DOCTOR(医者)

難易度:難しい


特徴

電撃を放って生存者を狂気に陥れ、能力を制限する殺人鬼。
隠れた生存者を見つける能力が非常に高く、狂気状態が大きくなると生存者は逃げる事も隠れる事もできなくなる。
狭いマップや立体的なマップが大得意。


基本能力

THE DOCTOR
ドクター
武器
Stick
(鉄の棒)
壊れず、扱いやすく、傷つけやすい事から実験体を効率的に痛めつけられる得物だ。
能力
Carter's Spark
(カーターの電流)
電流を流して感覚を共有化する事で対象の正気を奪う。
障害物を貫通する電流を自分の足元前方に流す事で狂気ゲージを0.5レベル分増加させ狂気状態に陥れる(10m、チャージは1.1秒。チャージ中は移動速度低下)
狂気状態に陥ると左下アイコンに白い影が現れてLVが上がると濃くなる。(最高:LV3)
LVが上がる度に生存者は叫ぶ&強調表示される。
基本的に狂気状態はレベル3の手動回復以外では回復不可能。
ロッカーに入ってる時およびフックに吊られている間は叫ばず、電撃の効果を受けない。幻影は出現する。
電撃を受けた生存者はアクションが中断され、2.5秒間あらゆるアクションが不可能になる。
瀕死状態の生存者に電撃は当たらない。
狂気状態に陥ると、生存者は以下のペナルティを受ける。
LV1:移行時に叫ぶ&生存者の画面上にドクターの顔が一瞬映る。
一定確率でスキルチェックがランダムな位置に現れたり揺れたりする。狂気レベルが上がるほど発生率が高くなる(33%/66%/99%)。
また、この効果の発生時は66%の確率でスキルチェックが逆回転になる。
LV2:ドクターの幻影が生存者の周囲に現れて位置把握がされやすくなる。多くのアドオンの効果が有効化される。
LV3:生きてる限り、ランダムで叫ぶ&強調表示される。一部の行動不可(※)。
殺人鬼側は幻影が可視表示化になる。 手動でLV1に回復可能。(12秒、スキルチェックあり)
Static Blast(放電爆破) アビリティ発動のボタンを2秒押すと、心音範囲すべてに対して強力な電撃を放つ。
電撃が命中した生存者は叫んで強調表示され、狂気ゲージが1レベル分上昇する。
クールダウンは60秒。
※発電機の修理・自己、他人の治療・フックの解体・トーテム浄化・アイテムの使用
+さらに表示
名前 Herman Carter
別名 Mu Yi
性別
国籍/人種 アフリカ系アメリカ人
固有マップ レリー記念研究所
移動速度 通常 115%|4.6m/s
電撃チャージ中 85%|3.4m/s
脅威範囲 32m
背の高さ 背が高い
DLC Spark of Madness Chapter
声優 Alex Lin, Product Manager
移動速度の%は生存者の走る速度を100%とした場合の比率である

殺人鬼固有のBGM

殺人鬼固有ののチェイスBGM・ロビーBGMが設定されている。
  • チェイスBGM
  • ロビーBGM

固有パーク


写真 パーク名 レア度 効果名









圧倒的存在感
(Overwhelming Presence)
Lv1
Lv2
Lv3 心音範囲に生存者がいると効果が発動する。
生存者が使用するアイテムの消耗速度が80・90・100%増加する。

◇レベル30以上でティーチャブルパークが出現

「くそっ!ガーゼを落としてしまった!」
観察&虐待
(Monitor & Abuse)
Lv1 Lv2 Lv3 生存者を追跡している時、心音範囲が8m増加する。

生存者を追跡していない時、心音範囲が8m減少する。
更に視野が広くなり、レベルが上がる事に効果が大きくなる。(3・5・10°拡大)
ただし、他の視野効果とは重複しない。

◇レベル35以上でティーチャブルパークが出現

「治療の時間だ!」- ドクター
オーバーチャージ
(Overcharge)
Lv1 Lv2 Lv3 発電機に対して破壊行動をすると効果が発動する。
その発電機の修理による最初のスキルチェックが難しくなる。

このスキルチェックに失敗すると修理ゲージが通常より更に3・4・5%減少する。
また、このスキルチェックに成功してもゲージ増加のボーナスは生じない。

◇レベル40以上でティーチャブルパークが出現

「罠だ。罠は誰かが掛からなければ意味がない…」- ドクター

アドオン


アイコン 名前 レア度 効果の重複 説明
カビが生えた電極
(Moldy Electrode)
コモン する ショック療法の射程範囲が少し広がる。(+2m)
楓製のナイト
(Maple Knight)
コモン しない ショック療法の範囲が表示される。
「秩序」 - クラスI
("Order" - Class I)
コモン する 放電爆破のクールダウンが少し短縮される。(-2秒)

-狂気(1・2・3)状態の生存者は以下の影響を受ける。
●破壊された木板が再び設置されている幻覚が見える。
  板の幻覚は20秒毎にランダムな破壊された板の位置に配置される。
(生存者は木板が幻覚かどうか触れるまでわからない)
(ドクターは木板の幻覚を可視表示で視認可能)
「鎮静」 - クラスI
("Calm" - Class I)
コモン する 放電爆破使用可能時の心音範囲が少し増加する。(+4m)
放電爆破クールダウン中の心音範囲が少し減少する。(-4m)

-生存者は以下の影響を受ける。
● 狂気(2)状態の生存者は30-45秒ごとに10-15秒間殺人鬼が遠くにいるような偽物の心音が聞こえ続ける。
● 狂気(3)状態の生存者は常に偽物の心音が聞こえ続ける。
磨かれた電極
(Polished Electrode)
アンコモン する ショック療法の射程範囲がそこそこ広がる。(+3m)
「抑制」 - クラスII
("Restraint" - Class II)
アンコモン しない 生存者の狂気状態が進行した時、その姿を1秒間可視表示化する。

- 狂気状態の生存者は以下の影響を受ける。
  ●ドクターの幻覚が見える時間が1秒→8秒に増加する。
  ●ドクターは幻覚を可視表示で視認可能になる。
「秩序」 - クラスII
("Order" – Class II)
アンコモン する 放電爆破のクールダウンがそこそこ短縮される。(-4秒)

-狂気(1・2・3)状態の生存者は以下の影響を受ける。
●破壊された木板が再び設置されている幻覚が見える。
  板の幻覚は20秒毎にランダムな破壊された板の位置に配置される。
(生存者は木板が幻覚かどうか触れるまでわからない)
(ドクターは木板の幻覚を可視表示で視認可能)

