SIMPLE2000シリーズ Vol.32 THE 戦車

【しんぷるにせんしりーず ぼりゅーむさんじゅうに ざ せんしゃ】

ジャンル シューティング
対応機種 プレイステーション2
発売元 D3パブリッシャー
開発元 ヴァンテアン・システムズ
発売日 2003年6月26日
定価 2,000円(税別)
判定 クソゲー
ポイント THEホバークラフト
リアル志向(笑)、戦車戦の重みなし
チハたんばんじゃーい ∩(・ω・ )∩
誰得の魔改造システム
SIMPLE2000シリーズリンク


概要

  • SIMPLEシリーズでも散々ネタにされるクソゲー。通称『THEセンシャ』。
  • 公式に「リアル志向なシミュレーター」なんて謳っているが、実のところリアルからはかけ離れている
  • なお、実は本作より前にプレイステーションで『SIMPLE1500シリーズ Vol.90 THE 戦車』が発売されている*1。こちらは「火星軍VS地球軍」というSF設定の作品であり、光学兵器を主砲に据えた「遠未来の戦車型架空兵器」となっていた。まぁこちらでも「戦車の重量感、動きを完全シミュレート」なんて書いてはいたが…。

問題点

  • ×:THE戦車 → ○:THEホバークラフト
    • キャタピラと地形の関係を無視したスムーズな足運びはまるでホバークラフト。
    • 一部の斜面や建造物で律義に引っかかって進めなくなる。また、斜面では俯角がおかしくなる。
  • 視点は砲塔後方の三人称視点(戦車の外側からの視点)で固定。照準画面や双眼鏡視点のようなものはない。戦術マップのようなものもない。
  • 弾速・装填は早すぎで、挙動は軽すぎる。一部の車両は改造しなくても超連射できる*2
    • 更にロックオン機能もある。敵戦車に砲塔を向けてマーカーが表示されれば狙いが適当でも命中する。それはリアルと言えるのか。
    • 上記のPS版では画面内を区分けすることで「後方視点」「照準画面」「マーカー表示」をしっかり描写していた。また、装甲が部位ごとという要素も存在していた。開発会社が違うとはいえ、前世代ハードで普通にできていたことが何故出来ないのか?
      • むしろ前作であればHP制でも、(SF風の設定であるため)バリアを貼っているという設定であればまだよかったかもしれないが。
  • リアルな戦車ゲームなら重要なはずの「貫通判定・弱点」などない。単なるダメージ蓄積制。
    • 機関砲の一掃射程度ではボロボロにならず、貫通しなければいくら食らっても大丈夫といった強固さが戦車の特色のひとつであるはずなのだが、これでは再現すべくもない。
      • しかも、敵もかなりの精度を誇る(必中?)のだが、橋を渡るステージが中盤にあり(敵が待ち伏せているという設定)、全弾当ててもクリアできない(またはほぼ不可能な)戦車が出てしまう。
        ここでは撃破までに自分が倒されないようなHPのある戦車を出現させないと進められない。
        このゲームが仮にリアルな仕様だったとして、新しい戦車じゃないと貫通しなくて倒せないということが起こりそれと結果は一緒かもしれないが、ダメージが通っているのにどうやっても勝つことができないというのは何とも…*3(地形に引っ掛けるような技を使えばもしかするとクリアできるかもしれないが、それはそれでリアルとは言えないためゲームのコンセプトと合わない)。
    • 九七式チハ(大戦中の日本陸軍の戦車)もダメージ蓄積性と連射力のために活躍でき、90式戦車やルクレールといった新世代戦車を一方的に撃破することも可能。スタッフにチハマニアでもいたのだろうか
+ 九七式チハについての解説
  • 九七式は太平洋戦争では米軍に大苦戦。攻撃力も低く、撃った徹甲弾が敵装甲表面で砕けることも。しまいには爆薬を積んで体当たりする「特攻戦車」として使われたことすらある。
    • ギャラリーモードでは「第二次大戦で最も人気のある戦車」と書かれている。皮肉かそれは?
    • ただし、元々九七式は対戦車戦用として設計されたわけではなく歩兵の支援戦車として設計された為、対戦車戦能力が致命的に悪くても仕方ないといえば仕方ない。
