難易度:普通

背景


ブルックリンのレバノン人家庭で育ったザリーナは、独特な2つの文化的アイデンティティに悩んでいた。この文化的な違いが人々の攻撃の的になると感じていたのだ。そこで嘲笑やいじめを避けるためにクラスの人気者を観察し、彼らが好むイメージを自分に投影するようになった。学校では「カリーナ」という名を使い、髪を明るく染め、自分の「外国風」弁当を捨てていた。

自宅では常にニュース番組が流れていた。ザリーナは不祥事の緊急レポートに魅了され、自分自身のニュース記事を書きたいと思うようになった。10代になると彼女は自分の本名とルーツを受け入れ、父親のデジタルカメラを借りて、ベイリッジにあるレバノンコミュニティの人々にインタビューを行った。コンテンツをインターネットで投稿し始めると、徐々に熱心な視聴者が現れるようになった。毎週、彼女は新しい問題を取り上げ、カメラの前で人々に心の内を語るように求めた。

ある日ザリーナはファーストフード店のオーナーが従業員を搾取しているという噂を聞き、潜入取材で痛烈な批判を込めた映画を制作しようと決めた。見かけやアクセントを変え、その店のウェイトレスとして雇われた。3週間無給で働いた後、彼女が給料の支払いを要求すると解雇された。報復のため彼女はオーナーが罵倒している動画を投稿し、それは数時間以内でニュース番組に取り上げられたが、どういうわけかオーナーに同情を寄せるという形で報道された。

苦い経験をしたザリーナは、インディペンデントのプロデューサー兼映画製作者になろうと心に誓った。彼女の最初の長編映画は学校のコンクール用に製作したもので、国語のクラスで習った、冤罪によって処刑されたイタリア移民のサッコとヴァンゼッティについて綴った詩から着想を得た映画だった。この作品で彼女は最高賞を獲得し、妥協のないドキュメンタリー映画作家としての第一歩を踏み出すこととなった。

数ヶ月後、彼女にとって世界がひっくり返るほどの事件が起きた。町の監視カメラには、自宅から数ブロック先の街角でコーヒーを2つ運んでいる父親が映っていた。背の高い、フードをかぶった男が彼の後ろに立っていた。男が何かを父親に向かって叫び、父親は驚いて一歩後ずさりした。突然、全く予期せぬうちに、男はスピードを上げて通りを走る車に向かって父親を突き飛ばした。

父の死は怒りと痛みを伴う衝撃となってザリーナを襲い、彼女の心を切り裂いた。 犯人のクラーク・スティーブンソンは、まもなく犯人として過失致死罪で逮捕され、収監された。 ザリーナはクラークのことで頭がいっぱいだった。彼のギャング「IR-28」、短い禁固刑、明らかな後悔の欠如。1年をかけて彼女はクラークの実像を明らかにし、その悪事をさらに暴き出した。最後に残った遺産で新しいカメラとネブラスカ行きの航空券を買うと、ヘルシャー刑務所の所長に賄賂を渡してクラークとの面会を要求した。

クラークと初めての対面を撮影したザリーナは、自分の父親のこと、彼のギャングのこと、そして彼の暴力的傾向について尋ねたが、クラークは答えようとしなかった。しかし、彼女はそれから数週間の間に、自分が調べた情報でクラークを誘導して、ついにそれが計画的犯行だったことを自白させた。

ザリーナの映画は父親へのオマージュとなり、ギャングの暴力によって流された血の跡をたどる作品となった。ニュース番組がこの話を取り上げたのは、映画が国際的な称賛を集めるようになってからのことだった。 ザリーナのドキュメンタリー映画の話を聞きつけた何人かの囚人から、問い合わせがあった。彼らの多くは映画化を期待して奇抜なエピソードを提供してきたが、その中でも群を抜いて興味深いものがあった。ヘルシャー刑務所の1棟全体が封鎖された「狂乱アイルランド人虐殺事件」の話だ。公にはアイルランドの無法者が、情け容赦なく刑務所長と看守たちを虐殺したという内容だった。

