チョロQ

【ちょろきゅー】

ジャンル レースゲーム

対応機種 プレイステーション
メディア CD-ROM
発売元 タカラ
開発元 タムソフト
発売日 1996年3月22日
定価 5,800円(税別)
プレイ人数 1~2人
廉価版 チョロQ Ver1.02
PlayStation the Best for Familly
1996年12月6日/2,800円(税別)
判定 良作
チョロQゲームリンク

概要

  • タカラが売り出した玩具をモチーフとしたレースゲームの第1弾。
  • チョロQは後ろに引いて手を放すと走り出す玩具であるが、チョロQシリーズはその要素は無くなっており、チョロQ風にポリゴンで作られた車を運転するレースゲームである事が多い。
  • デフォルメされたかわいらしい見た目と、それとは裏腹に本格的なレース部分が融合した独特のスタイルは本作で既に確立されており、以降の続編にも引き継がれてゆく。
  • 廉価版は『チョロQ Ver1.02』のタイトルで発売。ボディの追加や、バグの改善が行われている。

モード

  • 「グランプリをめざす」はその名の通りワールドグランプリを目指すモード。
    • ワールドグランプリの前にスプリントレースをする必要がある。
      • スプリントレースで3位以内に入賞すると賞金を獲得し、入賞したコースが一定以上になるとコースが増えていく。
      • フリーランでそのコースを練習する事もできる。ライバルカーのいない一人での練習で賞金も出ない。
      • 全コースを3位以内に入賞するとワールドグランプリが開催される。それに優勝するとエンディングになる。その後はより早くなったライバルカーと走るワールドグランプリ(冬)が開催され、これに優勝することで真のエンディングとなる。
      • このモードでのみ獲得した賞金でパーツを買って自車を強化できる(後述)。
  • 「とにかくあそぶ」では予め用意されたチョロQでレースをする。
    • 用意されているチョロQは6種類あり性能が一つ一つ異なる。
  • 「ふたりであそぶ」では画面を上下に分割して二人で対戦する。
    • 「とにかくあそぶ」で用意されたチョロQとグランプリをめざすで強化したチョロQが使用できる。

特徴

  • 使用するチョロQは獲得した賞金を使ってパーツを買い、改造を施す事ができる。
    • パーツはパーツショップで売られていて性能が高いほど値段も高い。
  • 改造できるパーツはタイヤ、エンジン、シャーシ、ステアリング、ウィング、クラクション、メーター、ボディ。
    • タイヤはグリップ力に影響する。路面に合わないタイヤだとホイルスピンを繰り返して加速が悪くなったり、旋回中にスリップしやすくなる。
      • 路面を問わずに走れるオールラウンド、荒れた路面に強いオフロード、舗装路で抜群のグリップを発揮するレーシング、雪道に強いスタッドレス等がある*1
    • エンジンは加速力に影響される。性能を上げると加速力が上がる。なお本作のみエンジンごとに音が異なる。
    • シャーシは重さにかかわるパーツで軽いほど加速力が上がるが、あえて重いシャーシで車体が跳ねるのを抑えるセッティングもある。
    • ステアリングは曲がりやすさに影響する。性能を上げれば急カーブを曲がりやすくなるが、曲がりすぎてスピンし失速してしまう危険性も高くなる。
    • ミッションは最高速度に影響する。AT(オートマチック)とMT(マニュアル)の2種類がある。
      • 同じ名称・変速段数でもATよりMTのほうが最高速度が速いが、ギアチェンジが必要なので運転難易度は高い。
    • ウィングは車が跳ねにくくなり見た目も大きく変わる。グリップ力も上がる。
    • クラクションはクラクションの音を変える事ができるパーツ。性能には影響しない。
    • メーターは速度の表示の仕方が変わるパーツ。性能には影響しない。
    • それぞれの性能は相互に関係があり、たとえばいくら高性能なエンジンを載せてもタイヤグリップが弱いままではホイルスピンを起こして加速しないばかりか、旋回時にもタイヤが滑りやすくなり操作性もシビアになる。バランス良く強化していくことが必要。
  • ボディはボディショップで売られており、車の見た目を大きく変える事ができる。どのような形のボディでも重量や空気抵抗などの要素はなく性能には影響しない。
  • 買ったボディはペイントショップで色を変える事ができる。
    • 全部で3種類のペイントパターンがあり、塗り分け方がそれぞれ異なる。
    • ツートンカラーになるパターン2・3は、それぞれで違う色を指定できる。色は固定の16色。

