ロボットポンコッツ2 リングバージョン / クロスバージョン

【ろぼっとぽんこっつ つー りんぐばーじょん / くろすばーじょん】

ジャンル コミュニケーションRPG
対応機種 ゲームボーイアドバンス
発売元 ハドソン
開発元 ウィル、レッドカンパニー
発売日 2001年9月13日
価格 各5,200円
判定 なし
ポイント 前作から大幅に改変
キャラデザはいくつか改善されたが…
ロボットポンコッツシリーズGB - N64 - GBA

概要

GB版で一定のファンに好評を経て誕生した続編。プラットフォームも当時最新機種のゲームボーイアドバンスに移行した。
『ポケモン金銀』→『ルビー・サファイア』と同じく、こちらも旧作からの連動機能は存在しない。好評だった赤外線通信機能もオミットされた。

ストーリー

前作にてポロンボ島最強のロボポン使い「グレイテスト1」となった主人公ユースケ。
今度は、コビック大陸にて世界にいる七人のグレイテスト1を集め、その最強の座を決めるスペシャリスト選手権がデリシャス王により開かれることを知る。
新たな戦いの場に赴く為島を後にするユースケ。しかしその船出は嵐に巻き込まれ…

特徴

  • 前作はポケモンにゲームシステムが似ている部分が多かったが、今作では差別化を図るために様々な変更点が加えられた。
    • 4VS4のチームバトル方式に変更された。
    • ロボポンは野生で捕まえられなくなった。代わりに様々な種類のある電池を2つ組み合わせ、スパークさせることでロボポンを生み出すことができる。
      • 他のプレイヤーと通信スパークをすれば、通信スパーク限定のレアロボポンを入手可能。
    • ロボポンに「とくこう(特殊攻撃)」「とくぼう(特殊防御)」のステータス追加。(これはポケモンと同じだが)
    • ブート族の細分化(マテリアル、ヒューマン、アニマル、モンスターの4種類)。
    • ロボポンのレベルアップにより、ソフトによらない固有技を覚える。
    • エネだま進化の廃止(代わりに一定レベルになったときに研究所に行けば進化させてもらえる)。
    • ロボポンタワーのシステムの変更(GB版ではお金を払うごとに大きくなっていたが、今作ではロボポンを預けるごとに大きくなっている)
    • 時計およびそれに連動したシステムの廃止(アドバンスのカセットによるもの)
      • その代わりとして、特殊なキノコを集めることで複数種生まれる「トーイ」というキャラクターと同行することで、特殊効果を得られる。
    • ロボポンのCPUの廃止。それによりバトルジェネシス5からスピーダーが廃止。
    • 前作の合体技のほとんどが削除。これにより各ロボポンがそれぞれ使える技が異なるようになったため、個性を持てるようになった。
      • 4on4になったことで、複数ロボポン対象技が使用可能になった。
    • 単体効果を全体に変更する付加ソフト「ヘイター(攻撃用)」「ラブ(味方用)」は、使用者のオイル型と効果対象のオイル型の相性で効果対象になるかどうか判定される。
    • コマンド決定時にルーレットが流れ、結果によりダメージが増えたり外れたりする等のランダム要素が追加された。

評価点

  • バトルそのものの戦略性が増えた。
    • オイル型による相性で攻撃対象が増える敵や味方を多く回復させたりとPT編成が重要となった。
    • PTで攻撃役、回復役、補助(アイテム)役と火力、状態異常ゲーが目立った初代と違って役割が重要となるためやりごたえが増えた。
  • グラフィック面が大幅に進化
    • 固定モーションではあるものの各ロボポンがアニメーションするようになった。
      • 更にLvを上げることで強力な必殺技が使えるのだが、そこに登場する技の演出が迫力ある。
    • また、タモリはタル氏が描かれたデザインも多く取りいられるようになった。
    • ロボポン自体のデザインも前作よりは大幅に良くなった。(単に前作が酷すぎただけとも言えるが…)
  • BGMのバリエーションが増えた
    • GB版では容量の都合か使い回しが多かったBGMのバリエーションが増加。勿論本作でも使い回しはあるが「またこのBGMか」と悪印象を残さない程度に抑えられている。
    • 分かりやすい例としては通常バトル時のBGMが挙げられる。GB版では野良ロボポン戦用と対人戦用の2種類だけだった*1が、本作では対人戦でもボス敵や特定の名有りNPCが相手の場合は別BGMが使用されるようになっている。