サッコとヴァンゼッティの映画制作の経験から、ザリーナは「公の話」が必ずしも「本当の話」ではないことを知っていた。彼女はヘルシャーの記録を調査し、1860年に15年の懲役刑を宣告されたアイルランド出身の受刑者を見つけた。刑務所の設計図によると、封鎖された棟はヘルシャーが建設された当時の基礎構造の一部だった。封鎖された棟に行くことができれば、狂乱アイルランド人の隠されたストーリーを明らかにすることができる。必要なのは、その潜入するための手段だ。

翌朝、彼女はヘルシャー刑務所の所内見学に参加した。彼女は、時差ぼけの観光客の集団に紛れ込み、彼らが厨房に向かう時にそっと抜け出した。設計図を記憶しているので、監視カメラを避けながらどこに向かうべきか正確に把握している。予期せぬ警備によって危うく調査が打ち切られるところだったが、埃っぽい刑務所の古ベッドの下に隠れて事なきを得た。看守が姿を消すと彼女は捜索を続け、ようやくアイルランド人の独房を見つけた。

暗く荒れ果てた独房に入ると、ザリーナは古いレンガの壁に手を滑らせた。指に文字の感触を得て、それをなぞる。「ベイショアに死を」。ゆるんだレンガが落ち、隙間が現れた。 彼女は手を差し込んだ。指先が冷たい、ひび割れた金属に触れる。ザリーナはそれを取り出した…古く、さびたレンチだ。湿った寒気が背骨を走り、彼女は視線を下に向けた。足元に男が血を流して横たわっている。四肢はよじれ、目は暗く恐怖におびえている。それは父親の目だった。黒い歩道の上の深紅の血だまり。黒い霧が独房を満たすなか、身動きもできず、彼女は目を閉じて悪夢のような光景を考えないようにした。

+原文
Growing up in a Lebanese household in Brooklyn, Zarina struggled with two unique cultural identities. She felt this cultural difference painted a target on her back. To avoid ridicule and bullies, she observed what popular kids liked and learned to project the image they preferred. At school, she would go by the name "Karina," dye her hair lighter, and trash her “foreign” lunches.

At home, the news channel was always on. Urgent reports of injustice captivated Zarina, inspiring her to produce her own stories. When she was a teenager, she embraced her real name and roots and borrowed her father’s digital camera to interview members of her community in Bay Ridge. By posting her content online, she slowly built a loyal following. Each week, she picked a new issue and challenged people to speak their mind on camera.

When she heard a rumor that a fast-food restaurant owner was exploiting workers, she decided to go undercover and produce a hard-hitting film. She modified her look, faked an accent, and secured a waitress position at the restaurant. After three weeks of unpaid work, she was fired for demanding her paycheck. To retaliate, she posted clips of the restaurant owner’s abusive behavior and within hours the news had picked up her story, but somehow spun it to create sympathy for the restaurant owner.

Embittered by the experience, Zarina committed to become an independent producer and filmmaker. Her first feature film was for a competition at school inspired by an English class poem about Sacco and Vanzetti, two Italian migrants controversially executed for murder. Her film won first prize and launched her as an uncompromising documentary filmmaker.

Months later, her world turned upside down. A public video surveillance camera filmed her father carrying two coffees at a street corner a few blocks from home. A tall, hooded man stood behind him. The man shouted something at her father who took a step back, startled. Suddenly and unexpectedly, the man pushed him in the street as a car sped by.

His death sent a shockwave of anger and pain that left Zarina in pieces.

The perpetrator—Clark Stevenson—was soon arrested and incarcerated for manslaughter.

Zarina became obsessed with Clark--his gang “IR-28”, his short prison sentence, his apparent lack of remorse. A year went by and she had uncovered enough about Clark to shed more light on his crime. With the last of her inheritance she bought a new camera and a plane ticket to Nebraska and bribed the warden at Hellshire Penitentiary to let her interview Clark.

She filmed their first meeting and asked him about her father and his gang and his violent tendencies. Clark refused to talk; but, in the weeks that followed, she used her research to push his buttons and finally got a confession of a pre-meditated crime.

Zarina’s film became a tribute to her father and the trail of blood left by gang violence. When the news finally picked up the story, it was because the film had gained international acclaim.

Some inmates contacted her when they heard about her documentary. Most of them shared eccentric anecdotes in hopes of being filmed, but one story stood out from the rest: an entire wing in Hellshire Penitentiary was sealed off because of the “Mad Mick Massacre.” The official story was an Irish outlaw had heartlessly slaughtered the warden and his guards.

