本稿では初出となるPC88版(判定なし)と、移植であるSFC版(劣化ゲー)・FC版(判定なし)・PS2版(クソゲー/劣化ゲー)を紹介しています。


ワンダラーズ フロム イース -イースIII-

【わんだらーず ふろむ いーす いーすすりー】

ジャンル アクションRPG
※画像はイース大全集収録のPC-88版
対応機種 PC-8801mkIISR以降
PC-9801VM/UV以降
X68000、MSX2
発売・開発元 日本ファルコム
発売日 1989年7月21日
定価 8,700円
判定 なし
ポイント トップビュー ⇒ サイドビュー
イースシリーズ

概要・特徴

イース』シリーズのナンバリング第3作。
『II』から3年後の話で、『I』と『II』に登場したドギの故郷フェルガナ地方でのアドルの冒険を描く。
レドモントの街から周辺の攻略ポイントをクリアしていく事でストーリーが進行するアクションRPG。

特徴

  • 従来のトップビューからサイドビューへの大幅変更。各ステージからレドモントの街に至るまですべて真横視点で描かれる。この変更はナムコの『ドラゴンバスター』を意識していると評された。
    • レドモントの街を出ると、広域マップ画面が表示されるので、その中から行きたい攻略ポイントを選択。奥に居るボスを倒していく。ストーリー進行と共に行動範囲が広がり、選択可能な攻略ポイントが増えていく。
    • なお、攻略ポイントから帰還する時はマップ画面には戻らず、レドモントの街へ直接帰還する。アイテム購入やイベント進行において有益なシステムである。
  • アクション性が高くなった分、難易度は『II』よりも高め。
  • ストーリー上、アドル(主人公)が過去作品と比べると発言が多め。
    • シリーズの他の作品では、プレイヤーの代役としてのいわゆる「喋らない主人公」という位置づけで、自分ではあまり喋らず、説明などはほとんど脇役が行っている(とは言え、アドルが喋る作品が他に無いわけではない)。

評価点

  • ごく普通に「横視点型アクションRPG」として見ればまずまずの良作。
  • スプライト機能の無いPC88で多重スクロールを実現。
  • BGMが非常に高いレベルでまとまっており、ユーザーディスク作成画面で流れている曲からして凄い。凄すぎて採石場深層の曲がトラウマになった人も多数。移植版は賛否あり。

問題点

  • 「こんなものは『イース』ではない」など、否定的な意見が目立った。
    • 開発時は『イース』シリーズとして作られていなかったのだから妥当な意見だろう。また、経営者と製作スタッフとの内部衝突が作品にも現れた代表例の一つであり、正式タイトルが『WANDERERS FROM Ys』(イースからの放浪者)なのも続編製作に否定的だったスタッフたちの姿勢の表れでもある。あくまでも「アドルの冒険」であって、『イース』との繋がりは否定したタイトルなのだ。
  • "魔法もクレリアも『II』の最後で全て封じられ、魔法の話はこれでお終い"となっていたはずが、どう考えても魔法としか思えない「リングパワー」などが登場し、前作との矛盾がどうにも苦しい。イース周辺の地域だけ魔法が消滅したということだろうか?
  • 一部で画面が見難い。
    • PC88で多重スクロールを実現したのは驚異的技術である。だが視界の開けた画面作りの意識は薄い。
+ 多重スクロールのオープニングデモ動画

