スキルレーティング

スキルレーティングは、プレイヤーの腕前の指標を測り、エンブレムに代わりマッチングの基準となるシステム。
エンブレムと比べて儀式内での行動が更に細かく評価され、さらにランク差も考慮されるためより個人の実力が反映される値になる、とされている。


スキルレーティングは具体的な数値は表示されず、増減する条件も明かされていない。

生存者

生存者はすべての生存者において同一のレーティングでマッチングされる。

複数人の生存者グループでマッチメイキングをする場合、生存者グループの平均値がマッチング基準となる。

殺人鬼

殺人鬼は各殺人鬼によって異なるレーティングが与えられ、マッチングされる。
そのため、マッチング待機中とマッチング後は殺人鬼を変更することができなくなる。

新しい殺人鬼が実装された場合、他の殺人鬼のレーティングに応じた初期レーティングが与えられる。

エンブレムとの関係

スキルレーティングはマッチングに使用されるが、エンブレムはプレイ頻度を示す指標として残される。
エンブレムに差があってもあくまでプレイ頻度を示すものであってマッチングに考慮されるのはスキルレーティングであることに注意。

スキルレーティングの特例

プレイ歴が浅かったり、数年ぶりにプレイする場合は実レーティングより下の相手とマッチングする。
ランクが大きく開いてマッチングされた場合、増減もその差が考慮され適用される。

ただし、生存者パーティーとのマッチングについては増減に対する影響はない。

コメント

  • ページ作成、実装されたため多少文変更、運営Q&Aの内容を適応。 - hayaokun (2020-08-05 12:45:40)
最新20件を表示しています。ログ全文
コメント左側の◯をクリックしてから書き込むと、レス形式でコメントできます。
最終更新:2021年03月20日 09:05