賛否両論点

  • ロボポン入手に関するシステムの変更
    • 基本的にロボポン入手はスパーク一択。野良ロボポンで気になる機体を見つけた場合でも、その場で捕まえて自分の物にする事はできず、そのロボポン(の進化前個体)を生み出す電池2種類を探し出してスパークしなければならない。
      • 特定の組み合わせ以外ではハズレとして「マメキュー」「はグルマ」が誕生する。名前から察した方も多いだろうが、こいつ等は物凄く弱い。
      • 数少ない例外として、化石となったロボポンをトーイの力で復元するイベントもあるにはある。(育ちさえすれば)かなり強力なロボポンを入手可能ではあるが…。
    • 一部のロボポンは通信スパークでしか生み出せないが、通信スパーク限定ロボポンのラインナップの中には漫画版で高い人気を誇る「コジロウ」「マーシャル」や、漫画版での描写でファンの度肝を抜いた最強ロボポン「ロボオーロ」等が含まれている。ぼっち涙目にも程がある。
    • ロボポンの売却も廃止された。本作では効果的な金策があまりに少なく、結果として資金難に悩まされがち。
      • 要らないロボポンをレベルに応じた種類の電池と交換してくれるNPCは居るが、出現させるには226体ものロボポンをスパークで生成し、序盤の拠点であるホフマンタワーに預ける必要がある。
    • 肝心の電池の入手方法は宝箱からの入手、ホフマンタワーの電池屋で購入、上述した要らないロボポンとの交換、特定の野良ロボポンから特技を使って盗む、各地にある電池ガチャの5種類。
      • 宝箱からの入手は1回きり、電池屋は購入不可能な電池が数種類存在している、ロボポンとの交換は後述の仕様もあって交換用ロボポンの育成に手間が掛かる、特技・ガチャは欲しい電池を手に入れるまでの手間と時間がリアルラックに左右されるという欠点がある。
      • 更に電池屋は、利用する為に181体ものロボポンをタワーに預ける必要がある。もうどうしろと。
    • 一応、電池の組み合わせによる試行錯誤を楽しめたという意見も無い訳ではない。
  • 影の薄い4TUNEバトル
    • 4TUNEバトルとは前作のバトルジェネシス5からCPU性能を競うスピーダーが廃止、更に防御力を競うシールダーのルールが変更され「アミダー」へとリニューアルされたもの。
    • …なのだが、本作でバトラー(通常バトル)以外の対戦形式を遊べるのは、通信対戦を除けばホフマンタワーと、とある寄り道施設の2箇所だけ。
      • この為、その気になればパンチャー・ジャンパー・アミダーを1回も目にしないままエンディングを迎える事も可能。影が薄いにも程がある。
      • 前作では道中でバトラー以外の形式でのバトルを挑まれる事もあり、それなりに存在感を保ってはいた。強制的にバトラー以外のバトルを挑まされるという事でもあるが。

