難易度:普通

背景

+原文

人物紹介

ジェーン・ロメロは有名女優ロレッタ・ローレンスの娘であったが、母親のことは全く覚えていなかった。
ジェーンがまだ赤ん坊の頃、両親は母親が撮影のために頻繁に家を留守にしているというのが主な理由で別居したため、ジェーンは売れない視覚芸術家である父親に育てられた。
自分の人生に関与しようとしない母への恨みと、スクリーンで存在感を放つ母への羨望。 2つの相反する感情を持ったままジェーンは成長した。

十代の頃、ジェーンは密かに母の才能と張り合おうとした。
劇で演出や演技を担当し、テレビCMのオーディションを受け、父のアトリエで手伝いもした。
高校3年生で参加した全国弁論大会で最優秀賞を受賞したとき、ジェーンの実力に注目したラジオ局からインタビューがしたいと連絡があった。
生放送中の自然な魅力とウィットに富んだ受け答えがスタッフの印象に残り、ジェーンは局でのパートタイムの仕事を依頼された。

大学でのコミュニケーション学を修めて卒業した後は局の仕事を辞め、流行を発信するバラエティー番組の仕事をするようになる。
だが、歯に衣着せぬ物言いとアドリブでの発言は番組を取り仕切る上層部からは歓迎されず、5ヶ月後にはクビを言い渡された。
以前勤めていたラジオ局の番組にも話をしてみたが、ジェーンの企画はリスクが高すぎるとして断られた。

4ヶ月後、ジェーンが出演していた番組の再放送を見たという、あるプロデューサーから1本の電話がかかってきた。
クイック・トークという落ち目の番組のテコ入れを図るため、司会者をもう1人探しているという。

生放送というのは長時間の拘束に加え、安い給与や職の不安定を意味していたが、番組へ出演し意見できる機会を与えられるということでもあった。
ジェーンはクイック・トークの下品で人を煽るような方向性に異議を唱え、個人的な問題を扱った、視聴者の共感を呼ぶ内容を推薦した。
ジェーンの誠実な語り口はすぐに視聴者の心を捉え、視聴者数は順調に伸びていった。

2年後、1時間枠のジェーン・ロメロ・ショーが始まる。
全国放送のこの番組は、ジェーン自身の親から放棄されたことへの葛藤など、タブーな話題も取り上げた。
ジェーン・ロメロ・ショーは数々の記録を塗り替え、ジェーンのイニシャルであるJ・Rは美容クリームからアクセサリーに至るまで登場し、ジェーンの代名詞となった。

しかし、それだけでは満足できなかった。
自分の軌跡を世間に知ってほしいジェーンは、幼い頃の母親の不在をつづった回想録を出版する。
回想録はたちまちベストセラーとなったが、厳しい批評にさらされた。 批評家の意見は、個性のない退屈な自己啓発で味付けされた悲劇の秘話だった。
ジェーンは批判を重く受け止めた。それは自分自身の成功にも関わらず、心の裏側にある声は、その成功に疑問を感じ始めていたからだ。
彼女の成功はさらに過密なスケジュールと、視聴者の期待に答えなくてはならないという重いプレッシャーを生み出す結果となった。
特に忙しかったある週、ジェーンはいつものコーナーを中止し、代わりに2時間の離婚特集を組んだ。
ジェーンのストレスが限界に達したのは、母親が自分の番組に出ることに合意したことを知ったときだった。

平静を装ったまま番組を開始するジェーン。
大部分は何事もなく進行したが、セットに登場した母親が観客に暖かく微笑むと、不快感で胃が飛び出しそうになった。
それまでずっと自分を苦しめてきた激しい嫉妬がジェーンを飲み込んでいく。
引きつった笑顔のまま番組を進行させるのも限界に達したのは、母親のロレッタがジェーンの発言を遮ってこう言った瞬間だった。
「自分たちは本当の親子じゃない。」 その後、インタビューは大混乱のまま終わった。

番組終了後、ジェーンはニュージャージーに住む父親の家に向かって車を走らせていた。
最近の自分はどう考えてもおかしい、父親といろいろなことについて話す必要がある。
大渋滞を避けて海岸沿いの高速に乗ったジェーンは、一日中悩まされていたこめかみに感じるズキズキとした痛みを止めようと何錠か頭痛薬を飲んだ。
その後リラックスし始めてラジオを点けると、クラシックが流れてきた。
車はゆっくりと走っていた。道路が凍結しているせいで、帰り道を急ぐ車が渋滞を起こしている。
夜の闇があたりを包む。暗闇が視界の端をぼやけさせ、ヘッドライトの光が赤い渦巻に変わる。
ジェーンは強く瞬きをして、視界の輪郭に目を凝らした。
だが、目を閉じるたびにまぶたは重く、鈍くなり、もう開くことができなくなった。

