幻想水滸伝II

【げんそうすいこでんつー】

ジャンル RPG
高解像度で見る 裏を見る
対応機種 プレイステーション
発売元 コナミ
開発元 コナミコンピュータエンタテイメント東京
発売日 1998年12月17日
定価 6,090円
廉価版 コナミ ザ ベスト:1999年12月9日/2,800円
PS one Books:2002年7月11日/1,800円
判定 良作
幻想水滸伝シリーズリンク


概要

  • 『幻想水滸伝シリーズ』の2作目。
  • 時代は前作の2年後、場所を前作の舞台赤月帝国(本作の時代ではトラン共和国)の北、ジョウストン都市同盟とハイランド王国に移し物語が展開される。
  • 基本的なシステムは前作とほぼ同じ、108星を集める本拠地システムも相変わらず。ただしシステムや操作性は細かいところが洗練されより快適になっている。
  • グラフィックはより見やすくなり、派手さはないが細かいところまで描かれた描写は生活感や臨場感を引き上げている。
  • ゲームボリュームも増大。メインシナリオに関係ないダンジョンや村もいくつかあり、サブイベントが非常に充実している。
  • 前作のデータをコンバートでき、前作キャラのレベル・武器レベルの上昇や前作主人公の仲間加入等の特典が得られる。
  • 音楽もよい。全体的に演出効果が優れており、イベントを盛り上げるスパイスとなっている。
  • だがなんといってもシナリオの評価が非常に高い。

ストーリー

デュナン地方の2大国ジョウストン都市同盟とハイランド王国は長年続いていた争いに終止符を打つため停戦条約を締結した。
主人公と親友ジョウイはハイランド王国の少年兵部隊として国境に配備されていたが、停戦が決まった為同僚達とともに故郷へ帰る支度をしていた。
ところが…突然警鐘が鳴り、謎の軍勢が部隊のキャンプに攻め入ってくる。都市同盟軍が奇襲を仕掛けてきたと皆思った。
しかし主人公達は見てしまう。襲撃してきた軍を指揮していたのは自国ハイランドの皇子ルカ・ブライトであった。
停戦を不服とした彼は、少年兵部隊の隊長と結託して部隊を全滅させ、その罪を都市同盟になすりつけ再び戦争を始めようとしているのだ。
追い詰められた2人は、離れ離れになったらこの場所に戻って待つことを約束し、一か八かに賭けて激流に身を投げた。

その後合流した2人だが間もなく都市同盟とハイランドの戦争が再開され、主人公とジョウイは都市同盟側に立って戦うことになった。しかしハイランドの軍事力は強大だった。
村々は蹂躙され、砦は陥落し、次々と侵略されていく様を何も出来ずに見過ごしながら、撤退する…主人公達はあまりにも無力だった。
しかし、焼け落ちた村の祠の中で2人は見つけてしまう、27の真の紋章の一つ 『始まりの紋章』を。
持つものに絶大な力が与えると同時に代償を求められる真の紋章。今の自分達には何としても力が必要だった。
始まりの紋章は『輝く盾の紋章』と『黒き刃の紋章』の2つに分かれており、輝く盾は主人公に、黒き刃はジョウイが宿すことになった。
それをきっかけとして2人は別々の運命を歩んでいく。
こんなはずではなかった。ただ、お互いに大切なものを守りたかっただけなのだ。


評価点

シナリオの魅力

単純な善悪で割り切れない2勢力の争い

  • 本作の敵はハイランド王国とそれを指揮する皇子ルカ・ブライトである。彼らは序盤から悪逆非道の限りを尽くし、悪役ぶりを見せ付けてくれる。
  • ところが、それに対して都市同盟に属する市長の面々はどうかというと決して志を持った正義の人ではない。
    • 盟主こそ良識的な人物だが、軍事力を背景に横暴に発言力を振りかざす騎士団長、事なかれ主義が行き過ぎて結局何も出来ない市長A、立場が弱く結局何も発言出来ない市長B、領地が安全圏にある故に言いたいことを言う無責任な市長C等まとまりがない。
      • その言い争いを見たジョウイはあることを悟る。そして彼がとった行動とは…。