「副作用はほとんど起こりません」 - レリー記念研究所
「懲罰」 - クラスII
("Discipline" - Class II)
アンコモン する ショック療法の発生速度が0.1秒短縮される。

- 生存者は以下の影響を受ける。
●狂気(2)状態の生存者はチェイス中、背後にドクターがいるかのような
  偽の心音と視線表示が生じ、ドクター本人の視線表示が見えなくなる。
  この効果はチェイス終了時点から6秒間続く。
●狂気(3)状態の生存者は常に偽の視線と心音が続き、ドクター本人の視線表示が見えなくなる。

「細心の注意を払い、患者の皆様を再教育します。」 - レリー記念研究所
「鎮静」 - クラスII
("Calm" – Class II)
アンコモン する 放電爆破使用可能時の心音範囲がそこそこ増加する。(+6m)
放電爆破クールダウン中の心音範囲がそこそこ減少する。(-6m)

-生存者は以下の影響を受ける。
● 狂気(2)状態の生存者は30-45秒ごとに10-15秒間殺人鬼が遠くにいるような偽物の心音が聞こえ続ける。
● 狂気(3)状態の生存者は常に偽物の心音が聞こえ続ける。

「電気ショック療法は最も安全な医療処置の一つです。」 - レリー記念研究所
高刺激電極
(High Stimulus Electrode)
レア する ショック療法の射程範囲がかなり広がる。(+4m)
壊れたテープ
(Scrapped Tape)
レア する ショック療法攻撃の範囲が変化する。
(前方8mに出現し、外周半径4.2m・内周半径3mのリング状になる)
インタビューテープ
(Interview Tape)
レア する ショック療法攻撃の範囲が変化する。
(射程24m・幅2mのビーム状になる)
「抑制」 - クラスIII
("Restraint" - Class III)
レア しない 生存者の狂気状態が進行した時、その姿を2秒間可視表示化する。

- 狂気状態の生存者は以下の影響を受ける。
  ●ドクターの幻覚が見える時間が1秒→8秒に増加する。
  ●ドクターは幻覚を可視表示で視認可能になる。
「懲罰」 - クラスIII
("Discipline" - Class III)
レア する ショック療法の発生速度が0.2秒短縮される。

- 生存者は以下の影響を受ける。
●狂気(2)状態の生存者はチェイス中、背後にドクターがいるかのような
  偽の心音と視線表示が生じ、ドクター本人の視線表示が見えなくなる。
  この効果はチェイス終了時点から6秒間続く。
●狂気(3)状態の生存者は常に偽の視線と心音が続き、ドクター本人の視線表示が見えなくなる。

「患者の皆さまへの敬意こそ、私どもの方針の根幹です。」
「抑制」 - カーターのメモ
("Restraint" - Carter's Notes)
ベリーレア しない 生存者の狂気状態が進行した時、その姿を3秒間可視表示化する。

- 狂気状態の生存者は以下の影響を受ける。
  ●ドクターの幻覚が見える時間が1秒→8秒に増加する。
  ●ドクターは幻覚を可視表示で視認可能になる。

「私には彼らのおぞましい病状が見えるのだ!」 - 無記名のメモ
「秩序」 - カーターのメモ
("Order" - Carter's Notes)
ベリーレア する 放電爆破のクールダウンがかなり(6秒)短縮される。

-狂気(1・2・3)状態の生存者は以下の影響を受ける。
●破壊された木板が再び設置されている幻覚が見える。
  板の幻覚は20秒毎にランダムな破壊された板の位置に配置される。
(生存者は木板が幻覚かどうか触れるまでわからない)
(ドクターは木板の幻覚を可視表示で視認可能)

「刺激は常に痙攣を起こすレベルにまで保て」 - H.カーター
「懲罰」 - カーターのメモ
("Discipline" - Carter's Notes)
ベリーレア する ショック療法の発生速度が0.3秒短縮される。

- 生存者は以下の影響を受ける。
●狂気(2)状態の生存者はチェイス中、背後にドクターがいるかのような
  偽の心音と視線表示が生じ、ドクター本人の視線表示が見えなくなる。
  この効果はチェイス終了時点から6秒間続く。
●狂気(3)状態の生存者は常に偽の視線と心音が続き、ドクター本人の視線表示が見えなくなる。

「常習的な患者が二度と再発を起こさないよう、
懲罰を施す際は最大レベルを使用するように」 - H.カーター
「鎮静」 - カーターのメモ
("Calm" - Carter's Notes)
ベリーレア する 放電爆破使用可能時の心音範囲がかなり増加する。(+8m)
放電爆破クールダウン中の心音範囲がかなり減少する。(-8m)

-生存者は以下の影響を受ける。
● 狂気(2)状態の生存者は30-45秒ごとに10-15秒間殺人鬼が遠くにいるような偽物の心音が聞こえ続ける。
● 狂気(3)状態の生存者は常に偽物の心音が聞こえ続ける。

「より良性の発作は緊張症を引き起こす。
少なくとも、それが続く間は私は平穏でいられる。」 - H.カーター
玉虫色のキング
(Iridescent King)
ウルトラレア しない 狂気状態の生存者は秩序・抑制・鎮静・懲罰のすべての共通効果を受ける。

●秩序:20秒ごとにランダムな壊れた板の位置に幻影の板が配置され、
  狂気(1・2・3)状態の生存者は幻影の板が見えるようになる。
  幻影の板はドクターには可視表示化され、生存者は見た目で判断することはできない。
●抑制:ドクターの幻影の持続時間が1→8秒になる。
  ドクターにはドクターの幻影が常に可視表示されるようになる。
●鎮静:狂気(2)状態の生存者は30-45秒ごとに
  10-15秒間殺人鬼が遠くにいるような偽物の心音が聞こえ続ける。
  狂気(3)状態の生存者は常に偽物の心音が聞こえ続ける。
●懲罰:狂気(2)状態の生存者はチェイス中、背後にドクターがいるかのような
  偽の心音と視線表示が生じ、ドクター本人の視線表示が見えなくなる。
  この効果はチェイス終了時点から6秒間続く。
  狂気(3)状態の生存者は常に偽の視線と心音が続き、ドクター本人の視線表示が見えなくなる。

「玉虫色のガラスを覗き込むことは、狂気の渦に飛び込むことだ。」
玉虫色のクイーン
(Iridescent Queen)
ウルトラレア しない ショック療法か放電爆破を受けた生存者は静電気を帯びる。
  静電気を帯びた生存者が他の生存者の4m以内に接近すると、
  その生存者はショック療法を受けた時と同様にアクションが中断され、
  2.5秒間あらゆるアクションが不可能になり、狂気が0.5レベル上昇する。