問題点

  • 前作以上に酷いストーリー展開
    • 一言で言えば主人公の扱いが酷い。どれだけ酷い目にあっているのかと言うと…
    • 主人公は前作と同一人物なのだが、オープニングからGB版で手に入れたロボポン達を本作の舞台に連れて行くのを忘れてしまう。
      • 恐らく前作との互換が廃止された都合上、ポロンボ島一のロボポン使いになった主人公が一からやり直さなければならない理由付けをストーリー上で示したものと思われるが、それにしてもおざなりというかのっけから不運過ぎるというか。
    • 出発した直後に水難事故に遭い、スタート地点の海辺の村に漂着する。
    • 状況証拠だけで事件の犯人と断定され、離島にある拘置所に島流しされ裁判も無しに極刑が決まる……といった具合。
  • 登場人物も相変わらずどこかおかしい
    • 前作もまともな思考を持った人間が少なかったが、今作では今まで以上に常識というネジがぶっ飛んだ人間しかいない。
    • 街を十傑集さながら嵐の如く壊し荒らす親父、子供の養育費のために主人公にストーカーする青年、可愛い女の子だと思ったら正体はキモいエイリアン、ケジメとして爆弾で自爆して殉職する構成員社員と、アブないキャラや展開が多い。
    • 前作だと性格が残念なままで終わったが、今作はどのキャラも酷い目に合う。正直後味が悪すぎる。
      • 主人公が一方的に被害者と言うとそうでもない。主人公が原因で大惨事に陥ったケースも結構ある。
      • と言うより、このゲームは人間が異常人格者揃いで、ロボットの方が正常な思考を持っている。
    • 前作ヒロインであり主人公のガールフレンドであったロルの出番が極端に少ない。前半にて通信機越しの会話が一度ある程度で、あとは本編のストーリーが完結した後、複雑且つヒントの少ないイベントフラグを全て成立させた場合にとある場所でちょっと話しかけられる程度である。…まぁGB版も出番は全然無かったが
      • 肉親であるヘッド博士はそこそこ出てきて彼女についても少し話題になるのだが、前作で「娘」だったのに対し今作では「孫」と言っちゃっている。設定があやふや。
      • ちなみにロルのデザインは一部ロボポン達のように漫画版の、かの有名な超乳姿ではなく、前作の良く言えば普通、悪く言えば地味な姿のまま。いっそ漫画版姿で出てくれればインパクトも残ったのでは…。
  • ロボポンのデザインは改善されたが、前作以上にパロディが目立つ
    • ドラえもんそっくりな「ダメダロナ」、∀ガンダムそっくりな「ムーンA」、仮面ライダーそっくりな「ライドル1」、初代ガンダム及びクロスボーンガンダムそっくりな「デスパー」等…狙ってるとしか思えない。
      • 前作でのパロディは「分かる人は分かる」程度に(ギリギリ)留まってはいたが、今作は有名どころのキャラが多いため、すぐに気づいたプレイヤーも多いだろう。
    • ストーリーの方でも明らかにMicrosoftとAppleの対立や、往年の名作「西部警察」をパロディにしたようなイベントがある。
    • 正直ここまでくると、一歩間違えれば該当ロボポンが作品からバニシングしてしまうどころじゃない問題になりかねない。担当スタッフは怒られなかったのだろうか?
  • 旧作ロボポンの大幅なリストラと、不可解な一部ロボポンの続投
    • 前作は酷いデザインも多かったが、それでも一部ロボポンには物好きなファンが存在していた。今作で好きなロボポンがリストラされ、使えなくなった事にショックを受けたプレイヤーは多かった様子。
    • その一方で「スタンド」や「ヘビータ2」といった何故続投できたのか分からないキャラもいる。影が薄いにも程があるヘビータに後継機を出して喜ぶプレイヤーは果たして居たのだろうか?*2
    • 続投ロボポンでも前作の最終進化系が今作では進化前扱いで登場している。前作最強ロボポンのドラゴも今作では過去の栄光という形で旧式扱いにされている。
      • 新たな進化形が増えた一方、進化前のロボポンはリストラされている。またブータンの進化系が変更されたり、ヨコヅナに分岐進化系が追加されたりと謎の変更点も目立つ。
  • 非常に育成しづらい
    • 前作においてエネだまが簡単に集まり、すぐ最終進化まで育てる事ができた反動か、今作はLv上げで進化するように統一された。
    • …が、大半のロボポンは進化可能となるレベルが30以降だし、その上スパークで入手するロボポンはどれもLvが低い。化石復元で入手可能なロボポンに至ってはLv1での加入である。
    • 更に進化のシステムが「レベルが半分になって能力が2/3になる」という一時的に弱くなるシステムで気軽に使えない。
    • その上に成長限界という特定レベルでステータスが上がらなくなるシステムもあり、場合によっては進化したら永久に弱くなる。一体何でこんな面倒くさいシステムに改悪したのか…。
    • おまけに4VS4のバトルであり、育てたいロボポンを敵の攻撃からかばう手段はほぼ存在しないと言っていい。敵ロボポンに狙われた際は勿論の事、全体攻撃に巻き込まれた場合もすぐにスクラップ(戦闘不能)になる。スクラップになったロボポンには当然経験値は入らない。
      • 上記の仕様故に、どうしても新戦力を投入しづらい。初期に入手したロボポンだけでゲームをクリアしたプレイヤーも多いのではないだろうか。
  • やっぱり使い勝手の悪いブート族
    • 基本性能は高いものの、パーツやソフトを付け替える事ができないために途中で戦力外になりやすい…という、前作におけるブート族の欠点がほぼ据え置きとなっている。
    • デフォルトのパーツ・ソフトを変更できないだけで、強いパーツ・ソフトがデフォルト装備であればそこそこ戦えた前作とは違い、本作ではそもそもパーツ・ソフトの装備自体が不可能となってしまっている。
      • 特にパーツ装備不可能という点が痛い。ロボポン自身の能力値は255でカンストしてしまう為、能力値にパーツ性能を上乗せできるアーム族・ムーブ族と性能を比較するとどうしても見劣りが目立つ。
      • ブート族最強クラスとされる「ノロイガー」「ジェノヴァ」ですら第一線で使い続けるには微妙な性能。他のブート族については残念ながら態々説明するまでも無い、というのが正直な所である…。
  • 対戦が面倒くさい
    • 戦闘形式は基本的に4VS4形式であるため、野生ロボポンとの通常エンカウントバトルでも長丁場になりやすい。
      • 終盤だと全体攻撃が揃うので若干改善するものの、そこに至るまでのテンポは劣悪。特にプレイ序盤で挫折しやすい。
    • ポケモンにおけるむしよけスプレーといった雑魚戦回避アイテムは前述のトーイのみ。しかも効力はたったの99歩。ポケモン程ではないが、他のRPGよりは逃走しやすいのが救いか。
  • クリア後のお楽しみ要素の少なさ
    • 厳密に述べるならば、クリア後に解禁されるのは上述したロル絡みのイベントだけである。
      • やりこみイベントとしてはレアなソフト3種類の入手イベントや1回限りのビンゴイベント、ラスボスと互角以上の強さを持った相手とのバトルなどがあるが、これらは条件さえ満たしてしまえばクリア前から発生させる事が可能だったりする。
    • ラスボス撃破後の世界を冒険する事はできず、クリア後は最後の2連戦直前の状態からの再開となる。過去作にあったようなスペシャリスト達との連戦といったものも無い。