From working on her Sacco and Vanzetti film, Zarina knew that the ‘official’ story wasn’t always the ‘true’ story. She investigated Hellshire’s records and found an Irish born inmate sentenced to fifteen years for assault in 1860. According to the penitentiary’s blueprint, the sealed off wing was part of Hellshire’s original infrastructure. If she reached that sealed off section, she could shed some light on the Mad Mick story. All she needed was a way in.

Next morning, she was joining the Hellshire Penitentiary walking tour. She blended in the crowd of jet-lagged tourists and veered off when they headed toward the kitchen. She’d memorized the blueprint and knew exactly where to go and how to avoid surveillance cameras. An unexpected security detail nearly cut her investigation short, but she was able to hide under an old, dusty prison bed. When the guards disappeared, she continued her search and finally found Mick’s cell.

Entering the dark, dilapidated cell, Zarina ran her hand across the old brick wall. Her fingers felt a marking and traced the letters: DEATH TO BAYSHORE. A loose brick fell, revealing a gap.

She inserted her hand. Fingers landed on a piece of cold, cracked metal. She fished it out… an old, rusty wrench. A damp chill ran down her spine and she looked down; a man lay at her feet, bleeding, his limbs contorted and his eyes, dark and terrified—her father’s eyes. A pool of crimson blood on black pavement. Paralyzed, black fog filled the cell and she shut her eyes to push these nightmarish visions out of her mind.

人物紹介


+原文

特徴

自分を囮にして時間を稼ぎ、タイミングを見て撒くことを目的として作成されたキャラクターである。

ここからは余談です。
ただ、本ゲームを長年プレイしてきた者なら知らずもないが、そんなプレイをする人は少ない。
むしろ、他人を囮に自分を生存させようとするだろう。
そう本キャラクターの制作意図は「このゲームに善人はいるのか?」というチャレンジで作られたのだ(公式配信動画より)。
キラーによって遠距離攻撃と表示探知という要素からいかに他のプレイヤーを守れるか。
彼女は運営からのプレイヤーへの挑戦状として作られたのだ。
このような意味合いで作られたキャラクターは本作品では初である。
伏線として、年々過激になるカスタムコスチュームが挙げられており、「クローデットの迷彩」が未だに人気であるがそれを取り上げると不満が爆発しそうだと認識しており、本キャラクターで挑戦したようだ。
ただし、それを説明した配信動画はアジア圏等では見られず、唯一見られた(国籍を変えると見られた)SteamLiveではアーカイブが残らなかったので、その意図に気づけない者も多いだろう。

固有パーク

写真 パーク名 効果名
オフレコ
(Off The Record)
あなたは学んだ。静かなやり方が時に最も有効であることを。
あなたがフックから救出されるか自力で脱出したとき、オフレコは60/70/80秒間有効となる。
オフレコが有効である間、あなたのオーラは殺人鬼に表示されず、負傷によるうめき声が100/100/100%減少する。

◇レベル30以上でティーチャブルパークが出現
おとり
(Red Herring)
あなたは、人間とは大きな音を出すものに一番注目するものであるということに気がついた。
あなたが発電機を最低3/3/3秒間修理すると、その発電機はあなたにだけ見える黄色いオーラで強調される。
黄色いオーラは発電機の修理が完了するか、別の発電機を修理するか、ロッカーに入るまで表示され続ける。
ロッカーに入ると、その発電機から殺人鬼だけに見える騒音インジケーターを表示し、60/50/40秒間のクールダウンが開始する。

◇レベル35以上でティーチャブルパークが出現
人々のために
(For The People)
あなたは他人のために自らの命と怪我のリスクを冒す。
人々のためにはあなたが無傷状態のときのみ発動できる。
医療キットを使用せず他の生存者を治療しているとき、アビリティ発動ボタンを押すと、その生存者を即座に1段階治療する。
ただし、あなたは負傷し、110/100/90秒間衰弱効果に苦しみ、オブセッション状態となる。
このパークを装備すると、殺人鬼のオブセッションとなる確率を減少させる。

◇レベル40以上でティーチャブルパークが出現
※オブセッション状態は1ゲーム中1人しかならず、左下のアイコンがエンティティに囲まれたタグ表示が現れる。
オブセッション状態の相手とチェイスを開始した場合、独特な効果音(ヴァン!と恐怖を煽る効果音)が鳴る為、判別可能。

