石川由依

登録日:2020/06/06 Sat 22:16:40
更新日:2022/11/10 Thu 20:06:30
所要時間:約 6 分で読めます




石川(いしかわ)由依(ゆい)とは、日本声優、元子役、女優である。
愛称は「いっしー」、「ゆいっしー」。

▽目次

プロフィール

生年月日:1989年5月30日
出身地:兵庫県
身長:161cm
血液型:AB型
3サイズ:B76/W57/H87
特技:クラシックバレエ、ジャズダンス、タップダンス
事務所:劇団ひまわり→砂岡事務所→mitt management
第八回声優アワード助演女優賞受賞(2014年)


概要

6歳で大阪の劇団ひまわりに入団し、学生時代から通学しながら劇団に所属。
劇団内の公演には毎年出演し、東京に来てからはミュージカルの公演や本公演に出演していた。

2004年9月には、砂岡事務所(劇団ひまわり系列)に移籍。2007年にはアニメ声優として『ヒロイック・エイジ』のディアネイラ役でデビュー。
以降は散発的に声優活動をこなしつつ、舞台俳優を中心として活動していた。

2013年の『進撃の巨人』にてミカサ・アッカーマン役に抜擢されたことを機に声優として知られるようになった。
同年には超!A&G+の企画でアニソンカバーチームユニット「Trefle」のメンバーとなったが、2016年11月に「Trefle」としての活動を終了。

2019年4月30日、自身のブログにて砂岡事務所からの退所を発表。
同年5月10日、旧ブログに対してのコメントなどお礼、Twitter開設と同時にmitt managementに所属。劇団ひまわりグループには23年半に渡り所属した。

2019年11月19日、株式会社ハートカンパニーの斎藤滋企画によるソロプロジェクト「UTA-KATA」が公開。
タイトル名「石川由依 UTA-KATA Vol.1 ​~夜明けの吟遊詩人~」であり、朗読と歌のライブによる1人での朗読劇をする内容であった。
公開日時が2020年1月11日の3都市6公演をする、1つの会場での収容人数は最大100名ほどになった。また脚本や音楽は全てオリジナルになり、
脚本には『ヴァイオレット・エヴァーガーデン』の原作者である暁佳奈氏による完全書き下ろしの物語となった。この朗読劇の内容は2021年1月13日に発売の1stアルバム『UTA-KATA 旋律集 Vol.1 ~夜明けの吟遊詩人~』の特典DVDに収録された*1

2021年3月6日、第15回声優アワードにて主演女優賞を受賞した*2。また同年の誕生日に当たる5月30日、一般男性と結婚することをTwitterにて発表した。相手については、「人見知りで小心者な私が、いつでも私らしく笑っていられるよう支えてくれる素敵な方です」と語った。

芸風並びに主な役柄

元々舞台出身の為にかなりの美人であり、可憐で品のある透き通った声色が特徴。
発声の仕方も心得ている為か、ロリ声からドスの効いた低音ボイスも出せる*3
また、舞台出身の為かアフレコでも演じている最中に役を合わせ、台詞の無いシーンでもキャラクターに合わせて表情を変えたり身振り手振りを変えている模様*4
現在も女性や少女を演じる事が多く、明るい役は勿論クーデレ、頼りになるリーダーや男勝りな役など演技の幅は広い。

しかし最大の特徴は、芯の強く胸に覚悟や信念を秘めたヒロインを演じているときの感情を顕にした迫真の演技である。
設定の段階で何かしらのしがらみやトラウマ、後遺症に日々悩まされまくっており、ストーリー開始と同時に更なる災難に襲われ悪化していくことが多い。
しかし、様々な壁に当たりながらも辛く重苦しい過去や宿命に向き合う姿勢が非常に人間くさく、自分なりの生き方を貫こうとする姿に励まされて好感を抱くファンは少なくない。
特にヴァイオレット等を演じているときが顕著であり、実際に舞台本番やアフレコのブースで役とシンクロしてしまって泣いてしまうこともよくある模様。
同時にこのような役柄をやり終えた後で自宅に戻り、浴槽に浸かるときに別室でも聞こえるほどの溜息を出してしまうこともあるようだ。

また、これらの役は設定の段階で幼少時代に戦闘技術や最低限の会話しか教え込まれていない為に普段は感情を表に出さず非常に不器用であることが多く、
ファンから「彼女が演じるキャラ=無機質で寡黙な苦労人」の印象を抱きやすい。
しかし、そんな役の彼女に慣れているファンが宇多良カナリアのような明るい少女の役を見て衝撃を受けることもしばしば。

他にも演じる役柄の設定で筋肉質な少女又は女性の戦士であったり、

といったサブカルに密接したキャラを演じることも多い。
ただし、アニメに興味を持ったのは声優業界に入ってからであり、舞台時代はあまり見ていなかった模様*5


主な出演作品

太字は主役

アニメ


ゲーム



余談


『進撃の巨人』で共演した梶氏と井上女史の3人で『おさなじみ』というLINEグループを作っており、今現在も朝の挨拶などでLINEスタンプを送っている。

前世やソウルメイト、魂の繋がりや引き寄せに興味を抱いていたため、大学時代にそれに関連したゼミに入った経験がある。
理由は本人曰く、「講師もスピリチュアルの分野に興味を抱いていたこともあり、実在するか曖昧だがそれに触れることでより良く生きれるよね(?)」とのこと*7




例え向いていなくても…私は項目の編集を続けたいのです。

この項目が面白かったなら……\ポチッと/

最終更新:2022年11月10日 20:06

*1 1stアルバム『UTA-KATA 旋律集 Vol.1 ~夜明けの吟遊詩人~』の販売は全国のアニメイト店舗並びにアニメイト通販のみでの取り扱いとなり、それ以外には流通しないので注意。

*2 ちなみに男性部門は津田健次郎氏。

*3 本人曰く、演技に関しては「0歳からできる」とのこと。2020年11月27日(金)放送の『Mr.都市伝説 関暁夫のゾクッとする怪談話』に出演時に関暁夫に3歳児の演技を頼まれた際は、3歳児らしく呂律が回らない表情や発声もこなした可愛らしい演技を披露。関もキュンと来ていた。

*4 2020年11月27日(金)放送の『Mr.都市伝説 関暁夫のゾクッとする怪談話』での朗読劇でも行っており、関も「演じている際に身体が動くのは石川氏が初めて」、「舞台育ちは凄い」と高評価していた。ちなみに朗読劇の内容は「霊を呼んでしまう体質の女優とそれに巻き込まれたマネージャー」であり、石川氏に関連の強いものであった。本人は「(演じている自分の姿を)目で見ても楽しめるようにした」とのこと。

*5 こちらも2020年11月27日(金)放送の『Mr.都市伝説 関暁夫のゾクッとする怪談話』に出演時に発言。

*6 ただし、ダイミョウザザミは除く。

*7 2020年11月27日(金)放送の『Mr.都市伝説 関暁夫のゾクッとする怪談話』に出演時に、都市伝説や怪談話について聞かれた時に発言。この事には関暁夫も驚いており、ゼミに入った理由を聞いた後は「石川らしさ」として復唱しネタにしていた。