練り上げられた戦略・軍師同士の駆け引き

  • この作品は知将・軍師にあたるキャラクターが敵・味方ともに多い。彼らの織り成す戦略上の駆け引きは戦記物としての本作のシナリオを大いに盛り上げてくれる。
    • シリーズで最も有能といわれる味方のメイン軍師シュウをはじめ、シュウとは対称的に軍師としては未熟ながら志の立派なアップル、若年ながら才能のあるクラウス、ハイランドへ戻りルカに取り入って次々と手柄を立てるとある重要人物等。
    • 奇策によって弱小の味方軍が敵の大軍を倒す様は実に爽快。逆に敵も物量による攻めだけでなく時に知略を織り交ぜることによって決して油断出来ない脅威に見せることに成功している。

話を盛り上げるキャラクター達

  • 前作に続いてシナリオの質が高く、それに伴うキャラクターの魅力は敵・味方、メイン・サブともに深い。
    • 時に励まし時に失敗しながら常に主人公に寄り添う義姉ナナミ、前作の戦いを経て歴戦の戦士となり主人公を導くフリック&ビクトール等、一人一人のキャラ立ちは前作に輪をかけて上手く仕上がっている。
  • 中でも最大の敵ルカ・ブライトは悪役にも関わらず、シリーズでも屈指のカルト的、もしくはカリスマ的な人気を持つ。
    • ルカ・ブライトとの直接対決も彼個人の圧倒的武力を体現したものとなっており、その常軌を逸した強さから未だにシリーズ最強の敵と賞賛されている。
      • あまりにも強いのでここで詰まる恐れもあるほど。兎に角めげずにレベルを上げたり、属性防御を考えたりしよう。
  • また時代も場所も前作と近い為、前作の108星のうち約20人ほどが継続して参加している。108星に入ってない前作キャラや前作の敵キャラも敵やNPCとして何人か登場している。
    • 中盤に前作の舞台である赤月帝国にあたる現・トラン共和国の首都グレッグミンスターに行くイベントがあるのだが、そこでも前作のキャラ達の現在が描かれており、前作ファンには嬉しいサービス。
    • また前作のデータをコンバートをしていると前作主人公が仲間に加わるイベントが追加される。*1前作主人公はセリフを全く口にしないキャラになっており、前作プレイヤー個々人のイメージを崩さない様に配慮されている。また『1』の頃から前作主人公に想いを寄せるくノ一・カスミをパーティに入れていると会話イベントが追加されるが非常に切なく前作ファンの評判も良いものとなっている。

システム面

更に進化した本拠地システムと108星

  • 前作に続いて108星を収集する本拠地システムは健在。それを取り巻くシステム・イベントもパワーアップしている。
  • 本作から本拠地の目安箱の設置と探偵という要素が追加された。
    • 目安箱とは今まで集めた108星が主人公に意見等を提出するものだが、その内容が108星それぞれの個性を上手く表現している。
      • 例えば動物系の仲間だと文字がかけないので足跡をつけたり等。
    • 探偵は108星の1人で、(探偵本人を含む)指定した108星の情報を調査してくれる。その内容はやはりそれぞれのキャラの裏設定や個性付けとして上手く機能しており、興味深い。しかも調査は1人1回だけでは終わらず量は相当なもの。
      • 調査の内容はキャラに関する背景だけでなく、キャラに関するアイテムの情報や協力攻撃、前述の前作主人公イベント発生のヒントになるもの等、ゲーム上役に立つ情報も含まれている。
      • あるキャラクターを探偵してもらうとその返事が不可解な物がある。調べれば調べるほど謎の深まるキャラ…。
      • また、会話した時点で仲間に出来る可能性のあるキャラを参入させるヒントを得ることも出来る。
  • メインシナリオに絡まない108星にも、加入後のイベントが用意されている。その力の入れ方は、前作の比ではない。
    • 昔の料理漫画を髣髴とさせるハイ・ヨーの料理勝負イベント、制限時間以内に仇の足跡を追わなくてはならないクライブイベント等はかなりの凝りよう。
      • ただ後者のイベントは実質的にタイムアタックを強要するものである為、RPGに慣れていない人には厳しいものがある。
      • 慣れている人でも駆け足で攻略しなければならず、シナリオや戦略を楽しむ余裕がない。実質的には2周目以降のお楽しみ要素と言える。

