難易度:普通

背景


+原文

人物紹介

アルバータ州オーモンドで生まれ育ったジェフ・ヨハンセンは、おとなしい一人っ子として成長し、人混みに対しては苦手意識を持っていた。
ハイスクール在学中、ジェフの心配性気質は恥ずかしがり屋だという誤ったレッテルを貼られたが、
ジェフはタフでストイックな人格でそれを補い、いじめっ子や教師も同様に怯えさせた。
家ではヘヴィメタルに関心を持ち、レコード収集を始めた。
カバーに描かれた感情を呼び起こすような象徴主義に触発され、自分でも美術作品を作るようになったのだが、
そのことは日常風景と化した両親の喧嘩と上手く付き合って行くのにも役立った。

頻繁に繰り返される両親の喧嘩から逃れるため、ジェフはビデオ店で働きはじめた。
客の通りは少なく、おかげで絵を描く自由時間は十分にあった。
ある夜、遅くに常連の一人がジェフのスケッチに気付き、オーモンド山の荒れたロッジにいる仲間のために何か芸術作品を作ってくれるよう依頼した。
その挑戦を受け、ジェフは液体の多い血塗れの文字で「リージョン」という大きな壁画を描写した。
時間をかけたその作品で、ジェフは50ドル紙幣とビール12本を受け取った。
それは報酬を貰った最初の仕事で、誇れる重要な出来事だった。

両親の離婚後、ジェフは母親と一緒にマニトバ州ウィンクラーへの引っ越しを余儀なくされる。
そこは自分の故郷からも、そして父親からも数マイル離れた町だった。
ウィンクラーでは、芸術と音楽は別として以前よりもさらに孤立した。
高校卒業後すぐに生演奏をやっている地元のバーで働き始めると、彼には慰めができた。
その後すぐにロードクルーの一時的な仕事を見つけ、ウィンクラーを後にした。

数年後、ライブでの喧嘩に巻き込まれて怪我をしたジェフは、視力の一部を失う可能性があると宣告を受ける。
医師は経過観察を行うため、ジェフに町に留まるよう話した。
この困難な状況にあり、ジェフは自分の人生の選択を再評価することとなった。

ジェフはアートスクールに戻った。 視力は徐々に戻り始めたが、油断はできなかった。
いくつかのコースを選択し、多様な材料や技法を試みて、最終的に油彩画とデジタルアートを選んだ。
後者では、有給のインターンシップを紹介された。
事務職を選んだジェフは、小さなビール醸造所向けのラベルのデザインという天職に巡り合う。
ジェフは静かで、質素な生活を送った。
ビールを醸造し、救助犬を受け入れ、タトゥーのデザインをし、好きなバンドのアルバムジャケットをフリーランスとしてデザインした。
ある朝、オーモンドから電話が入る。 父親が亡くなったという連絡で、整理する遺品がいくつかあるという。

ジェフは車ではるばるオーモンドに戻った。
亡くなった父親の家に到着すると、郷愁と同時に心苦しさを感じた。
家の中で、壁に立てかけてある古いギターケースを見つけた。
その中にはビンテージモデルのギターと一緒に、べたつくノートが入っていた。
「息子へ。」ノートにはそう書かれていた。

予定よりも長く町に滞在したジェフは、少年時代の思い出にふけった。
以前通った高校までドライブし、オーモンド山を描いた描画を思い出した。
12本入りビールを買うと、ジェフはロッジへと向かった。

ジェフから何の連絡もないまま数週間が過ぎた後、同僚はジェフが悲しみにうちひしがれたのだろうと推測した。
隣人はジェフの犬の世話に飽き飽きしていた。 犬は日を追うごとにますます興奮するようになった。
犬は再び野良犬となり、ジェフの残した、懐かしいモルトの残り香の痕跡を探して道を外れた。

+原文
Jeff Johansen was born and reaised in Ormond, Alberta. He grew up as a quiet, only child with an aversion for large crowds.
During High School, his anxious nature was mislabelled as shyness, which he covered up with a tough,
stoic persona that intimidated bullies and teachers alike.
At home, he discovered an interest for heavy metal and started a vinyl collection.
The evocative symbolism on the covers inspired him to make some art of his own,
which helped him cope with his parents' constant fighting.

To escape his parent's increasingly recurrent blow-ups, Jeff started working at a video store.
Few customers passed by, so he had a lot of free time to draw.
A late-night regular noticed his sketches and asked him to do some artwork for his gang at the abandoned lodge up Mount Ormond.
Jeff accepted the challenge and pained a large mural depicting "The Legion" in runny, bloody letters.
He was given a fifty-dollar bill and a 12-pack for his hard work.
It was his first paid commission, a milestone to be proud of.