ショック療法・放電爆破を4m以内にいる生存者が同時に受けた場合、静電気は発生しない。

「効果的な治療方法を確立すれば、その効果的な提供手段に集中できる。」- H.カーター


+解説
  • ショック療法範囲強化「電極」
    • カビが生えた電極 範囲2m上昇
    • 磨かれた電極   範囲3m上昇
    • 高刺激電極    範囲4m上昇
ショック療法の範囲を広げる。
障害物裏の索敵のほか、中距離でのショック療法の命中が楽になる。
板や窓枠に一直線に向かっている相手を潰しやすくなるだろう。
扱いやすくチェイス力が順当に強化される便利なアドオン。

  • ショック療法範囲変化「テープ」
    • 壊れたテープ 範囲を前方8mを中心とした円周3-4.2mのリング円状に変更する
    • インタビューテープ 範囲を長さ20m幅2mの直線ビーム状に変更する
壊れたテープは前方のカバー範囲が広がる中距離特化。カタログスペックは高いが死角が多いので扱いづらく、さらに電極をつけると中央の穴が広がりさらに使いづらくなるのでおすすめしない。
インタビューテープは射程が長く正確な読みができれば強いが、判定が細く出現までのラグも含めて開所で当てる難度が高い。
こちらは狙いどころが分かりやすい板倒し・窓越え・救助・トーテム破壊の妨害向き。

なお、両方のテープを同時に使うと両方の効果が出て「中」のような範囲になる。

  • 心音範囲変化・心音距離欺瞞「鎮静」
    • 共通効果:狂気レベル2で30-45秒ごとに通常心音が偽心音10~15秒に置き換わる、レベル3で常に偽心音
      • クラスI     心音範囲+-4m
      • クラスII    心音範囲+-6m
      • カーターのメモ 心音範囲+-8m
放電爆破使用可能時の心音範囲を広げ、クールダウン中の心音範囲を狭める。
シンプルに接近/索敵しやすくなるため地味ながら役立つ。
さらに、狂気レベル2以上の生存者は一定間隔で無心音状態が心音範囲の端にいる時と同じゆっくりとしたものに置き換わる。
偽心音より本物の心音のほうが激しくなった場合は本物の心音が優先される。

心音範囲外でも心音が鳴るため、相手の行動を抑止しやすくなる。
偽心音だとわかっていても、ドクター本人からの本物の心音との違いがわかりにくくなるため鉢合わせしやすくなる。アドオン効果でも心音範囲が狭まるため本物と気づいた時には既に射程圏内というのもよくあること。

「苦悶の根源」と組み合わせたいわゆる爆音型での放電爆破による狂気ばらまき&索敵は狭いマップだとなかなか逃れることができなくなる。
逆に「観察&虐待」と組み合わせ心音を大きく狭めて接近する静音型も存在する。
観察&虐待(-8)、鎮静ベリーレア&レア(-14)で脅威の心音範囲10m。ここまで狭いと心音はほぼ役に立たないだろう。

  • 幻影板設置「秩序」
    • 共通効果:20秒ごとに破壊された板の位置に幻影の板を設置する。狂気レベル1以上の生存者は幻影の板が見えるようになる。
      • クラスI     放電爆破クールダウン2秒短縮
      • クラスII    放電爆破クールダウン4秒短縮
      • カーターのメモ 放電爆破クールダウン6秒短縮
放電爆破のクールダウンを早める。
放電爆破はショック療法2回分の狂気を複数に与えられるので非常に強力なのだが、
クールダウン短縮はベリーレアでも10%とやや控えめな性能。
コモンのクラスIでも幻影板の性能は変わらないので症状がメインと考えるべきだろう。

狂気レベル1以上の生存者は破壊された板の位置に板の幻影が見えるようになる。
チェイス中相手を惑わし板のないほうへ向かうミスを誘発する効果が期待できる。
幻影の板は倒されている場合と倒されていない場合があるが、
いずれも生存者が触れると幻影が破壊された形に一瞬変化し、破壊された幻影の位置に生存者がいることがわかる。
ドクターが幻影に触れても何も起きず透過するが、生存者を担いでいる場合は幻影が壊れる。
幻影破壊は強調表示されなく持続も短いため視界外だと気づきにくく、追跡・索敵時の逃走ルートを探る参考程度と考えよう。
幻影の板は破壊された際には画面にノイズが走り、20秒ごとに再配置される。

  • 生存者位置把握「抑制」
    • 共通効果:ドクターの幻影の持続時間が1秒→8秒になる。またドクターに対して幻影が常に可視化される。
      • クラスII    オーラ表示1秒
      • クラスIII    オーラ表示2秒
      • カーターのメモ オーラ表示3秒
本来狂気レベル3にならないとオーラ可視化されないドクターの幻影をLv2でも可視化できるようにする。
ちなみに幻影ドクターは出現した瞬間に向いていた方向の逆を向いているので、不確実ながら進行方向も確認できる。
幻影は魂の平穏でも逃れられないので、隠密系の生存者をLv2にしてしまえば戦略を崩しやすい。
特にフック傍に隠れての救助待機およびロッカーへの退避に対して非常に良く刺さり、生存者はまず救助待機やロッカー隠れができなくなる。

また、狂気レベルが上昇した際、その生存者のオーラが表示されるようになる。
放電爆破で叫んだ生存者がどちらに行くかわかり、見失いにくくなる。
こちらの効果も魂の平穏を無視できるため魂の平穏を過信しやりすごそうとした相手を丸見えにすることができる。
困ったらこれをつければ間違いないとても使いやすい強力なアドオン。

  • ショック療法発生強化・追跡情報欺瞞「懲罰」
    • 共通効果:狂気レベル2でのチェイス中、自身のすぐ後ろにいるような心音と赤い光の幻覚が見え続ける。この効果はチェイス終了後も6秒持続する。狂気レベル3の場合、常に最大心音になり背中に赤い光が見え続ける。
      • クラスII     ショック療法発生0.1秒加速
      • クラスIII    ショック療法発生0.2秒加速
      • カーターのメモ ショック療法発生0.3秒加速
ショック療法の発生を僅かながら加速する。
ショック療法はチャージ→発射→発生という3段階で行われるが、
このうち発射と発生の間に起きるタイムラグを短縮することができる。
近距離でのとっさの電撃を当てやすくなるほか、板グルを試みた相手に対してフェイントをかけやすくなるため、板周りの攻防において優位を取りたい場合に有効なアドオン。
こちらを期待する場合効果量の大きさから可能な限りレア以上のものを使用したい。