コース

+ 多彩なコースの数々
  • 初級サーキット
    • ほぼ正方形の基本的な右回りサーキットコース。
    • スタート直後の混雑する1コーナーと、3・4コーナーの間のシケイン以外は特に難しいところはない。
    • ホームストレート直前にピットレーン入口があり、それを利用してショートカットが可能。
    • 観客席・看板や空に浮かぶ気球など、背景がきれいに書き込まれているのも特徴。後にチョロQPSシリーズの定番となる「肉のいちの」の看板も既にある。
  • 高原ショート・ロング
    • 高原地帯の湖の外周を回るオフロード路面コース。
    • 全体的に小ぶりなコースで、路幅が狭く角度のきついコーナーが多いため追い越すのがやや難しい。
    • 高原ロングはショートの途中で分岐し、全長が長くなる。
  • トンネルショート・ロング
    • 高速道路のようなトンネル内を走るコース。
    • トンネル内のため路幅が狭く、長い直線と狭いコーナーが組み合わされておりブレーキングのタイミングが重要。
    • 一つだけすり抜けることができる進入禁止看板があり、ショートカットが可能。ただし中はオフロード路面。
    • トンネルロングは3コーナーで分岐し、海中のトンネルを抜けて小さな起伏があり曲がりにくいコーナーを経て合流する。
      • なお、ショートカットはトンネルショート側の道にあるので利用できない。
    • ちなみにホームストレート左側に反対車線があるが、この反対車線はプレイヤーもライバルカーも走れない。しかしなぜか1台だけ謎の車が走行している。
  • 森と泉のコース
    • 名前の通り森と泉の中を駆け抜けるコース。
    • 基本的には緩いコーナーが中心だが、滝を飛び降りる場面や終盤の狭いシケインなど所々に難所が待ち構える。
    • 滝を飛び降りる際には右側の木で隠れているところにショートカットポイントがある。
    • ちなみに、滝を抜けた後左側に道がありその先には謎の剣が刺さっているが、これは本作の開発元であるタムソフトが同じく開発している「闘神伝」シリーズに登場するキャラが使う剣だと思われる。
  • 上級サーキット
    • 難しいカーブが追加されたサーキットコース。初級サーキットとは異なるロケーションであり、こちらは左回り。
    • 中盤のヘアピンや長い直線の途中にあるシケインなど、よりサーキットコースらしい構成になっている。
    • こちらもホームストレート直前にピットレーン入口があり、ショートカットが可能。
  • ビッグドーム
    • ドームスタジアム内を走るオフロードコース。
    • 全体的に路面に小さな起伏があり、車体が宙に浮きハンドルを取られやすい。中盤のコース内側を回るエリアは急カーブの繰り返しであり、一度のミスが致命傷となる。
    • このコースのみスターティンググリッドが縦2列ではなく横1列に並んでのスタートになる*2
  • アップダウン峠
    • その名の通り上り下りの多い峠道で、先が見えにくく衝突しやすいオンロードコース。
    • 全長が非常に長いためこのコースのみ2周でゴール。ちなみにスタート地点がコースと分離しているためゴールは終盤のトンネル内になる。
    • 途中の2連ヘアピンカーブは外側が崖になっており、曲がり切れないと転落し大幅なタイムロスを強いられる。
      • 方法次第ではこの崖を下側から駆け上がるという強引なショートカットも可能である。
  • 冬山ショート・ロング
    • 高原ショート・ロングコースの雪道バージョン。
    • コースレイアウト自体は同様だが、路面が雪で埋まっているためスタッドレスタイヤが必要。
      • しかし、本作はオフロードタイヤのスタッドレス性能が高いため、セッティング次第ではオフロードタイヤを履いても十分1位を狙うことが可能*3
  • スペシャルサーキット
    • ワールドグランプリを全勝優勝すると出現するオンロードコース。モデルは筑波サーキット。
    • 高速コーナーとヘアピンカーブの複合コースであり、いかにスピードを出せる区間で距離を稼げるかが重要。そしてライバルカーが通常より非常に早いため1位を取るのは困難という高難度のコース。
    • プレイヤーがわざとスロー走行するなどしてレース進行を遅くしていると、バグでライバルカーが壁に衝突し続ける現象が発生することがある。
    • ちなみにこのコースではスプリントレースであってもせいそうしゃに代わりワールドグランプリ(冬)のトップランカー・ブラックマリアが出走するため、非常に手強い相手となる。
  • ゼロヨンストリート
    • フリーランでのみ走行可能なコース。ライバル車は登場しない。
    • 名前の通りゼロヨンを行い、直線400mのタイムを競う。
    • なお、一応ハンドルを切って後方に戻ることも可能。