After his parents' divorce, Jeff was forced to move with his mother to Winkler, Manitoba,
which was miles away from his home town—and his dad.
In Winkler, Jeff was more isolated than ever, expect for art and music.
His solace came shortly after graduating High School when he started working at a local bar with live music performances.
He found a roadie gig shortly after, leaving Winkler behind.

A few years later, Jeff got injured after getting involved in a fight during a concert.
He was told he could lose part of his eyesight, so his doctor asked him to stay in town in order to monitor him.
It was a difficult time during which Jeff re-assessed his life choices.

He went back to school—art school. His eyesight slowly returned, but he had to be careful.
He took a few courses, experimenting with a wide range of mediums, ultimately choosing oil painting and digital art,
the latter of which offered paid intern-ships.
He took up a desk job and found his calling in designing labels for microbreweries.
He led a quiet, simple life:
he brewed beer, took-in a rescue dog, designed tattoos, and freelanced album covers for bands he liked.
All until one morning, when he got a phone call from Ormond saying that his father had passed, leaving a few things to sort out.

Jeff drove all the way back to Ormond.
He felt a pang of nostalgia when he reached his late father's house.
Inside, there was an old guitar case sitting in against the wall.
It held a black, vintage model with a sticky note that said,
"for my boy."

He stayed in town longer than he planned to, reminiscing about his childhood.
Driving by his former High School, he remembered the mural he painted up Mount Ormond.
He bough a 12-pack and headed to the lodge.

After weeks of not hearing back from Jeff, his colleagues assumed that grief had gotten the better of him.
His neighbour got tired of sitting his dog, which became more and more agitated as days went by.
The dog became a stray again, erring while seeking the familiar trail of Jeff's malty scent.

特徴

ヘビメタとウィスキーをこよなく愛するイケてるおじさん。事実上の不良集団「リージョン」の名付け親であるが、本人はそれを知らない。

パークの特徴としては、殺人鬼側の通知やフックに吊るすと強化されるパークに対抗するものが採用されている。これは殺人鬼プレイヤー不足を補うために行われたアップデートの結果、運営側の意図を大きく上回るほど殺人鬼が有利になってしまったため、生存者側への救済措置としてジェフの各パークが採用されたことによる(公式動画参照)。

余談だが、原作のないオリジナルの追加キャラクターは生存者よりも殺人鬼のほうが先に開発されていることが多いが、ジェフは同じDLCの殺人鬼「リージョン」よりも先に開発されている。これは、上記の生存者への救済措置が関係しており、調整する側として作られたリージョンがスキル発動中に足跡を追えないデメリットを持ってしまったのは、これが原因であることも言及されている(公式動画参照)。

固有パーク

写真 パーク名 レア度 効果名









ブレイクダウン
(Breakdown)
Lv1
Lv2
Lv3 あなたがフックから脱出するか救出されると、そのフックは破壊され、殺人鬼のオーラが4・5・6秒間視えるようになる

◇レベル30以上でティーチャブルパークが出現

「窮地のスリル」
    道端で見つけた木片に絵を描いてみた。
    そいつが何か伝えたがってるように感じたんだ。
    そしてこいつはゴミになる前に二度目のチャンスを得たのさ。
    (作者:ジェフ、木片のインク・油絵ウォッシュ、12×16)
アフターケア
(Aftercare)
Lv1 Lv2 Lv3 あなたは次の特定の生存者のオーラを視ることができる
・自分がフックから救助した、もしくは自分をフックから救助した生存者
・自分が治療を完了した、もしくは自分の治療を完了した生存者

彼らもまたあなたのオーラを視ることができる

最大1・2・3人分のオーラが視える
あなたがフックに吊るされるとすべての効果が失われる

◇レベル35以上でティーチャブルパークが出現

「嵐を突き抜ける慈悲」
    最高のミュージシャンでもある親友たちに贈る油絵だ。
    あいつらのファーストアルバムは今でも俺のお気に入り。
    おかげで人生の憂鬱な時期を切り抜けられたんだ。
    (作者:ジェフ、キャンバスの油絵、16×16)
ディストーション
(Distortion)
Lv1 Lv2 Lv3 トークンを3個持った状態で試練を開始する
パークは殺人鬼に自分のオーラが視られる可能性があるときに発動し、トークンを消費する
パーク発動中、6・8・10秒間自分のオーラと足跡が殺人鬼から視えなくなる
(トークンが無くなると発動しなくなる。またトークンが残っていても瀕死状態(ダウン・フック)や罠にかかった状態では発動しない)

