期に発売された公式キャラクターブックのインタビューにて「大好きな忍者の世界を僕なりのファンタジーとして描いてみたかった」旨の発言を残している)
    このためか日本国内以上に(NINJA好きな)海外での人気が凄まじく、あのドラゴンボールに続く世界的な日本漫画として認知されている。

  • 設定の矛盾、後付、誤字、説明になっているようでなってない台詞、顔芸、大した奴だサスケェなど謎の吸引力を持つ魅力があるためか、
    ネット上ではネタ漫画としても高い人気を誇る。
    特に有名なものはふたば☆ちゃんねるのネタスレッド、『ナルトス』
    残念ながら諸々の理由で現在は廃れてしまい、mayでは話題に出すこともタブー視されてしまっているが。

  • 本作が連載開始したジャンプにてるろうに剣心が最終話を迎えた。




追記・修正よろしくお願いします。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2021年01月29日 18:40