銀河の三人

【ぎんがのさんにん】

ジャンル RPG
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売元 任天堂
開発元 パックスソフトニカ
発売日 1987年12月15日
定価 5,000円
判定 なし
ポイント 孤軍奮闘系・悲恋オチ
商業的にはズッコケ


概要

エニックスが1985年にPC-8801等で出したパソコンゲーム『地球戦士ライーザ』をファミコン用に大幅にアレンジした作品。
「ライーザ」とはロボットの名前であり、プレイヤーがこれを駆り外宇宙からの侵略者「ガルム」と戦う、という内容のSFRPGである。
パッケージイラストが何故か永井豪でゲームのイメージが却って伝わらなかったこと、発売日が『ファンタシースター』、『ウィザードリィ』、『ファイナルファンタジー』と『ドラゴンクエストIII』に挟まれていたことで、商業的には失敗に終わった。
また、任天堂の当時の作品としては珍しくTVCMが全く打たれず、雑誌広告などもほとんど出なかったこともその要因であろう。
ちなみに、パソコン版のほうがより情勢的には厳しい設定となっている。(主人公たちが最後の実戦部隊生き残りであったり、途中で要人が次々と死ぬなど)

  • FC版のキャラデザを担当したのは永井豪。オリジナル版の、80年代SFアニメによく見られる感じ(「マクロス」などに近い)のキャラクターたちと印象が変わりすぎている。
    • ちなみにオリジナル版のグラフィッカーは『オプーナ』でおなじみの眞島真太郎*1。当時の画風は『オプーナ』と大きく異なるので、今の人間が「オプーナ」と聞いてそっちのネタを期待して飛びついても意味はない。

特徴

  • 3人パーティー制のゲームであるが、ヒロインにあたるリミは地球から超能力でプレイヤーをサポートするという設定で、直接戦闘は主人公とパートナーのブルーが行う。
  • 序盤は太陽系が舞台となり、最初は月へ向かったり、火星、金星、天王星等を探索する展開もある。しかし後半になるとガルムの本拠地である銀河系が舞台となる。
    • 宇宙ステーションも存在し、補給を受けたりウラン(お金)とアイテムを交換する事も出来る。
  • 戦闘では弾数無限だが威力が小さいビーム、拠点などで弾の補給が必要だが命中率が高く強力なミサイルの2種類の攻撃を使いこなして戦う。
    • 敵は常に1種類だが、最大で9匹登場。こちらの攻撃は常にグループ攻撃扱いになり、敵の数が多いと威力が分散される(敵数で割り算)。そのため、攻撃対象を数匹に絞る代わりにダメージを多くできる1WAY/3WAYの攻撃オプションを道中に入手出来る。
    • ミサイルを選択した場合、使用する量を設定して一度に撃ち込む。撃ち込んだ回数分ダメージも跳ね上がるので戦闘における切り札となる。
    • プレイヤーが成長するにつれて敵も強力になるシステムをとっており、かつ、ストーリーを進めない限り一定のところで成長が頭打ちになる。
      • そのためレベルを上げまくってゴリ押しは出来なくなっている。レベルアップでの能力上昇はMAXHPのみで、リミがいる場合はMAXSPと新ESPも覚える。上昇幅は固定で、運の要素はない。
      • このため、戦闘能力の底上げには途中で見つかる各種アイテムが重要な役割を果たす。
    • 戦闘から逃げるには「通常」と「跳躍」といった方法があり、「跳躍」は確実に逃げ切れるがHPを消耗する。「通常」は追い付かれる可能性はあるが逃げ切れると消費無しで戦闘を回避できる。
      • ダンジョン探索中は「通常」の方法でしか逃げられない。
      • 「跳躍」も万能ではなく、敵の「ワイヤー」で捕まった場合は使用できないし、一部の敵の場合は跳躍後でも追い付いてくることがある。
  • ボス戦では到着時には攻撃が届かない為、一方的に攻撃を受ける羽目になるが、それを何とか耐え凌ぎ、射程に入るまで接近する必要がある。
    • 攻撃を凌ぎながらボスの射程に入って、持ちうるミサイルをすべてぶっ放す瞬間はこのゲームでも屈指の手に汗握る展開でもある。
  • 宇宙空間は特殊な独自の移動方式を採用。
    • マップ上で目的を設定すると、そこまでの直線移動距離が提示される。その距離を、ブースターで跳躍して移動する。ブースターはゲーム中に入手することで増えていく。
    • 例えば、20の距離で、ブースター設定が2であれば、10回跳躍することで目標地に到達できる。跳躍の度に、ランダムで敵とエンカウントする。
      • ブースターは最大8個まで使用可能。使用する数を増やすほど少ない跳躍で目的地にたどり着けるが、HPを消費してしまう。使用量が少ない場合はHP消費はないが、跳躍回数が増える分エンカウントの確率も増えるため、一長一短ではある。
  • 一方で、各惑星では、サイドビューの一般的な2Dダンジョンとなる。

