難易度:簡単


キャラ説明

差し込む光が、この寒冷な灰色の地を照らしていた ――光は女性を象っていた。
私が彼女に出会う前に聞いたその声は、何度か耳にしていた木々の間を吹き抜けて届くそれよりも美しかった。
悲しみの方が似合うこの陰気な場所で、彼女は希望と家族の歌を歌った。
彼女の暖かな微笑みは彼女と一緒になった者を焚き火で迎え入れ、
彼らは僅かな時間、彼らのいる領域を忘れることができた。

彼女が友人を作るのと同時に、私は彼女との交流が誤りではないかと感じた。
このような場所で前向きで陽気で居続けるのは、鋼鉄の意志が必要だった。
あるいは日の光ではなく、雷光だったとすれば―――。
その眩い光と強大な力は世界を二分にさえするだろう。

+原文
A ray of sunshine illuminated this cold and gray place - a ray in the form of a woman.
I heard her before I saw her, a voice, more beautiful than I had encountered in some time, came drifting through the trees.
While a lament might have been more suited to this sepulchral locale, she sang a song of joy, of hope and family.
Her warm smile greeted any that joined her at the campfire and,
just for moment, they were able to forget which realm they inhabited.

As quick as she was to make friends, I got the feeling that to cross her would be a mistake.
To remain so positive and upbeat in such a place would require a will of iron.
Perhaps less a ray of sunshine then, but a bolt of lightning?
Brilliant light and great power that could split the world in two.

人物紹介

ケイト・デンソンが覚えている一番古い思い出は、家族の前に立って、
その日に学校で習った歌を歌いながら、みんなの顔に笑みが広がるのを見ていたことである。
歌のように単純なもので人を幸せにできると知ったその時、彼女は人生で何をやりたいのかを心に決めた。

ギターを持てる年になると、彼女はすぐに練習を始め、
8歳の時にはすでに観客の前で演奏していた。
ケイトの母は、地元のペンシルベニア州の各地、さらにナッシュビルを含む南部の至る所まで彼女を連れてゆき、
彼女の夢をかなえるためにできる限りのことをした。

ケイトは参加したフォークミュージックのコンテストやアマチュアのコンクールなどでことごとく優勝するが、
彼女が勝つということは負ける者がいるということであり、それは彼女の求めるものではなかった。
彼女が求めていたのは自分を表現する場であり、人々の人生に触れるための手段だった。
少しの間でも、みんなに日々の心配事を忘れてもらい、楽しい時間を過ごしてほしかったのである。

成長したケイトは新しい自由を手に入れる。
おんぼろの古いシェビーの軽トラックを買ったケイトは、一人で旅に出て、
さまざまな場所でファンと出会ったり、新しい友人を作ったりした。
ただ、彼女の旅はロックスターのようにグラマラスではなく、ドライブとギターと、一日を締めくくるバーボンといったものだった。

太陽が照り付けるフェスティバルから、薄暗くこじんまりしたバーまで、人々は彼女の友情、家族、愛、故郷についての歌を聴くために集まった。

それらの歌に込められた気持ちは口先だけのものではなく、彼女はできるだけ家族のもとに帰り、
地域のために援助活動を行い、より広い世界についての経験談で地元の子供たちを楽しませた。
彼女はそれを、自分が援助されてきたように他人も援助できる、お返しの方法だと感じていた。

ケイトの故郷は彼女のインスピレーションの源でもあった。
彼女は町の周囲の森の中を歩くのが好きで、
踏みならされた道から外れた静かな場所でギターを弾き、歌を書いていた。
特に何度も通うお気に入りの場所があり、
そこはまるで何千年も前に岩がくり抜かれたかのような、今は木で囲まれた空洞だった。

そこで、ケイトは自然、そして地球そのものと強いつながりを感じた。
自分の心を森に包み込ませることで、彼女は絶え間なくインスピレーションを受け取った。

ケイトはギターを手に取り、フレットボードの上で指を踊らせるように演奏した。
それは彼女らしい、高揚感のある曲ではなく、もっと物悲しい、陰惨ですらあるものだった。
それでも、彼女は何かに駆り立てられるかのように、最後までその曲を弾き続けた。

