はじめに

Death is not death. In this place, life is fleeting.
To whomever might find this lore.
ここでの死は現実の死とは異なる、誰もがみんな短命だ。
この場所に来れば誰であろうとその事実に気が付くだろう。

I can but only provide you with one advice: always move forward. This is what keeps me alive, and have so for a while.
If I were to advise further I would suggest you harvest every forsaken location for anything that might thwart the horrors that lurk within.
And keep an eye on the gates. If they open you must flee.
「常に前進し続けろ」、これが第一の忠告だ。 前進だけが自分を生かし続け、生き長らえさせてくれる。
そしてもう一つだけ忠告するなら、「地形を覚えろ」ということだ。地形を覚えれば殺人鬼を妨げたり、隠れることができる。
そして「常に脱出ゲートを意識しろ」、もしゲートが開いたらすぐに脱出すべきだ。

I hope my scribbles have not been in vain. If you find this lore, make use of it and pass it on.
If you find me, bury my body.
私の忠告が無駄にならないことを願っている。 この報告書を見つけたら活用し、誰かに伝えてほしい。
そしてもし私を見つけることがあったら、私の遺体を埋葬してくれないだろうか。

The Entity(エンティティ)

This thing, that I dubbed The Entity, is evil in its purest form.
I find it hard to spot, but I can hear the cracking sound this loathsome thing emanates.
Like a deity, it surrounds the area, closing in on me as its killers hunt me.
It does not seem to be dangerous in itself. Not until you are caught and the killer hangs you from one of the abhorrent hooks.
エンティティと呼んでいるもの(※)は邪悪の化身である。
目で捉えることは難しいが、それが発するクラック音は聞くことができる。
神々と同じようにこの場所に存在し、殺人鬼が狩りをする際にそっと近づいてくる。
それ自身に危険はないが、殺人鬼があの忌まわしいフックに人間を吊るすとき、姿を表す。

I have ended up there over and over and every time I yearn for both release as well as escape.
Pain melts with fear in a most horrid way.
Yet I return to it, more or less every night. Once on the hook, the Entity takes over, pulling one upwards to something else.
私は何度も何度もあのフックを経験した。絶命することもあったし、脱出できたこともある。
恐ろしい方法だが、フックの激痛と引き換えに恐怖が消えていくのを感じた。
私も毎晩一度はフックに吊るされていた。 フックに吊るされるとエンティティが姿を現し、人間をどこかに連れ去ってしまう。

(※:肉フックを吊るすと出てくるアレがエンティティという邪悪な存在の一部)

The Killers(殺人鬼)

These things differ from time to time.
But each acts in a similar manner, and with similar human physical traits.
But they are more reminiscent of beasts of burden even though I can spot some flicker of humanity.
‪これらは時によって姿が異なる。
しかし、それぞれが人間と類似した特徴を持ち、同じような方法で行動する。
彼等には人間性の揺らぎを見出す事ができるが、それ以上に多くの獣性を思い起こさせる。‬

With scars and marks on their skin and body. As if they have been self-mutilating themselves.
They even look dead. I fail to see some humanity in them.
They are bent on finding me.
But somehow they frain from killing me. Instead I am hung from one of those dreaded hooks.
‪肌には傷や印があった。 まるで自らを切り裂いていたかのように。
実際、彼らに幾許かでも人間性が存在するのか、私にはわからない。彼等は死んでいるようにさえ感じられる。
彼等は私を探すよう差し向けられているのだろう。
しかし彼らはなぜか、自らの手で私を殺すのを控える。 代わりに私を恐ろしいフックの1つに吊り下げた。‬

I keep asking myself why they do not snuff the life out me themselves.
But someone must control them. Might they do someone else’s biddings?‪
私はなぜ彼等が自分自身で私の命を奪わないのか、自分自身に問い掛け続ける。
もしかしたら、何者かが彼等を操っているに違いない。 あるいは他の何者かの命令に従っているのだろうか?‬