評価点

  • 主人公の相棒のブルーが戦闘中本当によく喋る。主人公の攻撃ミスや敵の変な行動などに突っ込みを入れたり、挑発してくる大ボスに対してやれるもんならやってみろとばかりに見得を切ったりする。
    おかげで、戦闘要員がたった2人という絶望的な状況をやわらげてくれる。
    • 「イヤーはずしちまったぜはっはっは!」と笑った挙句に反撃で宇宙の塵にされた場合はイラっと来るが
    • 同じく仲間キャラのリミも戦闘には直接参加しないが、ESPで大いに助けられるし、イベントでも存在感がある為、愛着が沸きやすい。
    • レベルアップすると通信が入り、主人公、ブルー、リミの三人のミニイベントが挟まるなど画期的な演出もある。
  • テクノポップバンド「イエローマジックオーケストラ(YMO)」の高橋幸宏が本作のBGMを担当。戦闘BGMが、代表ナンバー「ライディーン」に類似している。
    • 戦闘BGMはイントロと音程が違うだけで雑魚戦ボス戦全て同じメロディであるが、それでも音楽自体が非常にかっこよく、どのシチュエーションにもあっている。

欠点

  • 主人公とブルーのどちらがやられても敗北扱いで、強制的に本拠地に戻されてしまう。
  • HP回復アイテムの「エネルギーパック」は所持制限が9と厳しく、全回復するわけでもない。エネルギーをケチって回復する場合はリミの超能力に頼ることになるが、彼女のESPは拠点に戻らないと回復しないためこちらもやりくりが難しい。
    • しかも、最大レベルの40でもMAXHPが敵の攻撃力に比べ低め(274)であり、打たれ弱いのも拍車をかけている。
  • ラストダンジョンはだだっ広い、ダメージゾーン多い、敵強いの3重苦が待ち受けており、そこで難易度が急騰する。
    中でも頑丈・攻撃力高い・数が多いし仲間も呼ぶ・回復さえする…というゲーム中最強のザコ・ガルバンゴルからの撤退失敗→全滅はお約束であり、別な意味での鬱要素となっている。
  • このため、雑魚エンカウントを少なくするテクニックが多用された。メニュー画面を開いて閉じた後の数歩はエンカウントが発生しないので、開いて閉じる→少し進む→開いて閉じる…の繰り返しで無理矢理進む事が出来る。裏技的だが実質必須(使わない場合は、運がかなり絡む)。この技と最終兵器のイカロス砲の併用でどうにかクリアは達成出来る難易度に持ち込める。

鬱要素

+ ネタバレ注意

主人公とブルーは月での調査任務で、記憶を失っていたリミを発見する。地球から主人公たちをサポートするうちに、リミは(積極的にアプローチしてきていたブルーよりも)主人公を愛するようになっていく…と途中まではありがちな話ではある。
が、ラストでは主人公たちがバラバラになるという衝撃の結末が待っている。