狂気レベル2以上の場合、チェイス判定中は常に最大心音が鳴り続け、背中が赤く光るようになり、ドクター本体からの赤い光が見えなくなる。
ドクターとの距離は直接把握するほかなく、旋回やデッド・ハードのタイミングが難しくなり、サバイバーの(高い)壁ごしの読み合いにおけるアドバンテージを失ってしまう。
チェイス判定が切れても6秒間は持続するので、相手を必要以上に逃げさせる効果も期待できる。
狂気レベル3では心音が使い物にならなくなるので、どこまで行けば安全なのかが完全にわからなくなるため狂気回復のタイミングが難しくなる。
また、草など視界を遮るものの多いマップや暗いマップでは光る背中が目印として活用できる。
症状と能力強化のバランスが良いアドオン。

  • 複数症状付与「玉虫色のキング」
    • 生存者は鎮静・懲罰・秩序・抑制のすべての共通効果を同時に受ける。
ウルトラレアだけあり、非常に強力なアドオン。
狂気レベル2以上では大量のペナルティを与えることができる。

狂気をばらまくことに特化した玉虫色のクイーンとの組み合わせでは、中盤以降相手を混乱させることができるだろう。

  • 狂気伝播「玉虫色のクイーン」
    • ショック療法・放電爆破を受けた生存者は静電気を帯びる。静電気を帯びた生存者が他の生存者の4m以内に接近すると、その生存者はショック療法を受けたのと同じようにアクションが中断され、狂気が0.5レベル分上昇し静電気が解除される。
    • 4m以内に複数の生存者が存在し、同時に電撃が命中した場合は静電気は発生しない。
生存者が協力して行動するほどに狂気を加速させることができるようになるアドオン。
チェイス中に帯電させた生存者がフックから救助されただけで救助者の狂気が即0.5レベル上がるうえ、
スキルチェック中に電撃を食らうと失敗扱いになるため、協力して発電しようとしたことがかえって邪魔になるリスクを背負わせることができる。
見逃す相手に電撃を一発入れておくだけでも妨害になる。

ただし、このアドオンだけだと狂気の恩恵はあまり大きくはない。
放電爆破でより多くの相手を巻き込むことを意識することと、狂気を上げたことによる症状のバランスを考えて他のロードアウトを選びたい。


カスタマイズ

+...
画像 名前 説明 入手方法
Herman Carter
(ハーマン・カーター)
自分の電気ショック装備で縛られたドクターは、
永久に狂った笑顔でいることを強いられている。
初期衣装
Doctor's Coat
(白衣)
着古された袖なしの白衣。ハーマンはいつも医師の制服の
ドラマチックな見た目を高く評価していた。
初期衣装
The Stick
(スティック)
他の治療が全て失敗したときに罰を与える装置。 初期衣装
Bloody Herman Carter
()
プレステージ3回目報酬
Bloody Doctor's Coat
()
着古された袖なしの白衣。ドクターは白衣を濡らす
血のドラマチックな見た目を高く評価している。
プレステージ2回目報酬
The Bloody Stick
(血濡れのスティック)
他の治療がすべて失敗したときに罰を与える装置。よく必要になる。 プレステージ1回目報酬
Overcharged Herman Carter
(過充電のハーマン・カーター)
正気の沙汰ではない高電流を
その身に過充電している、激昂したドクター。
Project Awakening Coat
(覚醒プロジェクトの白衣)
レリー記念研究所の上位スタッフの制服。
Project Awakening Stick
(覚醒プロジェクトのスティック)
カーターの電光の力により、バリバリと荒れ狂うスティック。
Frosty Eyes
(凍りつく眼)
冷血なる者の、心を凍らせる眼。
「2017~2018年の年末年始、素晴らしい冬をお過ごしください!」-デッドバイデイライト開発チーム
2017年冬イベント
Mind's Eye
(心眼)
傷ついた肉の間から、腐った犬歯と第3の邪悪なる目がのぞいている。 The Hallowed Blightイベント報酬(2018年) or
400
Corroded Eyepieces
(腐食した接眼レンズ)
様々な痛みに対する生理的反応を伝える、焦点機構を備えた接眼レンズ。
400 or
7200
Auto-Lobotomizer
(自動ロボトマイザー)
大脳皮質に軽い電気ショックを与えると1日をフレッシュにスタートすることができるよ。
ビリビリ!
400

(ペストマスク)
サージ電流がマスクの末端部にまで流れているおかげで、不要な考えが頭から吹き飛んでいく。
400
Bandaged Pincushion
(包帯巻きの針山)
直に激痛を与える方法で中枢神経系を刺激することを意図した、新しいタイプの理学療法。
ご家庭では真似しないでください。
300
Burnt Pincushion
(ぐるぐる巻きの針山)
直に激痛を与える方法で中枢神経系を刺激することを意図した、新しいタイプの理学療法。
ご家庭では真似しないでください。
250 or
4500
Wrapped Pincushion
(真っ黒焦げの針山)
直に激痛を与える方法で中枢神経系を刺激することを意図した、新しいタイプの理学療法。
ご家庭では真似しないでください。
250 or
4500
Propaganda Fixation Straps
(プロパガンダ固定ストラップ)
就寝時の絶対的な拘束に。
100 or
1800
Propaganda Fixation Straps
(洗脳固定ストラップ)
就寝時の絶対的な拘束に。
100 or
1800
Rehabilitation Face(Analyzed)
(リハビリ診察用装具(分析))
電気ショック装備で縛ろう。
無理やりの狂った笑顔。
あの狂った眼球を飛び出させよう!
リハビリテーションの時間だ!
50 or
900
Rehabilitation Face(Unhinged)
(リハビリ診察用装具(動揺))
電気ショック装備で縛ろう。
無理やりの狂った笑顔。
あの狂った眼球を飛び出させよう!
リハビリテーションの時間だ!
50 or
900
Rehabilitation Face(Stunned)
(リハビリ診察用装具(気絶))
電気ショック装備で縛ろう。
無理やりの狂った笑顔。
あの狂った眼球を飛び出させよう!
リハビリテーションの時間だ!
50 or
900
Rehabilitation Face(Demented)
(リハビリ診察用装具(発狂))
電気ショック装備で縛ろう。
無理やりの狂った笑顔。
あの狂った眼球を飛び出させよう!
リハビリテーションの時間だ!
50 or
900
Rehabilitation Face(Probed)
(リハビリ診察用装具(精査))
電気ショック装備で縛ろう。
無理やりの狂った笑顔。
あの狂った眼球を飛び出させよう!
リハビリテーションの時間だ!
50 or
900
Rehabilitation Face(Dissected)
(リハビリ診察用装具(解剖))
電気ショック装備で縛ろう。
無理やりの狂った笑顔。
あの狂った眼球を飛び出させよう!
リハビリテーションの時間だ!
50 or
900
Bloody Intestine
(血塗れの腸)
突き破られ膿んだ分泌物が漏れ出している内臓。 The Hallowed Blightイベント報酬(2018年) or
400
Ladykiller Frock Coat
(女たらしのフロックコート)
逸脱した道楽者向けの不可解なシルエットのロングコート。
ポケットの裏地にはクロロホルムが仕掛けてあり、獲物を素早く昏睡状態へ導く。
400 or
7200
Broken Straight Jacket
(破れた拘束服)
ストラップが切れたから、長袖を巻き上げて、誰がクレイジーなのか見せつけてやろう。
本当におかしな奴らがいるな。
400