I keep trying to understand them at the same time as they stalk me.
I try finding something that can pinpoint their purpose.
I wonder if they might be punished? But in that case, are not I in the same position?
Being punished for something, as I try to escape and find some way out of here.
They play their role. Without any diversions, they are like a machine that is set on finding any living soul.
‪彼らに付け狙われながら、私は彼らのことを理解しようと考えた。
彼等の目的は何なのか、特定できる事がないか突き止めようと試みる。
私が此処から脱出する方法を探し出す事で彼等は痛め付けられるのだろうか?
そうとなると、彼らは私と同じ立場にいるのだろうか?何らかの罰を受けるのだろうか?
彼等は彼等の役割を全うしている。 楽しむでもなく、まるで生者の魂を見つけるよう機械のように。‬

Are they without hope? Who do they serve? Is there even a master?
I have never seen them rest or stop. They hunt until the hooks are occupied.
But where do they go after that? Trying to find some answers is one of the few things that keep me sane. For now.
‪彼らに望みは無いのだろうか? 何者だろうか? 主は存在するのだろうか?
彼等が休むところも、止まるところも、私は見たことが無い。 フックが満たされるまで彼等は狩り続ける。
だが、その後何処へ行くのか? いくつかの答えを見つけようとする事で私は正気を保っている。 今のところは。‬

If you stumble upon of these beings you must run and you must hide. Without any sound.
‪もし貴方がこの存在に出くわしてしまったなら、走り、隠れなければならない。 そして決して音を立ててはいけない。‬

The Stain(シミ)

The first time that I spotted this reddish fire burning on the ground, I thought I had finally reached the doorstep of insanity.
But I was wrong.
初めてこの赤味を帯びた炎が地面で燃えているのを見つけた時、私はついに狂気の淵に足を踏み入れたのだと思った。
しかし、私は間違っていた。

After several encounters with this burning fire, I managed to tie it to the killers.
Somehow it gives me hope as one can manage to avoid them if you see this burning warning.
Maybe giving me hope is its purpose?
この燃える炎に何度か出会う内、私はそれを殺人鬼と結びつける事ができた。
どういうわけか、この燃える警告を見た時、私はなんとか殺人鬼たちをやり過ごすこと出来た。
もしや、この炎は私に希望を与えることが目的なのだろうか?

The Heartbeat(心音)

Maybe it is the will to survive that makes me even more alert to sounds.
Sight is limited in this darkened part of the world.
おそらく、生き残るという決意が私をさらに音に対して警戒させているのだろう。
この世界の暗闇の中において、視力だけでは限界があった。

In this case their heartbeats. Not my own, but instead the killers’ as they close in on me.
I just hope that they do not pick up on mine as my heart races for every thump i can hear even clearer.
この場合の心音。 私のものではなく、私に迫ってくる殺人鬼の心音のことだ。
ドクンドクンと鳴る音がより明らかに聞こえてくるたび、早鐘を打ち始める私の心音を彼らが見つけ出さないことを願うのであった。

The Meathooks(肉フック)

These viscous hooks, strewn about this nightmarish world represent the true horror of the thing that rules this place - this Entity.
Killers bring their prey to the hooks to torture them before that twisted mess of claws comes down for the finishing blow.
悪夢めいた世界に散らばる粘り気のあるフックはこの場所を支配するもの―――エンティティの真の恐怖を象徴している。
殺人鬼達は穢らわしい捻じくれた鉤爪がとどめの一撃を振り下ろすまで責め苛ませようと餌をフックへ運ぶ。

There is still a chance of escape once hung from a hook.
Either by enduring excruciating pain as you twist and turn to manage to escape with a shoulder in pieces.
Sometimes you even might get help from others that also resides within this nightmare.
一度フックに吊り下げられても脱出のチャンスはまだある。
体を捻じ曲げて肩を細切れにしながらも何とか脱出する事も、延々と続く激痛に耐える事もできる。
時には、この悪夢の中に存在する他の人物から助けられる事もあるかもしれない。

One of the most horrific scenes is not always to be the one on the hook. But rather a witness.
To see fear as someone else struggles for freedom is something I wish I could unsee.
Limbs moving in unnatural ways and also my own inside struggle.
最も凄惨な光景は、いつもフックの上で起こるとは限らない。 むしろ目撃するものだ。
他の誰かが自由を求め足掻く姿を見る恐怖を感じずに済むことを私は願っている。
四肢が不自然に動き回り、私自身の心中は悶え苦しんでいく。

Sometimes I try to help. But many times my fear of the hooks grows too big.
What is survival with blood on your hands?
時には救助を試みる。 しかし、ほとんどはフックへの恐怖に押し潰されてしまう。
他人の死の責務を負いながらも、生き残る事はどんなものだろうか?

