宇宙船コスモキャリア

【うちゅうせんこすもきゃりあ】

ジャンル シミュレーション
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売元 ジャレコ
開発元 トーセ
発売日 1987年11月6日
価格 4,900円(税別)
判定 なし
ポイント 美麗なグラフィック
操作方法やゲーム性にやや難あり


概要

カーソルを動かし敵を捕捉、会話や交戦をして進めるゲーム。
惑星間を行き来して、敵と戦いながら光子ミサイルの6つのパーツを集め、惑星型要塞バトルスターを爆破するのが目的。
アクションゲームと誤解されやすいがシミュレーションゲームである。

ストーリー

1999年、あのノストラダムスの予言が現実のものとなろうとしていた。月がその軌道を離れ、地球へ異常接近していたのだ!
時を同じくして太陽系内に謎の宇宙船団が飛来、冥王星の外側に機械でできた「惑星」が出現した。
月の異常接近は、すべてこの惑星型要塞「バトルスター」のしわざだったのだ!
このままでは月は約3ヶ月後に地球に激突、人類は滅亡してしまう。
だが、謎の宇宙船団が、この太陽系の中で、強大な破壊力を持つ超兵器、光子ミサイルをつくっているらしいという情報が入った。
そのミサイルを逆にバトルスターに撃ちこめば、バトルスターは破壊できる!!
人類の最後の希望にかけて、防衛軍は、完成したばかりの宇宙船、コスモキャリアを急きょ発進させることを決定した。
きみの任務は、このコスモキャリアに乗りこんで謎の超兵器を発見し、バトルスターを破壊することだ。
--- 急げ!コスモキャリア!人類滅亡のその日まであと100日しかないのだ!!

ゲームシステム

  • 探索画面
    • 画面の上半分には惑星やコスモキャリアなどの宇宙画面とカーソルが表示され、下半分には各種コマンドが表示されている。
      • カーソルを対象に合わせロック、コマンドを選択する事でゲームを進める。
    • 飛行物体にはクリアに有益な情報をくれる物もいれば、敵も存在する。
      • 情報源を攻撃してしまうと場合によってはゲームが進まなくなる。
    • コマンド選択にはエネルギーを消費する為、エネルギーが足りなくなってきたら地球の基地へ戻り補給をする必要がある。
      • また、地球ではコスモキャリアやコマンドスーツの修理も行う。
  • 各エリアの移動
    • エリアは地球エリア・火星エリア・木星エリア・土星エリア・天王星エリア・海王星エリア・冥王星エリア・バトルスターエリアに分かれている。
    • 各エリア間の移動には、カーソルを惑星に合わせMOVEコマンドからワープを選ぶ。
  • 惑星の探索
    • コマンドスーツで上陸し、惑星を探索する。
      • スーツはグラビティ、ブリザード、フィールドの3つから状況に合わせ選択。
  • セーブはパスワード式
    • 地球での補給時にパスワードが確認できる。

評価点

  • グラフィック・演出
    • 惑星の質感が凄い。上陸した際もクレーター、迷路のように入り組んだ地形の描写や、地平線なども表現されている。
    • 人工衛星や敵をロックオンして調べると、雑魚敵に至るまでサムネ画像や解説が表示される。FCの制約を感じさせない。
  • 音楽
    • 各惑星ごとに専用BGMが用意されている。

難点

  • 操作方法
    • シミュレーションだけに選択項目が多く、慣れるまでが面倒。
      • 慣れればそう難しい事はないのだが。
  • ゲーム性
    • 「地球で体制を整える→惑星にワープしていく→上陸して基地を叩く→地球へワープしていく→…」の繰り返しで単調。
      • 攻撃方法もビームとミサイルだけで、威力は強化できても攻撃方法は最後まで変わらない。
  • ラスボスが簡単すぎて盛り上がらない。

総評

コマンドが少々とっつき難い点もあるが、難易度も易しい方で、SLGの入門にも適している。
当時のファミコンソフトは高難度のものが多く、そんな中で本作は初心者には有り難い存在だった。
グラフィックと音楽が良く綺麗にまとめられており、惑星・衛星に行って探索するのも楽しいコスモを感じさせてくれたゲームともいえる。

余談

  • 当時は冥王星も太陽系の惑星に分類されていた。「準惑星」として太陽系外縁天体に分類し直されたのは2006年のこと。
  • タイムリーなネタとして、地球の周囲にはランドサット(米国の地球観測衛星)、ナブスター(GPS衛星)が飛んでいる。