難易度:難しい

ゲスト参戦:スプラッター映画の「ハロウィン」のヒロイン、ローリー・ストロード

キャラ説明

私はこの地上の隅っこの絶望しか無い場所で、たまたま新たな人間を見つけた。
彼女が誰かは分からないが、彼女について幾つか分かっていることはある。

以降、二度と彼女と出くわすことは無かったが、彼女は長い事ずっとここにいるように見えた。
その姿は、この場所にもう飽き飽きしており、ある種の仕組まれた恐怖に悩みつつも、常に警戒を怠っていなかった。

+原文
I stumbled upon another soul in this doomed corner of the earth.
I do not know her name, but there is something about her.

I have never crossed paths with her, but she seems as if she’s been doing this for far too long.
Weary of the environment, clad in a kind of controlled panic, constantly looking over her shoulder, on the lookout.

人物紹介

人は、日々の生活で何が最も大事なものか、それを失うときまで気づかない。
ローリーはただ郊外で、友達や家族、恋人と静かに暮らしたかっただけだった。
ローリーは典型的な十代の若者で、道ですれ違っても特に記憶に残らない程度の少女だった。
宿題はきちんとこなし、友達や学校の先生、家族から好かれていた。

ある夜、何の変哲もないベビーシッターの時間は彼女の人生を永遠に変える何かへと変貌した。
包丁が空を切る。遠くに悲鳴が響く。物音が心をかき乱す。
しかしローリーは屈しない。ローリーは決して諦めない。

+原文
You never know what really matters in life until you’ve realized it might end soon.
Laurie is one of those who just wants a quiet life in the suburbs, hanging out with friends, family and maybe go on a date or two.

Laurie is a typical teenager. You could pass her on the street and not think twice.
She does her homework and is liked by her friends, teachers and family.
A simple night of babysitting turns into something that will forever change the course of her young life.

A knife swooshing through the air. Screams from afar.
Noises that plays tricks with her mind.
But not Laurie, she’s made of something stronger. Something that won’t give up.

特徴

殺人鬼と自分の両方がお互いの位置を察知できてしまうというハイリスク・ハイリターンなパーク「執念の対象」が特徴的。その反面、犠牲者が増えるほど殺人鬼の察知範囲を減少させる「唯一の生存者」や、担がれた際に一度だけ反撃して脱出できる「決死の一撃」など、生存力を上げる固有パークを持つ。自身を囮にすることで他の生存者をアシストする、まさにホラー映画のヒロインらしいキャラクター。

固有パーク

写真 パーク名 レア度 効果名









唯一の生存者
(Sole Survivor)
Lv1 Lv2 Lv3 他生存者が死亡する度に効果が発動する。
殺人鬼から一定範囲内に自分がいると、自分のオーラが殺人鬼に可視表示されなくなる。
複数のオブセッションの要因がある場合、自分がオブセッション対象になる確率が上昇する。(※)

各パークレベルにおける、死亡した生存者の数と表示されない範囲内の関係は下記の通り。
【レベル1】1人:20m以内 2人:40m以内 3人:60m以内
【レベル2】1人:22m以内 2人:44m以内 3人:66m以内
【レベル3】1人:24m以内 2人:48m以内 3人:72m以内

◇レベル30以上でティーチャブルパークが出現

「ブギーマンなの?」- ローリー・ストロード
執念の対象
(Object of Obsession)
Lv1 Lv2 Lv3 殺人鬼のいる方向を見ると効果が発動。
自分と殺人鬼がお互いのオーラを56・64・72mまで見ることが出来る。
心音範囲内にいる場合は発動しない。
オブセッション状態でない時は効果範囲が44・56・64mに減少する(※)。

◇レベル35以上でティーチャブルパークが出現

「私を見てたわ!」- ローリー・ストロード
決死の一撃
(Decisive Strike)
Lv1 Lv2
Lv3
フックから救助されるか自力脱出すると40・50・60秒間、使用可能になる。
使用可能時間中に殺人鬼に担がれるとスキルチェックが発生し、成功すると
殺人鬼の手から逃れ、5秒間スタンさせる。
このスキルチェックに成功しても失敗してもパークは無効化される。
スキルチェックに成功した場合、自分がオブセッション状態になる。
発動しなかった場合 使用を温存することが出来る