ガルムの帝王を長年守護し続けた、無敵を誇る6本脚の悪魔、ガルジャッカ三体。それもリミの「あい」の力によって倒され、ついに主人公たちはガルムの帝王、ウェライと対峙する。
しかしビームが全く通じない。苦しい戦いの中、リミのペンダントに光明を見出すが、一瞬の隙をつかれてペンダントを取り上げられ、帝王の強力な念力に包まれてしまう。
ここでウェライを倒すためにブルーが犠牲となり、その直後にリミが帝王の妹であることが判明する。
ガルム達の目的は滅んでしまった故郷の代わりとして、第二のガルム星となりえる惑星を探すことであり、その対象に地球が選ばれていた。
規律を乱すもの、「愛」「友情」といった感情を捨て去ることで鉄の掟を守っているガルム人。その統制は凄まじく、「愛」を抱いた瞬間にガルムウイルスを発生し、存在を消滅させられてしまうように遺伝子操作されていたのだった。ガルム人であり主人公を愛してしまったリミは、すでに発病寸前の状態に陥り、しかもウイルスは地球を死の星に変えるほど強力なものであるという。
いつか3人で行った思い出の浜辺で銃を向け合い、愛し合っていながら望まぬ命のやりとりをしなければならない2人。銃声が響き、主人公の手にかかってリミは死んでしまう。
直後リミの銃を調べると、トリガーがロックされていた。リミは最初から死ぬつもりでいたのだ…。
最後に残った主人公が、死んでいった仲間を想い独白するシーンで終わる。
余談だが、パソコン版では成人女性だったリミが子供のグラフィックになってしまったため、恋愛のくだりに若干の違和感が出てしまっている。

作品中結末に向けてのフラグが随所に存在しており、前半のギーパディンとのやり取りや通信でのブルー関係の事柄などが結末へと繋がっている。

  • しかし、ヒロインのウイルスは発病するまでに結構時間があったため「主人公が地球に帰還するまでの間に、リミを地球から退去させれば殺さなくてもよかっただろ」という批判が昔からあり評判は良くない。
    • ただ、主人公の「その記憶を忘れてくれないか」という問いに対しリミは「ガルム苦難の記憶を忘れるわけにはいかない」と明確に拒否している。すでにガルム人として死ぬことを決意していたと考えれば、「わざと退去しなかった」という解釈も成り立つ。心情を察すれば仕方のないことと言えるかも知れない。
      • PC版の場合、リミは明確に「私をこの銃で撃って。愛を永遠にして…」と言っている。おそらくファミコン移植にあたって低年齢層でも理解できるように表現を直したものだと思われる。
  • また、ガルムの掟についても「愛してしまった当人が死ぬだけならまだしも、星ひとつを巻き添えにしてしまうようなウイルスを撒く様に遺伝子操作なんてしてどうするんだ?」という疑問がある。愛は病気のように伝染するものだから、周りにいるすべてのものを生かしてはおかないということなのだろうか。たとえ、地球以外に星を見つけられたとしてもウイルスのせいでまた滅んでしまうと思うのだが…。
    • ちなみに、「友情」というものを知ったギーパディンは自爆しているが、ウイルスは撒いていない。
  • 皇帝の妹という高い立場にいたリミが何故記憶を失い月の脱出ポッドにいたのか、そしてガルム皇帝を滅ぼしてしまうような反ESPのペンダントを何故身に着けていたのかなど、細かい謎については不明のまま終わる。
  • リミのESP「あい」を使わずにガルジャッカを倒すことは、チートを使用しない限り不可能。つまり、クリアした場合リミは必ず「愛」を抱いている状態になる。穴も多いストーリーではあるが、この辻褄合わせは見事である。

総評

バランス取りがシビアで、ラストダンジョンが飛びぬけて難解という状況からクソゲー扱いされる向きもあるが、それと張り合えるくらいの魅力は持っている作品。
結末の鬱さは確かに賛否分かれるところだが、『アスピック』などのような後味の悪い結末ではなく、明確に悲劇として綺麗に幕を下ろしている、とも言える。

余談

  • 敵を破壊した際に稀に「ガルムの抜け殻」「ブルーの藁人形」「カップラーメン」といったアイテムを入手出来るがブルーに捨てられてしまう。抜け殻はともかく、あとの二つはとてつもなくシュール…
最終更新:2020年07月31日 20:38