カスタマイズ

+...
初期・血塗れ衣装
画像 名前 説明 入手方法


頭衣装
画像 名前 説明 入手方法


服衣装
画像 名前 説明 入手方法


脚衣装
画像 名前 説明 入手方法


一式衣装
画像 名前 説明 入手方法

解説・注意点



コメント

  • オフレコはアイウィルないから呻き声で分かる筈っていう概念を潰せるから悪くないな。アイウィルの方が普通に使いやすいってのが最大の欠点だけど。 - 名無しさん (2020-02-27 17:57:53)
    • 80秒間オーラ可視無効だから吊り連鎖で他の鯖が吊られた時バベチリ意識しなくていい利点がある - 名無しさん (2020-02-28 09:17:29)
    • 鋼の意志が強すぎるんだよ。あれ120秒までみたいな制限を付けた方が良いと思う。 - 名無しさん (2020-03-02 10:52:25)
      • 鋼の意志と怪我の功名を効果時間120秒にして、負傷回復すると効果時間リセットが良いんじゃないか説 - 名無しさん (2020-03-14 12:16:10)
      • あー、それはありだな。セルフケアも昔調節入ったしね。一部は「そんなんじゃ何も変わらない」って言うだろうけど(げんなり) - 名無しさん (2020-03-20 10:46:35)
  • 背景のファーストフードの件が分からないんだけども、オーナーがどうして同情されるん? - 名無しさん (2020-02-28 18:52:42)
    • ジャーナリスト気取りの小娘が隠し撮りして生意気なことをして悪事暴いたとか言ってネットに人のネガティブな情報流すのは普通にクズだと思う - 名無しさん (2020-02-29 00:18:19)
    • やってることはパパラッチだからな 第三者から見たらザリーナの事情なんざ知らないし - 名無しさん (2020-03-01 10:30:54)
  • ジェーンと気が合いそう、、ってかむしろキャラ被ってないかw - 名無しさん (2020-03-03 15:35:32)
    • メディアの世界っていう共通点はあるけどロメロは女優の娘でTVショーの顔役、こっちは被差別の気配がある移民家庭で駆け出し以前のアマチュア。それぞれメディアを目指した経緯や背景も違う。元が英文だから心理描写が少なくて分かり辛いけどかなり違うと思うけどな。 - 名無しさん (2020-03-04 06:31:32)
  • きたらプレステⅢまで回すから今から水曜が待ちきれない - 名無しさん (2020-03-09 03:08:08)
  • 人々のためには天秤メタにはなるね - 名無しさん (2020-03-11 00:36:04)
    • チェイスうま男に合いの手されるとキッツイけど、諸刃だね さっきこれで負傷者が増えて流れが変わって勝てた - 名無しさん (2020-03-11 19:45:56)
  • おとりがウザい、そしておとりが発動してることに気付いてない他鯖が追われることになることが多いように思う - 名無しさん (2020-03-12 04:40:25)
    • 騒音も他鯖もオトリとなるわけだね自分にとっての - 名無しさん (2020-03-12 10:01:25)
      • なんて酷いパークなんだ…これ絶対に害悪プレー大好きッズのおもちゃになるな - 名無しさん (2020-03-15 06:52:48)
  • 見た目一番好きかもしれん。割と格好いい - 名無しさん (2020-03-12 06:07:32)
    • バゴーン アッー! - 名無しさん (2020-03-13 15:48:01)
  • アイアンメイデンつけてると、おとりの通知からの叫び声がほぼ同時に聞こえて笑える - 名無しさん (2020-03-12 18:36:06)
    • 想像してワロタ - 名無しさん (2020-03-12 19:11:58)
  • 「このゲームに善人はいるのか?」。BP増やすためにも自分が死なない範疇で肉壁や救助、囮をやってるプレイヤー結構いるけど運営的にはどこまでいったら善人判定なの? - 名無しさん (2020-03-16 21:01:31)
    • せいぜい、絆のドワイトコメくらいが大半の意識だと思うけどね - 名無しさん (2020-03-17 12:34:02)
    • 勝手な想像だけど、死ぬリスクが非常に高い利他的な行為をすることかなぁ。人々のためにがまさに、ダウンさせられたサバに使って自分が盾になって代わりに吊られる事もできるパークだし。要は仲間が死ぬくらいなら俺が死ぬ!って感じかなと - 名無しさん (2020-03-17 16:34:38)
