魔法少女アイ参

【まほうしょうじょあいさん】

ジャンル アドベンチャー
対応機種 Windows 98~Vista
発売元 GPミュージアムソフト
開発元 colors
発売日 2008年12月19日
定価 8,800円(税別)
レーティング アダルトゲーム
判定 クソゲー
シリーズファンから不評
ポイント 2008年クソゲーオブザイヤーinエロゲー板大賞
地雷どころかブラックホール爆弾
体験版相応でフルプライス
シリーズぶち壊し
ごらんの有様だよ
クソゲーオブザイヤー関連作品一覧


概要

『魔法少女アイ』。
謎の妖魔「ゆらぎ」を倒すために異世界から現れた魔法戦士アイと、その戦いに巻き込まれた主人公秋俊を中心に物語が進む本シリーズは、それまでライト志向のイメージが強かった「魔法少女」という題材にダークな世界観を本格的に取り入れ、「触手凌辱」「ヒロインピンチ」「寝取られ」などの要素を加え、多くのファンとアダルトゲーム業界に多くのフォロワーを産み出し、非18禁のライトノベルの有名どころにもその影響を指摘される作品が多々存在する名作ADVである。

本作はその第3作目にあたるが、原作を制作した会社(colors/株式会社ヒュー)が消滅し、以前このシリーズのアダルトアニメを製作した会社*1が版権を取得、一部スタッフもそちらに移る形で製作された。ゲームの発売後にはOVA発売の計画も組み込まれていた。
しかし、制作が会社変更されたことや、メインキャラクターの声優が交代したこと、先行公開されたイラストのタッチが激変していたこと、知名度の割にアダルト専門のゲーム誌でも一切取り上げられていなかったことなど、様々な要素から危惧を抱くファンも多かった。
とはいえ、この時点での予想はせいぜい「前作・前々作と比べてダメ」といった程度であり、地雷を承知の上で「ファンとしてシリーズの最期を看取る」という事で購入しようとする者も多かった。

そんな状況が一変したのは発売日2日前である。それまでお通夜の様相を呈していた魔法少女アイスレにフライングゲットしたプレイヤーがその予想を大幅に下回る内容を投下するや否や、怒りや嘆きを通り越してギャグとして取り扱う他はないと判断したファン達によって逆に前代未聞の祭りと化すのであった。


特徴

  • テキストを読み進めるアドベンチャーゲーム
    • システム周りは特筆するようなことはない。
  • 選択肢は少数
    • 一部の選択肢では即座にバッドエンドになる。フラグは分かりやすく、難易度は低い。

問題点

その最大の問題点は『商品失格』というべき内容の薄さにある。
一部の要素は後述の 無料アペンド で補完されている。

グラフィック

  • アダルト描写のあるシーンでCGが抜けまくっている(そもそもアダルト描写のないヒロインが複数いる)。
    プレイヤーは真っ黒な画面にひたすらエロテキストが表示されるだけという拷問まがいのプレイを強いられる。
  • そしてCGの総数はたった14枚(差分*2が5枚、前作流用が2枚。つまり、純粋な新CGは7枚)という前代未聞の枚数。
    • その僅かなCGもアダルト要素が薄くモザイクも必要ないものであり、「なぜ18禁なのかわからない」(もちろん悪い意味で)という声さえある。
    • アペンドにより(差分込みで)65枚追加された。

シナリオ・テキスト

  • 物語が体験版並に短く、投げっぱなしな終わり方をしている。
    • 前述のグラフィックと合わせて評価を大きく落とした要因の一つ。
  • 誤字脱字・スクリプトのミス等が結構ある。
    • 文章中に「<CR>」と出る箇所がある。「<BR>(改行)」と間違えたのだろうか?

システム

  • BGMモードで曲名が表示されない。
  • CGモード・回想モードがない。
    • アペンドにより改善済み。

パッケージ

  • 裏面は普通のアダルトゲームっぽく見えるが、掲載されているCGは全て前作のものである。
    • そして、その裏面に書かれた「ごらんの有様だよ」という台詞。普通のアダルトゲームにはあまりにも似つかわしくない台詞だが、本作の出来を鑑みるとあまりに的確な台詞であり、本作の代名詞ともなってしまった。
+ ごらんの有様だよ 一応18禁注意。繰り返しになるがこれらのCGは本作に使用されていない

ネット上では「ごらんの有様だよ!」と「!」をつけられることが多いが、原作の台詞にはない。ファンの憤りというより製作者の捨て台詞に見えてしまうのは気のせいだろうか……
また作中でこの発言をしたのはアイではなく、ユキである。

容量の詐称

  • 容量が現行作品に比べて格段に少ない。パッケージには「容量1.5GB」と書かれているが、実際はたったの473MB
    • アペンドディスクで追加されたのは84.9MB。両方合わせても体験版の域を出ないボリュームである。
    • 分かりやすくいうと、両方合わせてもCD1枚(650MB)に入り切る(余裕もある)。なのにメディアはDVD。無駄使い以外の何物でもない。
    • 同人ゲームでも1GBを超える時代だというのに、たったこれだけの内容+容量の薄さで価格はフルプライス(下記)を超えるのだから驚き呆れる。

ボリュームに見合わない高値

  • 通常のアダルトゲームの値段は税別で7,800~8,800円ほど。9,800円というのもあるがそれは特典などがついた場合であり、これより安い6,800円のものも少なくない。中には低価格版*3という2,000円~4,800円で流通するものもある。これに対して本作は 税別8,800円
    つまり通常の値段設定ということになるが、低価格版のものでもこの作品よりしっかりしたものが腐るほど売られているわけで…。

