LAST RANKER

【らすとらんかー】

ジャンル RPG
対応機種 プレイステーション・ポータブル
発売元 カプコン
開発元 イメージエポック
カプコン
発売日 2010年7月15日
定価 5,990円
判定 なし
ポイント 全体的に練り込み不足
グラフィック、BGMは高評価


ストーリー

世界中の戦士の殆ど、およそ10万人の戦士が所属する組織『戦候機構バザルタ』が支配する世界。戦士達はランキングによって格付けされ、上位ランキングの者が『力』によって世界を統治していた。バザルタと関わりを持たず、流浪の生活を送る天仰民族カンタレラの青年ジグは、ただ繰り返される掟と伝統を守る生活に意味を見出せず、自分自身の価値を実感するため、故郷を捨て戦候機構バザルタへ入ることを決意する。


特徴

  • システム
    • 戦闘システム自体の基本は「装備を整え、アビリティをセットし、コマンド式の戦闘を行う」といった非常にオーソドックスなタイプのシステム。
  • 戦闘の流れ
    • ターン制ではなくリアルタイムバトル。何らかの行動を行うたびに消費され時間経過で自動回復する「SPゲージ」と呼ばれるゲージが主軸となっている。
      • このSPゲージは防御や攻撃などあらゆる場面で消費されるため、攻撃と防御を適度に使い分ける必要がある。あまりガン攻めすぎると防御に割く分のゲージが無くなるため、痛い目を見ることも。
  • 「スキルパレット」
    • 通常の攻撃とは別の特殊な「スキル」を装備しておき、戦闘中に使う事も出来る。装備できる数は4つ。
      • これは他のRPGで言う所の魔法のような物。使用回数に制限はあるが、強力な攻撃手段となるスキルや回復スキル、補助用のスキルなど幅広い種類が揃っており、戦闘での大きな手助けとなる。
      • シナリオを進めていくうち、更に強力な「奥義」の使用も可能になる。
  • 「スタイルスイッチ」
    • 攻撃に特化した「二刀流」、ブレイク性能(後述)に特化した「篭手」、防御性能に特化した「盾」、遠距離から安全に攻撃できる「銃」。
      この4つのスタイルの中から任意の2つを選びセットしておく事で、戦闘中いつでも好きなタイミングで戦闘スタイルを切り替えることが出来る。
  • 「ブレイクゲージ」
    • 体力ゲージなどとは別に「ブレイクゲージ」と呼ばれるゲージが存在し、このゲージを削って空にする事で相手を「ブレイク状態」にする事が出来る。
    • この状態になると相手は完全に無防備になり、与えられるダメージもアップするため、猛攻撃のチャンス。
    • ただしこちらにも同じくブレイクゲージが存在し、同じくこちらもブレイクされる。そのため敵の戦闘スタイルによってはブレイク対策も必要になってくる。
  • ランキング戦
    • メインシナリオやサブクエストとは別に、世界各地に存在する「ランカー」達に勝負を挑み、「ランキング戦」に挑戦する事が出来る。
    • 勝利すると主人公の「ランク」がアップ。対戦したランカーによっては新しいスキルを授けてくれる事もある。

評価点

  • 評価の高いビジュアル。
    • 綺麗にまとまっていて見やすく、且つ見栄えのあるメニュー画面のデザイン等は好評。
    • グラフィックも綺麗に出来ている。
  • 個性的なキャラクター群。
  • 音楽も好評。
    • 作曲の担当は下村陽子氏。
  • 豪華声優陣。
    • メインキャラを神谷浩史氏や中村悠一氏、井上麻里奈氏が、敵のボスを三石琴乃氏に関智一氏、遠藤綾氏といった実力派声優が演じ、物語を大いに盛り上げる。
  • 先を気にさせるストーリー。
    • ただしストーリーに関しては問題点も(詳しくは下記)。

