BIOHAZARD THE MERCENARIES 3D

【ばいおはざーど ざ まーせなりーず すりーでぃー】

ジャンル サバイバルアクション


対応機種 ニンテンドー3DS
メディア 1Gbyte3DSカード
発売元 カプコン
開発元 トーセ
発売日 2011年6月2日
定価 4,800円(税込)
プレイ人数 1人(※協力プレイ2人)
セーブデータ 1個
レーティング CERO:D(17才以上対象)
廉価版 Best Price!
パッケージ版:2012年12月13日/2,990円
ダウンロード版:2012年12月27日/2,600円(税込)
備考 ローカルプレイ対応、インターネットプレイ対応
判定 なし
ポイント おまけゲーム「THE MERCENARIES」に特化
高得点を目指すやり込みゲーでストーリーは無し
BIOHAZARDシリーズリンク


概要

元々『BIOHAZARD 3』の本編クリア後にプレイ可能なミニゲームとして登場した「THE MERCENARIES」。
作品によってある程度差異はあるものの、おおよそ「制限時間内に敵を倒し、タイムや得点を競う」といったものである。
本作はそのミニゲームに特化した作品であり、ストーリー等は存在しない。インターフェース等の基本的な仕様は『5』に基づいている。

特徴

  • 登場キャラは、『5』からクリス、ジル、ウェスカー、『5AE』からバリー、レベッカが続投。『4』からはハンク、クラウザーが復活し、新キャラとして『2』などで主人公をつとめたクレアが参戦し計8人。
    • さらに各キャラには「Exコスチューム」が用意されている。単なる別衣装ではなく、キャラ性能が多少変化しスコアも別途記録されるため事実上16人。
    • また敵キャラも豊富で、『5』のマジニを筆頭に『4』の邪教徒やチェーンソー男も登場。雑魚キャラの攻撃はさほど激しくないが、即死ないしそれに近い攻撃を繰り出すボスキャラが多く登場するため事故率は高め。
  • 新たな要素として「スキル」が実装。1人3つまで装着できる装備品のような扱いで、武器のリロード速度が上がる、回復アイテムが出やすくなるといったわかりやすいものから、「敵を倒した際の残り時間に“7”があるとタイムボーナス」といった一風変わったものまで。
    • スキルはステージクリアで入手できるポイントで育てられ、レベルが最大になると特殊効果がつく。中にはパートナーにまで影響を及ぼすものもあるためスキルの取捨選択によるカスタマイズの楽しみがある。
      • スキルやレベルなどの育成要素は後発の『BIOHAZARD REVELATIONS』のレイドモードにも取り入れられた。
  • オンラインの協力プレイにも対応。世界(いわゆる野良)とフレンドから募集・参加が可能で、周囲にゲーム仲間がいない環境でも気軽に協力プレイが楽しめる。人がいる限り、すぐ繋がるので快適。
    • オンラインプレイでしか獲得できない称号もある。

評価点

  • ステージもバリエーションが増えており、限られた敵を効率良く倒していくサバイバルミッションやボスラッシュのようなステージも。また、同じステージでも昼や夜バーションも用意されており視覚的に飽きさせない工夫も施されている。
  • グラフィックは携帯機であることを考えれば中々のもので、『4』や『5』のマップの再現度もそれなり。

不評点

  • 「セーブデータが消せない」という仕様はネット上でやや話題になった。現在はBest版が発売されており、こちらではデータ消去が可能になっている。
  • チュートリアルが長い。「ミニゲームを独立させた」という性質上初見プレイヤーに手厚く配慮した結果だと思われるが、1-1から3-5までのミッションは全てチュートリアルミッションである。本格的なマーセが始まるのは、全ミッションの中盤ほどの4-1から。
  • オンライン環境が洗練されていない。募集・参加できるのは1ミッションだけであり、ミッションクリア後は強制解散となる。解散後は再度募集・参加先を探さねばならず連戦ができない。
    • ルームの設定が行えない。「初心者なのでできれば同じくらいの腕の相方に来てほしい」「ハイスコア狙いのため初心者お断り」といった設定やフィルター機能がないため、希望のプレイスタイルに合う・合わせてくれるプレイヤーに巡り合えるかは運任せとなる。
      • 一応、プレイヤー名を「しんじん」「ハイスコア」などとして部屋名の代わりとすることはできる。が、このプレイヤー名は3DS本体の名前を使用するため、方針を変えたいならその都度ゲームを一旦落とし、本体設定から名前を変更する手間が必要となる。
    • オンラインゲームにはつきものだが、オンでPK行為を働く悪質なプレイヤーが存在。無限ロケットランチャーを用い相方を爆殺するというものだが、ブロック機能がないため彼らに対する対処法がない。
      • そういったプレイヤーに遭遇した際はさっさと部屋を解散するしか自衛の手段がなく、被害者側が不利な状況となってしまっている。
    • ただ、本作は3DS黎明期の作品であり、開発側もオンライン周りの環境を整備するノウハウが足りていなかった、という事情は考慮されるべきだろう。
  • 良くも悪くも、協力プレイありきである。本作は敵を全滅させると残り時間に応じて点数が加算されるが、それが残りの秒数×1000点*1という大きなものなので、ハイスコアを狙う場合はどうしても頼れるパートナーの存在が必要不可欠となる。
    • 一応、ソロでも全ステージ100万点(!)は可能であるとされ、実際に達人による動画もアップされている。・・・が、ハイスコア狙いにせよ攻略狙いにせよ、完全ソロは茨の道と言わざるを得ない。
      • ちなみに、Exステージを含めて全ステージ100万点を達成できたプレイヤーは、世界に数人というレベル。

総評

ゲーム内モードを1つのゲームとして特化させた作品であるがため、シリーズ未経験の新規プレイヤーには魅力が分かりにくい。
ひたすらハイスコアを目指すストイックなゲーム性が肌に合わないというプレイヤーにもおすすめはできない。
しかしながら、シリーズではお馴染みの顔ぶれが揃っているため、経験者ほどすんなりゲームを楽しめるだろう。
ただしあくまでサバイバル「アクション」だということを念頭におくべし。