◇レベル40以上でティーチャブルパークが出現

「ハヤブサの羽のマントで死を欺く」
    冬の眠れない夜からスケッチのインスピレーションを得た。
    北欧神話の探索。勇敢さは最大の欠点すら隠すことができる。
    (作者:ジェフ、鉛筆で描かれたトーン紙、12×12)

カスタマイズ

+...
画像 名前 説明 入手方法
Jeff
(ジェフ)
ジェフは毎日、荘厳なヒゲと長く乱れた髪を見せつける。 初期衣装
Old-School Leather Jacket
(オールドスクール・レザージャケット)
頑丈でオールドスクールなレザージャケット。
ポケットが外側に2つ。内側に1つ付いている。
肘には保護用クッションが入っている。
初期衣装
In The Shadow Of Death Shirt
(死の影の中のシャツ)
死の到来を予測することはできないが、確実なことはひとつ。
死はいつかやって来る。
DLC「Darkness Among Us」
Washed Biker Jeans
(ウォッシュドバイカージーンズ)
年がら年中履かれたうね編みのバイカージーンズ。
便利なビール瓶オープナー付き。
初期衣装
Bloody Jeff
(血塗れのジェフ)
ジェフは毎日、壮厳なビゲと長く乱れた、血の滴り落ちる髪を見せつける。 プレステージ3回目報酬
Brutal Leather Jacket
(残虐なレザージャケット)
古風だが、頑丈なレザージャケット。ポケットが外側に2つ、内側に1つ付いている。…肉と内臓の破片入り。 プレステージ1回目報酬
Blood Soiled Biker Jeans
(血の染み付いたバイカージーンズ)
血の飛び散った擦り切れたバイカージーンズ。ジェフの汚れたビール瓶オープナー付き。 プレステージ2回目報酬
Corpse Paint
(コープスペイント)
純粋に経験したいがために、髪をオールバックにして目の周囲を黒く塗り、顔にコープスペイントを施す。
400

(上級生の髪型)
ジェフの贅沢に茂った、力強いヒゲの前途有望な始まり部分。
275 or
4950
Rookie Do
(新人の髪型)
ジェフの贅沢に茂った、力強いヒゲの前途有望な始まり部分。
250 or
4500
Spiked Metal Coat
(トゲ付きのメタルコート)
トゲの付いた袖とバックルが装着されたハードコアなコート。
暗黒時代のノルウェーの戦闘装備を意識している。
シルバーのネックレスと弾帯付き。
400

(恐怖の協定シャツ)
カリスマ的な袖なしライブシャツを手に入れたら最強。間違いない。
275 or
4950
Death Mirror Shirt
(デスミラーシャツ)
カリスマ的な袖なしライブシャツを手に入れたら最強。間違いない。
250 or
4500
Death's Head
(死神の顔)
メタルのコンサートの純粋なパワー、そして感覚を満たす怒り。
心地の良い、柔らかな4プライのウールでできている。
250 or
4500
One-Eyed Cult Album Shirt
(「片目のカルト」アルバムシャツ)
頑丈でオールドスクールなレザージャケット。
ポケットが外側に2つ。内側に1つ付いている。
肘には保護用クッションが入っている。
110

(「九つの世界の死神」アルバムシャツ)
頑丈でオールドスクールなレザージャケット。
ポケットが外側に2つ。内側に1つ付いている。
肘には保護用クッションが入っている。
100 or
1800

(「落ち着きのないヨルムンガンド」アルバムシャツ)
頑丈でオールドスクールなレザージャケット。
ポケットが外側に2つ。内側に1つ付いている。
肘には保護用クッションが入っている。
100 or
1800

(死の影の中のシャツ(グレー))
パームデザートのおぼろげなコンサートの記憶が蘇る。
50 or
900

(死の影の中のシャツ(ティール))
パームデザートのおぼろげなコンサートの記憶が蘇る。
50 or
900

(死の影の中のシャツ(モーブ))
パームデザートのおぼろげなコンサートの記憶が蘇る。
50 or
900

(死の影の中のシャツ(レッド))
パームデザートのおぼろげなコンサートの記憶が蘇る。
50 or
900
Heavyweight Combat Boots
(厚手のコンバットブーツ)
ゆったりとした黒いズボンの裾まで編み上げられたコンバットブーツ。
このブーツなら炎でも割れたガラスでも踏み越えていける。
400