The Generators & Gates(発電機&門)

These strange machines can be found across this abandoned world.
They seem to be some kind of generators, fueling lights.
これらの奇妙な機械はこの棄てられた世界のあちこちで見つける事ができる。
それらは何かしらの光を供給する発電機のように見える。

At first I paid no attention to them, but as days turned into months I employed all of my engineering skills to actually fix one.
It attracted one of these beings that is after me.
But I also noticed that they were somehow tied to something else.
最初はそれらに何の注意も払わなかったが、数ヶ月を経て、私は実際にその一つを修理するため全てのエンジニアリング技能を駆使した。
それは私の背後に存在する者の一つを引きつけた。
しかし、彼等もまた何らかの形で他の何かに縛られていることに気が付いた。

The only possible escape lies behind huge ornate metal gates.
They taunt me every time lay my eyes on them keeping me in, as a caged animal.
But as I discovered, they can be opened. Somehow these generators are the key to getting them open.
唯一の脱出口が巨大で物々しい金属製の門の後ろに存在している。
それはいかなる時も私の視線に入るたび、愚弄するように檻の中の獣のように私を留め置いた。
だが私は気が付いた、あれは開くことができる。 どういうわけか、これらの発電機は門を開くためのカギとなる。

As I managed to repair enough of them, the gates opened, and I ran with all my soul towards the camp fire in the distant.
Sometimes I escape and sometimes I stare the Entity in the eye and wake up at the never ending fire.
私はそれを何とか修理し、門を開き、全ての力を賭けてキャンプファイアーに向けて走った。
時に私は脱出し、時に私の瞳はエンティティを凝視し、消えることのない火の傍らで私は目を覚ました。

Why aren’t the killers following me through the gates?
I might never know.
何故彼らは門を超えて追いかけてこないのか?
私には決して知る事ができないのだと思う。

The Chests(木箱)

The first time I found a chest, I didn’t manage to open it before a killer caught me.
I got exuberated as something new shined some light on this hellish life I now live.
私が初めて木箱を見つけた時、それを開ける前に殺人鬼に捕まえられてしまった。
この地獄の中に輝く光を見つけたように、私は一心不乱になっていたのだ。

I did not pay enough attention. But the next time I was more careful and I managed to loot it.
But I must grasp whatever I find with my hands, cause all is lost if the killers lays his hands on me.
私は十分に警戒をしていなかった。 しかし、次は以前より慎重に動き、中身を奪う事ができた。
私は手にした物をきちんと把握しなければならない。 彼らが私を捕まえたとき、全てが無意味になるからだ。

The Campfire(キャンプファイヤー)

What keeps this eternal fire burning?
I seldom question it anymore as I yearn for its warmth.
I get a few moments of peace every time I visit it. At the same time, I hate it, as I never want to see it again.
この永遠に燃え続ける火は何だろうか?
僅かな温もりにも憧れて、私はもう疑問に思うのをやめてしまった。
この場所に訪れるたび、わずかな休息のひとときを過ごす事ができるが、
それと同時に私は此処が好きではない。あの場所へはもう戻りたくない。

I tried burning my hand in it one time, but felt nothing.
But how come it is still warm?
私は一度だけ、この火の中に手を入れてみたが何も感じなかった。
しかし、なぜこの火からはまだ温もりを感じられるのだろうか?

The Key(鍵)

During my latest ordeal I found a key.
I have never stumbled upon anything like it.
And I have spent more days inside this limbo than I can remember.
試練の時間の中、私は鍵を見つけた。
私は、この鍵を使うような物に心当たりは一つもなかった。
そう、私が覚えている限りの中で、此処での永遠とも言える日々を過ごしていても。

This key almost scorched my hand. It felt as if sat upon great power.
Everything became so much clearer and sight and sound hit me with great force.
I suspect also that it is used to open something.
私は、この鍵で手を傷つけた。 この鍵が大きな力を纏っている事を感じたのだ。
大きな視界と聴覚が私に襲いかかった。 全てが非常に明確に把握できるようになったのだ。
私は、この鍵が何を開く為に使用されるの物なのかと疑問に思った。

