水瀬名雪


「朝~朝だよ~朝ご飯食べて、学校行くよ~」

プロフィール

Key製作のゲーム『Kanon』の準メインヒロインおよびその同人ゲーム『Eternal Fighter Zero』に登場するキャラクター。名は「みなせ なゆき」。
誕生日:12月23日 血液型:B型 身長:164cm 体重:47kg スリーサイズ:B83/W57/H82
主人公の相沢祐一とはいとこ同士。クラスメイトの美坂香里とは親友で陸上部の部長。
父親は既に他界していて、祐一が同居するまでは母親の秋子さんと二人暮らしをしていた。
のんびり屋でおっとりしたやや天然系の性格だが、他のヒロインはもっと天然だったりするためむしろ常識がある方と言える。
普段の行動からトロそうに見えるが実はマラソンで地区大会優勝するぐらいの実力者。でもやっぱり普段はトロい。
ちなみにロリっぽい絵柄にごまかされやすいが、身長も164㎝とギャルゲー界の妹分キャラとしてはかなり大柄である。
(参考までに言うと、大人キャラの秋子さんや『ONE』の先輩枠である川名みさきといった、長身イメージのあるキャラが身長165㎝で彼女とほぼ同じである)。
低血圧のため朝に弱く、目覚まし時計をいくつも持っているがまるで効果が無い。
また、朝弱いだけではなく授業中や歩きながら、果ては食事中でも寝る。
猫が大好きで、猫を見るとキャラが変わるほど(京アニ版では特に顕著)。
でも猫アレルギー持ちなので猫に触るとくしゃみが止まらなくなる。そしてそれを自覚していながら猫に触りたがる。
好きなものはイチゴと秋子さんの作ったイチゴジャム、フサフサしたカエルのぬいぐるみ。
でもオレンジ色の特製ジャムはトラウマ級の苦手。本物の蛙も気持ち悪くて苦手。
特技は料理、その他家事全般も一通りこなせる
中の人は國府田マリ子川上とも子?彼女が演じたのはこっち

+原作ネタバレ
性格や所有属性はさておき、『Kanon』では唯一の普通(?)のヒロインである。
他キャラのシナリオが奇跡だなんだと非日常を描いた物となっている中、
彼女のシナリオは祐一と試験勉強をしたり、普通に学園生活を送ったりと、正に日常的なストーリーになっている。
これは超展開揃いのシナリオの中に敢えて普通のストーリーを入れる事で、導入編的なシナリオにしてるためとかなんとか。
おかげで唯一他キャラのシナリオになっても本人に死亡フラグが立ったりする事もない。
一応名雪ルート限定で、秋子さんが交通事故に遭って重体になったりもするのだが、『Kanon』唯一のパッと出である上、
他のルートだと食事に行ったり風邪をうつされたりして行動が変わるためか、勝手に回避される。

幼少期から祐一の事を好きだったのだが、彼が別の子が好きな事を元々知っていたため告白する事ができず、
勇気を出して告白したと思ったら、よりにもよってあゆの事故直後という最悪のタイミングとなってしまったために、祐一を怒らせてしまった過去がある
(この時、祐一にあげようとした雪ウサギが彼女のルートでのキーアイテムとなる)。
それ故に自分の恋は(未練はあるものの)既に半ば諦めており、基本的にほとんどのルートで一歩身を引いた立場で行動するため、
パッケージ絵でもあゆとダブルヒロインっぽく描かれているにも関わらず、全体的に地味な扱いになってしまっているのが悩みの種。
ただでさえ自己主張の激しい連中が多いこの物語の中では、下手をすればキャと同程度かそれ以下の扱いとも言われていたりする。
事実、2度アニメ化されたにも関わらず、どちらの版でも他のヒロインに比べて扱いは酷い。
特に東映版は、他のヒロインは全員きちんと攻略されているのに 名雪1人だけ忘れら去られる という冷遇振り。本人も「一度も自分のこと見てくれなかった」と言っている
さらに電撃から出ているコミック版では、途中までは祐一と共に主人公だったにも関わらず、
最後の あゆ編でほとんどハブられているという不遇振り (しかも 名雪編はない )。正にヒロイン(笑)
まあ、京アニ版放送時に角川から出たコミック版では、1巻全部が名雪編(おまけ除く)で、2巻で残りの4人の話…と逆に優遇されているが……。
作画担当者の霜月絹鯊氏が自他ともに認める名雪好きなので、愛だよ、愛という奴であろうか。