翌朝、ジェーンの車が警察によって水中から引き揚げられた。
何週間にもわたって入念な捜索が行われたが、ジェーンの遺体は発見されなかった。

ジェーン・ロメロ・ショーの放送と制作はジェーンの葬儀が終わるまで中断され、葬儀にはジェーンの両親も出席した。

人々がジェーンの死を悲しむなかJ・Rグッズの売れ行きは急増し、1ヶ月後には番組の全エピソードが再リリースされた。
ジェーンの永遠なる安らぎを願う、オープニング・クレジットが添えられて。

+原文
Jane Romero was the daughter of famous actress, Loretta Lawrence, of whom she had no memory.
Her parents had separated when she was still a baby, mainly since her mother was often away filming. Jane was raised by her father, a struggling visual artist.
She grew up torn between resenting her mother's absence from her life and admiring her presence on screen.

As a teenager, Jane secretly wished to emulate her mother's talent.
She would direct and perform in plays, audition for TV commercials and help her father at his studio.
During her senior year, she entered a national oratory contest and won first prize.
Her performance attracted the attention of a radio station that contacted her for an interview.
During the live show, her natural charm and repartee impressed the staff, who offered her a part-time job at the station.

After graduating college in Communication, she quit her job at the station to work for a trendy variety show.
But her frank delivery and ad-libs were not appreciated by the show's executives, who fired her after five months.
Desperate for another opportunity, Jane pitched a show at the radio station she used to work at, only to be turned down, her proposal being too risky.

Four months later, she received a phone call from a producer who had seen reruns of the show.
He was looking for a co-host to spark up the failing show Quick Talk.

Live television meant long hours, a low salary, and no stability, but it also offered a platform to broadcast her views.
She disputed the crude inflammatory tone of Quick Talk and pushed for a relate-able coverage of personal issues.
Her honest delivery resonated with her audience and within weeks, the show's viewer-ship was steadily growing.

After two years, she launched a full-hour segment called The Jane Romero Show,
which was broadcast nationally and covered tabooed topics, including her personal struggle with abandonment.
Her show broke records and her initials J. R. became synonymous with products ranging from beauty creams to fashion accessories.

But Jane needed more; she wanted others to follow her in her footsteps.
She published a memoir that covered her childhood with an absent mother.
Her book was an instant best seller, but was reviewed harshly. Critics called it "a serving of sad anecdotes seasoned with bland, generic self-help tips.
" Jane took this criticism to heart, since despite her success, a voice in the back of her mind was starting to doubt her achievements.
Her success also generated an increasingly demanding schedule and a growing pressure to entertain constantly.
During a particularly tense week, she canned an episode and instead launched a two-hour-long special on divorce.
Her stress peaked when she learnt that her mother had agreed to star in her show.

Jane put on a brave face and began the show.
Most of it went without a hitch, but her mother walked on set, smiling warmly at the audience, Jane's stomach lurched unpleasantly.
She was consumed by a violent envy that had been festering.
Yet she carried on with a strained smile, until Loretta interrupted her, saying that they were not actually related.
The interview went haywire after that.

After the show, Jane was driving to her father's house in New Jersey.
She needed to talk things over with him; she had not been feeling like herself lately.
She turned on a free-way along the coast to avoid major congestion and popped some painkillers to numb the throbbing pain in her temples, which had been nagging her all day.
Then she started to relax and turned on the radio; classical music was playing.
The drive was slow. Black ice covered the highway, which was packed with cars on their way back home.
Night fell. A darkness began to blur the corners of her vision and turned the headlights into swirls of red.
Jane blinked to sharpen their outlines,
but each time she closed her eyes, her eyelids became heavier and heavier, until they remained shut for a moment too long.

The following morning, authorities were fishing out Jane's car from the water.
Despite leading a meticulous search for weeks, they were unable to retrieve her body.

The airing and production of The Jane Romero Show was suspended until after her funeral, which both her father and mother attended.

As the public grieved for Jane, there was a surge of orders for J. R. products and all her episodes were re-released a month later,
with an opening credit that wished her eternal peace.