(引き裂かれたジーンズ(ブルー))
何年も前にジェフが購入したズボン。
どの街で買ったか覚えていない。
朦朧として財布が見つからない夜にぴったりのチェーン付き。
ちょっと待てよ、そこにあるじゃないか。
275 or
4950
Ripped Jeans(Dark Blue)
(引き裂かれたジーンズ(グレー))
何年も前にジェフが購入したズボン。
どの街で買ったか覚えていない。
朦朧として財布が見つからない夜にぴったりのチェーン付き。
ちょっと待てよ、そこにあるじゃないか。
250 or
4500
Tough Vintage Jeans
(頑丈なビンテージジーンズ)
年がら年中履かれたうね編みのバイカージーンズ。
便利なビール瓶オープナー付き。
110

(丈夫な迷彩柄パンツ)
年がら年中履かれたうね編みのバイカージーンズ。
便利なビール瓶オープナー付き。
100 or
1800

(引き裂かれたモトジーンズ)
年がら年中履かれたうね編みのバイカージーンズ。
便利なビール瓶オープナー付き。
100 or
1800

(ウォッシュバイカージーンズ(グレー))
長年にわたってありとあらゆる試練を耐えてきた、古いぼろぼろのジーンズ。
50 or
900

(ウォッシュバイカージーンズ(ブラック))
長年にわたってありとあらゆる試練を耐えてきた、古いぼろぼろのジーンズ。
50 or
900

(ウォッシュバイカージーンズ(ブルー))
長年にわたってありとあらゆる試練を耐えてきた、古いぼろぼろのジーンズ。
50 or
900

(ウォッシュバイカージーンズ(淡いブルー))
長年にわたってありとあらゆる試練を耐えてきた、古いぼろぼろのジーンズ。
50 or
900




解説・注意点

「ブレイクダウン」は肉フックからの脱出時にその肉フックを破壊することができるため、脱出直後に自分もしくは味方がダウンさせられた場合に時間を稼ぐことができる。また殺人鬼のオーラが見えるようになるため、安全な逃走経路も知ることができる。なお地下室にある肉フックは破壊できないため注意しよう。他のパークとの組み合わせとしては、味方に救助されやすくなる「血族」などとの相性がいい。

「アフターケア」は味方の位置を知ることができるため、チェイスや修理などの役割を分担しやすくなる。同様のパーク「絆」「共感」と違い、味方がどれほど遠くにいてもお互いを視認できる強力なメリットがあるが、発動条件は限られているので注意しよう。自分がフックに吊られない限り効果は持続するので、なるべく殺人鬼の標的にならないように立ち回るとよい。

「ディストーション」は殺人鬼から自分のオーラを隠す。特に、殺人鬼が強力なパークである「バーベキュー&チリ」を装備しているかどうかを判別でき、その効果を無効にできる点は重要。同様に、シェイプのアドオン「傷ついた鏡」、ナイトメアのアドオン「クラス写真」などにも対抗できる。


