修正依頼」が出ています。評価点の追記をできる方はご協力をお願いします。


PANDORA MAX SERIES Vol.4 Catch! ~気持ちセンセーション~

【ぱんどらまっくすしりーずぼりゅーむふぉー きゃっち きもちせんせーしょん】

ジャンル 恋愛アドベンチャー

対応機種 プレイステーション
発売元 パンドラボックス
発売日 2000年8月10日
定価 1,980円
配信 ゲームアーカイブス
2009年10月14日/600円
判定 クソゲー
ポイント 電波と性悪ばかりの誰得ギャルゲー
1周がひたすら長い
未だ搭載されぬシステムデータ
PANDORA MAXシリーズリンク

概要

  • 「1980円の超大作」がキャッチコピーであった「PANDORA MAXシリーズ」の第4作。
  • あらすじの通り、超フェミニスト生徒会を敵に回してしまった主人公となり、敵との対決(各種ミニゲーム)をクリアしながら進めていくタイプのアドベンチャーである。

あらすじ

中学から一緒の憧れの女の子「本間あゆり」と一緒の高校に入るために猛勉強し、ついに彼女と同じ志望校に合格した主人公。しかし学校は「学内において女生徒の手を煩わせることは許さない」とする生徒会の支配を受けていた。さらに憧れのあゆりは、親同士の再婚によってフェミニスト生徒会長の義妹となっていた。ショック続きでクサクサしていた主人公は生徒会に心酔する女生徒からのイヤミに逆上し、メンツをかけて決闘するハメになってしまう。それをきっかけに、主人公は生徒会やそれを支持する女子たちとの泥沼の戦いに巻き込まれるのであった…。

特徴

  • ストーリーは一本道だが、ストーリーの合間に参加できるサブイベントによって女性キャラの好感度を上げることができ、それに応じてエンディングは変化する。
    • ストーリー中では、攻略対象キャラを含めた様々な敵キャラとミニゲームで試合を行う。
      • 負けると基本的にゲームオーバー。
  • キャラクターデザインは『オヤマ! 菊之助』の瀬口たかひろが担当しており、隠しとして設定画も収録されている。
  • シナリオは『死者の呼ぶ館』に続いて大池叙子が担当。
    • 本作には番外編として「死者~」のキャラが登場するシナリオもある。
  • PANDORA MAXシリーズとしては唯一のフルボイス作品となっている。

問題点

  • ロードが非常に長い
    • キャラ絵など何か一つ読み込むだけでもロードが入り、しかもそのロード時間が非常に長い。そのせいでそれほど長くないストーリーなのに一周するだけでかなりの時間がかかる。
    • 一応メッセージ早送り機能が有るには有るのだが、スキップしていてもこのロード待ちが発生する為やはり全く進まない。
      • 最後まで早送りした場合、ロード待ちがプレイ時間の半分以上を占めることもある。
  • システムデータがない為、エンディングコンプが非常に面倒
    • 各女性キャラごとにエンディングが複数用意されていたり、周回しないと集められないデータがあったりする。
      • メインキャラ8人のエンディングを見ると、滝沢(主人公のセコンド役)がラスボスとして立ちはだかるというエンディングのフラグが立つが、その後の内容は滝沢とのやり取りは全員共通で、エンディングの内容は普通のエンディングと何も変わらない。尤も、システムデータがない都合上、各ヒロインごとに変えられても、全部みるのがまた大変ではあるが…。
    • 異様に見るのが面倒臭いエンディングにはあゆり・しずくとの三角関係エンディングがあり、あゆり・しずく・滝沢の好感度を上げないと駄目。むしろ『ごちゃちる』のマンガ喫茶でエンディングフラグを買った方が精神的にも時間的にも楽。
  • シナリオ面の問題
    • 主人公がメインヒロインの「あゆり」にベタ惚れという設定で始まるだけに、他のヒロインルートが「さっきまであゆり一筋だったのに、突然他の女に乗り換えた」様にしか見えない。
    • あゆり以外の女キャラは基本的に性悪と電波しかいない。
    • あらすじを見ればわかる通り、バカゲーを狙ったシナリオなのもあってか、ヒロインの誘拐等の犯罪行為も特に罰されない等、一部の展開が雑。
    • 番外編の「死者~」のキャラが登場するシナリオでは、メインヒロインだった葵が只のバケモノ扱いをされているなど、原作ファンを敵に回す内容。
  • 一部の男性キャラのボイスはパンドラボックスのスタッフが演じている。
    • 特に生稲というキャラのCVの下手さ加減は(本人のキャラクターと相まって)殺意すら覚えるほどである。
  • その他の問題点
    • 「コンバート」システムの不具合
      • 同シリーズのソフトのセーブデータを読み込むと隠し要素が出現するのだが、本作と次作の『ごちゃちる』ではこの機能が上手く働いておらず、「特定のアイテムを持っているのになぜか読み込まれない」という不具合がある。
    • なぜか本シリーズではこれ以降、サウンドがステレオ固定で、モノラルにできなくなる。

総評

ADVでシナリオ面に問題がある時点で致命的だが、ロード時間の長さやシステムデータがない事など、基礎的なシステム部分の出来も悪い。
PANDORA MAXシリーズは(UIのお粗末さなどは事実としても)丁寧な作りで、低価格だからと侮れないソフトも多いのだが、
その中でも本作は出来の悪さが突出しており、「安かろう悪かろう」の見本となってしまった。


余談

  • 本作の声優について
    • パケ裏には「豪華声優陣によるボイス入り」とあるが、パケ裏にも説明書にも声優名は一切載っておらず、エンディングを見ないと明かされない。
    • また、中には同一人物の別名義も混ざっており、「声優数の水増しでせこい」と言われた。