海腹川背

【うみはらかわせ】

ジャンル ラバーリングアクション
高解像度で見る 裏を見る
対応機種 スーパーファミコン
Windows 7~10
メディア 【SFC】8MbitROMカートリッジ
【Win】ダウンロード
発売元 【SFC】TNN
【Win】Degica(当初はアガツマ・エンタテインメント)
開発元 【SFC】TNN
【Win】スタジオ最前線
発売日 【SFC】1994年12月23日
【Win】2015年11月2日
定価 【SFC】9,800円
【Win】980円
判定 良作
海腹川背シリーズリンク


概要

先端にルアーが付いたゴム紐を投げ、ルアーを壁に引っ掛けてターザンのように渡ったり敵を絡め取ったりして、複雑な構造のコースを攻略していくアクションゲーム。
プレイヤーの力量次第で自由自在なアクションが可能で、腕を磨いて極めていくタイプのやり込みゲームである。


ゲームシステム

  • 主人公の少女「海腹川背」を操作してフィールドと呼ばれる複雑な構造のコースを進み、ゴールの扉を目指す。フィールドによっては複数の扉があり、ルート分岐がある。こうして道なき道をひたすら進んで行くのがこのゲームの目的である。
    • タイトルの「海腹川背*1」とはこの少女の名前である。公式やファンからは親しみを込めて「川背さん」と呼ばれることが多い。
  • プレイヤーができる操作は移動・ジャンプ・ルアーを投げるの3つのみだが、ルアーをうまく操ることで普通のアクションゲームではできないアクロバティックなアクションが可能になる。
    • 十字キーと投げるボタンの組み合わせで、8方向にルアーを投げることができる。
      • 全ての基本となるのが、天井にルアーを固定しジャンプの勢いで左右に揺れる振り子運動。これだけなら他のワイヤーアクションのゲームと同じだが、本作のワイヤーにはゴムのような伸縮性があり、その場で左右に揺れると自ら振り子状態を作ることができる。
    • また、ルアーを地形や敵に刺したあとにワイヤーの長さを調整することができる。これが本作の大きな特徴であり、振り子の大きさを変えたり、通常なら届かない距離を振り子ジャンプでショートカットしたりすることも可能である。
    • この他にも
      • 「天井にルアーを刺してワイヤーを縮めて上昇」
      • 「ルアーで壁に張りついたあと、急に紐を縮めてゴムの勢いで壁を登る」
      • 「足元にルアーを刺すことで安全に下段に降りる」
      • 「振り子運動の真下で紐を縮め、横方向への運動を縦運動へ変換し、支点よりも高く飛び上がる」
      • 「足元にルアーを刺してから歩いて伸ばし、ゴムの勢いを利用して逆方向へダッシュ」
    • などゴム紐を活かした多様なテクニックが編み出され、これらを組み合わせることで複雑な動きを作り出していく。
  • フィールド上には魚介類をモチーフとした敵(足が生えていたりとみな変な外観である)がうろついており、触れるとミスもしくは気絶して一定時間操作不能になる。
    • 敵にルアーを当てると気絶させることができ、そのまま手繰り寄せてリュックにしまうと得点が入る(できない敵もいる)。ステージによっては、ランダムで敵が沸いて一往復して消える、バケツから一定周期で飛び出してくる小型敵などのバリエーションがある。
    • フィールドによっては「カエルを産む巨大オタマジャクシ」「編隊飛行するイシダイ」「巨大タツノオトシゴ」「カニ」などがボスとして登場。
      ルアーによる手繰り寄せが効くものもあれば一切無効で避けていくしかないものも存在し、フィールド攻略とは一転して、敵を確実に捕まえるルアーさばきや攻撃を的確に避ける見切り能力が必要となる。
  • 特にストーリーのようなものはなく、最終フィールドをクリアまたは特定の扉に入るとスタッフロールが流れて終了する。
    • プレイ時間が30分(裏技を使うと5分)を超えると、強制的に最終フィールドに飛ばされる。
    • リプレイ機能も搭載されており、任意にセーブすることで自由にデータを再生して閲覧できる。

評価点

  • ワイヤーアクションの自由度の高さ
    • アルマナの奇跡』『ヒットラーの復活 TOP SECRET』など、ワイヤーを用いたアクションゲームは既に存在していたが、これらのゲームではワイヤーの向きは変えられても長さや勢いまでは変えることができなかった。これに対して本作では「ワイヤーの長さやぶら下がった際の振り子運動の勢いを手動で微調整する」という要素が加わったことで、より自由度の高いワイヤーアクションが実現された。
    • ワイヤーの伸縮や振り子の揺れの表現も不自然なく、指先の微細な感覚がダイレクトにキャラクターの動きに反映されるようになっており、プログラミング技術の高さが伺える。
  • 初心者から上級者まで楽しめる懐の深さ
    • 直感的に分かりやすいボタン配置になっており、操作性は良好である。
    • 各フィールドにはいくつかのルートがあり、初心者は道なりに、上級者はアクションを駆使した大胆なショートカットでクリアすることができる。
    • 新しいテクニックが必要なフィールドでは、フィールド開始前にデモが挿入されて川背さんの動かし方を教えてくれる。
  • アクションゲームとしての配慮
    • 川背さんが常に真ん中にいる状態でスクロールするのでキャラクターを見失うことは少ない。また、LRボタンで画面をスクロールさせてフィールド全体を確認することもできる。さりげないところだが、アクションゲームとしては嬉しい配慮である。
    • グラフィックやアニメーションはなめらかで、キャラクターの生き生きとした個性が出ている。キャラクターと背景のメリハリもはっきりしているので、どこに何があるかがすぐに分かるようになっている。
  • 独特の世界観
    • 海・川を背景にしたフィールドには交通標識やガードレール、巨大な野菜、醤油のボトル、文房具と変なものが目白押し。足の生えた魚たちが歩き回る奇天烈な光景*2は、本作に独特の魅力をもたらしている。
    • BGMはいずれも牧歌的な雰囲気で統一されており、本作の癒し要素となっている。シュールな世界観もBGMが程よく中和してくれている。

問題点

  • 自由度の高いアクションを使いこなすためにはゴムの張力の微細な調整が必須であるため、慣れるまでは操作に苦労することになる。
    • ダッシュや大ジャンプといった普通のアクションゲームならボタン一つで実行できるアクションでもゴムの力を利用しなければならないため、コツがつかめないとなかなか先に進めずもどかしく感じられてしまう。
    • 具体的な操作方法についてのチュートリアルが存在せず、説明書を見ないとわからない。
      • また張力を利用したダッシュやジャンプなどの細かなテクニックについてはほぼノーヒント。やりこみの中で自力でテクニックを見つけ、磨き、体得しなくてはいけない。
  • コンティニューやステージセレクトが存在しない。
    • 操作自体の難易度が高い上にゲームオーバーになると最初のステージからやり直しである。その分クリアの達成感は大きいが、心が折れ易い作りでもある。
    • プレイ開始から一定時間たつと強制的に最終ステージに飛ばされてしまうのも不自由さを助長している。
  • リプレイデータが消えやすい。

総評

『ヒットラーの復活』『アルマナの奇跡』の系譜を継いだワイヤーアクションゲームの逸品。
プレイヤーの力量がそのままあらわれるストイックさを持ちながら、初心者から上級者までそれぞれの楽しみ方ができる。「シンプルだが奥が深い」を体現するゲームの一つである。

その後の展開は海腹川背シリーズページを参照。