  • 後発の移植作では画面が見やすいように改善されている。またSFC版のように文字が大きくなる等の改善が加わっているケースも。もっとも、これに関しては色の滲みや文字潰れの対策によるところが大きい*1
  • アクション性の高さを前面に押し出してはいたが、純粋なアクションゲームと比べるとそれなりに粗が目立つ。
  • これまでのシリーズ同様、レベルが1つ上昇すると劇的に攻撃力が上がり、受けるダメージも目に見えて減るピーキーなバランス。レベルを上げれば最終マップ以外はほぼ無双状態だが、逆にレベル上げを怠るとザコ敵相手でも一瞬で負ける。
    • シリーズのウリである「優しさ」が念頭におかれている事、また横スクロールアクションであっても本質はRPGで、レベル(と装備品)が重要でプレイヤーの腕はさほど必要としないデザインになっている、と考えることもできる。もっとも、本作は今までの『イース』から脱却するための、ある程度実験的な作品でもあったため、アクション面のチューニングまでは行き届かなかったのかもしれない。
  • ジャンプ下突きの攻撃力が高過ぎる。地上の雑魚はジャンプ下突きだけ行っていれば良いため、多くの場面で戦闘が作業的になりがち。
    • 移植版は総じて弱体化しており、ジャンプ下突き以外の攻撃も積極的に行う必要がある。
  • 一部のリングの効果が絶大すぎる。
    • 正攻法では攻撃を回避することが難しい一部のボスの攻略法として「プロテクトリングを使って敵に重なって下突きジャンプでザクザク刻め」と身も蓋もない事を書いた公式書籍がある。
  • 総合的に見て、成長要素のある横視点マップ攻略型剣術アクションとして比較しやすいのは、前述の『ドラゴンバスター』や任天堂の『リンクの冒険』あたりだろうか。これらに比べると、上述した以外にも剣以外での戦闘要素がほとんど無い、敵に攻撃した際のヒットバックが無い、ボスを除けば敵の弱点などが特に設定されていないなど、操作性、難易度の両面とも、練りこみがやや足りない印象が強い。逆に成長システムなどについてはシリーズを踏襲している分、目新しさは少ないが容易に理解できる。
  • ゲームの展開が単調。
    • 横視点のアクションゲームにありがちな敵の出現と行動の単調さ。
    • 当時のRPGに見られるレベルアップの鈍さ。
      • 移植版はレベルアップに要する経験値が少なくなり、レベルアップしやすくなっている。それに伴い最大レベルが12から16へと引き上げられた(MAXのステータス値に違いは無い)。
  • ストーリー面
    • 最初に出現するボスは存在も出現した意図も不明。なぜかアドル相手に「さあ、こい」という台詞。しかも鉱山の職人がアドルにした忠告が「倉庫には強い剣があり、あの剣があれば責任者を助け出せる、倉庫は縦穴の右上だ、急いでくれ」。いかにもとってつけたような印象がある。
    • しかも、その剣は武器屋で売っている上級の物よりは弱い。また、ストーリーで町長が行方不明という非常事態に武器防具屋などが協力してくれないのは…(多くのRPGに言えることであるが)。

総評

ストーリーに関して前作ほどの起伏や壮大さは無く、話としてはやや短め。前作までとの多少の矛盾に目を瞑ればまとまりは良い。
アクション性は向上したものの、家庭用ゲーム機やアーケード等のアクションゲームと比べるとやや見劣りする。
全体として悪い作品では決してないが、「イース」シリーズの続編としても横スクロールアクションRPGとしても当時の水準からして双方のファンを満足させる出来ではない。
総じて中途半端なゲームになってしまったことは否めない。


発売リスト・移植版の特徴

国内のみ。発売元が日本ファルコム以外の場合は発売年の後に注記。

パソコン

  • PC-8801mkIISR以降(1989年)…オリジナル。物語冒頭であるキーを押せば難易度の変更が可能(イージー・ノーマル・ハードの3つ)。売りである多重スクロールは、4Mhzモードでは簡易表示となる。
  • PC-9801(VM/UV以降)(1889年)…PC88版ベースの移植で、エンディングが400ライン描画となりBGMがループせず終了するのが特徴。他にもスピード調節・ユーザーディスク作成モード(さらに細かい設定も可)を実装。3つまでセーブが可能。
  • MSX2(1989年)…PC88版ベース。動作は非常に遅いがハードの限界に挑んだ1作。CPU負荷の高いFM音源は使われていない。唯一移植元が不明である*2
  • X68000(1990年)…本作からマイナーチェンジがなされたアッパーバージョンである*3。以降X68k版ベースはオリジナルのアッパーバージョンになっている。非常に滑らかな多重スクロールを実現しているのが最大の特長*4*5
  • Windows98~(2003年)…『VI』初回版の特典として同梱された『イース大全集』に収録、内容はPC8801用の復刻版。
    • 現在は上記の各PC版、後述のメガドライブ版、及び『イース大全集』がプロジェクトEGGで配信中。