ケイトの周りでは、ギターの弦と同調するかのように木の葉が震え、木々の大枝が伸びて融合し、一つの生命体へと変貌した!
木々の天蓋から蜘蛛の脚のようなものが、彼女を捕まえようと降りてくる。
我に返ったケイトは石をつかんでそれを撃退しようとするが、
その皮膚は鉄のように硬く、石は簡単にはじき返されてしまう。

その脚はツルのようにケイトの手足に巻き付き、彼女を頭上の闇へと引き上げていく。
流れ込んできた霧のせいで、ケイトも、彼女を自分の方へ手繰り寄せる悪夢の生命体もはっきりと見えない。

霧が晴れた時、そこには争った跡も、生命の形跡すらもなかった。
あるのは真珠母貝の張られたピックガードに、花の模様と"KD"というイニシャルが刻まれているアコースティックギターだけだった。


+原文
One of Kate Denson's earliest memories was standing in front of her family,
singing a song that she'd learned that morning at school, and watching smiles spread across their faces.
Seeing how something as simple as a song could make people so happy was the moment when she knew what she wanted to do with her life.

She practised, learned the guitar as soon as she was big enough to reach over it,
and was performing in front of crowds by the time she was eight years old.
Her mother did everything she could to fulfil Kate's dreams,
taking her all over their home state of Pennsylvania, then across the South, and even to Nashville itself.

Kate won folk music competitions and talent shows whenever she participated,
but for her to win others had to lose, and that wasn't in her nature.
She only wanted an outlet, a way to touch people's lives.
To make them forget the worries of the world and just enjoy themselves, if only for a while.

With age came a new-found freedom.
She bought a battered old Chevy truck and was able to travel around by herself,
meeting fans and making new friends wherever she stopped.
Hers wasn't a story of rock excess though: just the road, her guitar and maybe a good bourbon to end the day.

From sun-baked festivals to dark and cosy bars, people flocked to her voice and her self-penned songs of friendship, family, love and home.

These sentiments weren't just lip-service: she made sure to return home as often as she could,
to help out in her community and entertain the local children with her tales of the wider world.
She saw it as a way of giving back, of supporting others in the same way she had been.

It was home where she found most of her inspiration as well.
She had always loved to take long walks in the woods around her town,
exploring off the beaten track, finding a quiet spot to play and write her songs.
She had a favourite location she returned to time and time again,
a natural hollow, encircled by trees, that looked almost as if it had been blasted out of the rocks thousands of years ago.

Here she felt a strong connection to nature, and to the Earth itself.
She let her mind be enveloped by the forest and it rewarded her with constant inspiration.

She picked up her guitar and played, her fingers dancing across the fretboard.
The music that she made this time was unlike her usual uplifting tunes, being much more melancholy, even dark.
Still, something compelled her to continue, to finish the song.

Around her, the leaves vibrated in unison with the guitar strings and the boughs of the trees lengthened, coalescing into a living form.
Spider-like legs descended from the canopy above, grasping for her.
Regaining her senses, she grabbed a rock and tried to beat them back,
but their skin was hard as iron and the rock simply bounced off and skittered away.

The legs coiled like tendrils around her limbs and lifted her towards the darkness overhead.
Fog rolled across the clearing, obscuring both Kate and the creature of nightmares that drew her up towards itself.

When the fog cleared, there was no sign of any struggle, or of life.
Just an acoustic guitar, the scratch plate engraved with flowers; as well as the initials KD, inlaid in mother of pearl.

特徴

殺人鬼とのチェイスに特化したパークを持つ。足跡を消して殺人鬼をかく乱し、パレットと窓枠で時間を稼ぎ、担がれた際も激しく抵抗して脱出を容易にする。

固有パーク

写真 パーク名 レア度 効果名









ダンス・ウィズ・ミー
(Dance With Me)
Lv1
Lv2
Lv3 障害物を越えたりロッカーから飛び出した時、3秒間足跡を残さない。
このパーク効果が発動すると再使用に60・50・40秒かかる。

◇レベル30以上でティーチャブルパークが出現

「見せつけてやる。
    嵐の中で私と踊ろう。
    私のリードに従って、
    日が昇るまで私と踊ろう」
    - ケイト・デンソン作曲「ダンス・ウィズ・ミー」
ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ
(Windows Of Opportunity)
Lv1
Lv2
Lv3 20m内の板・窓・破壊可能壁のオーラを常に表示する。
追跡中に板・窓を使用した場合、30・25・20秒間効果が発動しない。

