モグラ~ニャ

【もぐらーにゃ】

ジャンル アクションパズル
対応機種 ゲームボーイ
メディア 4MbitROMカートリッジ
発売元 任天堂
開発元 任天堂
パックスソフトニカ
発売日 1996年7月21日
定価 3,900円(税別)
配信 バーチャルコンソール
【3DS】2012年11月7日/380円(税別)
判定 良作
ポイント モグラの特長を生かしたパズルゲーム


概要

任天堂から発売された、モグラを操作してパズルを解いていくアクションパズルゲーム。
主人公のモグラ~ニャは農夫じんべえに攫われた妻子を取り戻すべく、じんべえの待つ「じんべえランド」へ向かう。

なお本作はスーパーゲームボーイ対応ソフトでもあり、スーパーゲームボーイで遊ぶとカラフルな画面で楽しめる。


特徴

  • モグラ~ニャを操作して、固定1画面ステージの地上と地下を交互に行き来し、ステージの出口を目指すパズルゲーム。
    • スタートは地上だが、何も障害物がないマスで地下マップに潜ったり、逆に地上の障害物がないマスに飛び出すことが出来る。地上と地下では地形が異なるため、両方のマップを行き来しながらステージを進行することになる。
  • エリア出口に到達することで次のステージに進める。基本的には地上に配置されている「黒い球」を駆使して敵を倒したり障害物を破壊し、マップに配置されている壁を全て破壊することでステージクリアとなる。
    • 「黒い球」はモグラ~ニャが押したり引いたりすることで動かせるほか、パワーを溜めて前方や後方に投げることも出来る。投げた場合は穴に落ちるか、壁にぶつかるまで止まらない。また、ザコ敵を倒すには黒い球を投げてぶつける必要がある。
    • 壁は前述の「黒い球」を押し込むか、投げてぶつけると破壊される。全ての壁を破壊した=クリアしたステージ内には球を含めて敵や障害物も出現しなくなる。
    • 「黒い球」はモグラ~ニャの掘った穴に落ちるともとの場所に戻ってしまう。そのため運びたい場所の手前に穴がある場合、穴越しに後ろへ投げ飛ばして移動させるようなテクニックが要求される。
    • レベルが進むと「黒い球」の他にも「ふんどう」や「エルボ」といったギミックも登場し、難易度も上昇する。
  • モグラ~ニャを手助けるアイテム。
    • ステージ内に置かれているキャベツ「キャビッジ」は、5つ穴に落とすことでライフが1回復する。基本的に落としたキャビッジは取得アイテムとなるため復活しない。球と同様に敵にぶつけて敵を倒すことは出来るが、壁を破壊することは出来ない。
    • キャビッジ含め、メニューで確認できる「マップ」、ボスやボーナスステージなどの位置を知らせる「GPS」は後述する採点に影響する。
    • ライフを1つ回復する「ハート」や全回復する「かいふくアイテム」があるが、これらのアイテムは1度使うと無くなってしまう。
    • どうしてもクリアできないステージは「こうさんアイテム」で先に進めることが出来るが、問題点もある(後述)。
  • 最後に待ち構えるボスを倒せば、レベルクリアとなる。
    • レベル1をクリアした時点で、レベル2~7が解放され、レベル7までの全てをクリアすればレベル8が解放される。
  • ボーナスステージではミニゲームが楽しめる。
    • 制限時間内に全ての「キャビッジ」を穴に落とせばクリアとなるのだが、じんべえが妨害してくるためすんなりとはいかず、レベルによって地形も変化して難しくなるため、遣り甲斐がある。
    • 通信プレイではボーナスステージに近い仕様で対戦でき、プレイヤーがじんべえを使って対戦することも可能。
  • レベルをクリアすると採点される(100点満点)。
    • キャビッジの入手数やマップ・GPSアイテム入手の有無、ボーナスステージクリアの有無、全ての壁を壊したかどうかで得点が変わる。

