イースIV MASK OF THE SUN

【いーすふぉー ますく おぶ ざ さん】

ジャンル アクションRPG
対応機種 スーパーファミコン
メディア 12MbitROMカートリッジ
発売・開発元 トンキンハウス
発売日 1993年11月19日
価格 9,800円(税抜)
判定 なし
ポイント 原案に最も近い
くるくる
新要素、状態異常
スクリーンセーバー
トンキンイース最終作
イースシリーズリンク

概要

  • ファルコムが原案を提示して実際の制作は外注となった2つの『イースIV』のうちのSFC版。
    • もう一方はPCエンジン版である『イースIV -The Dawn of Ys-』。当初はあちらが正史扱いだったが、後にシリーズ設定を再構築した際にはこちらが正史扱いとなりPCエンジン版の要素は部分的に取り入れられる形となった。従来は機種が違ってもストーリーは殆ど変わらなかったがイースIVでは著しく異なるというのも珍しい。
    • なお、前作について触れられないのは時系列がI→II→IV→IIIだからである。すなわち「FCイースIとII」の直接の続編とも言える。
    • 後のシリーズで重要になる「有翼人」や「ロムン帝国」といった設定が初登場した。
  • メーカーはトンキンハウス、CMでも堂々と表示されており、パッケージにも記載。SFC版『イースIII』の要素が色々と再来するのではないかと思われていたが意外とそんな事なかった。

ストーリー

エステリアでの冒険を終えたアドルは、砂浜で長かった戦いの日々を思い返していた。
様々な出来事を思い返しながら砂浜に目を移すと、そこには手紙の入った小瓶が流れついていた。

「勇者よ、セルセタを救ってください…」
アドルの新たな冒険の幕が開く。

特徴

  • 基本的なシステムは『イースII』を踏襲している。お馴染みの半キャラずらしも健在。
  • 魔法は特定の剣を装備することで使用できるようになった。
    • 炎、氷、雷などオーソドックスな攻撃魔法に加え、回復魔法も用意。
    • MP回復は宿屋で行える。
  • 新要素として、状態異常「毒」が実装。毒状態で歩き回ると徐々にHPが減っていく。
  • 特定の場面では同行者が加入するようになった。

評価点

  • セーブファイルは5つ。セーブした際は現在の地名が書き込まれて分かり易い。プレイ時間も実装。
  • キャラの個性
    • 登場人物によってセリフの色が違う。ウィンドウも表示位置が異なり、複数のキャラが同時に発音する表現も可。
    • OPとEDにはビジュアルシーンも用意されている。アドルの風に吹かれる髪のアニメなども良好で、前作で批判された邪神アドルの面影はない。
    • 従来はアドル単独で攻略していたが本作では人々と共闘する場面もある。
  • ゲーム性
    • 雑魚敵のバリエーション
      • 従来は似たり寄ったりだったが、本作では高速移動に、曲軌道の弾、擬態など多彩なものが登場。
      • 擬態は、アドルの方から真正面に行きたがるものに化けており、これがプレーヤーの心理を上手く突いており意外と何度も引っかかる。PCE版でも登場。
      • FCでは動き回るのが主体で待機は無かったが、本作ではじっと待機する敵もいる。
    • ボス
      • IIではファイヤーの魔法が必須だったが本作では体当たりで戦うのが主体。
      • 本作でも戦闘場所は丁度1画面という仕様。
      • 多彩な攻撃を繰り出すのは勿論、追い詰めると形態変化をするボスもいる。
      • ボス戦中でもメニューが開けるようになった。イベントアイテムを使う場合もある。
      • ボスとの会話。従来は一方的に話してくるのみだったが本作ではやり取りが行われる。特にラスボス戦ではただの戦闘ではなく色々な苦悩と葛藤を表現。
  • シナリオ
    • 原案に忠実でPCEに比べて矛盾点が少ない。
    • 過去作IとIIの舞台であるIのミネアの街や村、そしてIIのランスの村へ続くようになっている。当時に解決したイベントの話も聞ける。一枚絵がないのは残念だがBGMやマップの方はSFCの品質でリメイクされており感慨深いだろう。
      • なお、ファミコン版イースIの朽ちたる扉は無かった事にされている。
    • エルディールとリーザの役割
+ PCE版 ネタバレ注意!
  • PCEのエルディールは自信に満ちた言動、アドルを一撃で気絶させる、など当初こそ色々と威圧感を与えてきたが、アドルとはゲーム中で直接戦う事もなく、後に儀式で満身創痍のところを見計らったグルーダにより、背中から刺されて命を落とすという結末。そして死に際になって今更のように改心する。この際はリーザを生贄に捧げようとしており彼女がグルーダに救われた事は皮肉な話である。後にリーザはアドルに送られ自宅待機して終盤には一切絡んでこない。
+ 本作 ネタバレ注意!
  • パッケージに載っているとおり本作では非常に力が入っておりラスボスを務める。力に溺れた者の末路を辿るがリーザによる命まで懸けた一途な想いは遂にエルディールとプレーヤーの心を打った。アドル達が旅に出た後はリーザのテーマ曲が流れ、温かみあふれる一枚絵と共にかつての幸せな思い出を胸に強く生きる事を決意したシーンは評判が良い。
  • 演出
    • アニメーションは好評だと言ったが他にも、塔の外周では遠景を併用していて立体感と奥行きを表現、落下はSFCらしく拡縮機能が使われている。
    • ファミコン版イースIの暗闇も再び実装されたり、雨が降ってくるエフェクトで臨場感は向上。
  • 音楽
    • 力強さとスピードを兼ね備えた曲は冒険心を高めてくれるだろう。青銅の地区、白銀の神殿は特に評価が良い。