But I have not had the time to understand its purpose fully.
But my heart tells me that somewhere I will find a keyhole.
だが、私はこの鍵で開く物を完全に理解するには時間がなかった。
しかし、私の心は何処かに鍵穴がある事を伝えている。

The Hatch(ハッチ)

This hatch I found baffles me.
As I witnessed the last survivor being, yet again, the victim of the dreaded hook I stumbled upon it as I slowly backed away.
このハッチを見つけた時、私は困惑した。
最後の生存者となり、目撃され、あの恐ろしいフックの犠牲者に再びなると思い、ゆっくりと後退した時に躓いた。

I finally found my keyhole.
With my last strength I opened it, entered its tunnels and somehow found my way to the campfire.
ついに私は鍵穴を見つけたのだ。
私は最後の力で扉を開き、トンネルに入って何とかキャンプファイヤーへの道を見つけた。

Now I sit here contemplating its purpose.
Is hope more important for the Entity than I thought?
Is this hatch just a treat you give a dog to as encouragement? For now I take what I can get.
今、私は此処に座りその目的を深く考えている。
私が思うより、希望はエンティティにとって重要なものなのだろうか?
このハッチは家畜犬と化した私を励ます意味でのエンティティの施しだろうか? 今の私には与えられた物を得る事しかできない。

The Basement(地下室)

I went further than I have ever dared to before.
I can not say what drove me to venture upon this journey, but as I am back at the campfire I will try to depict what I saw today.
私はこれまでに、敢えて挑戦する必要のない行動に出たことがある。
私はこの旅が自分に何をもたらしたのかは説明できないが、キャンプファイヤーに戻れたとき、その日見たものを描く事にした。

Inside one of the houses, there was a staircase leading down to this room of torture.
A basement with four hooks. But not like others that seem much more random.
These four hooks are...arranged somehow. They must have a purpose.
ある家の中には、この拷問部屋につながる階段があった。
4つのフックが備えつけられた地下室。 それはこの遥か上にある不規則に備えられた他のフックたちとは異なっている。
これら4つのフックは…何とか整備されていた。 殺人鬼が命を奪う目的を手放さない為に。

I do not know anything about this place.
But it felt packed with memories of endless suffering and torture.
The smell of dried blood and bowels still resides in my nostrils.
私はこの場所について何も知らない。
しかし、此処で無限の苦しみと拷問の思い出がたくさんつくられたように感じた。
あの場所の乾燥した血液や臓物の臭いはまだ鼻孔に残っている。

The Offerings(オファリング)

I found something odd during today’s nightmare.
A wreath made of animal bones. Nothing in nature creates something like this.
At the campfire I could find get some light so that I were able to investigate it further.
今日の悪夢の中で私は何か変わったものを見つけた。
動物の骨で作られた花輪。 このような物が自然に生まれる事はない。
キャンプファイヤーにて、私はこの骨の花輪を更に調査する為、いくつかの光を当てて見つめていた。

But I fumbled and dropped it into the fire. And it quickly disappeared.
To my surprise, the fire can burn things. But why this and why not my hand?
しかし、慌てていた私はそれを火の中に落としてしまった。 骨の花輪は燃え、すぐに消え失せた。
私はその燃えるという現象に驚いた。 しかし、なぜ花輪は燃え、私の手は燃えなかったのだろう?

The next day something had changed. The world differed.
My only conclusion is that I was supposed to find this.
A simple offering? But to whom? And who made it? Are these offerings my way out of here?
翌日、たしかに何かが変わっていた。 世界が異なっていた。
これに関して私が推測出来るのは、あの骨の花輪に関することだけだ。

A simple offering?
But to whom? And who made it? Are these offerings my way out of here?
あれは奉納物か何かだろうか?
しかし誰の為に? 誰がそれを作った? この奉納物を使えば此処から脱出できるのだろうか?

