真・恋姫†夢想 ~乙女繚乱☆三国志演義~ 呉編/蜀編/魏編

【しん こいひめむそう おとめりょうらん さんごくしえんぎ ごへん/しょくへん/ぎへん】

ジャンル 純愛歴史AVG





対応機種 プレイステーション・ポータブル
メディア UMD 2枚組
発売元 イエティ
開発元 BaseSon
発売日 呉編:2010年9月22日
魏編:2010年10月28日
蜀編:2010年11月25日
定価 通常版:各6,825円
限定版:各8,400円
レーティング CERO:C(15才以上対象)
廉価版 イエティベスト
2012年9月27日(3バージョン同時)/各3,150円
判定 なし
BaseSon作品リンク


概要

BaseSonから2008年12月に発売されたWindows用AVG『真・恋姫†無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~』の呉・魏・蜀の3つのルートを、それぞれ1本のソフトとしてPSPに移植したADV。
タイトルは前作のPS2版準拠で、声優もそちら、及びテレビアニメ版『恋姫†無双』シリーズにあわせている。
コンシューマー移植用に追加された部分もあり、Win版をプレイ済みでも楽しめるようになっている。

特徴・評価点

  • トンデモ三国志
    • 現代日本の高校生・北郷一刀が、女性ばかりのパラレル三国時代に飛ばされることから始まる超訳三国志は、むしろ原作を知らない方が楽しめるかもしれない。
    • とはいえ、かなりシリアスな部分も強い。色物扱いされがちだが、かなり骨太。
    • オリジナルでも言われていたが、一刀はハーレムものの主人公ながら非常に好感の持てる好青年であり、また現代と三国時代とのギャップに苦しみながらも少しずつ成長していく姿がCSになってもしっかり描かれている。
  • 上記のとおり重厚なシリアス部分
    • テレビアニメ版は全編コメディだったが、こちらは結構な比率でシリアスになる。
    • 三国志モノ特有の血生臭さもやはりある。そういう意味でもよくやってくれた。
  • UMD二枚組の大ボリューム
    • 二枚にしてもなおかなりの量で、ADVとしてはかなりのボリューム。
    • それを3バージョン、というとPSPソフトの中ではかなり大物ではないだろうか。
  • 濡れ場はカットされたが、それでも多めの肌色分
    • PSPとしてはかなり頑張っていて、裸エプロンなどもある。元がエロゲーとはいえ、CEROの影響下にあっても所謂「ソニーチェック」は健在なのか、ソニーハードはその辺りにかなりうるさいようで…。

問題点

  • 分割商法
    • 先述の繰り返しになるが、Win版では1本のソフトに収録された3つのストーリールートを、このPSP版では3本(3バージョン)のゲームに分割して発売している。
    • しかし、これについてはUMDの容量問題が主原因だろうと察したファンも多かった。なにしろ3分割した上でなお、UMD1枚には収まりきらず2枚組での発売なのだから。
    • また、よく似た声のキャラが多数登場する別ゲームが先例となっていたこともあり、大規模なバッシングに至ることはなかった。
  • ディスクチェンジが煩雑
    • ディスク1にメインストーリー、ディスク2にサブイベントが入っている都合上、かなり頻繁にディスクを入れ替える必要がある。
    • メディアインストールすれば解決するが、大容量メモリースティック必須。さらに互換性がなく、三作すべてインストールするとそれだけで2.5GBほどになる。
    • どうしても一枚には入らない量なのだから仕方がないとも言えるが。また、不正コピー対策だとも言われている*1
  • 戦闘パートについて
    • Win版の頃から言われていたことだが、はっきり言って邪魔。敵味方ともにステータス固定なので、駆け引きも特にない。
    • 二周目以降はスキップ可。

総評

エロゲーの家庭用移植、というとどうしても今ひとつと思われがちだが中々どうして侮れないタイトル。
三国志作品として飛びぬけてすばらしい、という程ではないがファンならずとも楽しめる。
女性化に理解があって大容量メディアを用意できるなら、是非とも。

余談

  • 数回の発売延期を経て2011年11月10日に3バージョンを1つに纏めたPS2版『真・恋姫†夢想 ~乙女繚乱☆三国志演義~』が発売された。
    • こちらはPS2最後のソフトの栄誉に輝いている(『FF11』の拡張ディスク『ファイナルファンタジーXI アドゥリンの魔境』を除けばだが)。
  • 『真・恋姫†無双 ~乙女繚乱☆三国志演義~』のリメイク『真・恋姫†夢想 -革命-』シリーズが2017年にWindowsで販売開始。
    • こちらも本作と同じく三分割での販売である。