◇レベル40以上でティーチャブルパークが出現

「もう大丈夫よ。」- ローリー・ストロード
※オブセッション状態は1ゲーム中1人しかならず、左下のアイコンがエンティティに囲まれたタグ表示が現れる。
オブセッション状態の相手とチェイスを開始した場合、独特な効果音(ヴァン!と恐怖を煽る効果音)が鳴る為、判別可能。
※(決死の一撃を除き)オブセッション優先するパークを複数人がつけている場合はランダムで対象者が決定される。
※(3.4.x時点)「決死の一撃」はオブセッションを発生させるがオブセッションの優先が確実ではない模様。少なくない確率で他の人がオブセッションになる場合がある。
※「決死の一撃」の成功でオブセッション状態となった場合、他の人のオブセッションは解除される。


カスタマイズ

+...
初期・血塗れ衣装
画像 名前 説明 入手方法
Laurie Classic
(ローリー・クラシック)
小奇麗に整えられ、顔にかかっていない髪 初期衣装
Sky Blue Acrylic Shirt
(空色のアクリルシャツ)
賢い女性のオシャレなシャツ 初期衣装
Bonded Knit Navy Pants
(ボンディングニットのネイビーパンツ)
高いウエストラインが脚を強調する 初期衣装
Bloody Laurie
(血塗れのローリー)
「あれ」は私だけを狙い、執拗に追い詰める。 プレステージ3回目報酬
Carrion Shirt
(汚らわしいシャツ)
真に純粋な、執念の対象 プレステージ1回目報酬
Grisly Pants
(陰惨なズボン)
私の希望は、ただあの怪物の怒りに油を注ぐだけのようね。 プレステージ2回目報酬

頭衣装
画像 名前 説明 入手方法
Tousled Low Lights
(暗めのナチュラルスタイル)
マジメに見せるために髪を暗くした THE HALLOWEEN®︎(DLC)購入特典
Feathered Gold-Brown
(羽飾りのゴールドブラウン)
爽やかなスタイル。1987年の少女たちのトレンド。
400

服衣装
画像 名前 説明 入手方法
Comfy Cardigan
(着やすいカーディガン)
肌寒い秋の昼にはちょうどいい THE HALLOWEEN®︎(DLC)購入特典
October Cardigan
(10月のカーディガン)
恐怖による寒気を感じ始めるハロウィンに着るのに丁度良い、暖かいカーディガン。
400

脚衣装
画像 名前 説明 入手方法
Everyday Culottes
(いつものキュロット)
赤ん坊の面倒を見るときはスマートに見えるのが一番だ THE HALLOWEEN®︎(DLC)購入特典
Flower Power
(フラワーパワー)
恐ろしい存在から逃げる時には役に立たない、花柄プリントのスカート。
でも、そんな状況に陥るなんて予測できなくない?

400

解説・注意点

ローリーは殺人鬼「ブギーマン」に何度も命を狙われており、殺意の対象となった経験が他の生存者より多い。その経験からか、絶体絶命の窮地において抵抗するパークはもちろん、自分自身を標的にしやすくするパークも持っている。これにより殺人鬼がローリーに注目せざるを得ない状況に持ち込めるため、囮としての能力が高い。
ローリーの固有パークには、自分自身を「オブセッション」という特別な状態にする効果がある。殺人鬼側がオブセッションをうまく活用した場合、標的となった生存者は対策をとることもできず、殺人鬼に有利な舞台で戦わざるを得なくなる。しかしローリーの固有パークは、あえて自らをオブセッション状態に置き、「自分の命を賭けて殺人鬼に立ち向かう」ことに適している。
「唯一の生存者」「執念の対象」はオブセッションに関連するパークであり、どちらも大きなリスクを伴う危険なパークである。しかし、これらを上手く活用する事が出来れば、後述のようにオブセッションのリスクは大きく軽減できる。加えて「決死の一撃」は強力なため、絶体絶命の窮地でも道を開ける強みを持っている。

ただし、オブセッション状態は「殺人鬼に狙われやすくなる」という大きな危険を伴う。「執念の対象」を上手く活かせれば危険な状況をコントロールできるが、失敗すれば殺人鬼に利用されて被害を受けるはめになる。また殺人鬼のパーク次第では、オブセッション状態で被害を受けると他の生存者全員にも悪影響が及ぶことがある。そのため、軽い気持ちでオブセッション関連パークを使用するのはやめておこう。