(改造スーツ)
以前はエレガントなイブニング・アンサンブルだったが、
ドクターが自分のために改造し、高圧線を生地の中に縫い込んだ。
400
Bloody Business Suit
(血まみれのビジネススーツ)
このベストや襟付きのシャツ、ネクタイの組み合わせで仕事に取りかかろう。
仕事だ。仕事の時間だ。
300
Crumpled Business Suit
(しわくちゃのビジネススーツ)
このベストや襟付きのシャツ、ネクタイの組み合わせで仕事に取りかかろう。
250 or
4500
Violent Business Suit
(凶暴なビジネススーツ)
このベストや襟付きのシャツ、ネクタイの組み合わせで仕事に取りかかろう。
250 or
4500
Sleeveless U.S Camo Trenchcoat
(ノースリーブカモトレンチコート)
初診の患者を動揺させる小粋なトレンチコート。
100 or
1800
Sleeveless Leather Trenchcoat
(ノースリーブブレザートレンチコート)
初診の患者を動揺させる小粋なトレンチコート。
100 or
1800
Medical Coat(Analyzed)
(医療用白衣(分析))
着古された袖なしの白衣。
医者の衣装のドラマチックな見た目を高く評価する者にぴったり。
50 or
900
Medical Coat(Unhinged)
(医療用白衣(動揺))
着古された袖なしの白衣。
医者の衣装のドラマチックな見た目を高く評価する者にぴったり。
50 or
900
Medical Coat(Stunned)
(医療用白衣(気絶))
着古された袖なしの白衣。
医者の衣装のドラマチックな見た目を高く評価する者にぴったり。
50 or
900
Medical Coat(Demented)
(医療用白衣(発狂))
着古された袖なしの白衣。
医者の衣装のドラマチックな見た目を高く評価する者にぴったり。
50 or
900
Medical Coat(Probed)
(医療用白衣(精査))
着古された袖なしの白衣。
医者の衣装のドラマチックな見た目を高く評価する者にぴったり。
50 or
900
Medical Coat(Dissected)
(医療用白衣(解剖))
着古された袖なしの白衣。
医者の衣装のドラマチックな見た目を高く評価する者にぴったり。
50 or
900
Serous Stick
(漿液の付いたスティック)
酷い痛みを与えるための汚れた器具。 The Hallowed Blightイベント報酬(2018年) or
400
Tainted Inoculation
(汚染された予防接種)
銀色のトゲ付き棒の先に、真紅のルビーがついている。
ルビーは血に飢えた獣の口に据え置かれ、致死の一服優雅に投与する。
400 or
7200
Spiked Brain Thumper
(スパイク付きの脳部圧迫器)
道徳性を高め、処罰を与えるための効果的な道具に改造された重い巨大棒。
複数の穿刺傷をつけるのに役立つスパイク付き。
400
Charged Brain Thumper
(帯電した脳部圧迫器)
道徳性を高め、処罰を与えるための効果的な道具に改造された重い巨大棒。
400

(伝導性カドゥケウス)
杖の周りには治癒のエネルギーがバチバチと音を立て、
あらゆる不道徳、罪深い思想、そして命を浄化する。
400
Spiked Therapy Bat
(スパイクつき治療バット)
拷問のための器具。唯一の使用目的は治療とリハビリ。
リハビリ速度の向上のために、釘が備わっている。
300
Bad Temper Therapy Bat
(不機嫌な治療バット)
拷問のための器具。唯一の使用目的は治療とリハビリ。
250 or
4500
Metal Therapy Bat
(金属製治療バット)
拷問のための器具。唯一の使用目的は治療とリハビリ。
リハビリ速度の向上のために、釘が備わっている。
250 or
4500

キャラ説明

+...
正気を保ってなど、いられない。
日夜、この変化する世界は私に新たな試練をもたらすからだ。

医者の服を纏った男が私の行く手を横切った。
遠くからその男が歩き回る姿が見える。 …奴は「普通」ではなかった。
痛ましく、吐き気を催すような形で目と口がこじ開けられていたのだ。

これらの悪魔は何処からやってくるのだろうか?
私は決してこの男を信じない。 奴は治癒ではなく、苦痛を与えたいようにしか見えない。 そうだろう?
ただ逃げることにしよう。 それが何より賢明なやり方だ。

(原文)
I have difficulty keeping my sanity.
Each day, this altering world provides me with new trials.

A man wearing the robes of a doctor crossed my path.
From afar, I witness him walk around, searching.. But he was not...normal.
Eyes and mouth pried open, in a painful and disturbing way.

Where do these fiends stem from?
I do not trust him, he looks like he wants to bring pain, not healing?
I will stay away, it is the wisest thing to do.