尤も、彼女の場合死ななきゃ安い他のと異なり、「祐一と結ばれなかった事そのもの」が問題となっているため、
『Kanon』本編をどのように解釈しても「祐一が名雪を選ばない限り、開始時に抱えている問題を諦めるしかないヒロイン」である上に、
水瀬家の住人であるが故に退場させるわけにもいかないので、あまり掘り下げる事ができないという事情もあるのだが。
何? 他の全員を助けてから祐一と結ばれればいいって?既に哀しみを背負った正当伝承者相手にそれは無理かと……。

その半面、変に超常現象が絡まない普通のヒロインとして人気が高かったりする。
自分の想いを押し殺し、他のヒロインのために奔走する主人公を見守る健気な姿は、まさしくヒロインの鑑と言えるだろう。
尤も『Kanon』で病まれたら話が成り立たないし、周囲が不死身の化け物死にかけの両極端なので、ただ待っているだけで良いわけなのだが。

二次創作では、水瀬家の住人で学校でも同じクラスなので、誰とでも絡める事、
他のシナリオでサブキャラとして機能する事(特にあゆシナリオ)、本人のシナリオが「恋愛」「日常」に重点が置かれている事などから、
学園や家での日常の描写、真琴やあゆが加わった水瀬家でのホームドラマ系ギャグ、
本人が主役の時は純粋な恋愛ものや、他のヒロインに対して抱く複雑な感情の描写など、あらゆるジャンルで出ずっぱりであり、
下手をするとギャルゲー史上最も二次創作が作られたキャラなのでは…とすら思える程の凄まじい数がある。

+紳士的余談
彼女の場合目に見えた問題を抱えておらず、シナリオが日常そのものであるため
これといった特別な意味付けも無く、ごく自然に事に及ぶ展開になる。
よって、『Kanon』の中でただ一人件のイベントを回避できないキャラだったりする。
しかし、その直後に秋子さんが交通事故に巻き込まれるため、結果としてその絆は二人を支える事となる。
……秋子さんが薄々勘付いていて、そのせいで注意散漫になって事故にあったとか、
その力を見極めるべく試したとか考えてしまうのは何故なのだろうか?
……にしても初めてが後ろからってのはマニアック?だーまえ担当のヒロインは外ですよ?

二次創作では、上記の理由から18禁での需給もかなりあり、18禁版ごく普通な日常描写(あらゆる意味で)も多く描かれている他、
学校なら香里とだったり、家だと秋子さんのオマケだったり、あゆに押し負け気味で同時攻略されていたりと様々である。
尚、本人が主役の場合、夜寝るのが早い一方ルートに入ると朝強くなる事からか、どういうジャンルでも夜より早朝の方が多かったりする。
……原作じゃ夜にやってただって?気にするな!

ちなみに容姿も人気の一因だったりするが、実は企画段階ではあゆと名雪の姿が逆だったという逸話もあったりする。
さらに原作シナリオライターの書いた別の小説では、秋子さんとあゆの母親には親交があり、互いに娘の名前を交換したという話があったり。
つまり、一歩間違えば「水瀬あゆという名のダッフルコートを着た幼馴染み」と、「月宮名雪という名のタイヤキ泥棒」が生まれていた可能性が……。
なんなんだアンタら

また、献身的な幼馴染み・猫好き・やや天然だが苦労性と、名雪の個性が『ONE』の瑞佳とだだ被りしていたため、
急遽超寝ぼすけで朝に弱いという事に変更されていたりする(初期設定では起こしにくる側で完全に被っていた)。
記号被りを回避するためにしょっちゅう寝惚けているようにされたとか、そんな酷な話はないでしょう…。
……まあ本人のルートに入った途端、今までの寝ぼけぶりが嘘のように起こしに来るようになるのだが。