その他進化したシステム

  • 紋章システム
    • 前作では紋章を1つしか装備出来なかったが、キャラクターによっては最大3つまで装備することが出来る。(レベルが上昇するにつれ宿せる箇所が右手、左手、頭の順で増える。紋章によっては宿せる部位が固定な物も存在する。)
      • これによりキャラクターによっては1人で組み合わせ魔法を発動する事も可能になった。
      • ただし、複数の紋章を装備しても紋章の使用回数は装備している紋章全てで共有する為、高レベル魔法の連発は難しい。(レベル2の魔法が4回使用できるキャラに水と風の紋章を宿しても水と風のレベル2魔法を各4回発動出来るのではなく合計で4回まで。)
    • また、武器の種類によってその武器の特色に合ったような特定の紋章を宿す事が出来る。(例:両手剣ならば攻撃の順番が最後になるが攻撃力が1.3倍。)
  • 鍛冶システム
    • 前作とほぼ変わらない。
      • 前作では鍛冶屋の108星を仲間にすることで本拠地で鍛えることの出来る武器レベルが増加したが、今回は特定のアイテムを入手する事により増加する。
    • 前作の紋章片が削除され、紋章そのものを武器に宿すシステムに変更された。(宿した紋章により通常攻撃に追加効果を得る事が出来る。)
      • 中には武器に宿すことが出来ない紋章、逆に武器にしか宿せない紋章が存在する。
      • 紋章片のように重ねて宿すことは出来なくなったが、紋章の付け外しが容易になり使い勝手が向上した。
  • 戦闘システム
    • 協力攻撃の種類が前作の25種類から36種類に増加し、戦闘メンバーを決める新たな楽しみが増えた。
      • 演出にやや乏しかった前作と比べ、個性的でユニークな協力攻撃が大幅に増えた。
    • また、1人が複数回攻撃するようになった。(確実ではなく確率だが、結構な頻度で発生する。)
  • 基本システム
    • ダッシュ機能が標準搭載されたことで、ダッシュに必要な紋章や、宿したキャラクターを連れ歩く必要がなくなった。
    • 前作ではアイテムをパーティーメンバー一人ひとりが持ち歩く必要があったが、今作ではアイテムをストックして持ち運べるようになった。また、貴重品は分けて所持されるようになった為、強制離脱するキャラに大事なアイテムを預けていた為に持ち逃げされるということがなくなった。
    • イベントでキャラクターが強制加入する際、パーティーメンバーではない同行者として連れて行けるようになった。これにより、強制的に戦闘に参加するキャラクターが減り、ある程度自由なパーティーが組めるようになっている。
      • また、パーティーに強制加入する際にもその場で隊列が変更できるよう配慮され、「Sレンジのキャラクターが後列に配置されてしまい役立たず」という悲劇が起こりづらくなった。

戦争システム

  • 前作の所謂じゃんけんシステムからシミュレーションRPG形式に変更された。
  • 歩兵、弓兵、魔法兵の3種類のユニットがあり、それぞれ特色がある。
    • 歩兵は弓兵、魔法兵攻撃時に攻撃力が1.25~1.5倍、弓兵は1マス先まで攻撃出来るが、直接攻撃の際、攻撃力が0.75倍、魔法兵は2マス先まで攻撃出来るが、直接攻撃の際、攻撃力が0になる。
  • ユニットは3人一組で大将1名、副将2名の構成となり、大将によりユニットの種類が決まる。
  • 大将に配置することは出来ないが、副将として有能なものもおり、様々な編成を考えるのも楽しみの1つである。
  • 各キャラクターはそれぞれなにかしらの特殊能力を持っており、その特殊能力によってユニットの能力が上昇したり、戦争中に特殊コマンドを使用する事が出来る。
    • 中には非戦闘キャラクターなのに戦争ユニットとしては優秀といったキャラも存在する。
  • しかし、この戦争システムには大きな問題点がある。(後述)
  • 余談だが、シナリオ中で主人公は戦争には参加せず本拠地で味方軍の戦況報告に対し、適切な指示を送るだけのイベントを行う事が出来る。指示自体は難しいものではないが、たまには後方から戦争を指揮する立場を経験するのも悪くないかもしれない。