◇レベル35以上でティーチャブルパークが出現

「元気に飛び起き、一生懸命働いて、道を切り開こう。
    狙いをすまし、引き金を引き、名を上げよう。
    信頼と家族の価値を知り、決して不満は言わない。
    チャンスという名の窓を開け放って」
    - ケイト・デンソン作曲「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」
ボイルオーバー
(Boil Over)
Lv1 Lv2 Lv3 担がれ時にもがきの揺れ効果(※)が25・50・75%増加する。
殺人鬼の10・12・14m内にあるフックのオーラを消失させる。

◇レベル40以上でティーチャブルパークが出現

「見損なわないで。
    私はいつだって自由。
    いつまでも捕まえておくことはできないわ」
    - ケイト・デンソン作曲「ボイルオーバー」
※担ぎ時の横揺れの事。 ゲージの溜まる速度は変わらない。

カスタマイズ

+...

解説・注意点

「ダンス・ウィズ・ミー」は足跡を消して殺人鬼の追跡を困難にする。遮蔽物の多い場所に足跡を消して逃げ込めば簡単に身を隠すことができる。逆に、ひらけた場所では足跡を消したところですぐ発見されてしまうので、パークを発動させる前に窓枠の位置や逃走方向を想定しておこう。他のパークとの組み合わせとしては、窓枠を飛び越えた後に移動速度が上がる「しなやか」等と相性がいい。

「ウィンドウズ・オブ・オポチュニティ」は、パレットや窓枠がある位置を把握できるため、チェイスを有利に進めることができる。障害物に隠れてパレットの有無がわからないという状況を避け、逃げ込むべき方向をすばやく判断できる。ただし、ドクターのアドオン「秩序」による幻影の板やナイトメアのドリームパレットも表示されるためそれらに対しては過信は禁物。

「ボイルオーバー」は殺人鬼に担がれた際のもがき脱出を容易にする。脱出後にさらなるチェイスを続けることで、味方のために長く時間を稼ぐことができる。もがきゲージをより多く貯めることができるパーク「フリップ・フロップ」等と相性がいい。

ケイトの固有パークはいずれも殺人鬼とのチェイスにおいて効果を発揮する。そのため、自分は殺人鬼を引き付けて時間を稼ぎ、その間に味方が修理や回復を進めるという風に役割を分担しよう。