コメント

  • こいつの物語本当に良い導入で好き。小説一本くらい書けそう - 名無しさん (2019-01-01 20:50:53)
  • 最近のサバイバー、エンティティへの引き込まれ方雑じゃね?ケイト>歌が気に入られた、アダム>通勤途中に引き込まれた、ジェフ>ロッジでビール飲んでたら引き込まれた - 名無しさん (2019-01-04 08:50:13)
    • 最初の方も大体雑やぞ。メグとか - 名無しさん (2019-01-05 00:34:31)
      • 初期4人の中では森に入る理由雑やな - 名無しさん (2019-01-08 15:07:53)
    • 最初4人は森が関係してるしケイトも森に入ってる キング・エース・ミン・アダムは死亡と仮定できなくもない ネアなんかラクガキ王国しに行っただけだぞ - 名無しさん (2019-01-06 20:06:05)
    • エンチチの力が増してる影響で結構無茶なスカウトも出来るようになったって公式が言ってるぞ - 名無しさん (2019-01-22 18:37:08)
    • リージョンの方のストーリーでリージョン4人は自分で霧の深い道に入っていった描写があったから、同じ場所ならジェフもその道に迷い込んだんじゃないか?エンティティさんには人を引き寄せる不思議な魅力があるっぽいし - 名無しさん (2019-01-23 02:20:44)
      • ゲロを吐くくらい怖がらなくてもいいじゃあないか……友達になろう…? - エンティティ (2020-08-05 12:22:31)
  • アフターケアとデジャヴとリーダーで司令官ジェフというビルドを思いついた。自分にはそんな技量がないので企画倒れた。 - 名無しさん (2019-01-11 15:15:21)
  • サボタージュ、ボイルオーバー、不滅(弱音も可なのか)、そしてブレイクダウンでフック破壊して担がれてももがき脱出するのが面白いです。 - フッ活団員 (2019-01-11 23:35:02)
    • 工具箱なしだとサボ分の時間ロスキツいな… - 名無しさん (2019-01-28 14:21:57)
  • 足遅いのは気のせいやろうけど声クソデカイな。ダメージ食らってない時に走ってる時とか明らかに息荒すぎだろ - 名無しさん (2019-02-11 03:23:33)
    • 走ってる時の息の荒さはマジで思った - 名無しさん (2019-02-11 12:13:19)
  • 固有パークが全部優秀という異例のキャラ。だけど、ディストはナイトメアの離れると位置バレするやつにも反応するみたいなので、ナイトメア来たら温存が難しいけどそこだけ難点 - 名無しさん (2019-04-02 01:12:45)
  • メタル衣装&メイクのジェフ、トラッパーと誤認されオーモンド山でパレットを倒される。 - 名無しさん (2019-04-16 00:11:12)
  • ブレイクダウンでフック壊れないぞ。またバグ増やしたのか。 - 名無しさん (2019-04-27 02:21:25)
  • ディストーションでリージョンのドクッドクッってやつ防げるようにならないかな 今対バベチリ専用パークになってるし リージョンと対になってるキャラだし - 名無しさん (2019-05-13 03:49:31)
  • アフターケアあると面白いな。負傷した俺を治療しに来てくれてそのまま一緒に修理したり、チェイス始めたっぽいサバ見て安心して修理できるし、チェイスしてる方もたぶんだけど修理の邪魔にならないよう反対側でチェイスしてくれてたし。 - 名無しさん (2019-05-22 12:41:55)
    • 野良では大活躍するよね。自分だけじゃなくて相手からでも見えるってのが何より強い要素 - 名無しさん (2019-05-30 08:06:31)
      • なりより距離感関係なく相手を目視し続けてるのがエゲつない 二人絆状態維持すればキラーレーダーだね - 名無しさん (2019-09-30 20:44:52)
    • アフターは素晴らしいよ 板前でダウンしては、何度か疑似ストライク決めてもらえてる - 名無しさん (2019-10-20 14:21:36)
    • 鯖の行動でトーテム、発電機、キラーの位置が確認しやすい どこでチェイスして板を使ったか確認できる 負傷中の鯖とすぐ合流 的確なポジショリングダウンでライト救助or板ストライクさせてもらえる ケアの条件満たすためにマップ(ガラスの照星)を持参して独立診療所やれば上手くいく - 名無しさん (2019-12-05 19:35:33)
  • こないだ出たスキンのジャケット、丈短すぎ - 名無しさん (2019-05-27 21:01:02)
  • ディストーション這いずり時は効果発揮しないんですね - 名無しさん (2019-05-29 00:08:34)
  • 豚でしゃがんで歩いてたらこの人と鉢合わせした。死ぬほどビビった。俺鬼なのに。 - 名無しさん (2019-07-02 12:02:16)
  • ブレイクダウンは開放と相性いいのかな? - 名無しさん (2019-09-11 15:15:51)
    • 解放付けてもいいけど衰弱付くから脱出後最低1分は回復できないの結構しんどいよ。あくまで対トンネル用で、複数回の発動を狙うものではないと思う。 - 名無しさん (2019-09-29 16:03:12)
  • 個人的に鯖の中で一番のイケメンだと思ってる バイカースキンの頭が一番好き - 名無しさん (2019-10-23 00:44:21)
  • 痩せてたらもっと人気あったろう - 名無しさん (2019-12-17 08:17:25)
    • 背が高い息づかい荒い本体は上級者向けキャラだしね - 名無しさん (2020-05-16 10:37:16)
  • ジェフってそんなに怖い顔してないよねネアの方が何倍も凶悪な顔してる。よく見るとつぶらな瞳してる。 - 名無しさん (2020-01-18 20:42:10)
    • 顔の怖いスキンがヤバすぎる - 名無しさん (2020-02-29 15:57:12)
  • 他人が追われてないと行動できないウンコが増えたせいでアフター必須パークになった - 名無しさん (2020-05-13 22:33:57)
  • バンダナ巻いてサングラスしたスキンでないかな。あとデニムのベストとか、クロムハーツみたいなシルバーアクセサリーのお守りとか - 名無しさん (2020-06-06 01:29:08)
  • カッコいいスキンを前触れなく実装するのよしてくれ、心臓に悪い - 名無しさん (2020-07-21 13:15:45)
    • マジで良いよな - 名無しさん (2020-07-21 23:03:48)
最新20件を表示しています。ログ全文
コメント左側の◯をクリックしてから書き込むと、レス形式でコメントできます。


最終更新:2020年07月14日 18:43