  • チハの名誉の為に弁護するが、登場当時は十分一線級の戦車であった(その時のドイツ軍はI号・II号戦車が主力である)。同時期に登場した戦車の装甲厚で見ればソ連BT-5が13mm、II号戦車で15mm、チハが25mmと同世代ではマシな部類で、スペック的に見るべき点はないが、整備性に優れ被弾時に発火し難いディーゼルエンジンを採用する、搭載砲の交換を見越した余裕のある車体設計、接地圧が適切で不整地でも軽快な*4運動性能、全車に無線機を装備などの特徴があり同時期としては当時の日本軍が必要とする十分な能力があった。
    • 日本側の撤退で敗北したノモンハン事件では、100両程度の中、僅か4両しか投入されなかった九七式中戦車よりも旧式な戦車が大半を占めている日本軍に対し、5倍近い戦車と10倍の歩兵を投入し日本軍を数の暴力で踏みつぶしたにソ連のほうが苦戦していたと言える。ただ、日本の国力/技術力に加え、東南アジアや中国も含めて、想定される地域のインフラが、東京と大阪、マニラや上海周辺を除いて貧弱と言う運用面的な制約から、後継車両の開発が遅れてしまい、その後の戦車開発のスピードについていくことが出来なかった。
    • 例を上げれば九七式中戦車が苦戦したM3軽戦車よりも遥かに強いM4中戦車(の改良型)ですら、ヨーロッパではドイツ軍の主力であるIV号相手には互角かやや優勢であったが、ドイツ軍の戦車の半数を占めるVI号(ティーガーI)やVI号(パンター)に至っては、キルレシオ1:10~16(1両撃破するのにM4シャーマンが10両から16両必要ということ)という犠牲の山を積み上げ、戦車一両に対して一月に一発しか支給されない特殊な砲弾を使えば何とか撃破可能、ティーガーIIにいたっては戦車で対処不能だから、ガス欠や故障で放棄されるのを神に祈る*5という具合で、戦車は独ソを中心に僅か数年で怪物的進化をしており*6、少ない国力を海・空にほぼ割り振っていた日本では、到底ついていける世界ではなかった。*7
    • 故に旧式化しても使い続けるしかなかっただけであり、決して九七式中戦車が駄作などという訳ではない。実際、適切な改良が施されていればM3軽戦車やM10駆逐戦車、LVT水陸両用装軌車程度ならば撃破可能になっている。ただし、M4中戦車となると技術格差が開きすぎてしまい、M4側面の300m以内から弾薬庫か燃料タンクのある場所を攻撃するや戦車中隊付属の砲兵で対処しなければならないレベルで、性能格差が開いていた。恨むべきは四式チトや五式チリと言った、M4シャーマンやドイツの4号中戦車より強力な……世界水準レベルの戦車をろくに配備できない当時の国力*8である。
  • なお、「歩兵のライフルが貫通する」とも言われているが、M2重機関銃(歩兵のライフルの2倍程度の口径があり威力も段違い)を使い50m程度の至近距離で射撃試験をアメリカ軍が行っているが「装甲の最薄部を狙えば抜けることもあるにはある」というレベルで、どうあがいても「歩兵のライフル程度」では貫通不可能である(対戦車ライフルやバズーカ等の対戦車火器は別問題)。
  • 似たり寄ったりのミッション、おバカで弱い敵。ほとんどの敵がごり押しで倒せるため壮快感が無い。3~4時間もあればクリアできる。
    • 効果音は似たものばかり。破壊された敵戦車は爆発して消滅する。
    • 中盤以降、時代等を無視して複数種の戦車が出てくるようになるがAIのロジックは全く変わりない。
    • 逆に、例えば中盤のステージで橋の向こうにいる敵は確実に先制攻撃してくるが、この時点では耐久力が足りないので(橋の上なので避けられないから)河を渡れない、といったその前のステージに比べいきなり難易度が上がるステージもある。
    • 小回りのきくチハやSタンクで敵の後ろに回り込みながら一方的に攻撃する「別の楽しみ方」もあり、それはそれで楽しいが、「リアルな戦車戦」では無いだろう。

評価点

  • 一度クリアすると可能になるカスタマイズでは「九七式チハにM1エイブラムズ(アメリカ陸軍が現在も使用中の戦車)の砲を載せる」といった絶叫物の改造が可能。もちろんその逆も可。
    • 砲塔ではなくあくまで「主砲だけ」を載せ替える形になるため、「超長砲身でアンバランスな軽戦車」や「短砲身すぎて主砲が見えない重戦車」が作れる。
    • ネタとして見れば笑えないこともないため、一応評価点として挙げる。リアルかどうかは別の問題だが。
  • 砲塔と車体を1P/2Pで分担する2人プレイがある。
    • それでも、敵が敵なので楽しいかどうかと言われると…。
  • 前作で何のために存在したのかわからなかった*9地雷がなくなった(はず)。