Eternal Fighter Zero』での性能

朝起きたばかりらしく、パジャマ姿で目を瞑って寝ながら戦う。通称「寝雪」。

特殊技「イチゴジャムおいしい」でジャムを食べる事によりパワーアップし、様々な恩恵を得る事ができる。
全てを書き出すと膨大な量になるので書かないが、
  • 空中ダッシュが最大三回までになる
  • 空中ダッシュに攻撃判定がつく
  • 通常技の発生フレームが早くなる
  • 必殺技が増える
  • 通常技、必殺技のヒット数が増え火力が上昇する
  • 移動スピードが速くなる
等。これらの恩恵は非常に大きい。最大9個まで食べる事ができるが、この状態の寝雪は全キャラ中最強の性能を持っている。
ダウンするとジャムが一個減ってしまうので、立ち回りは慎重に。ジャムが減ると切り返しの択も減るため、
ダウン→ジャム減る→起き攻め→ダウン→ジャム減る→起き攻め→ダウン……となると死亡フラグが立つ。
地上牽制技は使いにくいが、空中の技の判定は非常に強い。
また、ダッシュなどを利用したシンプルかつ強い崩しを持っており、起き攻め能力も高い。
火力に関しては、画面端のノーゲージ青ICコンボや中央での2ゲージ青ICコンボで7~8割、
FMと青ICを絡めたコンボなら即死させる事もできるなど、全キャラトップクラス。
それを抜いても火力は高く、中ころループなどでごっそり減る。この辺りを評価されたか上位キャラと言われる。
しかし、各技とダッシュの癖が強く、ジャムの個数による状態を全て把握しなければいけないので非常に操作が難しい。
ランク的には中堅上位~上位だが、基本的に上級者向けとされる。

ちなみにエタニースペシャルの名前が超級だおー電影弾
見た目がそのまんまキングオブハートのアレである(ちなみに単体で撃つ方ではなく師匠との合体攻撃の方)。
コマンドが「強236236」と特殊なので出すにはコツがいるが、発生が早いため、色々な状況からICで繋がる高性能技となっている。

参考動画
普通にやるとこうなる
隠しキャラ・ジャム0名雪。素人は真似してはいけません。

またいくら何でも寝惚けているだけなのはあんまりだという要望が多かったためか、
『MEMORIAL』で「水瀬名雪(起)」、通称「起名雪」「名起」と呼ばれるバージョンが追加された。
こちらは陸上部部長という特徴を活かした脚力=キック中心のキャラ。

ゲージを絡めた高火力コンボと全キャラ中最速クラスの地上ダッシュがウリ。
しかし崩しからダメージが取りづらい、通常技対空ができない、切り返しが微妙と不安要素が多い。
ただゲージさえ溜まれば8割コンボなどを仕掛ける事も可能。通常火力も高いため、事故狙いでがっつりダメージを取るキャラ。
このように相手の事故に依存した戦い方しかできないため、神尾観鈴水瀬秋子と並んで弱キャラとされる。

しかし寝てる方が強いとは……なんという睡拳使い。

参考動画

なお、猫好きが高じたためか、どっちのバージョンでも時折猫化している。

+EFZ以外での水瀬名雪
最近『EFZ』ではない名雪がいる事が判明した。
果たしてこの名雪がMUGENに登場する日は来るのだろうか…。

余談だが、遥か昔に名雪(と秋子さん)をラスボスに据えたツクール製ゲームがあった。
そちらでも寝雪verと名起verがあり、最初のボスとして寝ている方と戦い、ラストバトルに名起と戦う事になるのだが、
道中聞く「絶対ナユキの眼を開かせてはならない」とか、どこの処女宮の黄金聖闘士かと言わんばかりの設定になっている。
尤も、そのゲームは北川がシャイニングフィンガーを使ったり毒電波で名雪達を操ったり、デスマスクがジョー東にやられたり、
『PSO』のアイテムが出て来たり、主人公がサマトルリアの王子だったりと色々カオスだが。気になったら「YsX」で検索してみるといい。

また、彼女がメインを貼る『Kanon Morgenrote Entwicklung』なる同人RPGも作られていたりする。

色々と愛されているキャラの証左…なのだろうか?