家庭用

  • PCエンジン CD-ROM2(1991年、ハドソン)…家庭用初移植。唯一のPC88版ベースだがX68k版の要素も存在する。ハードでは出来ない多重スクロールをスプライトで擬似的に再現*6
    • CD-DAで奏でられるBGMや気合いの入ったオープニングは圧倒的だが、その分ゲームが始まったときの落差もやや大きい。
    • 2011年2月16日から、ゲームアーカイブスでも配信されている。
  • ファミリーコンピュータ(1991年、ビクター音楽産業)…X68k版ベース。ハード性能の問題で多重スクロールはしないが、動作は軽快。一部の曲の削除やマップの簡略化などもあるが、かなり頑張った移植。
    • スプライトに頼ったキャラ表示をしている為、敵の動きがチープ*7
    • あまり知られていないが、スタッフはSFC版と同じである*8
  • スーパーファミコン(1991年、トンキンハウス)…このページの下部を参照(劣化ゲー判定)。
  • メガドライブ(1991年、日本テレネット)…X68k版ベースだが、一部にPC88版の要素も見られる。
    • CGがほぼ無く、各シーンが人形劇っぽく見える点は若干気になる所だが、グラフィックやキャラの動きなどゲーム本体は全く問題無し。ちらつきなどもまず無く、動きもスムーズ。流石メガドライブ、スプライトに強いだけはある、とPCエンジン版の対極。
    • 『III』の家庭用移植作の中では一番出来がいいと評判だが、肝心の『III』自体の評価が低いのが極めて残念。
      • 北米GENESIS版のパッケージに描かれたアドルがすごい顔をしている事でも有名。後年連載された4コマ漫画「みんな集まれ!ファルコム学園」でもネタにされている。
  • プレイステーション2(2005年、タイトー)…このページの下部を参照(クソゲー/劣化ゲー判定)。

その他の違い

  • ラスボス戦
    • X68k版のところでも触れているが、「PC88版/PC98版/MSX版/PCE版」系と「X68K版/FC版/MD版/SFC版/PS2版」系に大別できる。個々の違いも少々ある。
      • 「PC88版/PC98版/MSX版/PCE版」系は形態1つのみ。
      • 「X68K版/FC版/MD版/SFC版/PS2版」系はまず両手を破壊しなければならない第1形態と、炎で攻撃してくる第2形態がある。
      • PS2版はグラフィックも攻撃も独自色が強い。
    • 例えば放電攻撃が「PC88版/PC98版/MSX版/PCE版」系ははじけて八方に即死級威力の弾が飛ぶのに対して、「X68K版/FC版/MD版/SFC版/PS2版」系は放電したまま体当たりなど、別物といっていいレベル。

リメイク版『イース フェルガナの誓い』


イースIII -ワンダラーズ フロム イース- (SFC版)

ジャンル アクションRPG
対応機種 スーパーファミコン
メディア 8MbitROMカートリッジ
発売元 トンキンハウス
開発元 アドバンスコミュニケーション
発売日 1991年6月21日
価格 8,800円(税抜)
判定 劣化ゲー(管理人裁定による)
ポイント 邪神アドル(旧称:モッコス
パペパプーBGMのはしり

概要

PC88で発売された『WANDERERS FROM Ys』(以下『III』)のX68000移植版をベースにしている。
X68kの長所と短所、SFCの長所と短所を合わせ持っている

特長(SFC)

  • ユーザー層に合わせたゲームバランスの調整。
  • 他の移植作と同様にレベルが上がりやすいように最大レベルを含め修正が施された。
    • 位置の微修正の行いやすさと下突きの攻撃力低下によって、アクション性は向上。

評価点(SFC)

  • 演出
    • FCからSFCに移行しており、オープニングでは一枚絵も豊富。拡縮機能を併用したアニメーション、顔グラが瞬きと口パクまで実装。フォントは漢字を採用、街中では多重スクロール、時計塔では歯車が動作するなどFCでは出来なかった仕様が多い。

賛否両論点(SFC)

  • シナリオ自体は原作に忠実。ただし本作独自の要素を求められると厳しい。

問題点(SFC)