世間の評価

  • ただでさえ戦車マニアは出来に厳しく、また『パンツァーフロント』という良作戦車ゲームがすでに存在していたため、評価は散々であった。
    • そこまでこだわらない人や、戦車にさほど興味がない人でも一発で分かる欠陥だらけである。死角なし。
    • 戦車らしい動きがまったくできないわけではないのだが、ミッション数や種類にも不満点が多々あり評価は高くない。
  • しかも同日にSIMPLEシリーズの傑作『THE 地球防衛軍』が発売されてしまった。これでは評価は望むべくもない。
    • 一つ擁護しておくと、『地球防衛軍』の人気がSIMPLEシリーズでは規格外なだけであり、その基準で他のSIMPLEシリーズ作品を見るのは流石に酷である。
      • ちなみに『地球防衛軍』にも戦車が出るが、すぐ瓦礫に引っかかってひっくり返り、武装の面から「戦車じゃなくて自走砲」と言われる。
        当然本作ではそのような事は無い。だからと言って本作が良作であるわけがないのだが。
      • 一応、本作やDS版でも場所は限られるが横転ができる。因みに、撃破されたときと同じようにミッション失敗判定になる。

総評

  • そこかしこの突っ込み所のために、今ではクソゲーというだけでなくSIMPLEを代表するネタゲーの地位を獲得している。
    • こんなAAが張られるのが定番。親父が(評価も知らずに)買ってきたという設定と思われる。
      ウィーッス   ∧_∧∩
             (´∀`*// 
          ⊂二     /  THEセンシャカッテキタゾ
           |  )  /
          口口/    ̄)
            ( <⌒<.<
            >/
  • その後PSP版やDS版の『THE 戦車』も登場したが、これらはまだマシな出来だという。
  • THE 男たちの機銃砲座』『THE 戦艦』と並んで、純粋にゲームの出来で低評価のSIMPLEシリーズ作品である。
  • 実際の戦車ではなく、ラジコン戦車のゲームとしてみれば問題なかったかもしれない。
    • 特に主砲を乗せ換える遊びなどは当時食玩ブームの火付け役となったワールドタンクミュージアムやドラゴン社の類似品などで砲塔の乗せ換え遊びをやった人も多かったのでは(サイズが合うものが限られたが)。
  • タンクじゃなくて 単騎 ゲーである。誰も注目していないようだが、リアルを謳うならせめて味方くらいほしいものである。
+ プレイ動画

余談

  • 公式サイト。ムービーが公開された時点では防衛軍より期待度が高かったというが…。

*1 開発はハイウェイスター。

*2 本物の戦車のように分数発になったときに楽しめるかというと…少なくとも、当時はそういったゲームはあまりなかった。また、例えば「JS-2mの装填の際にいちいち主砲を下げないといけない」などの現実の要素は(そんなのが採用されているゲームがあるとは思えないが…)必要ではないだろう。どこまでリアルにするかというのは考え物である。さらに言えば、WW2の時点で数kmを挟んで撃ち合っていたので(接近戦もないわけではないが)、そもそもこういったゲームはどこまで要素を再現しても非現実的ではある。戦車だけの戦争という時点でありえない上(しかも単騎)、戦車しかいなくてもこんな近距離に近づく前に察知されるはずである

*3 例えるなら『サガ フロンティア2』で2周目の開始後いきなりラストバトルに行くとダメージが足りなかったはず。このゲームは分かりやすいだけありがたいかもしれない

*4 当時の戦車は小型ゆえに大出力エンジンが搭載できないや接地圧が軽すぎる軽戦車より、一般的には鈍重なイメージのある重戦車のほうが、不整地で軽快に動ける傾向があった。

*5 西部戦線のティーガーI/IIやパンサーは、破壊された車両よりガス欠や故障で放棄された車両が多い。

*6 代表的な怪物が、軽戦車より軽快な重戦車を目指したT-34ファミリーや動き回れた重戦車のV号パンターと言った今日のMTB的な戦車、駆逐艦や軽巡洋艦レベルの砲と重巡洋艦並みの装甲を持つISファミリーやティーガーIIなど

*7 余談だが、独ソの独走と独自路線で世界中の戦車開発の方向性を引っ掻き回すイギリスに、戦後もアメリカや日本が追いつけない傾向は続いており、日本の場合、74式で追いつき90式で追い抜くまで、アメリカはM1A1エブラムスを開発するまで、世界水準から遅れた戦車しか配備できなかった。

*8 戦前/戦中に輸入/生産された戦車の数より、70年代中期から80年代末までに製造された74式の方が数が多い。

*9 見え見えどころか埋まってすらいない、真四角のタイルにしか見えず逆に踏んでしまう、敵は踏まないor踏んでも無効だった上前作は体当たりができないため押し込んだりもできなかった