MUGENにおける水瀬名雪

寝雪、起名雪共に複数存在するが、起名雪の方がバリエーションが多い、AIのある寝雪のデビューが遅かった、
「雪使い」「破天弾」等がタッグやチームのネタとして使いやすい事などから、起名雪の方をよく見かける。
+「破天弾」ネタに関して(男女タッグ要素含むため注意)
よく勘違いされるのだが、彼女の技の元ネタは「地対空フリーザー」の名の通りグラントの「魔神破天弾」ではなく、
ケビンの「ガトリングフリーザー」である。ビンゴォ! モーションもよく見ると回し蹴りではなくハイキック。
やたらと誤って広まってしまっており、タッグ大会においてもグラントと組み、「ダブル破天弾」等の名前で出場しているケースが多々見受けられる。
なお、2016年現在でも使われている辺り、今更の訂正は難しいと思われる。
…が、だからと言ってこれらのネタへの過度な否定・批判をするような行為は慎むべきである。
これに限らず、誤用ネタや男女ネタはMUGENにおいて非常にデリケートな話題なので、これから扱う場合には注意しておく事。

寝雪

+月の剣氏製作 原作準拠
  • 月の剣氏製作 原作準拠
現在はinfoseek無料HPサービス終了に伴いサイトが閉鎖され、正規入手不可。
性能は概ね原作通りだが、インスタントチャージとリコイルガードは未搭載。
無印ベースなので、「なゆちゃんキック」やファイナルメモリーは無い。
AIは未搭載。

+ふるれ氏製作 原作再現
  • ふるれ氏製作 原作再現
EFZアレンジ東方キャラの製作で知られるふるれ氏によって作られたもの。
こちらも原作再現仕様で原作の要素は一通り実装されている他、オマケ要素として12pカラーで選択すると強化版の金カラーになる。
なお、大ポトレが異常にでかいのも原作仕様である。
2019年のYahoo!ジオシティーズ終了に伴いサイトが消滅してしまったが、改変・転載自体は自由との事。
現在はhamer氏が代理公開している他、「MUGEN初心者用簡易AI講座」からも入手可能。

AIは特に名乗る名の無い流れ者氏、eruk氏、shao氏のものがある。
流れ者氏のAIは、体力減って3ゲージだと立強から「超級だおー電影弾」に繋げてくる。
まともに喰らうと8割近く持っていかれるので油断は禁物。

eruk氏のAIは、AIレベル・ガードレベル・RGRCレベル・ループ使用回数等の細かい設定ができる。
氏曰くβ的な出来だそうだが、ジャム8個以上最大でノーゲージで5割近いダメージ+ゲージ約3本回収する低空ダッシュループや、
超反応で繰り出されるファイナルメモリーのおかげで、現状でも結構強い。
ただし、対応バージョンが古いため、所々挙動がおかしい(二段ジャンプが透明化、空中ダッシュのけろぴーが 名雪になって画面外に落ちていく など)。

この他に、郡民氏によるボイスパッチが公開されている。

+Digoxin氏製作 名雪ちゃんremix
  • Digoxin氏製作 名雪ちゃんremix
初の寝雪改変。今までは起名雪の改変が先に作られていたが、2014年にようやく公開された。
搭載されている技は本家と大幅に異なっており、どこかで見たような技が大半となっている。
「いちごジャムおいしい」は1発分のアーマー状態になり、使う度に回数が増える。
その他AI、攻撃、防御レベル、初期ジャム数など幅広い設定が可能で、凶から準神クラスまで変化する。

起名雪

+586氏製作 原作再現
  • 586氏製作 原作再現
基本的に原作再現仕様。技性能がアレンジされたEXモードも実装されている。
+EXモードの変更点
  • 2Bの判定強化&硬直減少
  • 2CがノーマルモードのV字型スラストに
  • V字型スラストが当身技の「カウンタースラスト」に変更
  • 「サマーソルトスパイク」が空中でも出せ、さらに追加で叩き落としが出せる
  • 「スーパーなゆちゃんキック」が削除された代わりに、サマーソルトスパイクを連発する「サマーソルトストライク」が追加
など。

eruk氏による外部AIも公開されているが、最新版には対応していないので注意。
地対空フリーザーの方にゲージをよく使うためあまり狙わないが、雪兎→V字型スラスト→雪兎のループを決めてくる。
EXモードには未対応だったが、後の更新で対応された。
ちなみに、12Pで選択するとゲージ常時MAXになり、氷結ループで10割余裕でしたなんて事も。