総評

ポケモンの影響が強く残った前作と違い、ロボポンならではのオリジナリティが強く出た一作。
バトル面においても様々な工夫によって戦略性が生み出されている。

だが前作の欠点であり、『64』で改善を見せたストーリー展開はまさかの悪化。
更にはロボポンの育成環境改悪や、クリア後のお楽しみ要素の少なさに嫌気がさしたプレイヤーも多かったようだ。

結果として、今作は『ロボポン』というブランドに決定的なトドメを刺してしまったらしく、以降ロボポンシリーズは製作されていない。

余談

  • 今作でもタモリはタル氏によるコミカライズが行われたが、今作からはオリジナルストーリーが目立つようになる。
    • ロボポンを連れて行かない理由については「選手権期間中も会社を経営しなければならない為、社員でもあるロボポンを大勢連れて行くわけにはいかない」といった理由付けがなされている*3
    • 途中で登場するスペシャリスト(ボス)戦は、中盤以降は「ゲーム中にも登場する、とある主要キャラによって瞬殺(スペシャリスト4、同2)」「敵側の横槍を受け、お流れになってしまう(同3)」「そもそも本編に登場すらしない(同1)」といった具合に省略されてしまった。
      • 上述した「問答無用の拘置所送り」や「爆弾でケジメをつける社員」も完全カットされている。…流石のタモリはタル氏でも、本作の内容を完全に補完しきるのは無理があったのだろう。
      • とはいえ中盤までのストーリーについては、大惨事に陥ったキャラへのフォローをちゃんと行う、ゲームでは影の薄かったロルに「こっそり大陸行きの船に乗り込んでいた」という設定を付けて序盤からメインヒロインとして活躍させるなど、前作同様の見事なストーリー補完がなされている。
    • タモリはタル氏はコミカライズ版『2』の後、独自作品として『ロボットポンコッツ豪!』の連載を開始。しかし、ゲームで言えば序盤ボス級の強敵を倒した所で打ち切られてしまった。