評価点

  • パーツを買ってチョロQを強化していく流れはRPGのような楽しさがある。
    • レースを何回も行い、より高性能なパーツを買い、新たなコースを攻略する流れは『ドラゴンクエスト』を彷彿させる。
    • ただパーツを買って強化していくだけではなく、コースに応じてタイヤを変えていく、曲がりやすすぎるのでステアリングをあえて性能の低いものにする等の戦略性もある。
    • ボディやウィングのような見た目を変えるパーツを変えれば、グラフィクスも反映される点も好評。
  • レースゲームの要である操作性も良好なもの。
    • アクセルオンやブレーキングでタイヤに負荷をかけている時は横滑りしやすくなるなどの現実的なクルマの挙動をベースに、ドリフトを実戦的に使って行けるなど最終的にはゲーム的な挙動に仕上げてある。
    • 減速率は低いがステア性能以上の旋回力は出せないグリップ走法と、制御が難しく減速率も高いがクイックなコーナリングが可能なドリフトを使い分けていくことになる。
      • この使い分けが走って気持ちよく、かつ戦略性の高い操作感を実現している。
  • ボディの種類が20種類以上と当時としては豊富である。
    • 登場するボディのほとんどは実在する車を元ネタとしている。
    • スポーツカーやレーシングカーだけでなく、SUVやファミリーカー、はたらく車のボディまで幅広いラインナップを揃えている。
    • ペイントで好きな色に塗り替える事ができるので、自分だけのチョロQを作り出す事ができる。
  • サーキットのようなコースから高原、トンネル、峠等、多彩なコースを運転できる。
  • BGMの評価が高い。
    • ノリの良い曲が多く、レースを盛り上げるのに一役買っている。

問題点

  • 難易度が高い。
    • ほとんどのコースは道幅が狭く、挙動に慣れないと壁にぶつかること必至。
      • 続編以降はある程度解消され、シビアさが消えただけでなくライン取りの自由度や戦略性も高まった。
    • 敵も上位は中々に速く、少しのミスですぐに抜かされる。
    • ワールドグランプリ開催までは、最低でも出てくるコースを1度は入賞する必要があり、苦手なコースを飛ばす事はできない。
    • 特に難しいコース
      • ビッグドームは道幅こそ広いものの、コース中盤辺りで著しいフレームレート落ちが発生する。
      • アップダウン峠はハンドルを強化しないと曲がりきれないカーブ、コースから落ちてタイムロスするポイントの存在、高低差が激しく先が見えづらい等、難所が多い。
  • パーツの値段が高い
    • レースで入手できる賞金は最大でもワールドグランプリ(冬)の1位1500Gに対して、最高のタイヤが15000G、エンジン+4が8000Gと終盤のパーツはそれなりに高額。
    • お金を稼ぐ方法はレースしか無いのでレースを何回も行って賞金を地道に稼ぐしかない。
      • これは次回作以降、「カジノ」や「タカラくじ」などギャンブルによる資金稼ぎが可能になったことで緩和された。
  • ゲーム開始時に選択しなかったボディはそのデータでは使用することができない。
    • スカイラインGT-R(がモデルのボディ)やランボルギーニ・ディアブロ(がモデルのボディ)など人気のありそうなボディがひしめいているので余計に惜しい。
    • 続編以降は普通にショップで買えるようになった。

総評

自車を強化でき、操作性が良く遊びやすさが好評のレースゲーム。 本作が好評だったことで続編のチョロQ2が発売、こちらも好評を得ている。それ以降も多くの続編・関連作が発売されることになった。


余談

せいそうしゃについて

「せいそうしゃ*4」はスプリントレースに登場する見た目そのまま清掃車で、プレイヤーを除いて常に最下位スタートでほぼ最後尾を走っているチョロQである。

+ だが、ある条件を満たすと…

スプリントレースでプレイヤーが10位以外からスタートすると、なぜかせいそうしゃが性能アップし上位争いをするようになる。
この要素は後にも先にも本作だけである。

この特別な扱いの後、本作以降も「最も遅いチョロQ」としてシリーズ作品にたびたび登場することになる。

取扱説明書について

無印版(「ver1.02」ではないほう)の取扱説明書の7ページ目には、ステータス画面の写真が載っているのだが、本編では採用されなかった「おもさ」というステータスが存在する。

また、トランスミッションの名前も、本編では「AT4ノーマル」「MT5スピード」といったものであるが、同画像では「5ATクロスタイプ」となっている。