腕に自信がない場合は「決死の一撃」だけを使用するのが良いが、自信がついたら他のパークも使ってみよう。リスクが大きいために使うのは抵抗があるだろうが、上手く活用すれば「殺人鬼を弄ぶ生存者」という立ち回りが可能になる。「唯一の生存者」は自分の生存力を高め、「執念の対象」は殺人鬼を翻弄できる。 両方合わせると、相乗効果で高い性能を発揮する。追われている場合は生きているだけで殺人鬼の探知パークを弱体化し、放置された場合はこちら側が一方的に相手の動向を把握して逃げ切れるという状況に変わる。これは殺人鬼側にオブセッション関連パークが無くても非常に強力である。「舞台を生存者のためのものに作り変える」と言っても過言にならない。

さらに、殺人鬼にオブセッション関連パークがあった場合にはより有効になる。 殺人鬼の舞台を邪魔する存在へと変わるからだ。もっとも自分自身の能力が並み程度なら葬られてしまう。 殺人鬼に立ち向かう技量と勇気がないなら別パークを選ぶのが無難だ。

ローリーを纏めると、殺人鬼にとって「特別な生存者」だと言える。オブセッション関連パークを持つうえ、担いでも脱出してしまうため殺人鬼にとっては狙いにくく、かといって放置もしたくないような存在はまさに熟練の生存者である。隠密・逃走関連の固有パークがなく、パーク効果を殺人鬼に利用されるリスクもあることから上級者向けの性能である。だが他では味わえない刺激を感じたいなら、オブセッションをもって殺人鬼に一騎打ちを挑み、本当の主役はどちらか決着をつけよう。