背景

+...
幼い頃からハーマン・カーターは人間の精神を理解していた。
「脳」のような力強いモノを分析し解体する事に彼は惹きつけられた。
彼は熱心な生徒であり教師からも一目置かれる存在だった。
高校時代は成績優秀で心理学の学報である“パルチザン”にも掲載された程である。
1年も経たない内、すぐさまカーターはイェール大学の先進神経科学プログラム(実際はCIAの窓口)に参加する事となった。

世界を掌握し、海の向こう側の「敵」を討ち倒すには「脳」の力が欠かせない。
CIAはその事を理解し、それゆえ尋問・諜報を最優先事項とした。
必要としていたのはカーターのような優秀な人材であった。

カーターを含む一流の人材は、キャンパスから離れ「レリー記念研究所」として知られるイリノイ州の秘密軍事施設に移された。
弟子には導師が必要だ。施設の責任者であるスタンパー氏は「情報が全てで知識は力である」とカーターに教えた。
カーターは入用の医療器具と指導の手を与えられ、大抵の場合は求める物はなんであれ得る事ができた。
彼は自分に太陽の光が欠乏しつつあると気づく事はなかった。彼自身、暗闇に取り込まれていたのだ。

知識は人に力を与えるだけではなく人を脅威的な存在へ変貌させる。
情報を「引き出す事」がカーターの業務だった。スタンパー氏は、彼に「更なる進展」を促し、
ここをただの医療施設だとは考えないように勧めた。監視する者はおらず、守るべき規則は存在しないのだ、と。
代行機関はカーターに「正しい方向」に戻るよう指摘したが、彼に「裁量」を示されてからは一歩退く事になった。

温順な被験者は、施設に潜入していた本物の生身のスパイに置き換えられた。
施設外の事件で役割を果たした人々。カーターはこの新しい役割を肩代わりした。
プロジェクト"Awakening(覚醒)"が開始され、彼はプロジェクトを“実験的な拷問”として論文に記述した。

プロジェクトは承認され、数ヶ月に渡り誰も彼のドアを叩く者はいなかった。
叫び声や嘆きは研究室外の廊下に響き渡ったが、戦争は人々と受け入れる物を歪めていく、敵を追い詰める大義名分として。
蛍光灯はますます点滅する。ECT(電気痙攣療法)が当たり前の診断へと変わってしまった。
施設で拘束された囚人は、巡回する警備員に「カーターじゃない人間の研究室に移してくれ」と頼んだ。
カーターにまつわる噂は当初、無視されていた。

年来、カーターは医者として知られていた。
誰も彼が医師証書を持っていたのか疑問に思わなかったし、「情報を吐いた後、囚人はどうなったのか」とさえ思わなかった。
レリー記念研究所が1週間沈黙した後、初めてそこで起こっていた事――真の恐怖が明らかになった。

カーターの「実験的情報抽出」は、恐ろしく奇妙な拷問に変わり果てていた。
患者、囚人は死亡、或いはあらゆるタイプの心的外傷を有した植物状態で発見された。
彼の事務室では、発見された中でも最も恐ろしい物が見つかった。
それはスタンパー氏の姿だった。彼の頭皮は剥がれ、絶命した脳に電極とセンサーの配列が挿入されてたが、まだ脳として機能していたのだ。

ハーマン "ドクター" カーターがやったという明確な証拠はなかったが、彼の研究論文では、
マインドコントロールの万能薬を探していた時、彼は忌まわしいECT実験の一環として囚人達を利用したことが示唆されていた。
それは、アメリカ政府が決して知りたくない事実であった。
施設の悪行は非難を受け、レリー記念研究所における研究蓄積は永遠に封印された。

(原文)
From an early age, Herman Carter understood the human psyche.
To analyze and deconstruct something as powerful as the brain intrigued him.
He was an apt pupil and gained the attention of his teachers.
He excelled in high-school and was published in “Partisan” - a psychology gazette.
Within a year Carter was fast-tracked into Yale’s advanced neuroscience programme, really a front for the CIA.

Brainpower is a must if you’re about to conquer the world and demolish foes across the pond.
The CIA understands this, so interrogation and intelligence became their number one priority.
All they needed was brilliant people - like Carter.

Carter and other top-tier recruits were transferred off-campus and into a secret black site facility in Illinois known as the Léry's Memorial Institute.
A protege craves a mentor, and that’s where Mr. Stamper stepped in who taught Carter that information is everything and knowledge is power.
He were given all instruments needed, a guiding hand and more or less everything he asked for.
He never realized that sunlight started to became scarce. That he too was kept in the dark.

Because knowledge doesn’t only give you power, it also transform you into a threat.
To extract information was his mission. Mr Stamper encouraged Carter to go further and not to consider
this a normal medical facility - no eyes were watching them, there was no rules to abide.
The agency just pointed Carter in the right direction, then he started to take a few steps back as he saw how Carter could walk on his own.

Docile test subjects were exchanged for real, live spies.
People that played a role in the troubles outside the facility.
Carter shouldered this new role - Project Awakening took form, and on paper Carter described it as “experimental interrogation”.

It was approved and over a few months, nobody knocked on his door.
Screams and moans filled the corridor outside his lab, but wars skew people and what they accept - as long as the enemy is kept at bay.
The fluorescent lights flickered more and more often. ECT became a standard dish on the menu.
Prisoners held at the facility begged the guards to take them to another lab than Carter’s.
Rumours were disregarded in the beginning.

Over the years, Carter became known as the Doctor and no one ever questioned if he had even held
a medical certificate or even what happened to the prisoners after they had given up their information.
It was only after the Léry's Memorial Institute went silent for a week that they finally uncovered the true horror of what had happened there.

Carter’s experimental information extraction had turned to horrific and bizarre torture.
Patients and prisoners were found dead or in vegetative states with all types of head trauma.
In his office, they found the most terrible of discovery of all,
Mr Stamper himself, his head peeled open and an array of electrodes and sensors inserted into his still working but annihilated brain.

There was no sign of Herman “The Doctor” Carter, but his research papers suggested
that he had been using the prisoners as part of awful ECT experiments as he searched for the panacea of mind control.
The government didn’t want to know.
The black site was condemned and all knowledge of the Léry's Memorial Institute redacted forever.