特徴

ローリー・ストロードの「決死の一撃」と同様、殺人鬼を攻撃できる固有パークを持つ。
ケイト・デンソンと同じく、女性生存者の中では高い身長である。シルエットが縦横ともに大きいため、隠密にはあまり向かない。
ジェーンの固有パークは「強くなり過ぎたパークへのメタ」として考案された(DLC配信記念生放送参照)。運営側が「あれは失敗だったね」と称した殺人鬼パーク「アイアンメイデン」を始め、強力な殺人鬼パーク「看護婦の使命」や「バーベキュー&チリ」などに対抗する為のパークがジェーンには与えられている。

固有パーク

写真 パーク名 レア度 効果名









連帯感
(Solidarity)
Lv1
Lv2
Lv3 負傷時に医療キットを使わず生存者を治療すると、40・45・50%の変換率で自分の傷も回復する

◇レベル30以上でティーチャブルパークが出現

「自分が大変な状況でも駆けつけて、誰かの悩みに耳を傾け、困っている人に手を差し伸べる。
    こうして人は強くなり、成長していく。」 - ジェーン・ロメロ
平常心
(Poised)
Lv1 Lv2 Lv3 発電機の修理が完了した後、6・8・10秒間跡を残さなくなる

◇レベル35以上でティーチャブルパークが出現

「ほら、落ち着いて。考え込むのはやめて前進あるのみ。大丈夫だから。」 - ジェーン・ロメロ
真っ向勝負
(Head On)
Lv1 Lv2
Lv3
ロッカーの中、出れる状態で3秒間待つとパークが点灯する

パーク点灯中に急いでロッカーを出ると発動し、突進攻撃をする。
突進攻撃の有効範囲に殺人鬼がいると3秒間怯ませ、疲労のステータス効果が60・50・40秒間発生する。
疲労中は発動できない。※命中しなかった場合は疲労しない。

カラスが頭上にいる状態では発動できない。

◇レベル40以上でティーチャブルパークが出現

「人は克服した障害によって記憶される。逃げても自分の本当の力なんて分からない。
    恐怖に立ち向かって、自分の存在を世に知らせるの。」 - ジェーン・ロメロ
※疲労効果は全力疾走などと同系統の効果。また疲労状態は走っている間回復しない。
※「真っ向勝負」は発動時に専用モーション(腕をクロスしたポーズ)で飛び出し、
    「発動時、有効範囲に殺人鬼がいた場合」または「攻撃モーション中に有効範囲へ殺人鬼がいた場合(3.1.0調整)」に命中する。
※なお発動中でも生存者は無敵ではなく、殺人鬼の攻撃が重なれば相打ちとなる。
※長時間動かずカラスが頭上に飛び回る状態(ロッカーの上に止まっている状態)では発動できない。

カスタマイズ

+...

解説・注意点

「連帯感」は味方を治療することで自分の負傷も治療できるため、治療にかかるタイムロスを軽減できる。他のパークとの組み合わせとしては、負傷中の仲間を発見できる「共感」、治療した相手と自分がお互いのオーラを視認できるようになる「アフターケア」などと相性がいい。

「平常心」は足跡を消すことで殺人鬼に見つかりにくくなる。類似のパーク「ダンス・ウィズ・ミー」に比べて効果時間が長いが、発電機の修理が完了した時にしか発動しない。他のパークとの組み合わせとしては、効果時間のうちに遠くへ逃走できる「全力疾走」などと相性がいい。

