シャンティ -リスキィ・ブーツの逆襲-

【しゃんてぃ りすきぃぶーつのぎゃくしゅう】

ジャンル アクション
対応機種 ニンテンドーDSi (ニンテンドーDSiウェア)
Windows XP~7 (Steam)
プレイステーション4
Wii U
メディア ダウンロード専売ソフト
発売・開発元 WayForward Technologies
発売日 【DS】2010年10月4日
【Win】2014年7月15日
【PS4/WiiU】2016年8月31日
価格 【DS】11.99$
【Win】980円
【PS4/WiiU】1,500円
判定 良作
Shantaeシリーズ
Shantae / リスキィ・ブーツの逆襲 / 海賊の呪い / Half-Genie Hero


概要

2002年に海外のGBC向けに発売された名作アクション『Shantae』の続編。海外における正式タイトルは『Shantae: Risky's Revenge』。
前作で評価された部分はそのままに、より強化されたグラフィックや音声、システムのブラッシュアップで面白さが増した。
本作も海外でしか発売されていなかったが、2014年にはSteamやiOS、2016年には国内のPS4/WiiU版も配信され、気軽に購入できるようになった
本記事は日本語対応もされたSteam/PS4/WiiU版である『Shantae: Risky's Revenge Director's Cut』を元に記載する。

ストーリー

人間と魔人のハーフであるシャンティの活躍によりリスキィ・ブーツの海賊一味は一網打尽にされ、スカットルタウンには平和が戻っていました。
ある日、シャンティは仲間たちと育ての親のミミックが開催した遺跡ハンターエキスポを見に行くことになりました。
シャンティらが見守る中、ミミックが取り出した遺物の中からは一つの不思議なランプが出てきました。
ランプを必死に隠そうとするミミックに対しシャンティたちが訝しんでいると、突如乱入してきたリスキィによりランプは奪われてしまい、シャンティは後を追ったもののやられてしまいました。

目を覚ましたシャンティは、町長からリスキィを止められなかった責任をとるよう言われます。
果たしてリスキィはなぜランプを奪ったのか?その目的は?
様々な疑問を抱きつつ、シャンティの新たな冒険が幕を開けます。

特徴

  • 前作同様の横スクロールアクションだが、新たに画面奥や手前への移動が加わった。
    • 特定の場所にある矢印の書かれた板の上に立ち、十字キー上か下を入れながらジャンプすると矢印の方向へ移動できる。
    • 地続きとなっている広大なマップを探索し、アイテムやダンジョンを探してゲームを進めていく点は前作と同じ。
  • シャンティのアクションも髪の毛や魔法での攻撃、ダンスでの変身とそのまま。
    • 新たに高速で後ずさるバックダッシュが追加された。
    • ボタンが増えたため、髪の毛での攻撃と魔法攻撃を同時に使えるようになった。
    • 前作はセレクトを押して十字キーで踊っていたが、今作ではダンスボタンを押し続けると一定のダンスを繰り返し、特定のダンス中にボタンを離すと変身できるようになった。
      • 新たな変身として人魚になって水中を自由自在に泳ぎまわれる「マーメイドダンス」が追加された。
      • また、特定のアイテムを入手することで変身時に新たなアクションが出来るようになった。
  • 前作の魔法は消費アイテム扱いだったが、今作では魔力ゲージを消費するようになった。
    • また、ショップで同じ魔法を購入することで魔法が強化されるようになった。ただし、強化系アイテムの購入には各地に隠されている「マジックジャム」が1~3個必要になる。
  • 残機システムが撤廃され、ライフがなくなると即ゲームオーバーになった。
    • 再開時は最後にセーブしたポイントからすぐに再開可能だが、前作と異なり進行状況も戻るようになった。
  • Win版以降では本編を一度クリアすると新モード「マジックモード」が遊べるようになった。
    • このモードではシャンティの衣装が変更され、魔力消費が軽減される代わりに防御力が半分になる高難易度モードとなっている。
      • その他、Steam実績、トレーディングカードなどSteamの各種機能に対応。操作もXinputのコントローラーに対応している。
      • 画面サイズもオリジナル・4:3・16:9及びふちアリ無しなども調整できるようになっている。