評価点

  • 充実したボリューム。
    • レベルが8まで存在し、1レベルあたりのステージ数も多い。
  • 優し過ぎず難し過ぎず、やり応えのある難易度。
    • 穴を掘れる場所ならいくらでも穴を掘ることが可能で地上の敵や障害物をスルーすることが出来る半面、掘り過ぎると「黒い球」の移動に支障が出てしまうためにクリアができなくなってしまうので、以下に掘る場所を考えて行動することが必要となる。
    • ボールを投げる位置やギミックの使い方を工夫する必要がある。
  • 個性的なギミックと敵キャラ。
    • 最初のレベルでは単純なギミックや単調な動きをする敵しか出てこないが、レベルが進むたびに様々なギミックや複雑な動きをする敵が出てくるようになる。
      • そのため、レベルが高いほどクリアするのが難しくなっていく。
    • また、ボスのメンツも個性的なので印象に残りやすい。
  • 充実した救済処置の数々。
    • 看板や屋台にいるヒントじいさまからは丁寧な操作解説やヒントが聞けるため説明書や攻略本がなくても遊びやすい。
    • 本作はライフ制で4回ダメージを受けるとゲームオーバーになるが、回復手段が充実しているためゲームオーバーになりにくい。
      • 屋台にいるヒントじいさまに話しかけると全回復してもらえる。
      • ステージに置かれている回復アイテムも多い。
      • また、キャビッジを穴に4個落とすたびにライフが4分の1回復できる。
  • 地下から地上にあるオブジェをチェックできる
    • アイテムで地上の様子を伺えるアイテムがあるが、最初の状態でモグラ~ニャが顔を出せないマスには岩が置かれていたり、すでに道が出来上がっていたりと、一々地上の様子を伺いに戻らなくてもいい。
      • 間違えてもモグラ~ニャが頭を打つだけでダメージを受けたりはしない。
  • 迫力のある効果音や倒すとグラフィックが変わるボスなど、携帯機でありながら豪華な演出。
    • また、デモシーンはギャグ要素もあり面白い。出てくるキャラの行動も可愛らしい。

問題点

  • 「こうさんアイテム」があまり役に立たない。
    • レベルの後半にならないと入手できない上に一度限りしか使えないので、あまり救済要素になっていない。
    • また、「こうさんアイテム」を使うと、そのレベルは進行状況をリセット(レベル選択画面でセレクト)して最初からやり直さない限り、100点を取ることができなくなる。
  • 壁を壊すことでライフの状態もセーブされるため、減った状態で今のエリアをクリアし、出口を通って次のエリアに進んだ場合、そこでミスすると、コンティニュー後もライフは減ったままの再開になり、すぐまたやられかねない。ヒントじいさまが遠い場合、回復しに戻るのも面倒。
  • 通信プレイがスーパーゲームボーイの仕様に非対応。
    • もっとも、2人の操作キャラの視点が異なるので非対応なのは仕方ないが。

総評

知名度こそ低いものの、いまだファンに根強く支持されている隠れたアクションパズルゲームの名作である。
現在は3DSのバーチャルコンソールで気軽にプレイできるので、気になる方はぜひプレイすることをお勧めする。


余談

  • 海外では『Mole Mania』のタイトルで発売している。
  • オープニングのじんべえの置手紙の内容が妙にフレンドリーである。(以下その内容)
    +...
       モグラーニャくんへ
    おげんきですか?
    とつぜんですが、おまえの
    こどもとおくさんは、あずかった。
    かえしてほしければ、
    じんべえランドへあそびにきてね!
    まってるよ。
              じんべえより
    
  • 屋台で回復した後、ヒントじいさまに何度も話しかけるとゲームオーバーになってしまう。
    • ただし事前に何度も警告してくるため、警告を無視して話しかけないと起こらない。
    • また、ゲームオーバーのペナルティも「死んだ回数」が増えるくらいなのであまり気にならない。