問題点

  • 料理のレシピの入手フラグにバグがあり、手順によっては入手出来なくなってしまうものがある。
    • 上記の他にもバグが多い作品としても知られる。有名どころでは、BGMがおかしくなる、とある場所で仲間にしたキャラが亡霊のごとくその場に居座り続ける、強制加入の仲間をパーティーから外してしまいフリーズ等。
    • ストーリー上必要なイベントが発生しない、入手したはずのアイテムや仲間にしたはずのキャラが消える、壁に入り込んでしまい出られなくなって行動不能に陥る等ゲーム上致命的なバグも少なくない。
  • 一部の仲間キャラはイベントの発生条件がわかりにくく、時機を逃せばもう仲間に出来ない。
    • 序盤にしか行けない街の隅の方でイベントを起こさないといけないクライブ*2、中盤に一時期だけ行ける地域のストーリー上訪れる必要のない村で会う必要のあるフッチ&ハンフリー辺りが特に見逃しやすい。
  • 仲間キャラクターは非常に多いが、一部は選択制であり全員を同時に仲間に出来る訳ではない。
    • これにより問題になってくるのがルロラディアと、ルロラディアを仲間にしていることが条件のチュカチュラであり、このキャラを仲間にするとベストエンドに必要な108星を揃える事が出来ず、必然的にベストエンドを見られなくなってしまう。
    • また、前作で仲間になったカスミとバレリアも二択になっている。周回する際の楽しみであるともいえるが、どちらも人気の高いキャラであるため二人とも仲間にしたかったという意見も多い。
  • 紋章魔法の使用回数が1よりも減少傾向になったが、回復手段はほぼ宿に限られ、アイテムで回復することは出来ない。
    回数自体もそう多くなく、ダンジョンではボスまで温存する為に雑魚戦でも気軽に使うのがためらわれる。
  • 戦闘キャラクターの総数は約80名と非常に多い一方、キャラクター間のバランスが取れているとは言い難い。
    特定のキャラがいないと勝てないというバランスではないが、やはり弱キャラでは厳しい場面は存在する。
    • レベルアップの仕様上ストーリーの各段階に擬似的なレベル上限が設けられており、最終盤でも60からは殆ど上昇しない為、レベルを上げるという対策は現実的ではない。
  • 戦争パートであるシミュレーションRPGの部分が不確定要素が強く、運まかせの場合が多い。
    • 各ユニットに設定されている攻撃と防御の値が一体何に影響しているのかわかりにくい。普通に考えれば与えるダメージ、受けるダメージに影響しているのだろうが、ユニットの最大HPは基本的に2であり、一度の攻撃で受けるダメージは基本的に1。となると、命中率に補正がかかっているのだろうが、攻撃力が低いユニットでも連続でダメージを与えることもあれば、高攻撃力のユニットが連続でダメージ0というのも頻繁に起こりうる。
    • 要するに、戦争能力が高いキャラクターだとしてもその強さを常に発揮しているわけではない。
    • さらに戦争の勝利条件がとある地点の到達というのも少なくなく、高攻撃力のユニットを編成するより高機動力のユニットを編成し、隙をみて突入させるほうが効率が良い。
  • 敵味方ともに軍師が賢すぎて戦争パート(ミニゲーム)は一方的に勝利・敗北する展開になることが多く、プレイヤーの技量や思考が直結する場面が少ない。その為これに限ってはシリーズで評価は低め。
    • ただしゲームではなく物語としてみれば軍師の見せ場となっており、面白いものに仕上がっている。
      • むしろテンポの悪さが問題。このパート、操作が不親切な上に動作も重い。その割には結末どころか、途中の行動まで強制されているものが多い。プレイヤーの介在する意義が見当たらない上に、手間だけは無駄にかかる。
  • ラスボスが非常に弱い。ルカ・ブライトの異常とも言える強さを体感した後となっては、肩すかしを食らう。
    • これは単にルカが強過ぎる上に、シナリオ上でも強さを徹底的に描写されていたのも大きい。実際、ルカ以外のボスと比べれば、ラスボスに相応しいだけの難敵ではある。
  • 前作に引き続き108星全員を集め、加えて特定条件をクリアすればトゥルーエンドになる。
    • が…ジョウイのトゥルーエンドでの行動が無責任との批判もある。
      + ネタバレ
    • 『私は全てを知っていました。あなたが父と兄に何をしたか…。それでも私はあなたを愛しています、私はあなたの妻なのです。』
    • 自分の嫁と娘(養女)に自分が生きていることを告げずに主人公と旅に出る。あそこまで愛してくれた嫁のことを放置。
      • 内容が内容なだけに通常エンドを好むファンも少なくない。
      • 念の為補足するが、27の真の紋章に認められていない状態では輝く盾の紋章と黒き刃の紋章を宿す者の寿命は極端に短くなる呪いに掛けられている。
      • 呪いが解ける条件は輝く盾の紋章と黒き刃の紋章が一方を打ち負かす事で1つになって始まりの紋章となった時か両者の紋章に認められた時である。
      • 前者はバッドエンド。後者はハッピーエンドになる。
  • この他にも逃亡エンドと呼ばれる展開があり、こちらは違う意味で人気が高い。