問題点

  • ボリューム不足。
    • とにかくボリュームが無い。途中で寄り道をしたりサブイベントやクエスト、ランキング戦をこなして進めていてもクリアまで30時間弱程度。寄り道しなければもっと早い。
    • クリア後の要素もすぐ終わる。隠しボスも居る事は居るが別段強くはない。
  • 特徴だったはずの「自由に挑戦できるランキング戦」。
    • ランカーは確かに世界中にたくさん居るが、「ある時点までシナリオを進めていないと挑戦を受けてくれない」「ある程度ランクが高くないと挑戦を受けてくれない」等の制限が多く、実際のところはほとんど自由度が無い。
    • また、基本的に一度勝った相手とは再度の戦闘は行えない(闘技場に現れる一部を除く)。せっかく個性的なランカー達が揃っているのにこの仕様ではあまりそれが活かせておらず、自由度の無さと併せてガッカリしたプレイヤーも多い。
  • バランスが大味で底の浅い戦闘。
    • 二刀流スタイルの攻撃性能が強すぎる。強力な技を覚え始めるとどんどんゴリ押せるようになって行く。
    • それとは逆に銃スタイルの性能が微妙すぎる。「カウンター攻撃でこちらの攻撃を妨害してくる相手にも安全に対応できる」のが銃の利点…だったはずなのだが、
      剣スタイルのスキル「ハガネソウル」(相手の攻撃に対してのけぞらなくなる)が完全にその役割を食ってしまっている。単純な攻撃性能においては二刀流スタイルに圧倒的に分があるため、実質銃スタイルの利点が皆無となってしまっている。
    • そもそも戦闘システム自体がどこを取ってもシンプル極まりないため、戦略の奥深さも無い。だいたい何にでも対応できる装備で固めていけばだいたい何とかなる。
    • プレイヤーキャラが始終一貫してジグ1人のみというのも悪い方向へと働いてしまっている。
    • 装備品やスキルの種類もそれほど豊富でもないため戦略の幅もあまり無い。また、この辺りの種類の乏しさはボリューム不足の一因でもある。
  • ラスボスが弱い。
    • その前に戦うボスの方が圧倒的に強いため、普通に戦えば楽勝である。
    • だが実際のところ主人公にとってはその前のボスを倒す事こそが本来の目標である為、彼こそがラスボスともいえるだろう。
  • シナリオの問題点。
    + ※ネタバレを含みます
  • 物語も終盤に差し掛かるころ、顔を合わせれば殺しに掛かって来るほど険悪な仲だった旧友・ファズとの唐突な和解を皮切りに、それまで盛り上がっていたストーリーが驚くほどの勢いで盛り下がっていく。
    • それ以降何故かどんどんと駆け足気味になり、都合良く物語が進む、説明不足がどんどんと増え始める、細かい突っ込み所も数え出したらキリが無い。
    • ファズとのライバル争いやランキング戦の決着、さらにはラスボス戦からエンディングすらあっさりと片付けられてしまうため、シナリオ終盤の評判はかなり悪い。
  • それ以外の突っ込み所として良く挙げられるのは「レゾナール海岸」での戦い。
    • 『戦候機構バザルタ』の腐敗を正すことを目的とした組織『アンチ・バザルタ』の考えに賛同したヒロイン・レン達が「レゾナール海岸」で決起を行う、という展開なのだが…。
      • 何故かアンチ賛同者の勧誘をバザルタ機構の管轄内で普通に行っている。しかも他のアンチメンバーも特にそれにツッコまない。
      • しかも最終的に勝ち目があるかどうか分からない状態で普通に宣戦布告を決行する。やはり他のメンバーがツッコむ様子は無い。そして(予想外の敵戦力の導入があったとは言え)ボロ負けする。
      • それまでそんな迂闊な行動を取るようなキャラではなかったレンのこの唐突で不自然な迂闊すぎる行動や、描写の曖昧さもあって評判はよろしくない。

総評

  • ベースは悪くなく、あらゆる面においてもうひと工夫があれば良ゲーになれたかもしれないが、やはりあらゆる面で詰めが足りなかったゲーム。
  • 小奇麗にまとまってはいるが、作り込みが浅く、結果的には完成度の低さが嫌でも目に付くためクソゲー評価を下されることもしばしば。
  • とは言え、良く言えばシンプルで遊びやすく魅力的な部分も多数あり、キャラクターイラストや世界観などを見て興味が湧くようならそれなりに楽しめるのではないかと思われる。