河沼郡笈川組下垂川村

陸奥国 河沼郡 笈川組 下垂川(しもたるかは)
大日本地誌大系第33巻 101コマ目

府城の西北に当り行程2里11町。
家数25軒、東西2町10間・南北1町44間。
東は黒川に傍ひ三面は田圃(たんぼ)なり。

東46間笠目村に界ひ黒川を限りとす。その村は巳(南南東)に当り4町50間余。
西8町4間勝常村の界に至る。その村は申酉(西南西~西の間)に当り11町10間余。
南10間上垂川村の界に至る。その村まで2町余。
北46間笈川村の界ひ界川を限りとす。その村は丑(北北東)に当り9町50間余。
また
戌(西北西)の方6町7間中台村の界に至る。その村まで8町50間余。

小名

扇田(おふきた)

本村の西4町20間余にあり。
家数12軒、東西1町48間・南北48間。
四方田圃なり。

また他村の境内を隔て4区あり。
一は本村より未申(南西)の方上垂川村の境内を隔て8町余にあり。上扇田という。
家数9軒、東西36間・南北1町30間。
四方田圃なり。
地面東西2町50間・南北5町50間余。
東は熊川村に隣り西南は中目村に続き北は上垂川村に界ふ。
一は本村より亥(北北西)の方中台村の境内を隔て7町余にあり。下扇田という。
家数7軒、東西54間・南北42間。
四方田圃なり。
地面東西3町余・南北4町30間余。
四面北田村に界ふ。
一は本村より辰巳(南東)の方上垂川村・熊川村・米丸村の境内を隔て26町50間余にあり。東扇田という。
家数3軒、東西40間・南北22間。
四方田圃なり。
地面東西5町40間余・南北6町30間余。
東は森台村に界ひ西は米丸熊川両村に連なり南は高久組界沢村に隣り北は米丸村に続く。
一は本村より戌(西北西)の方中台村・北田村の境内を隔て8町余にあり。西扇田をいう。
家数2軒、東西25間・南北20間。
西は堂畠村に続き三方田圃なり。
地面東西50間・南北1町20間余。
東は北田村に界ひ南北は堂畠村に連なる。

享和2年(1802年)より漸々に民居を構え、文化2年(1805年)より扇田と称し本村に属す。

山川

黒川

村東にあり。
上垂川村の境内より来り、北に流るること3町20間余粟宮新田村の界に入る。

関梁

村東1町余黒川に架す。
長8間・幅5尺。
隣村の通路なり。

神社

鬼渡神社

祭神 鬼渡神?
相殿 伊勢宮 2座
   住吉神
   明神
草創 不明
村中にあり。
鳥居拝殿あり。村民の持なり。

寺院

禅定寺

村中にあり。
臨済宗山號を聖會山という。
京師東福寺開山聖一國師の弟子月堂が建立という。
始は寮舎巨宏にて7堂伽藍備わり寺内も方4町なりしかや。今も畠の中に坊院の旧名をのこせるあり。
元徳の頃(1329年~1331年)住職の僧郭内興徳寺第3世大圭に随身してより今に至るまで興徳寺の末山なり。
天正巳丑の乱(1589年)に兵燹(へいせん)に罹り殿堂門廡残らず焼失し7層の塔のみ残りしが、文禄4年(1595年)の大風のために傾き倒る。今にその遺址あり。
客殿に本尊地蔵を安ず。

観音堂

境内にあり。
観音の木像は行基作という。秘佛なり。