賛否両論点

  • ゲーム開始までが長い
    • オープニングイベントは飛ばせず、その後も準備してフィールドに出るまでに5分以上はかかる。
  • アドルが喋る
    • アドルは喋らない方が良いという考えもある。
    • ただし、強くて優しい前向きなセリフはアドルらしい。重要なボス戦の前に会話をするという意味もある。
  • 民家に入っても一枚絵ではなく内部は普通にマップである。
  • バミーのイベント
    • バミー戦の前に選択肢が出る。*1服従を選んでしまうとモンスターに変えられてしまう。PCE版とは治し方が異なるので注意。キースの事を忘れていると各地を奔走する羽目になる。
  • イベントシーンではドット絵キャラがくるくる回って動きを表現する。
    • 前年に発売された『FFV』を意識したものと思われるが、キャラクターの表情は変わらないため同作ほど喜怒哀楽がはっきりしているわけではない。
  • セーブ
    • ボス戦を除き、いつでもどこでもセーブが出来るので緊張感には欠ける。

問題点(SFC版)

  • 魔法剣
    • 魔法を使うたびに剣を持ち直すのに手間がかかる。ボス戦で必須というわけでもなく使わない人は使わない。ただしHP回復は有限なのでそれを差し引いても有用と言える。
  • ラスボス戦で、あるアイテムを使うと楽に倒せてしまう。そのかわり経験値1200は出ない。
  • あまり活かされていない要素
    • 特に新要素の状態異常だが、そもそも使ってくる敵がゲーム中ではわずか一体しかおらず、回復手段も一個しか持てない「ドク消し」だけ。当然防御する手段もなく、中途半端な存在となっている。あまり意味がなかったためか、PS2のリメイク版では削除されてしまった。
    • 珍しく画面の焼き付きを防ぐためのスクリーンセーバーが用意されている。しかし、そこまで長時間放置するという事はまずない。やはり微妙な要素だったため、次回作の『イースV』では削除された。

総評

  • トンキンハウスでイースIIIの要素が色々と再来するのではと危惧する声もあったがそれは杞憂であった。
  • SFC版IIIはちょっと…若しくは手に入らなかった人も取り残される事はないのでIとII特にファミコン版をプレイした人は本作を見かけたら手に取ってみよう。

余談

  • 翌月にはPCE版が発売される。共通点も多いがストーリー展開は大きく異なる。メーカーが違うと力を入れる個所も異なり単純に優劣は付かない、プレーヤーが何を求めるかで大きく変わるだろう。
  • 豪華声優とアニメなど派手に盛り上げた作品を求めるならPCEを。FC版を支持する人、原案に近いシナリオを望む人、エルディール、リーザのファンならSFCを選ぶと良いだろう。
  • その後の展開
    • トンキンイースは本作を最後に有終の美を飾った。続編の『イースV』は引き続きSFCで登場。しかもメーカーは本家本元からの発売であるが、SFC黄金期となると苦戦を強いられる事になる。