戦法

ショック療法を使いこなす
  • ショック療法を当てた相手は少しの間板・窓の使用ができなくなるため、ギリギリで間に合うという場合において当てることで大きなアドバンテージを得られる。
  • あくまでも板・窓が使えないだけで走り抜けることに支障はない。相手は電撃を警戒して板・窓から離れようとする場合もある。
    • そういった場合はあえて電撃のチャージ音だけを聞かせてフェイントをかけるのも有効。
  • 電撃のチャージ・発生・命中には少しずつズレがある。この癖を把握することがまず第一。
    • 外してしまうと移動速度が落ちるだけでロスになる。確実に当てられる間合いを見極めよう。
  • 行動不能は板・窓だけでなく「デッド・ハード」の使用も不可能になる。
放電爆破の使いどころを見極める
  • 放電爆破は周囲にいる生存者の位置を把握できる強力な索敵手段であるが、60秒に一度と制限も大きい。空振りは避けたいところ。
    • 大きく動いている発電機、救助した直後のフック付近などは期待値が高い。
    • ギデオンなど狭いマップなら中央で放てばほぼ全員の位置が把握できる。
  • パーク「囁き」があり、心音範囲を変更していないなら確実に近くにいることを確認できる。
    • 囁きに反応しているのに誰も叫ばない場合はほぼ100%ロッカーにいる。
  • 放った後ドクターが笑っているのに誰も叫ばないなら、対象は確実に「魂の平穏」をつけている。
    • 魂の平穏があっても狂気は有効なのでアドオン「抑制」のオーラ可視表示などを探すのも良い。
狂気の管理
  • 狂気レベル0~1はペナルティが弱いため、基本的にはこの状態であることは好ましくない。
  • 狂気レベル2はドクターの幻影により発見しやすくなり、各種アドオンの追加症状も有効化される最も安定した状態である。解除手段もないので症状系アドオンを生かすなら可能な限りこの状態を維持したい。
  • 狂気レベル3は行動に強力な制限をかけられるが、レベル1に戻れるチャンスでもある。特に狙い撃ちしたい場合などはあえて放電爆破を控え狂気レベル2に留めておく必要もあるだろう。
    • レベル3になった生存者はダウンした状態でも叫んで位置を知らせるうえ、他人を治療できない(=瀕死の味方も起こせない)。残り2人になった最後の詰めではレベル3を積極的に狙っていくべきだろう。
  • 全員の狂気を管理するのは負担が大きいので、基本的には狙いをつけた相手の狂気を管理しつつ、他は可能なら放電爆破で少しづつ上げていくことになるだろう。

アドオンでより効果的な"治療"を行おう
  • 他キャラと異なり低レアでもアドオンによる追加効果が多いため、組み合わせを考えて相手に揺さぶりをかけていこう。
    • 定期的な心音の発生&背後にオーラ発生で、追跡されていると誤解を誘発させ生存者に精神的動揺を与えやすい。
      ランダムな場所のスキルチェックとパーク「オーバーチャージ」による難易度増加など生存者がされて困る組み合わせを考えるとよい。
    • ショック療法攻撃の範囲を増加させることで、固有建築の中に逃げ込むのを阻止しやすくなる。
      • ただし、その分追加効果の枠が減ることに注意。チャージ時間の増加も無視しがたい。小屋や窓に強くなる代わりに板周りの攻防に弱くなる。
    • アドオンの追加効果を活用する場合、狂気レベル3にしてしまうとレベル1に戻られてしまうリスクがある。ターゲットの狂気を上げ過ぎないように電撃の頻度を調整しよう。

対策

しっかりと自身の狂気状態を把握しよう
  • 狂気Lvは画面横の脳のマークに付いているvマーク、ゲージは〇の外周で判断できる。
    • 狂気Lv1以下では基本的には影響を受けにくいため安全。
      ゲージの進行も確認できるし、見つかったり放電爆破を受けなければ大きくゲージが進行することはないはずだ。
    • 狂気Lv2ではドクターの幻覚が見え始め、他アドオンの影響も受けるようになる。
      アドオンページで追加効果をよく確認し、どんな効果が発生するのかを知っておこう。
    • 狂気Lv3では定期的な叫び、一部行動の実行不可となる。手動回復しか対策はなく、鬼を振り切る必要がある為に難易度は高い。
      このLvまで来るとフックから救助されても逃げ切ることが難しい。だが、逃げ切ることができれば狂気をレベル1まで戻すチャンスとなる。
    • アドオンは殺人鬼の性能を大きく変えるものだが、ドクターは特に性能の変化が大きい。アドオンによって狂気Lvに伴い様々なデメリットを付与できるので、どのようなものがあるか知っておくのはとても重要である。
  • また、意外なことにロッカーに入ることで叫びとゲージの上昇の両方を無効化できる。
    発電機の近くではリスクの高い行為となるが、そうでない場合は絶好の隠れ場所になることを覚えておこう。
ショック療法攻撃に注意
  • 障害物を貫通するショック療法攻撃は回避が難しく、木の板や窓枠・壁越しなどから発動されると手に負えない。
    • ドクターから放射状の範囲が影響であることを意識すると避けやすくなる。
      チャージには僅かな時間がかかる為、チャージ中に素早く接近→ショック療法攻撃を避けて、窓枠を使用して距離を取る事も可能。
      • ただし、上記の回避方法はあくまで「直接攻撃を貰わないため」に行うもの。
        ショック療法を回避することに専念した挙句、懐に飛び込んで負傷してしまっては本末転倒なので気を付けよう。