  • X68k版と比べると攻撃パターンが簡易化されている。
    • 演出も簡易化され、アドルも一回り小ぶりになり一部の背景の書き込みが甘い。
    • 逆にX68k版はキャラパターンが一部省略され、アドルが逆向きの場合は反転描写。
  • 攻撃したまま降下すると下突きが使えない。
  • 全体的に耐久力が上がり敵の攻撃頻度も増えたため、難易度は移植の中でX68kと並びトップクラスとなり、ラスボスの強さはファンの間で語り草となっている。
    • 因みに難易度調整機能はなくなっている。
  • スプライトによる動きの軽さ。
    • 家庭用ゲーム機にありがちな体重を感じないチープな動きになった。
  • 導入されたイベントシーンのクオリティーが低い。
    • 作画崩壊が激しく、特にアドルの正面顔が非常に不気味だったことからPS2版発売以後は邪神アドル*9と呼ばれる羽目に。しかも鎧すらまともに描けていない。
    • ごく一部でレベルの高いCGがある。本当にごく一部だが。
  • PC版と比べると音源は弱い。ただ5~6chをBGMに使っている(残りはSE割り込み用)ので同時期のSFCソフトとしては標準的な範囲。
    • BGMの音色やアレンジの方向性が独特。ある曲のイントロが「パペパプー」と聞こえるとされ*10、その用語の語源となった。発売元の名を取って「トンキンサウンド」とも呼ばれている。ただ上記の開発元表記の通りトンキンハウス自身がサウンドを制作したわけではないので、トンキンが発注をして内容にOKを出した点を踏まえてもこの呼び名はあまり適切とは言えない*11
    • チェスターのテーマは最初は良いが後半になると崩れて来る。チェスターのイメージを損ねたとして評判が悪い。
  • 初期ロットの一部ロムで「タイトル画面からのロードを行おうとすると画面がブラックアウトしたままフリーズすることがある」と言うバグがある。
    • 必ず発生するわけではなく、しないこともある。発生する時は何度リセットしても連続で発生する。
    • タイトル画面からのニューゲーム及びゲーム中のコマンドウィンドウ画面からのロードは問題なく行える。このため、この症例が頻発する場合一度ニューゲームで開始後、操作可能な場面まで待つ必要があった。
    • 当時一部ユーザーがメーカーに問い合わせたところ、トンキンハウスはこの症例を認めず、交換にも応じなかった。
    • 該当ロムを別の本体で起動させたところ一度も症例が発生しなかったケースも報告されているので、SFC本体との相性の問題もあった可能性がある。

総評(SFC)

FC版より3ヶ月も前に発売されたSFC版『III』。
FCの性能では再現し切れなかった仕様が多数盛り込まれている一方で、難易度の高さやCG・BGMの残念さなど、本家から劣化している箇所も多いのが惜しいところ。


イースIII -ワンダラーズ フロム イース- (FC版)

【いーすすりーわんだらーずふろむいーす】

ジャンル アクション
対応機種 ファミリーコンピュータ
メディア 3MbitROMカートリッジ
発売元 ビクター音楽産業
開発元 アドバンスコミュニケーション
発売日 1991年9月27日
定価 7,500円(税別)
判定 なし
ポイント サイドビュー
SFC版の後に発売
ファミコン『イース』最終作

概要(FC)

FC版『イース』の3作目である。
展開されるストーリーは原作と同様である。
オープニングは、過去作の『I』と『II』を振り返る…『I』ではタイトル画像、『II』ではリリアは瞬きまで再現。
そして、「I」と「II」が合わさり「III」になる。
FC版の後にSFC版が発売されるのが一般的であるが、本作はSFC版の後にFC版というのは珍しい。

特徴・評価点(FC)

  • サイドビューアクション
    • 従来はトップ仕様だったが本作ではサイドビューの仕様になり、グラフィックも等身大キャラに、ゲーム性も剣を振るなどのアクションが追加。 それに応じて雑魚敵からして飛び回る、物を飛ばして来たり、大型など実に多彩。ボスに至っては大型ボスが動き回り色々な攻撃で猛威を振るって来る。
  • リングシステム
    • 能力を向上させたり、敵の動作を遅延させたり、色々な効果を持つリングを装備できる。その際はポイントを削りながら効果を発揮。
  • 緻密に描き込まれたドット絵。ファミコンのグラフィックとしては最高峰と言えるだろう。