コメント

  • 窓枠が少なくなったけど板が増えたから好機の窓はあると安心出来る。未使用板の把握もそうだが屋内マップでは仲間が倒した板なんかを透視出来てチェイス中かどうかが分かったり。一方、ダンスの方はもともと高い遮蔽物に囲まれた場所じゃないと効果が薄いんだけど窓の数が減ってしまってなかなか刺さりにくく難しい - 名無しさん (2018-10-27 09:14:42)
    • こないだの窓枠飛び越え修正の影響がでかいな。好機の窓は遠くから窓枠飛び越え出来る角度に調整出来て美味しい。私と踊ろうは窓枠を飛び越えてからどれだけ走れるか - 名無しさん (2018-10-27 11:19:13)
      • 途中送信しちゃった、どれだけ走れるかがキモだから、どっこいしょ乗り越えしてしまうと致命的 - 名無しさん (2018-10-27 11:20:14)
  • なおイベント期間中は鋼の握力持ちが割といるのでボイルオーバーは死にがち - 名無しさん (2018-10-28 10:37:13)
  • ケイトがいると童貞のドワイトの全性能が80%アップするPREKまだですか - 名無しさん (2018-11-02 10:51:16)
    • 緊張から手が震えてスキルチェックの成功範囲が90%減少の間違いだろ - 名無しさん (2018-11-09 16:38:27)
      • めっちゃ笑った。なんかありがとう - 名無しさん (2018-12-12 19:20:07)
      • ケイトが近寄ってきても心音発生しそうだなw - 名無しさん (2020-01-18 14:52:42)
  • ハロウィンイベントのおかげで初のプレステージをケイトちゃんに捧げられたー!嬉しい!血塗れより青シャツとかべかのスキンの方がかわいいから血塗れは着ないけどケイトちゃんに一目惚れして始めたから満足。3転生目指して頑張るぞー! - 名無しさん (2018-11-04 10:17:50)
  • ボイルオーバーLv3、もがくとオッパイの揺れが凄いな! 必携パークだわ! - 名無しさん (2018-11-08 21:36:59)
  • 新衣装かわいすぎか? - 名無しさん (2018-11-22 12:43:49)
    • めっちゃかわいいよね - 名無しさん (2018-11-23 01:58:43)
    • 美人さんがもっこもこに着込んでるのは良いものだ - 名無しさん (2018-11-23 02:10:40)
  • レッカーズヤードとかレリーでのダンスウィズミーはまさにイリュージョン。開けていて柵が低いステージや発動が絶望的なギデオンでは一転してゴミ - 名無しさん (2018-11-29 11:23:33)
    • 真っ向勝負も搭載すれば可能性は最大 - 名無しさん (2019-08-27 23:10:01)
  • お前ら土塊とかゴリラとかばっかり見てるから相対的に美人に見えるだけだからな!街に出て女の子の顔見てこい - 名無しさん (2018-12-20 01:15:42)
  • 田村って誰かと思ったらケイトかよ。普通にタムラって呼んでたわ - 名無しさん (2019-01-13 10:57:18)
  • 真っ向勝負/ダンス/素早く静かに で無音でロッカーを叩きつけて足跡なく逃げ出す忍者プレイ。キラー側は突然スタン食らってびっくりします - 名無しさん (2019-04-07 11:01:10)
    • やっぱりその組み合わせしかないよなぁ。。 合わせるならしなやかの方が発動機会多いけどこっちは発動したらほぼ振り切れるのが強みかな。 - 名無しさん (2019-04-20 18:13:17)
      • ロッカーが近くになかったと起用にしなやかを搭載すると更にパークの無駄が無くなる。(使えるかどうかは別として) - 名無しさん (2019-06-26 13:11:42)
    • ニコニコであげてた動画で、チェイスが非常に上手いロッカー教徒がこの構成でやってて奇跡の非常口脱出を成し遂げたから可能性を感じた - 名無しさん (2019-09-23 00:55:52)
  • こんばんはエロ杉ワロ田です - 名無しさん (2019-05-19 01:20:45)
  • ボイルオーバー機能しなさすぎで草 ほとんどキラー振られてないじゃん意味なさすぎ - 名無しさん (2019-06-09 10:58:37)
    • 肩におっぱいの感触が伝わります - 名無しさん (2019-07-22 23:10:01)
      • もうこいつのあだ名おっぱいでいいよ - 名無しさん (2019-11-07 19:41:00)
  • こいつのブラジャーみたいなスキンつけてる奴いたら解散する。それくらいあの服着た奴はやたら上手いイメージ - 名無しさん (2019-07-29 08:24:07)
  • かわいい - 名無しさん (2019-11-23 20:59:37)
    • ケイト「この、か弱い美女相手に許して(所有してたライト降ろす」 キラー「よかろうゲートを開放してやる」 - 名無しさん (2020-01-11 22:08:25)
  • 毛糸田村   日本語は - 名無しさん (2019-12-31 03:05:15)
  • またエチエチモンスターなスキンがきたな - 名無しさん (2020-02-01 03:17:39)
  • ツインテール似合わねー。服だけ買ったわ - 名無しさん (2020-02-01 11:43:03)
    • それな - 名無しさん (2020-05-03 23:34:38)
  • ケイトの経歴、キャラクター背景とアーカイブで矛盾してない?背景紹介だと口先だけじゃなくみんなを楽しませるために歌ったって書いてあるのに、アーカイブだと金の為に偽りを表現したみたいに書いてあるよね - 名無しさん (2020-05-06 13:37:17)
    • アーカイブのために後付けで無理やりストーリー作ろうとした感があるよね - 名無しさん (2020-05-06 13:43:30)
  • ウィンドウズ・オブ・オポチュニティは破壊可能壁が見えるけど、紛らわしいから表示しないで欲しいわ。それかせめて色を変えてくれ - 名無しさん (2020-06-18 15:37:35)
  • 「まずい、ケイトリンが危ない!」 - 名無しさん (2020-07-19 16:14:00)
最新20件を表示しています。ログ全文
コメント左側の◯をクリックしてから書き込むと、レス形式でコメントできます。
最終更新:2020年07月14日 18:41