コメント

  • チェイス経験が少なくステルスが得意な いわゆる若葉マーク卒業あたりの鯖にとって最悪のキラー わかってる鯖にとって計算が狂わない徒歩キラーになりさがる 非常に良いバランス - 名無しさん (2020-05-27 17:47:10)
    • ある意味こいつが居る事によって「うんこマン」がうんこマンのまま赤、紫帯に行けなくなるから良い存在なんだな。 ・・・そうだな、「先生」・・・いや、うんこまんを治療してくれるんだ、そうだ「ドクター」と呼ぼう! ん? - 名無しさん (2020-05-27 19:41:39)
    • その分かってる鯖をショック療法で狩れなきゃあ使いこなしてるとは言い難いな - 名無しさん (2020-05-29 20:45:00)
  • リワーク後ドクターのおすすめのパーク構成はなんですか? - 名無しさん (2020-05-30 21:50:22)
  • オーバーパワーだから使うなってメッセ来た、んで屈伸&切断。自分弱いですって言ってるのと一緒だと思いますドクター!! - 名無しさん (2020-05-31 02:46:42)
  • 熟練取ろうとしたらマップがまさかのギデオンであっさり全滅で無慈悲。なのに熟練取れなくて、どういう事だと思ったらつけてたパークがオバチャ・観虐・苦悶だったわ - 名無しさん (2020-05-31 09:58:12)
    • 圧倒的存在感の圧倒的存在感のなさよ - 名無しさん (2020-05-31 14:18:52)
      • そして苦悶の固有パーク感よ。一応マッチ開始前に確認したけど違和感無くて気付かなかったわ - 名無しさん (2020-05-31 15:09:22)
        • むしろトラッパーの罠の方が圧倒的存在感まである - 名無しさん (2020-06-09 04:05:42)
  • 破滅、ずさん、ナースコール、ピエロ恐怖症でレリー、延々と腹に包帯巻くモレル眺めてニヤつこうと思ったけど余裕なかった。なんだかんだ無理やり治療されてた気がする。とはいえ修理は途中から遅れて全滅できたし、多少はピエロも仕事したんか? - 名無しさん (2020-06-13 12:08:03)
    • ピエロつむなら苦悶もいるでしょ - 名無しさん (2020-06-15 23:34:00)
    • 苦悶ないと範囲狭いからね - 名無しさん (2020-06-17 06:31:29)
    • 苦悶ないと範囲狭いからね - 名無しさん (2020-06-17 06:31:42)
    • 包帯巻きすぎて腹膨れ上がってるの想像してワロタわ - 名無しさん (2020-06-21 04:22:10)
  • 色んな意味でバランス型なキラーだよねドクターって。ナースとかハントレスを圧倒的な個性を相手に押し付けて勝つキラーとするなら、こっちはどのキラーも持ってる「殺人鬼」としての能力を活かして追い込む&それを補助する能力ってな感じがする - 名無しさん (2020-06-19 21:19:39)
    • それ捉え方によっては全キラーに言えるよな。。 まあ感性は人によるから否定はしないけど。 - 名無しさん (2020-06-20 20:18:01)
    • 全然バランス型じゃない件。 - 名無しさん (2020-06-24 20:50:04)
    • タイプで言えば索敵特化でバランスでは無いだろ? - 名無しさん (2020-07-01 15:09:10)
  • こんなんじゃ全然駄目だわこの下手くそ、ポテンシャルはクッソ高いはずだけど使い手次第で電撃ゔんこに化ける良キラー。もっと練習しないと… - 名無しさん (2020-06-25 12:09:16)
  • PC版の設定ミスったせいで放電爆破を封印と言う縛りプレイを敢行する羽目になったがどうにか全員吊ったよ。 - 名無しさん (2020-07-01 12:44:43)
  • ずさん、血の追跡者、ピエロ、苦悶で乗り込んでセルフケア1人もいないとショボンだわ。 - 名無しさん (2020-07-04 15:55:32)
  • 懲罰ってドクターの赤い染みが消える効果ってあります? - 名無しさん (2020-07-09 01:05:52)
    • ある。背中光ってる時はドクターのステインは見えない - 名無しさん (2020-07-09 21:38:17)
  • 玉キンみたいな効果の、ウルレアを全キラーにひとつは欲しいわ。なんか弱くない?てのなら、ベリーレア以下全盛りみたいなのの方がいい - 名無しさん (2020-07-11 13:04:23)
    • 新ビリーのウルレアみたく最近の運営はウルレアアドオンに致命的な欠点をつけるの好きだよな - 名無しさん (2020-07-11 16:20:50)
  • コイツって全キラーで3位くらいの強さだと思ってるの俺だけ? - 名無しさん (2020-07-13 20:14:23)
    • 人による、ランク帯にもよる。 俺は索敵だるいから大好きだけどなw 索敵能力はぶっちぎりでNo1だ! - 名無しさん (2020-07-14 00:07:49)
  • 番人ノーワン怖気苦悶 結構楽しい。 楽しくない? - 名無しさん (2020-07-14 23:52:08)
    • 今んとこ4生存からの通電4這いずりでゲート開放ならず番人仕事してないからワンチャン天秤かイタチ入れるべきかも - 名無しさん (2020-07-14 23:54:08)
  • ガバ鯖鑑定士 - 名無しさん (2020-07-15 17:38:28)
    • ウンコモレル仕置き人 - 名無しさん (2020-07-16 23:52:15)
    • 鯖を見つけやすいので開幕の索敵に時間がいらない、鯖の位置を把握しやすい、マップコントロールができるから、徒歩鬼の基本がわかってれば赤相手にも戦えるのが良い - 名無しさん (2020-07-17 20:03:02)
      • 限りなく最適な動きをしやすいってのが最大の強みだよな。場合によっちゃ凛の下くらいのレベルはある。 - 名無しさん (2020-07-17 23:55:17)
    • 土アダム拷問官 - 名無しさん (2020-07-19 16:41:17)
      • 石投げアダムのワイ何処でもゲージが貯まっていく爆音ドクターに歓喜 - 名無しさん (2020-07-20 11:49:49)
  • 苦悶が相性が良い、爆破で複数人巻き込めて電撃出来る、索敵がしやすいから吊りやすいetc…本当にBP稼ぎの権化のような性能してて稼ぎではお世話になってる - 名無しさん (2020-07-20 09:48:16)
    • それもあるけど普通に強いよな。遅延索敵として役に立つ - 名無しさん (2020-07-20 11:43:19)
      • 珍しく普通に強化されちまったからな。以前の『俺しか使ってない感』は異常だったよ。でも昔から好きだった。 - 名無しさん (2020-07-21 20:25:55)
  • 今週アイアンメイデン来たけどドクターの相性はどうなんだろう?鯖も無防備食らうぐらいだったら素直に電撃食らうだろうからあんまり意味ないかな? - 名無しさん (2020-07-22 10:44:42)
    • 苦悶バベチリアイアンメイデンドクターで絶対逃げられない過剰索敵構成に見せかけた稼ぎ構成やっているけど結構引っかかる事多いですね、最後の一人がロッカーインしてるとかもよくありますし - 名無しさん (2020-07-22 11:20:06)
  • 電撃当てるタイミングさえつかめばチェイス楽だし、索敵の付加能力が多いから気軽に遊べるのがいいね。 - 名無しさん (2020-07-23 22:47:39)
    • 電撃さえ極めりゃ全キラーの中でもトップクラスよ - 名無しさん (2020-07-24 00:37:13)
    • 「棺桶」になる板倒した奴みると、「いやーごめんな・・・板越えフェイントも糞も無いんだわ」って思うわ - 名無しさん (2020-07-24 09:19:22)
  • 玉虫色のクイーンと壊れたテープの違いって何かあるの? - 名無しさん (2020-07-25 15:56:44)
    • テープはショック療法の範囲が変わる。ガバローカライズのせいで説明がクイーンのコピペになってるけど間違い - 名無しさん (2020-07-25 18:34:01)
  • まさかバグとは…さすがdbd - 名無しさん (2020-07-26 15:07:20)
  • こいつ玉虫キングでなさすぎやろ・・・ウルレア枠が基本1週1個だとしてもクイーンウルメメキングの割合が大体4:4:2やったぞ体感・・・ - 名無しさん (2020-08-02 16:19:17)
最新20件を表示しています。ログ全文
コメント左側の◯をクリックしてから書き込むと、レス形式でコメントできます。
最終更新:2020年05月23日 10:39