ザ・トライアスロン

【ざ・とらいあすろん】

ジャンル スポーツ
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売元 ケイ・アミューズメントリース
発売日 1988年12月16日
定価 5,600円(税別)
判定 クソゲー
ポイント 危険な場所で行われるトライアスロン
スペシャル(デンジャラス)モード
連射パッド必須


概要

水泳、自転車、マラソンなどのトライアスロン種目をゲームで再現したゲーム。
しかし、その内容はあまり誉められたものではなかった。

問題点

  • プレイヤーは開始時に6人のキャラから1人選ぶ。
    • 「スピード」「ダッシュ」「スタミナ」それぞれの能力が設定されているが、誰を選ぼうが大きな差はない。
  • どのモードにも共通しているのがボタン連打。
    • 1ステージこなすだけでも、相当疲れるので連射パッド推奨。

水泳

  • 十字ボタンの右左を軽く押すだけで、あらぬ方向に行く操作性の悪さ。
  • いたるところに発生しているクラゲ。触れるとスピードダウン&マイキャラの向きがランダムに変わる。
    • いたるところに発生している渦潮。もちろん飲み込まれればゲームオーバー。こんなところで泳がすな
  • ちなみに、Bボタンを連打しない(泳ぎださない)と溺れてゲームオーバー
    • 自転車・マラソンでは、このようなことは起こらない。なんで、水泳だけ……?
    • Aボタンを押すと息継ぎをする。どうもスタミナの減りを緩やかにしてくれるようだ。
      • しかし、連射パッドを使っているとこの機能には気が付きにくい。

自転車

  • 比較的マシ。ヘアピンカーブが曲がれず転倒することはあるだろうが、スピードを落とせば問題はない。

マラソン

  • ただ走るだけでは、ゲーム性がないと思ったのか、木の植え込みやら障害物がある。
    • 道路に穴も開いている。こんな場所でマラソンさせんな。
    • 果てには道中にスケボーが置いてある。もはやマラソンではない。ちなみに取るとジャンプや転倒をしない限り、最高速で進める。

スペシャルモード

  • 水泳では、サメから逃げるというもの。泳ぐのを止めれば、即サメに喰われてゲームオーバー。
    • というか、泳ぎ始めてもすぐ左右どちらかに避けなければ、他の競技者に押されてゲームオーバー。
  • 自転車は、宇宙空間に飛ばされる。宇宙空間で自転車なんかこげるか!(笑
  • マラソンは夜の街を走るものだが……通常のゲームモードと同じく、道路に穴が開いている。
    • 道中に地雷が仕掛けてある。無論、踏めばゲームオーバー。

評価点

  • クソゲーのお約束通りBGMは良い。
  • 笑って許せるプレイヤーならば、バカゲーとして楽しめるかもしれない。
  • 当時は五輪種目ですらなかったマイナーなスポーツであるトライアスロンをゲームにしたこと。
    • もっとも肝心の出来はあれなのだが…

総評

ゲームとしての出来の悪さもさることながら、スペシャルモードなどの過剰なアレンジが酷い。
リアリティを求めるプレイヤーにとっては、トライアスロンに対する冒涜とも取られかねない。

添付ファイル