「真っ向勝負」は殺人鬼を直接攻撃して怯ませる。詳細は下記を参照。
+パーク「真っ向勝負」の扱いと注意点まとめ
(編集時Patch PC:3.1.0)
  • パーク「真っ向勝負」の扱いと注意点まとめ
    • ロッカーに隠れたことが察知されても、このパークを発動させればキャッチを回避して逃走できる。もちろん、ロッカーへ隠れたことに気づかれなければそのままやりすごすこともできる。
      • ただし殺人鬼にこのパークを警戒されてしまうと発動しにくくなるため、殺人鬼がロッカーを開けそうかどうか様子を見るのではなく、ロッカー前を通過しそうな時は常に狙っていく方が堅実かもしれない。
    • 3.1.0で範囲外でも飛び出せば攻撃モーションとなり、モーション中に範囲内に入った場合も怯ませるという仕様に変更され、多少使いやすくなったものの簡単ではない。
      • 「殺人鬼がロッカーの前へ近づいてくる時(モーション中に殺人鬼がロッカー正面へ来る時)」から「殺人鬼がロッカーを開ける直前」まで の間に飛び出す必要があり、タイミングが中々シビア。(おそらく)殺人鬼側でキャッチ判定が成立していると不発に終わるため、 回線のラグも考慮して飛び出す 必要がある。回線状態が悪くpingが高めの時はミスを覚悟してでも早めに飛び出す必要があり、成功させるのが特に難しくなる。
    • 発動前に3秒以上ロッカーへ隠れる必要があり、またロッカーに入ったことがバレると回避されやすいため、 殺人鬼から距離があり、かつ見られない位置 で隠れる必要がある。
      • ロッカーの中で直立状態になった時点から3秒のカウントが始まる。そのため、ゆっくり入ると発動できるようになるまでより時間がかかるが、かといって急いで入ると音で殺人鬼へ通知されるため簡単に対策される。
      • チェイス中に発動を狙う場合は、パーク「素早く静かに」と併せて使うことがほぼ必須。その場合でも殺人鬼に見られない位置でロッカーへ入る必要がある。さらに可能なら足跡を少し散らしてから入りたい。余裕をもってロッカーへ駆け込むためには、殺人鬼がパレットを割っている間に視界の外のロッカーへ駆け込むのがいい。「素早く静かに」と併用しない場合は、チェイス中ではなく隠密中に早めにロッカーへ隠れて発動させるという使い方が主になる。ただし、殺人鬼の気を引きたい、時間を稼ぎたい、チェイスに自信があるといった場合には見つかることを覚悟の上音を立てて入るのも選択肢としてはある。その場合、チェイス中に疲労系パークが使えなくなるためそういったパークを使っている人にはあまりオススメできない。
    • このパークは「全力疾走」などの加速系パークと同様、疲労中は発動できない。
      • 発動直後に他の疲労系パークは使用できないため、「全力疾走」などとの併用に向かない。また、ハントレスなどの疲労を付与するアドオンの効果を受けた直後も発動できない。
      • 逃走距離を比較すると次のようになる。加速系パーク「全力疾走」「スマートな着地」「しなやか」は移動速度が3秒間1.5倍になるため、発動中の生存者と殺人鬼の相対速度は通常1.4m/s~1.6m/sとなり、発動開始から終了までに4.2m~4.8m引き離すことができる。一方「真っ向勝負」は、殺人鬼の怯み時間である3秒から生存者の硬直時間を引いた時間のあいだ4.0m/sの速度で逃走できるため、10m程度の距離を引き離せる計算となる(移動速度の詳細は「移動速度」のページを参照)。
        ただし「全力疾走」などは発動前にもあらかじめ距離をとれるため、単純な比較はできない。
    • 攻撃の当たり判定は広くない。
      • 当たり判定は概ね「飛び出た生存者の身体」辺りにあり、ロッカーの真正面辺りにしか当たらない。ロッカーの扉は無関係。
      • 当てるにはかなり注意深く ラグについても考慮しつつ タイミングよく飛び出す必要がある。
      • 殺人鬼は対策として「ロッカーの横からスライドするように動いてすぐ開ける」ことで、「真っ向勝負」の発動前にキャッチする、もしくは的を外させることが狙える。あるいはロッカーの前でフェイントをかけることでタイミングを外させるという対策もある。
      • なお発動モーション中でも生存者は無敵ではなく、攻撃が完全に重なると相打ちとなる。この場合、生存者は負傷し、殺人鬼は怯む。
        殺人鬼側は対抗策として攻撃を振っておくという作戦もあるし、そうした殺人鬼にはすぐ飛び出さないという判断もある。
    • 怯み(スタン)について
      • 他の生存者を担いでいる殺人鬼に「真っ向勝負」を当てれば、怯ませて生存者を脱出させることができる。ただし狙える場面は稀。地下室の階段前のロッカーでも届きにくい。
      • ※ナースのブリンク動作中(発動後~硬直終了まで)へ真っ向勝負を当てた場合、真っ向勝負のスタンが適応されない。(板によるスタンと同じ扱い)
    • 他のパークとの関連について
      • 上記した通り疲労系パークのため「全力疾走」などとの併用には適さない。ただ「真っ向勝負」は活用できるタイミングが極めて限定的なため、チェイス用に「全力疾走」以外の加速系パークを用意しておくという手もある。
      • 「素早く静かに」は走ってロッカーに入り込んでも殺人鬼に通知されないため、「真っ向勝負」の発動を狙える場面が格段に広がる。足跡を散らしておけば「真っ向勝負」を発動させるまでもなく見失ってくれることもある。
      • 「ダンス・ウィズ・ミー」はロッカーから飛び出した後の足音を残さないため、「真っ向勝負」発動後に遮蔽物の多い場所へ逃げ込めれば殺人鬼の追跡を振り切ることができる場合もある。

