パックマン

【ぱっくまん】

ジャンル ドットイートアクション
対応機種 ATARI2800
発売元 アタリ
発売日 1983年
判定 クソゲー
劣化ゲー
ポイント 糞移植の原点
マネージャーの忠告にも拘らず、発売強行
投売り・返品の嵐
北米版クソゲーワースト5位(参考)
パックマンシリーズリンク


概要

大ブームを巻き起こしたナムコの人気アーケードゲーム「パックマン」の海外向け移植作品。
アタリがナムコから家庭用への移植の権利を買い取って制作したものである。

あのパックマンが家で楽しめるとあってユーザーの期待は相当なものであり、アタリは本ソフトが本体の台数分(!)売れるものと確信していたらしい。
しかし、現実は厳しかった。商業用商品としてはあまりにも酷すぎるクオリティの低さにより、大爆死したのである。

なお本作は日本でも1983年にATARI2800*1用ソフトとして発売されたためATARI2800用ソフトとして扱うが、開発状況など基本的な記述は北米(ATARI2600)版に準拠する。

特徴

  • いわゆる初期の 「糞移植」 作品として知られる。
    • こちらも『E.T. The Extra-Terrestrial』と同じくプログラム期間は6週間と非常に短い。
    • またコスト削減のため一般的な8KBカートリッジで無く4KBカートリッジを使用。
    • この影響もあってかなりの低スペックでの移殖を余儀なくされており、結果的に、それが糞クオリティに繋がってしまっている。
  • 制作・販売に当たってはきちんとライセンスを取得している。
    • 当時はヒットしたおもちゃやゲームに無許可のコピー品・類似品が付きまとうことはよくあり、パックマンもまたその例に漏れなかったが、本作の制作・販売に当たってはアタリはナムコから家庭用への移植の権利をきちんと買い取っている。

問題点

  • グラフィック・サウンド共に ATARI2800であることを差し引いても劣悪 *2
    • それだけならまだしも、性質の悪い事にグラフィックの質の酷さを隠して宣伝していた。下記のデモ写真では、機種はATARI2600であるものの、画面に表示されているのは本作と同時発売された ATARI800移植版 である。こちらはシステムとしてもかなりアーケード版に近い移植となっている。
+ 発売前に公開されたパックマンの偽デモと現実
理想 現実


偽デモの画面は実際にはATARI800版である。もっともATARI2800のそもそもの解像度を考えれば偽デモがハメ込み合成なのはバレバレなのだが。

  • 同時に4体のモンスターを描画できなかった ため、描画がかなりチラつく。
    • ATARI2800は形のあるスプライトの描画能力は(ライン中)同時に2個。本ソフトでは1つを常にパックマンに割り当て、残り1つで4体のモンスターを描画している。
    • なお、「モンスターが瞬間移動する」や「見えない敵に当たって突然死ぬ」といった記述がネット上に見かけられるが、これらは60fpsの出力を正しく記録できていない映像から判断したための誤解。下記60fpsプレイ動画を参照のこと。
  • パワーエサを食べても敵のグラフィックがほとんど変わらない。
    • 厳密には敵のグラフィックが白くなるのだが、元のグラフィックが非常に淡い上にチラつくので判別は困難である。
  • AC版における敵のアルゴリズムが全く再現されておらず、無個性化している。
    • アーケード版では敵にはそれぞれ個性があり特定の場所で縄張り→パックマンを狙う→再び特定の場所で縄張りを繰り返すのだが、2800版では簡略化されてただパックマンを追いかけるだけになっている。
  • 巣の下(中央やや下)にフルーツターゲットらしきものが出るが、ミスしても消滅せず時間経過でのみ消滅する。
  • 配色が原色ばかりである上、前述のチラつきもあって目に非常に悪い。

評価点

  • 肝心のゲーム内容は上記の通りに問題点だらけであるため、純粋にゲーム性の面で優れていると評価できる点は皆無
    • ゲーム内容外の部分で強いてあげれば、前述のように時代背景的に無許可でのコピー・移植が多い中、きちんとメーカーからライセンスを獲得して移植している点くらいである。

総評

ATARI2800は元から非力なマシンなのでいたしかたない面もある。
更に元のアーケード筺体とATARI2800版を比較してみるとROM容量は1/4、RAM容量に至っては1/16しかない。
ゆえに相当なハードスペック差があることを考慮すれば、かなり無茶な話であり止むを得ないのも確かだが、そうした事情を考慮したとしても酷い出来であることは否めない。
そもそもの話、そんな低スペックなハードに移植しようと言う発想自体が無謀であったのは明白であろう。この時点で「ムチャだ」とツッコむ人すらいなかったのだろうか。

結果、このゲームは北米版クソゲーワースト5位になった。(上記参考)*3
こうしたナメた真似を続けたことが、やがて「アタリショック」という結果となって自身に帰ってくることになるのであった。


余談

  • 本作が海外のATARI2600の売り上げを押し上げたことは確かなようで、売り上げはアタリ製ゲームで史上最高の700万本
    • しかしアタリ社大勝利とはならなかった。前述の通り、社はATARI2600を持つ全ユーザーが本作を買った上、新たに200万人のユーザーが増えるという狂気の試算をしており、生産本数は1200万本
      おかげで500万本もの在庫が残った上、余りの出来の悪さに返品まで相次ぎ、アタリ社の信用と利益は露と消える。消費者は甘くなかった。
    • 悪い意味で業界に大きな足跡を刻んでしまった本作ではあるが、売り上げの規模と中身のクオリティが必ずしも比例するわけではないことをゲーム業界黎明期において早々と証明してくれたという点では、意義のある存在だったと言えるかもしれない。
  • パックマン公式サイト「PAC-MAN WEB OFFICIAL SITE」の年表ではATARI2800版についての記載なし。公式で黒歴史化されている(というより忘れられている)。
  • マネージャーは、プレイを見て 「流石にこれはまずいから発売を中止しよう」と忠告した。それでも発売は強行された。
    • ゲーム史上初の強行発売。ファンの抗議どころか、身内であるマネージャーの忠告すら無視。結果が上述の通りである。
      • 上述のような経緯があったにも拘らず、いやむしろであるからこそと言うべきか、アタリはアメリカでの本ゲームの発売の1か月後にあたる1982年4月3日に「ナショナル・パックマン・デー」と銘打った大々的な販促イベントを全米27都市で挙行している。参考
+ プレイ動画

…とてもあのパックマンとは思いたくない出来。
※注: 瞬間移動に見えるのは動画のフレームレートが低いためで、実機でこのように見えるわけではない。

互換機(TV-BOY)だが60fpsのプレイ動画。設定から「720p60」にしないと正しく見られない。
4匹がまんべんなくチラつくのが見て取れる。実機でも同様のはず。

  • 当時のコマーシャル。
    • グラ自体は発売されたものとほぼ同じだが、 明らかに現物より質がいい。 訴訟ネタにならなかったんだろうか??
      + CM動画