賛否両論点(FC)

  • 原作準拠。良く言えば忠実、悪く言えば本作独自の要素がないと言える。
    • FCで原作に真正面から挑んだが、半キャラずらしで独自の仕様を打ち出しても良かったという意見はある。

問題点・劣化点(FC)

  • セリフの上にキャラがいると文字が遮られる。
  • 宝箱を取るとBGMの再生が最初からになる。
  • ボス曲が削減された。
  • ラスボス
    • 折角の専用曲が用意されているのに、通常ボスの曲に移行してしまう。ラスボス戦でラスボスの曲が流れてこないのはプレーヤーを落胆させた。もちろん、他の機種ではラスボス曲が流れて来る。
    • 開始時にいきなり降下して不意打ちしてくる。ひどい初見殺しだが1度覚えれば次回からは普通に回避できるようになる。このあたりもラスボスの威厳を低下させたと言える。
    • PAUSE中でもスクロールだけ止まらないのはおかしい。
    • 倒した際はフラッシュも激しくて目に悪い。

総評(FC)

『イース』シリーズは現在でも最新作が登場しており世界観は非常に広大なものである。
本作はFCの性能を限界まで引き出して『III』をファミコンに移植しようと色々と情熱を注力したのが伝わって来る。
それを以てしてイースの世界を再現するには足りない事を示した作品とも言える。

どうしても多重スクロール、漢字フォント、回転する歯車…それらをFCで再現出来ないのは仕方のないところであるが、ラスボスは本当にテストプレイしたのかと言われるとこ。
本作独自の要素も薄いのも相まってファミコンイースは竜頭蛇尾のような格好で本作で最後になってしまった。

もしファミコンにはこだわらず他の機種をお持ちならそちらの方で『III』を購入する事を薦める。


イースIII -ワンダラーズ フロム イース- (PS2版)

ジャンル アクションRPG
対応機種 プレイステーション2
メディア CD-ROM
発売元 タイトー
開発元 アクセス
発売日 2005年3月24日
価格 6,090円(税込)
判定 クソゲー
劣化ゲー
ポイント 邪神アドルの起源
明らかにミスマッチなキャラデザ
クインテットが作ったとは思えない糞BGM
PCEより長いローディングと操作性の低下

概要(PS2)

2005年にPS2にも移植された。
他にもタイトーは『IV』『V』の移植を発表しており、その第1弾として発売されたが…。

問題点(PS2)

  • キャラデザインが違和感を感じる非常に安っぽい物に。それだけならまだしも、設定とキャラデザインが噛み合ってないキャラも多い。
    • 例えば、エレナがメイド服だったり、落盤事故で足を負傷した町長が某ベルトアクションの市長みたいだったり、悪役の領主*12某食玩シールの天使の超ヘッドみたいだったりなど。
    • 初期に公開されたデザインの評判が悪く邪神アドルという蔑称が生まれるほどだった。
+ 画像
  • しかし差し替え後もイマイチな物に。
  • 恐ろしく改悪されたBGM。どうすればこのような音が出るのかと疑いたくなるようなアレンジ。
    + 参考動画
    • BGMアレンジはクインテットが担当したのだが、そう思えない糞音質。
      • クインテットはかつてPC88版のイースシリーズを手がけたスタッフが独立後に設立した会社である。何故オリジナルを最も知るはずの会社がこのようなことをしたのか…。
    • 重要な場面でカットされてしまったBGMもあればイントロ部分しかないBGMまで。
  • フルボイスになったものの、なぜかアドルにまでやたら渋いボイスがついた。これまではアドルが喋る作品はあるにはあったが、ボイスで喋る*13のは今のところ本作のみ。
    • それだけならまだしも、アドルを始め、起用されている声優はほとんど(当時)無名で、全体的に演技が拙い*14
      • 特にエレナの棒読みっぷりは聞くに堪えない。声なしの方がマシである。
  • オープニングはキャラと名前が表示されるだけ。動きがあまりにも少ない。
  • 高難易度のX68000版がベースなのだが、他機種と比べ恐ろしく低い難易度に。
  • 全体的にモッサリとしたゲームスピードに。
    • 攻撃モーションが改悪されたため走りながら攻撃ができなくなった。
      • 最強の攻撃法である下突きはほとんど使い物にならない。
    • マップ移動の度にローディング。ロード速度もコンシューマー初移植のPCECD-ROM2版以下。
    • 背景が一枚絵で、戦闘フィールドはろくにスクロールしない古典的な画面切り替え式。
      • 原作が多重スクロールがウリだったというのに…。
    • 更に街を移動する際もイチイチ移動ポイントを選ばなければならなくなりダッシュも出来なくなった。
  • 他にもことごとくカットされた部分がある。
    • 敵のHPグラフが廃止された。
      • ただし、ボスだけはHPグラフが表示される。
    • シナリオも省略された箇所がいくつか見られる。
      • しかも一部のボスまでカットされている。

