新人類

【しんじんるい】

ジャンル アクションシューティング
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売元 Rix Soft
開発元 ハドソン
発売日 1987年2月10日
定価 4,900円(税別)
判定 バカゲー
ポイント 役に立たない長州力のアドバイス

概要

  • 恐竜時代、人類の大先祖として生まれた「マックス」が、石オノやブーメランを手に、巨大恐竜に立ち向かうという設定の強制縦スクロールアクションシューティング。
  • 長州力とタイアップしている。「力(リキ)の強さはハンパじゃない!!」というキャッチコピーが記された販促チラシや、当時放送されたテレビCMにも長州力が出演していた。
  • 有名プロレスラーの長州力を題材にしたゲームなのだから、プロレスゲームか、横スクロールアクションゲームなのかと思いきや、本作は何をどう間違ったのか「縦スクロールアクションシューティング」となっている。

特徴

  • 全4ステージ、7エリア。ループゲーム。
  • 十字キー+2ボタン(攻撃、ジャンプ)で操作。
  • 画面上にある花やツボ、ガイコツといった障害物を攻撃するとアイテムが出現し、得点アップ、パワーアップ、移動速度アップ、ライフ上限アップといったメリットが得られる。
    • プレイヤーの攻撃はパワーアップアイテムを取るごとに、石(初期状態)→石オノ→ブーメラン→たいまつ乱射と派手になっていく。

変な点

最大のポイントは隠しアイテムである「リキ」マークを取る事により、プレイヤーがオタスケマン「リキ」に変身する事である。リキ状態になると、長州力の得意技である「リキラリアット」で攻撃できるのだが、その「リキラリアット」は画面上にリキの分身を飛ばすというシュールなものである。敵を貫通するとは言え、画面上に2発しか出せないのでたいまつと比較すると必ずしも使いやすいとは言えない部分もある。

恐竜時代を題材にしてはいるのだが、出てくる敵はピンクの犬のようなもの、大きく横に蛇行して弾をばら撒く蜂、画面上から一直線に降下してくる埴輪、マックスの回りを取り囲む謎の黒い球体などなど、恐竜と関連があるのかよく分からないものも出てくる。

説明書の最後には「長州力のワンポイントアドバイス」が記載されている。心の中でのツッコミはご自由に。

やあ、みんな、毎日元気にあそんでいるかい? ちゃんと勉強もしてるかな?
あそんでばかりでも、勉強ばかりでもヒーローにはなれないぞ!
じゃあここで、リキがキミだけにゲームがうまくなる方法をちょっとだけ教えてあげよう。
まず第1は、ファミコンも体力だ、ってこと。
青っちょろいモヤシっ子は、いくらゲームだけやってもダメ。 
まず外に出て、サッカーでもやって体力をつけろ。
キャラクターのフットワークもみちがえるように軽くなるぞ。
第2は、ファミコンも集中力だ、ってこと。
だらだらと何時間もやったってうまくはならない。
1日1時間なら1時間、集中してガッととりくめ。
リキは、集中力では誰にもまけない。キミもガンバレよ。
そして最後は、ファミコンも頭だ。
自分の頭を使って、いろんな攻略法や可能性を見つけ出すんだ。
人に頼ったりしないで、自分で考えて、応用力を身につけていこう。
そうすれば、初めてプレイするゲームだって高得点がマークできるようになるぞ。
このアドバイスをしっかり守って、キミもヒーローめざしてガンバレ!!

評価点

  • BGMは数こそ少ないが出来は良い。
  • ゲームとしてそれなりに遊べる。

問題点

  • ハドソンのゲームらしい敵の意地悪な配置、動きもあいまってゲームの難易度は高い。
    • ライフ制+残機制を併用しているとは言え、敵や敵の弾に当たると1段階移動速度及び攻撃がパワーダウンしてしまうのでかなり苦しくなる。
    • 後半は敵の量、敵弾の量、トラップの数もかなり増える。またジャンプの操作性が悪く、落下判定の大きさ、分かりづらさもあって、狭い足場をジャンプして進んでいくシーンはかなり難しい。
      • 説明書でも「羽を使って飛ばなければクリアするのは難しい」と書かれているくらいだが、Aボタン押しっぱなしで空を飛べるようになるアイテム「羽」マークという救済処置がある。

総評

良くも悪くもハドソンらしい佳作である。

余談

パッケージアートは、アートミック所属時代の宮尾岳(魔物ハンター妖子などでおなじみ)である。

ハドソン開発なのに何故か別のメーカーから発売されているが、これは本数制限回避のため。

発売元の「Rix Soft」とは株式会社リコーの子会社「リコーエレメックス社」がファミリーコンピュータ用半導体を製造していた関係でゲーム事業への本格参入のために立ち上げたゲームレーベルで、両者の利害が一致してこのような形態でのソフト販売がなされることとなった。ただし、ハドソン提供番組等でCMが打たれたり、高橋名人がCMに登場するなど、ハドソン開発であることは自明だった。

海外版ではタイトルが「Adventures of Dino Riki」となり、ゲーム内容に大きな変更はないが、設定上の主人公の名称が「Dino Riki」変身後の名称が「Macho Ricky」と設定され、長州力もリコーエレメックス社も無関係なハドソンオリジナルソフトとして発売された。

最終更新:2019年10月25日 23:31