    • プリティすぎる発想でワロタ - 名無しさん (2020-05-11 00:22:59)
  • 人々のためにって別にクールタイムは無いのか - 名無しさん (2020-03-17 23:33:42)
    • 衰弱+治療の時間が実質CT - 名無しさん (2020-03-18 00:55:15)
  • オフレコ+オブオブとかいうロマン考えた - 名無しさん (2020-03-18 02:09:04)
  • 人々+逆境+セルケア+アイウィルが自分の構成 - 名無しさん (2020-03-21 09:52:11)
  • おとりを使おうがキャンプトンネルでましに戦える環境で釣られてくれるキラーなんてほぼほぼいないのをプリティは分かっていない - 名無しさん (2020-03-28 17:50:33)
  • 治療で衰弱って何したんや…直接輸血とかか? - 名無しさん (2020-03-29 20:32:02)
    • キン肉マンみたいに自分の胸から玉取り出して与えてんだろ - 名無しさん (2020-04-07 20:11:35)
    • 気を張ったらオーラ可視能力が目覚めるやつらですし - 名無しさん (2020-08-05 12:33:50)
  • 来る前は中東系のセクシーな褐色お姉さんをイメージしてたのに、蓋を開けてみればゲームないではブラウンともオレンジともない変な肌色のオラウータン。なーんでキラーのモデリングは上手いのにヒューマンのモデリングだけクソ雑魚下流開発のままなのか - 名無しさん (2020-03-31 04:23:40)
    • キラーと鯖でデザインのチームちがうんじゃね - 名無しさん (2020-03-31 11:06:41)
    • どのキラーも普通にかっこいいよね。鯖は使い回し感あるパーツばっかだし、手を抜いているのかな。 - 名無しさん (2020-04-06 20:50:17)
  • おとりってキラーにハッチ閉じられる前に黄色にしておいて閉じられた後にロッカーに入ると告知されてる音はしますけどキラー側にはどう移ってるんでしょうか。発電機完了してるけど騒音行くって全快なら故意に乗り越えしたって事だし違和感アリアリですよね。 - 名無しさん (2020-03-31 17:01:59)
    • 事前に仕込んで置いた場合、おとりはコラプス中も発動できますか? このぐらい読みやすく書けるようもっと勉強しな - 名無しさん (2020-04-09 13:26:45)
  • 人々が予想以上に使える。サク率が明確に下がるわ。 - 名無しさん (2020-04-27 13:08:51)
  • 人々、慈善にカウントされるようになった? 前はエンブレム全然だったけど - 名無しさん (2020-04-29 20:04:35)
  • このゲームやってるとカナダでは貧乳が流行ってるのかと思ってしまう。別に貧乳も好きだが - 名無しさん (2020-05-11 00:18:01)
    • 少し上の枝でも言われてるけど、女性をセクシーとか可愛くモデリングする事さえポリコレ棒のバッシング対象になるのがあっちの国だからね。巨乳にするならジェーンみたいに身体全体デカくしないとダメみたいな縛りがある - 名無しさん (2020-05-19 06:45:44)
      • ケイトとか露骨な巨乳いるでしょ。2次元みたいな奇乳が無いだけで - 名無しさん (2020-05-20 00:28:57)
      • どこ情報だよそれ。極力幅持たせてキャラクターデザインしているだけでしょ。 - 名無しさん (2020-05-20 04:27:54)
        • 幅を持たせて(貧乳だらけ・ブスだらけ) - 名無しさん (2020-05-21 23:48:21)
          • デブが足りねえ!やり直し!!! - 名無しさん (2020-11-16 13:00:46)
  • 個人的にペンギンザリーナはゲート前屈伸率高めの印象 - 名無しさん (2021-01-05 12:51:44)
    • ペンギンの為に久しぶりに課金した身としては非常に悲しい - 名無しさん (2021-01-05 14:03:04)
      • ペンギン可愛いですもんね。あなただけは煽らないままでいてください - 名無しさん (2021-01-06 11:01:26)
最新20件を表示しています。ログ全文
コメント左側の◯をクリックしてから書き込むと、レス形式でコメントできます。
最終更新:2020年07月14日 18:47