The Procedural(手続き)

Every place feels mysterious, yet is somehow the same.
Every time I wake up I shiver with fear for what new nightmare awaits.
すべての場所を不可解に感じながらも、どういうわけか、まったく同じだとも感じる。
私は目覚めるたび、新しい悪夢が待ち構えている事に恐れて震えてしまう。

Each departure from the campfire is into confusion.
Slowly I learn the different places, recognizing features and buildings but I never really understand the pattern.
キャンプファイヤーから出発すると、混乱の時間が始まる。
私は少しずつ様々な場所を学び、特徴や建物を認識するが、実際の法則を理解する事は出来ない。

As if some powerful force is shuffling the world as if we were a deck of cards.
Maybe we are just pawns on a scrabble board?
何かの強力な力が、世界を、私達を、まるでカードの山札のように動かしていく。
私たちは盤上の駒に過ぎないのかもしれない。

The Survivors(生存者)

I am not alone. If you set aside the killers. I have found others.
Survivors that are just like me. Or at least I believe so, I want to believe so.
私は一人じゃない。 あの殺人鬼に私が捕らえられてしまったとき、私は彼らを発見した。
それは私と同じ状況に陥った生存者。 あるいは...少なくとも私はそう信じたいと考えている。

Sometimes I manage to just catch a glimpse of a poor soul as he gets carried away.
Others I have actually told my name. I do not always want to know their names.
時々、私は貧しい魂と化した彼が運ばれていく様子を覗き見る事があった。
彼らに私の名を名乗った事もあったが、今はお互いに名前を知ってはいけないような気がしている。

It makes it harder as they hang from the hook.
I help them...sometimes. Just as they help me.
Fear is our common denominator. And we bond. We have nobody else.
フックに吊り下げられた時、彼らの存在はより困難な状況に陥る。
私は時々...彼らの救助に向かった。 以前、彼らが私を助けてくれたように。
恐怖だけが私達の共通点だ。 私達には絆がある。 私達以外、他に誰もいないからだ。

Human contact and interaction sooths this trial we share.
I ask myself whether I am better off alone, or if we can come farther together.
人と接触できた時、私達は共有している試練について話し合った。
一人で離れてる方が良いか、または可能ならば一緒にもっと遠くへ移動するか、自問自答する。

Sometimes I bare shame as I sneak away from screams.
But I have equally often been on the other side, hanging two feet of the ground, whereas I see someone, watching from shrubbery.
Like a witness.
時々、私は仲間の悲鳴から離れて逃げ出す事を恥ずかしく感じてしまう。
しかし、私が同じように地面から2フィートあるフックに吊るされた時、反対側の茂みからは誰かが私を見ていた。
私の命を見届ける証人のように。

Maybe it is important to watch, and remind oneself that pain is not the only thing that burdens our lives at this point?
But also our souls. Do we deserve to live if we were to escape?
この痛みが唯一、私達に残った物ではない事を今、この状況で感じることができる。それはきっと大事なことだ。
私達が此処から脱出できた時、この魂は、私達の命は、真に生きることができるのだろうか?


  • 公式ページの報告書らしき文と一致していたので足りない部分を追記しました。  …とはいえ、翻訳できないし長いので半分に分けるのも有りかも…? -- 名無しさん (2016-08-18 13:22:35)
  • ジェネレーター&ゲートの説明まで翻訳しました。殺人鬼は個別のwikiページからの引用です。 誤訳または問題があったら対処お願いします -- 名無しさん (2016-11-23 00:58:00)
  • 感謝です。 殺人鬼の個人紹介については個別ページがあるので削除します。 -- 名無しさん (2016-11-23 04:58:13)
  • 翻訳、感謝します。 -- 名無し様 (2016-11-24 19:44:38)
  • 翻訳をしました。 翻訳の翻訳の翻訳をした為に間違いがある可能性が高いです。 その場合は修正をお願いします。 -- 名無しさん (2016-12-21 06:18:02)
  • 素敵翻訳、乙です -- 名無しさん (2017-02-16 17:02:05)
  • れらー?、!らをわを…わやれわろを、を、。ヲを?ーをんー。ほ?、(わ。を。わ(ゎんやをわーを、を!ーわー。を。!わ。や、。ーゎら、、あっ…(察し)を -- ・笑わーらをよー! (2018-06-22 01:47:38)
  • 改行テストです.
    実験 -- 名無しさん (2018-08-22 23:40:31)
名前:
コメント:
最終更新:2018年08月22日 23:40