2013年10月10日には、本体最新版に対応したshao氏のAI改変パッチが公開された。
11段階にAIレベルを調整可能な他、リコイルレベル、氷結ループON/OFFなどが設定できる。
サウンドファイルはボイス入りだが、声無し版も同梱されているので設定はお好みで。

また、ニコろだにてボイスパッチが公開されていたが、現在は入手不可能。

+EL氏(エル氏)製作 原作再現
  • EL氏(エル氏)製作 原作再現
こちらもほぼ原作再現。
現在は2016年のフリーティケットシアター終了によるサイト消滅で入手不可。
586氏の名雪との違いは、ポートレイトとRFゲージの位置(画面下側、586氏のものは画面上側だがconfigで変更可能)。
AIは未搭載。

+rakurai氏製作 氷の少女名雪(G名雪)
  • rakurai氏製作 氷の少女名雪(G名雪)
凶~神キャラアレンジされた名雪。元々はプライベートキャラの1人だったが、アンケートによって選ばれ公開された。略称は「G名雪」。
起名雪には他のEFZキャラのような凶や狂クラスのアレンジキャラが存在していなかったのも製作理由の一つだとか。
製作者が同じ孤独な美凪さん同様に性能が大きく強化されており、1Pでもエルクゥを倒せるほど。さらに瀕死一撃必殺技も存在(BGM:regrets)。
2P以降は特殊カラーとなっており、様々な強さを選ぶ事が可能。
強さ的には1P~4P:凶~狂で5P~8P:狂中位~狂最上位、8~10P:神下位、11P~12P:神中位~上位となっている。
試合中に留まらず、試合前イントロや勝利演出において、ケロピーが色々な意味で活躍するのも見所。

+大会ネタバレ
狂以上神未満チームトーナメントでは6Pカラーで副将(狂上位枠)として出場。
全画面オーバーフローのグラシアルスラッシュで並み居る狂上位を蹴散らし、チームを優勝へと導いた。

第二回 ワンチャンアレバカテルー大会では、前大会よりもコンボが安定している事から安定して永パを決めていき、決勝戦まで生き残る。
半蔵相手に両者白熱した高度な無敵合戦の末、見事通算2回目となる優勝に輝いた。

+青っぽい猫氏製作 GG風アレンジ
  • 青っぽい猫氏製作 GG風アレンジ
GUILTY GEAR』っぽいシステムで製作された名雪。
4ボタンでFRC、RC、バースト、直ガ、ダッシュキャンセル、ガーキャン、スパキャンなどが搭載されている。
AIは未搭載だが、sekt氏による外部AI(4段階にAIレベル調整が可能)と、K2氏によるボイスパッチが公開されている。

+sudara13氏製作 A(アナザー)名雪
  • sudara13氏製作 A(アナザー)名雪
EFZをベースに、技の入れ替え等大幅なアレンジが施された名雪。
rakurai氏のG名雪とは語感が似ているが、別物なので混同しないよう注意。
性能面ではVスラストを除く必殺・超必殺技がオミットされ、オリジナルの技に置き換えられている。
RFゲージの回復速度が早い、ICの補正が100%を超えてもダメージが増加し続けるなど全体的にアッパー調整。

AIはデフォルトで搭載されており、飛び道具やエリアルコンボで積極的に攻めてくる。
5段階のAIレベルに加えて、RFゲージMAXスイッチ等様々な強化スイッチが用意されている。
デフォルトの設定では凶クラスだが、AIレベル5、かつ強化スイッチ全てONだと狂クラスと互角に戦える。

+kinomiya氏製作
  • kinomiya氏製作
新たに公開された3体目の狂クラス改変。
現時点では狂中位でまだ未完成であり、今後の更新で技など大きく変化する予定との事。


出場大会

+...
+水瀬名雪(寝)

【水瀬名雪(寝)】

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結
削除済み
+水瀬名雪(起)

【水瀬名雪(起)】

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結
削除済み
非表示
+G名雪

【G名雪】

シングル
タッグ
チーム
その他
更新停止中
凍結
削除済み
+A名雪

【A名雪】

更新停止中
凍結
削除済み

出演ストーリー

プレイヤー操作