評価点(PS2)

  • シナリオだけは、一部省かれているもののオリジナルをほぼそのまま使用しているため悪くない。
  • グラフィックそのものの出来は悪くはない。背景の書き込みなどもそこそこ頑張っている。

総評(PS2)

この作品は邪神アドルの起源となったグラフィック、明らかに堕ちたクインテットの改悪BGM、下突きを殺してしまうなどの操作性改悪、糞ロードという最悪の移植であった。
同年に本家ファルコムが原作の良リメイク『イース -フェルガナの誓い-』を発売したこともあり、満遍なく叩かれてしまうことになった。

ただし、初見のプレイヤーはオリジナル版が元々持っていた問題と、PS2版で手が入った要素を混同しがちなので注意。

余談(PS2)

  • またタイトーが懲りずにそれを携帯に移植した。
  • 『IV』『V』の移植も問題点があるがこちらは劣化移植の域を出ないだけマシである。
  • 初回限定版には一部の曲が収録されたサウンドトラックCD、序盤の攻略、PS2版『I』~『VI』を収納出来る箱が収録されている。
  • 発売の前にキャラデザだけではなく背景のグラフィックも書き直されている。
  • ジャンプの表紙裏に書かれた広告ではあきまんを起用した。
最終更新:2022年04月17日 19:25

*1 当時のコンシューマー機はRFやAV接続だったため、PCほど鮮明な画質ではなかった。

*2 …と言うのは匿名のスタッフロールがあるが故の誤解で。ディスク内の隠しメッセージで他機種版も含めたスタッフが判明しており、MSX2版の移植は畠山孝一氏が手掛けているが。以後のファルコム作品のスタッフロールでは見かけなくなった為、橋本氏らと同様に退社した模様。

*3 BGMの追加、本作やそれをベースとした移植はラスボスの動きが見直され、ハード性能を活かしアクション性が強くなった。

*4 スプライトによる動作の軽さは、裏を返せばキャラクターの体重を感じない軽薄な動きに成りがちで、PC88版のゲームを他に移植した場合はその補正を怠るケースも多く、軽いというよりもチープな印象を受けがちだった。

*5 X68k版では多重とはいえせいぜい地形と背景程度でPC88版のように3重4重スクロールまではしない。

*6 その為ちらつき・がたつきが多く目が疲れるのが難点。

*7 普通に立っているキャラクターの身長と同じだけある。

*8 スタッフロールを見比べると直ぐわかる。

*9 それ以前から某モッコスに掛けてモッコスアドルと呼ばれることも。

*10 『翼を持った少年』および『バレスタイン城』という曲のイントロ。バレスタイン城については下記のPS2版の参考動画を参照。

*11 この手の名称を考えた・使っている人はパブリッシャーとデベロッパーの違いをきちんと確認していない可能性が高いと思われる。

*12 『III』のリメイクである『フェルガナの誓い』では黒幕に踊らされた哀しき悪役に変更されたため混同されがちだが、『III』では自らの野心のために世界の征服さえも考えていた完全な悪役である。

*13 SEVENもボイスはあるが、戦闘中の掛け声のみなので問題はない。

*14 『フェルガナの誓い』もPSP版でアドルを除いてフルボイスとなったが、実力派の声優を多数起用しているため、批判の声はあまりない。