コメント

  • 唯一の生存者弱体化はいってますよ確か 一人死亡するごとに16・18・20見れなくなるっていうもの だから一方的に見て脱出ってのは出来なくなったハズ - 名無しさん (2019-10-01 10:15:54)
  • あと決死の一撃 発動しなかったら温存できますよ一応 だいたい使うけど - 名無しさん (2019-10-01 10:18:25)
  • 英雄の噴火みたいにストライクも弱体化すればいいのにね。クエンティンやタップよりシェイプのDLC買ってる人多そうやけどあんまり見ないってことはみんなこのキャラ所持はしてるけど自粛して使ってないんちゃう - 名無しさん (2019-10-15 14:18:04)
    • DSのティーチャだけして使ってないんだろ - 名無しさん (2019-11-01 12:10:21)
    • 運営いわくストライクはトンネル対策の為これ以上弱体化いれないって言ってたし諦めろw 【現状は運営のお気に入りパークの一つである】 - 名無しさん (2020-01-27 18:48:30)
      • トンネル防止なら誰か吊られた時点で効果消えるようにしろ - 名無しさん (2020-06-29 02:23:35)
        • それだと カニバルとかのキャンプに対応できないでしょ - 名無しさん (2020-08-25 15:47:06)
  • DS使ったら5秒スタンさせて自分はダウン状態に戻るでよくね?それでも鬼からしたらうざいし - 名無しさん (2019-10-22 05:06:56)
    • それいいね、スタンした時にもがきゲージ3割増えてもいいくらいだ - 名無しさん (2019-11-01 12:08:54)
      • ボイルオーバーの出番ですね - 名無しさん (2019-11-01 12:26:23)
    • できて深手が関の山だろうなぁ - 名無しさん (2020-05-22 21:47:01)
  • 新スキンよかったね - 名無しさん (2019-10-31 23:09:58)
  • 去年の映画の白髪黒ジャケットの老ローリースキンも欲しい - 名無しさん (2019-11-01 12:02:18)
  • お前が持ってきたdsを俺は忘れない - 名無しさん (2019-11-05 21:08:55)
    • dlcキャラの中でもダントツで一番見ないよな。どんなキャラがストライク持ってようがおかしくない状態やけど、それでも歩くストライクことコイツは絶対持ってるからな。ローリーやけどあえて持ってないなんていいヤツ?も何人か見たが基本持ってる。ストライク誰も持ってない試合もごく稀にあるし、ほぼ100持ってるコイツは解散安定 - 名無しさん (2019-11-06 00:59:26)
      • すごく頭悪そう - 名無しさん (2019-11-14 08:06:33)
      • 一番見ないキャラなのにわざわざ解散するのか - 名無しさん (2019-12-25 01:54:47)
    • 聖堂で出るとはいえトンネル対策にどうぞって作ったパーク持ちが課金必須なのウケるよな - 名無しさん (2020-01-11 02:30:22)
      • トンネル対策にどうぞ?作られた頃はオブセ付与されたら、背負われて2秒くらい経過後無条件でスキルチェック発動やぞ その分成功範囲も狭かったが。その他の奴が持ってた場合もがきを溜めれば、0吊りで発動可能だったしな。  オブセ生存者ドリブルも今となっては懐かしい - 名無しさん (2020-01-29 07:44:28)
  • DSの時間ぎりぎりでロッカー入って強制担ぎさせてもらうのが最凶で最高のデットハード - 名無しさん (2019-12-12 23:33:17)
  • 原作見た後リメイクの方のハロウィン見たらローリー可愛いな…ウェーブ髪とメガネのスキンも来ないかな… - 名無しさん (2020-01-03 09:01:19)
  • DS発動しないバグなんとかならんか - 名無しさん (2020-01-09 13:53:58)
    • これはきっと50%の確率しか発動しない サイレント良ナーフ - 名無しさん (2020-03-15 23:48:18)
  • こいつだけ霧の森入りの過程がふわっとしてて草 - 名無しさん (2020-01-12 10:18:29)
  • こいつどう見ても20代後半にしか見えない、少なくとも10代の若者ではないだろ - 名無しさん (2020-01-14 00:31:32)
    • 58年に生まれた人が1作目78年に撮影してて、時期的にギリ19歳 だけどアッシュと違って設定年齢的にモデルをスキャンすることもできないし、じゃあ何とか似せようと当時のプリティ陣作った結果がコレ 髪型や服装も時代掛かってるから、老けて見えるのかもしれない。 - 名無しさん (2020-01-29 07:36:07)
  • スラッとした背の高い女キャラは彼女だけ - 名無しさん (2020-01-25 00:34:28)
    • 身長だけで言えばミンとナンシー以外はほぼ変わらない - 名無しさん (2020-01-29 07:46:40)
  • ぶっ叩かれてるから旧作映画のローリー見に行ったらいかにも欧米人って顔の美人さんだった。それがゲームになってみてこれだとそりゃあボロクソ言われる訳だ。ちなみに映画は普通に面白かったので週末の映画タイムにでもどうでしょう - 名無しさん (2020-02-01 07:22:20)
    • 今公開中のナイブスアウト観に行こうぜ。老リー出演してる。 - 名無しさん (2020-02-04 06:16:35)
    • 他のホラー俳優と違って中の人が大御所になったため、女優とのコラボはコスト的にも無理だろうし、あえて顔も似せてないと思う。婆ローリースキンが絶対に出ないと思うのもそのため。 - 名無しさん (2020-02-04 06:30:29)
  • DSのスキルチェック何回もやってたらほぼ外さなくなったわ - 名無しさん (2020-04-04 17:25:29)
  • DSのせいでスキル持ってるやつが交互にわざと捕まって逃げる算段つけるのホントクソ。通電したら発動しなくなるとかしてほしいわ - 名無しさん (2020-04-19 21:15:54)
  • 実写映画の老ローリーの方が綺麗。dbdのローリーは叫び声や悲鳴が猿だし、顔が老けて見えるおばちゃん顔だしマイケルの方が可愛い。 - 名無しさん (2020-04-21 10:36:03)
  • とあるキラーが暴れてる間のお陰でDS無警戒なのが多くなった 刺さる刺さぞ!! - 名無しさん (2020-06-18 18:38:24)
  • 変換ミスで唯一の生存者の説明文が「1人飲み」になっていてローリーが「こんなクソパーク作りやがってプリティィィ!」ってヤケ酒してる図が見える - 名無しさん (2020-07-12 14:30:24)
  • オーラ変更のせいでオブオブがヤバくなってて草 ほぼ一方的にキラー見えるじゃん - 名無しさん (2020-07-29 18:05:03)
最新20件を表示しています。ログ全文
コメント左側の◯をクリックしてから書き込むと、レス形式でコメントできます。


最終更新:2020年09月06日 15:07