評価点

  • さらに美麗になったグラフィック。
    • 前作でも美麗なドット絵であったが、今作は解像度と色数のアップによりさらに美麗になっている。動きも変わらず生き生きとぬるぬる滑らかに動くので見てて楽しい。
      • ライフが最大の時と最大未満の時で待機アニメーションが変化するなど、前作に引き続き細かい演出も光る。
    • 特に色数が増えたことで前作の雰囲気を残しつつ鮮やかになっている。猿などの変身状態も前作では省略されたディテールが加えられて可愛さが増した。
    • メインキャラの会話シーンに立ち絵が追加された。デザインは前作に比べて日本のアニメ寄りになっているのでバタ臭さは薄い。
      • といっても本作の時点ではまたカートゥーン色が強いが、続編で日本人のデザイナーを採用したことでこの傾向はより顕著になっていく。
  • 音響面も大幅にパワーアップ。
    • ほとんどの楽曲は前作のBGMをアレンジしたものが使われており、グラフィックに見劣りしないレベルに引き上げられている。前作プレイヤーならニヤリとさせられる。
    • また、ダンジョン内などでは特定の場所で虫の鳴き声が聞こえてきたり、環境音部分でも強化されている。
  • ゲームバランスも相変わらず良好。
    • 前述のように残機の概念がなくなったが、その分セーブポイントの数が増えている。回復薬も安価で最大9個まで持てるなど救済策も多い。
      • これらの救済策を見越して敵も強めに設定されている。最初のダンジョンからして、こちらを発見すると弾を吐き続けて隙の少ない敵や盾を構えて防御する敵などが登場する。ボスたちも多彩な攻撃を繰り出してくるので一筋縄ではいかない。
      • シャンティのアクションも増えたため、強化された敵にも対抗しやすく戦闘面でのバランスも良好。
    • 落下死地点には下からドクロが湧き上がる演出が追加されたため、前作のように穴が確認できずに落下死してしまう事が少なくなった。
      • また、落下してもハートの半分を失って入ってきた地点に戻されるだけなので、落下死のリスクは低くなっている。
    • 各地にクリアに関係のないサブダンジョンも存在し、隠し部屋や隠しアイテムも豊富に用意されている。
      • 謎解きも前作同様バリエーションに富んでいるので探索を楽しませてくれる。
      • 変身を活用することでショートカット出来るなどステージ構成もよく練られている。なお、ダンスをする時は周りが静止するので邪魔される事なく落ち着いて変身できる。
  • ゲーム序盤から利用できるショップでマップを購入できるようになったので、前作のように迷うことはなくなった。
    • フィールドの特定の場所にワープポイントが設けられたので、探索しやすくなっている。

問題点

  • ダンスの修得過程が味気なくなった。
    • 前作では各地に囚われているガーディアンに振り付けを教えてもらっていたが、今作では石盤を読むだけ。
    • ダンスの振り付けも自分で選べなくなったので自由にダンスを踊ることが出来なくなった。
    • また、登場する変身も猿、象、人魚の3種類だけになり、前作の5種類から減っている。
  • イベントはおつかい感が強い。
    • 大抵が「あそこに行ってこのアイテムを渡せ」という内容でたらい回しにされる事も多い。ダンジョンに入るだけでも一苦労。
    • ただし、これらの近くにワープポイントが設置されているので、比較的行き来はしやすい。

総評

前作の面白さはそのままに、前作の問題点を悉く改善した良作アクション。
Steamで配信されているため、国内からも購入・プレイがしやすいタイトルであったが、
2016年にはPS4/WiiUで正式に日本語版がリリースされ、更に気軽にプレイ可能になった。
下記のトレーラーを見て面白そうだと感じるなら、まず買って損はしないだろう。

余談

  • 残念ながら日本語化Modは存在しないが、有志による和訳集があるので、英語が苦手な人はここを参考にプレイすると良い。
    • 尤も、今では日本語版が配信されているので、気になる人はこちらでプレイしよう。
    • コンシューマ版はやや割高になっているが、これはローカライズ費の回収のためと思われる。逆にSteam版は割安な分現在も日本語に対応していないため注意。
+ トレーラー

  • 元々前作発売後にGBA向け作品として制作されていたのだが、諸事情で没になってしまい、しばらくしてDSiウェア向けソフトとして復活した経緯を持つ。
    • GBAで製作していたバージョンではマルチプレイにも対応予定だったようだが、結局本作以降全ての作品で一人プレイのみ対応となっている。
    • なおDSiウェアとして再度開発が再開されてもたびたび仕様変更があったようで、当初は複数のエピソードからなる分作にする予定だったほか、開発中画像では製品版に採用されていない洞窟や雪原のマップが確認できる。
  • 日本版も詳細は不明ながら発売までに紆余曲折あったのか、最初の発表から実際に発売されるまで3年近く掛かっている。
    • 機種についても当初は原語版と同じくDSiウェアとアナウンスされていた(参照)が、後に3DSへと変更され(参照)最終的に発売されたのはそのどちらでもないPS4とWiiUであった。