総評

システム、ボリュームがパワーアップしシリーズの基盤を固めただけでなくPSのRPGでも十指に入るであろうシナリオを有する名作。更に目立つ欠点も少ない。

幻想水滸伝シリーズの認知度を高め、ファンの中でもこの作品をシリーズ最高傑作とする意見がおおむね一致した見解であることからも、その良質さはうかがい知れるだろう。


備考

  • 初期のROMには関所の門をこじ開けてマチルダ領へ行けるバグが存在した。重版の際に修正されている。
+ ネタバレ
  • マチルダ領とは、中盤以降に行けるようになるエリア(ストーリ進行によっては封鎖されるが)
    • 序盤は関所が閉まって行けない…ようにみえて、 扉を押して素通り出来る 為問題なく行くことが出来る。
    • この時の主人公達は、通常プレイでレベル10前後。敵のレベルは中盤に訪れることを想定した設定がされている為全滅必至。…なのだが、ある村までいってサブイベントを始めると、レベル36のキャラを2人も同行させることが出来る。そしてその辺りの雑魚を倒していればあっという間に主人公達も同じレベルにすることが出来る。
    • 勿論、サブイベント攻略後は2人はそのまま仲間になる。
    • この方法を使うと中盤まで無双出来るようになる為、発覚した時は初心者救済策なのではないかと言われていた。
  • 本作のゲーム中にはトゥルー、正史といった評価は登場しない。プレイした人それぞれの感覚を大事にしてほしいという意図からである。各人の扱い・見解は以下の通り。
    • コナミ側(外伝2&幻想水滸伝大辞典)
      • ハッピーエンドを採用
    • 村山吉隆(ディレクション&シナリオ)
      • バッドエンドが正史
  • 各イベントシーンの要所にムービーが挿入され、キャラクターに掛け声がつくが、誰が声を当てたのかは不明である。
  • 本作の体験版が『メタルギアソリッド』に同梱されていた。製品版と異なる部分もいくつか存在する。
    • ストーリーは峠のボスを倒したあたりまでだが、自由にパーティを組んで戦闘ができるモードも搭載されていた。
  • 滝に飛び降りる前の戦闘を108回繰り返した後に飛び込むと、直後に流れる回想シーンがカラーになる。
  • 2000年に同作の時期に合わせた裏話を取り上げる幻想水滸外伝が2作作られた。同作の主人公ナッシュは『III』において108星の1人となっている。
    • 『Vol.1 ハルモニアの剣士』は主にストーリー進行の裏側のエピソードがメインシナリオに据えられている。
    • 『Vol.2 クリスタルバレーの決闘』は後日談的なエピソードを軸にシナリオが進み、宿敵ザジとの決闘劇を描く。
    • いずれも女性キャラとの絡みが多いストーリーとなっており、過去を語られることもある。
  • 幻想水滸伝シリーズのディレクター兼シナリオを担当していた村山吉隆氏は外伝後(正確には『III』製作中)に退社しており、雰囲気が変わったとして以後のシリーズの評価が低く見られる要因となっている。
    • 現在でも根強い人気の高さを背景に近年になってドラマCDが出たのだが、明らかに旧来語られてきたことと大幅に異なる設定が多発。不満を持たれた。
  • 2006年2月23日に前作とセットになったPSP版が発売された。