GO!GO!ネコホッピング

【ごー!ごー!ねこほっぴんぐ】

ジャンル ACT
対応機種 Android 4.1以上
iOS 9.0以降
提供元 ポノス
配信開始日 2018年11月15日
定価 無料 課金なし
プレイ人数 1人
レーティング Android 3歳以上
iPhone 4歳以上
判定 良作
ポイント にゃんこ大戦争のスピンオフ
お手軽にプレイすることが可能
一度動き始めたら止まらない
にゃんこ大戦争シリーズ(執筆可能作品に限る)
とびだす!/ふたりで!/GO!GO!ネコホッピング

この記事では執筆禁止とされているにゃんこ大戦争のスピンオフゲームを紹介しています。
編集をする際はにゃんこ大戦争の内容がなるべく含まれないようにご注意ください。


概要

  • にゃんこ大戦争6周年記念に制作されたスピンオフゲーム
    本家にゃんこ大戦争のガチャキャラであるネコホッピングを主人公に起用したアクションゲームとなっている。

ルール説明

  • タイトル画面をタップするとスタートし、ホッピングに乗っているにゃんこが跳びはねながらステージを進む。
  • ステージ中でタップするとにゃんこは2段までジャンプをするので、それを駆使して穴を飛び越したり、下に記すアイテムを入手したりする。
  • 最終的にどこまで進んだか、アイテムをどのくらい取得したかによってスコアが決定し、それに応じてコインを入手する。入手したコインでガチャを回し、新しいキャラを入手することが出来る。
    + ステージに登場するアイテム
    妖精 ステージ中に泡に入った状態で待機している、
    本来なら2段ジャンプしかできないところを1度だけ3段ジャンプができるようになるアイテム。
    なお、残しておくとスコアに換算される他、コインも入手できる。
    宝石 ステージ中に塊で置いてあるアイテム。まれに単価の高い宝石も出現する
    塊を全てとるとコンボとなり重ねるたびにたくさん取れるようになる。*1
    手に入れた宝石はキャラクターの強化に使う。
    フルーツ ステージ中にまれに置いてあるアイテム。スコアに換算される。
  • これらのアイテムは、キャラクターの強化をすることでステージに配置されやすくなる。

評価点

  • 課金要素なくお手軽に遊べること
    • 操作は前述の通りであり、特に難しいテクニックは要求されないので簡単。
    • もちろんただ適当にタップしていくだけでは駄目で、どのタイミングでジャンプをすれば、宝石などのアイテムを上手く取れるかをしっかりと考える必要もある。
    • 距離を稼いでいくとスピードが上がったり地形がだんだんと狭くなっていったり一回踏むと落ちる床も用意されているため、単純につまらなくなっていくということもない。
  • コンティニューもお手軽でノーリスク
    • 壁にぶつかったり穴に落ちたりしても、1ゲームに2回まで広告を見た後にコンティニューができる。コンティニュー時はその前までの状況を維持し、スピードだけリセットされるため、その先にも進みやすくなっている。そのため、あと少しでミッションをクリアできる時にコンティニューしたり、スピードが速くなって操作が難しくなったときにわざと落ちてスピードを落とすことも可能。
      なお、結局は広告を見る必要があるため、通信が出来ない時にはコンティニューが不可能なことには注意すること。
  • ミッションを進めると、にゃんこ大戦争で使えるアイテムを手に入れることが出来る。
    • その中には序盤だと本編で入手する機会の少ないレアガチャを回すためのチケットもある。
  • 無料の携帯ゲームにはありがちな広告だが、前述のコンティニューと定期的に来るプレゼントの入手以外では流れることはない。広告を見たくない人でも安心して遊べる。

賛否両論点

  • 実質コレクション要素でしかないガチャ
    • ゲームのスコアによって手に入るコインで回せるガチャだが、キャラによる違いがアイテムの入手しやすさの最大値くらいの違いしかなく、最大値と書いてあるだけその値にするまでにキャラによっては相当量の宝石が必要になる*2
    • しかし収録されているにゃんこは本家の基本キャラから超激レアキャラまで様々なキャラが勢揃いで、キャラの説明も本編の同キャラの内容に忠実であり、コレクション要素としては申し分ない。本編でよく使っている、あるいは好きなキャラで遊ぼう。

問題点

  • タイトル画面で誤発進してしまいがち
    • タイトル画面ではゲームスタートが他の場所に飛ぶ所を除いて画面全体に当たっているため「キャラを変えるはずがゲームが始まってしまった」という事故が起きがちである。
    • さらにゲームの途中でポーズは出来るが終了は出来ないため、一度スタートしたら落ちるか壁にぶつかるまでずっと飛び続けなければならない。
  • 3段ジャンプの必要の無さ
    • 前述の通りコンティニューが容易なため3段ジャンプをしてゲームを続行させる意味があまりなく*3、それをしてしまうと妖精が1匹減ってしまいスコアやコインにも影響が出てしまう事もあるので、あまり使うことがなくなってしまう。
    • 逆に、誤って3段ジャンプをしてしまうと地面につくまでジャンプできないため、場合によってはそれで穴に落ちたりしてしまうことも。
  • ステージ手前にある木がステージ部分と被って地面が見えづらい事がある。

総評

名実ともに誰でも簡単に遊べるゲームとなっている。にゃんこ大戦争に限らず他のゲームのスタミナを少し回復させる間の暇つぶしに使うのもよし、このゲームを極限まで極めるのもよし、本編で手に入るアイテムを手に入れるだけ手に入れて終わってもよし、自分好みの遊び方を見つけよう。

余談

  • 本家ではネコホッピングは進化するとネコマサイ→ネコキョンシーになるが、その2体は本作に登場しない。