  • ロッカーに関する補足
    • ちなみに「キラーに追われていない状態で近くにいる」場合でもエンブレム「逃走者」のポイントが加算される。
      特にロッカー内で至近距離のキラーをやり過ごすことができれば、チェイスと遜色ないない程度のポイントが稼げる。
      通常のチェイスと違い板の消費しないため繰り返し稼ぐこともしやすく、適切に扱えればランクの維持にも貢献する。
    • もちろん通常はロッカーにいると読まれてしまうと一発ダウンという非常にリスキーな行動であるため狙いにくいが、「真っ向勝負」を用意してその扱いを間違えなければ「逃走者:虹評価」もそれなりに取れるようになる。



コメント

  • こいつ担ぐと肩が幸せだ。。。だが真っ向勝負、てめぇはダメだ - 名無しさん (2019-11-02 17:47:00)
    • お前ディサイシブ3連でくらってもまだそんなことが言えるかな・・・? - 名無しさん (2019-11-08 00:02:55)
      • だから被救助はダウン放置しとけとあれほど… - 名無しさん (2020-03-12 16:41:07)
  • 内なる力は真っ向勝負との相性が良いだけでなくなんかこの人なら傷口が自己再生しても不思議じゃないと思わせてくれる肉厚 - 名無しさん (2019-11-08 11:00:21)
  • まず連帯感と独学者を積むじゃろ? - 名無しさん (2019-12-02 18:33:35)
  • 他人のチェイス中に真っ向勝負ぶち込むの好き - 名無しさん (2019-12-14 01:23:48)
  • ロッカーに入れるの? - 名無しさん (2019-12-21 23:38:58)
  • 尻ムチムチ - 名無しさん (2020-01-05 06:07:56)
  • 改めて見ると何しに来たのかってほど使えないパークしか持っていないな - 名無しさん (2020-01-11 21:46:15)
  • ケツデカおばさん - 名無しさん (2020-01-26 20:08:43)
  • ケ  ツ  族    - 名無しさん (2020-02-08 23:35:16)
  • 原作のアマンダだったら絶対担げないだろうな - 名無しさん (2020-02-08 23:37:10)
  • 基本的にコメントでは真っ向勝負とケツしか言及されてないの草 - 名無しさん (2020-02-29 15:32:29)
  • やたらとアーカイブで推されているおばさん - 名無しさん (2020-02-29 20:13:07)
  • そいや同期はプレイグだったな、古代の活躍する女と現代の活躍する女で対比させたんかね - 名無しさん (2020-03-01 19:12:50)
  • この私と真っ向勝負ですか、おやおやおやおや ttps://gyazo.com/e221f4e95c53b9ae774e10c350a4e203 - 名無しさん (2020-03-22 20:59:06)
  • ポケモンのメロンさんみたいな感じなのかな? - 名無しさん (2020-03-26 20:44:36)
  • 初めて使ったけどとんでもねえケツしてるな - 名無しさん (2020-06-05 14:33:56)
  • ロメロさんより眼鏡と刑事の方が体重軽そう - 名無しさん (2020-06-22 21:16:40)
  • ロッカーどうやって入ってるんだ - 名無しさん (2020-06-26 17:00:54)
  • カラス付いてると真っ向勝負発動できなくなるんだな 知らなんだ - 名無しさん (2020-07-10 12:51:16)
    • と思ったらパーク説明文に書いてあるやーーーーん 全然気づかなかった… - 名無しさん (2020-07-10 12:52:01)
  • ずっと気のせいだと思い込むことにしてたけど、やっぱ言うわ…この人お乳も揺れてるよね…? リザルトとかぷるんぷるんしよるよね…? - 名無しさん (2020-07-10 18:11:26)
最新20件を表示しています。ログ全文
コメント左側の◯をクリックしてから書き込むと、レス形式でコメントできます。
最終更新:2020年07月14日 18:44