わくわく☆惑星プリンセス

【わくわくわくせいぷりんせす】

ジャンル 恋愛アドベンチャー
対応機種 Windows 98/95
発売元 PUMPIE
発売日 1998年9月18日
定価 通常:5,800円
通販:4,600円
レーティング アダルトゲーム
判定 クソゲー
ポイント エロゲー史上屈指のクソゲー
商業とはなんだったのか
エロゲー史上最も抱きたくないヒロイン
こいつで抜かないでください
ワンマン企業制作


概要

DOLLHOUSE*1の別ブランドPUMPIEより発売された18禁恋愛アドベンチャーゲーム。

グラフィック、シナリオ、BGMなど、ありとあらゆる面における出来の悪さで伝説となり、ある意味ではこれを超えるエロゲーはこの先も出ないと評された曰く付きの一品である。通称『わくプリ』。


ストーリー

山奥で車の運転の練習をしていた主人公。その車が大破してしまい、夜空を見ながらオ○ニーをすることに。
「星をみながらオ○ニー……なんて文学的なんだ」。すると、夜空の星の一つが地上に落ちてくる。
墜落現場に駆けつけてみると、落ちてきたのは星ではなく宇宙船だった。その中から一人の少女が現れ、
「あなた、オ○ニーしてたでしょ」と言いながら唐突にフェ○を始める

「むんむん星」からやって来た宇宙人の皇女である「パム」が言うには、
「主人公がオ○ニーしていたから宇宙船が落ちた(オ○ニーによって発生したエネルギーに影響されたという事らしい)」とのことで、
その責任を取るべく、パムをむんむん星に帰すために宇宙船のエネルギーを集めることとなる

しかし、そのエネルギーというのが、石油でも原子力でもなく、イクイクパワー
人と人とがエッチした時に発生するエネルギーのことだった。

……こうして、主人公はイクイクパワーを採取するために女の子をナンパしてはエッチを繰り返すこととなったのであった。



……ストーリーを読んで首をかしげたくなったり、若しくは頭が痛くなってきたモニターの前の貴方。その反応は正しい


特徴・問題点

  • ストーリーが破綻しているのは当たり前、「テキストの誤字脱字を問うのは野暮」を通り越してもはや「無粋」と言って良いレベル。文芸面で評価できるところは何もない。
    • 「パイロット等の女性キャラへ与えられる性的快楽を動力源とした機械」という、18禁でSF・ロボットもの等を作りたい時に都合の良い謎テクノロジーが登場する作品は多数存在するが、本作はその中でも最底辺と思われる。
  • グラフィックは出来不出来を問う以前のレベル
    • 絵柄そのものが強烈なばかりか、人体のバランスさえも取れていない始末で、エロゲーとしては致命的な欠陥である。
    • 絵の酷さ・ストーリーの無茶苦茶さから、ヒロインのパムは「エロゲ史上もっとも抱きたくないヒロイン」としてインパクトを残している。
  • 作業ゲー
    • トゥルーエンドとおぼしきエンディングの為に、同じCGを見る作業を二度やらされる。
  • BGMは3曲しかない。ボイスもない。
    • ただし、ビジュアル面でのインパクトが強烈すぎるためか、突っ込まれることは少ない。

評価点

  • 純粋なゲームとしてみれば、ない。
    • 強いて言えば絵の下手さがネタになるといったくらいだが、そのネタっぷりはある意味才能であり、後の伝説の一因を成していると言えなくもないというか、むしろこのネタっぷりあってこそただのクソゲーで終わらずに済んでいるといえるかもしれない。

総評

感動的なストーリーで大勢のユーザーを魅了した『ONE ~輝く季節へ~』がリリースされた1998年。
一方その裏で、このようなバカを通り越した奇妙極まりない作品もリリースされていた。
作品レベル的に商業の水準に達しているとは思えないその出来栄えは、ある意味、必見の領域に達している。
本作の2年後には同人ゲームの名作『月姫』が出ている事もあり、商業と同人の境目について考えさせられることは必至である。

このようなゲームも一応は商業ベースでリリースされていたことから、エロゲー界とは懐の広い業界と言える。
ゲーム業界の実験所と称されていた90年代のエロゲーで、独自性のあまりクソゲー化というケースは珍しくなかったが、特に独自要素があるわけでもないのにこの出来になったのは異常なことである。

作品の発売当時からインターネットでは話題になり、レビューサイト等ではことごとく最低の評価がつけられた。
しかし、ダメさ加減があまりにも突き抜けていたため、ゲームの面白さ云々を抜きにして、ゲームが存在することだけでウケが取れてしまう領域にまで昇華されている。
そこが年月とともに風化や褪色及び相対化してしまった凡百のクソゲーとは一線を画すところであり、つまり本作は『デスクリムゾン』や『里見の謎』と同じように愛すべきバカゲーと呼ぶに値する作品である。……と言えるかもしれない。



余談

  • この絵で発売されてしまったのは、このゲームの担当絵師=製作会社の社長だったからである。
    • 同じような問題点を持つ同社ゲームに、『ぱすてるノート』『PETいんが~』『扉のむこうは』等が有った。
  • テキストは右クリック連打でスキップ可能。
  • スタッフロールで表示されるスタッフ総数はわずか4名である。
  • かつて存在した公式ページの「パムのひみつツアー」コーナーでは、さも本作の舞台であるかのように「むんむん星」の設定が紹介されていた。世界地図、パムの6人の姉、惑星の構造等。
    • しかし、2種類あるエンディングのうち片方では主人公が地球を離れる事無く物語が完結、もう片方もむんむん星到着時点で「YOU WON」となってスタッフロールとの事(各種レビューサイトより)なのでこのような設定を考える意味が有ったのかは疑問だが、このコーナーの方がゲーム本編より面白いと評判だったらしい。
    • 現在でもInternet Archiveを利用すれば閲覧可能。一応エロ画像があるので18歳未満は検索しないように。というか18歳以上でも閲覧注意。
  • このように長年グラフィックがひどいアダルトゲームの代名詞的作品だったのだが、2017年にコンプリーツからリリースされたアダルトゲーム『ママとの甘い性活II』は、「ママIIとわくプリならわくプリの方がマシ」と評する者も現れるほどの作画で大きな反響を呼び、その年のクソゲーオブザイヤーinエロゲー板大賞を受賞した。

迷セリフ

  • 「と・に・か・く、あんたには責任をとってもらわ」
  • 「俺はこの星からしばらく帰れないような気がした」
  • オートプレイCD-ROMでインストール不要、システムを書き換えないクリーンアプリ、作業用ファイルを削除するのはゴミ箱に捨てるだけ(オフィシャルサイトより)。