アペンドディスク

購入者には無料で配布された。このアペンドは「GPミュージアムソフト」のHPで無料配布しているので、現在でも安易に入手可能。

  • エロシーンが真っ黒になる問題は解決されたが、ボリューム不足は変わっていない。
    • さらに言えば、未完成品の穴埋めなのだからアペンド(付録)というのはおかしい。パッチ(当て布)と言うべきである。

評価点

  • CGのクオリティ自体は十分な出来。前述したように枚数は少ないが。
  • 声優は交代したものの演技力は十分。
  • BGMはまともに聴ける。
    • いずれも特筆するほど良くはないが、完成度の低い本作において数少ないまともな要素である。

総評

はっきり言って 商品失格 レベルである。
フルプライスなのにシナリオ・エロCGほぼ皆無、パッケージ詐称の未完成品という「ごらんの有様」な出来は、KOTYの総評をして「ブラックホール爆弾」「クソゲーの新基準」と言わしめた。

しかし、選択肢が少ないADVかつ低ボリュームなので、最期までプレイをすることは安易であり苦痛は少ない。
そのため発売から数年経ってからプレイしたユーザーからは、「最悪のクソエロゲーというほどではない」との評価もされている。500円未満で投げ売られていることもざらにあるので、クソエロゲー入門用としては最適かもしれない。


余談

  • 以上の糞ぶり、悪評ぶりから発売日に半額未開封でも一度受け取ったら返品不可初日にして中古買取拒否という店が出た。
    • 一部の店舗では店頭から撤去、もしくは注意書き付きで販売するなど、完全に商品失格の烙印を押されていた。
    • アペンドディスク配布後は一切の対応をしておらず逃げてしまっている。
  • シナリオライターの一人マンサク氏が自らのサイトで自分が書いた分が削られていることを公言。製作過程に致命的なトラブルが存在したことをうかがわせる。(発言の魚拓
  • 未完成で発売したこと自体は認めている
    • 公式サイトでは魚住(肩書きは「アシスタント(前プロデューサー)」)なる人物が「全て私が原因です」と謝罪している(参照)。しかし、釈明そのものは連絡体制の不備で済ませ、前記アペンドディスクのほかはプロデューサーの交代というユーザーには全く関係ない処置で済ませている。
    • また、「アペンドディスクを配布します」という公式サイト上での告知は2度にわたって削除され、購入者にそのたび絶望感を与えた。
  • 18禁シーンがごらんの有様だったためか、Amazonでは一時期一般商品扱いになっていた。つまりエロCGが少なすぎて、全年齢向けと間違われてしまった。
    • 現在ではアダルト扱いになっている。
  • アリスソフトの『しまいま。*4』や今は亡き日本テレネットの『ヴァリスX*5』がよく引き合いに出された。
  • クソゲーマーたちに「修羅の国」の凄まじさを知らしめた。
    • ただし、この作品の影響で、実際にクソゲーを遊ばないエアクソゲーマー達が「修羅の国はこんなに○○なんだから、据え置き/携帯版はこの程度で文句を言うな」などと言った見当違いな文句を付けるような事例も生まれてしまった。
  • タイトルと「悲な出来」を引っかけて、『魔法少女アイ』などと称することもある。

クソゲーオブザイヤー関連

  • クソゲーオブザイヤーinエロゲー板が設立される原因となった
    • 選評や総評といったレビューが何一つない状態にもかかわらず、設立直後から大賞は『アイ参』で決まり、というのが初代スレの流れだったことも、今作が契機となってKOTYeが設立された事と衝撃度の高さを物語っている。KOTYe2008年は本家に習い『大賞』と『次点』をそれぞれ選出しているが、上記の様に大賞ありきで設立されたと言っても過言ではないため、次点の選出に関してはほどんど後付である。
    • KOTYinエロゲー板では、一時期某所で流行した「本作の登場人物を『ゆっくり』化したもの」がマスコットキャラクターに使われている。本来はクソゲーと関係無い『オプーナ』由来の「やるオプーナ」がマスコットの本家よりは正しい(?)形なのかもしれない。
  • 2008年は、翌年にコンシューマ移植されて大暴れする『戦極姫 ~戦乱の世に焔立つ~*6』、人気作品の続編で年間売上ベスト10に名を連ねながらファンの期待を裏切った『ToHeart2 AnotherDays』、同じく『つよきす2学期』、「怒りの庭事件」として知られる未完成商法の代名詞『Garden』等の様々な問題作が発売されているが、本作はその絶望的なまでの完成度の低さから、それらを一蹴して大賞の座を手にした。
  • シリーズファンに悪夢を見せた点では『AD』『2学期』とも共通するが、本作はその他の問題点が凄まじすぎてそこにまで批判の矛先を向けられることが滅多にない状態である。もっとも未完成品という時点ですでに住んでいる次元が違うといえるのだが。
    ちなみに、KOTYでは年末に発売されたクソゲーを「年末の魔物」と称することがあるが、KOTYinエロゲー板では本作は「魔物と呼ぶのも生ぬるいもっとおぞましい何か」とまで言われている。

関連商品

  • 第1作である『魔法少女アイ』発売後わずか8か月後に、攻略対象ヒロイン追加+女性フルボイスの『魔法少女アイplus』が発売されたのを皮切りに、『魔法少女アイplus』と2作目『魔法少女アイ2』のセットである『魔法少女アイDVD壱plus弐』、『魔法少女アイ2』のHイベント追加版である『魔法少女アイ2plus』、更に『魔法少女アイplus』と『魔法少女アイ2plus』のセットである『魔法少女アイ壱plus弐plus』が製作・発売されている。以上の事から『1』、『2』についても完全版商法、分割商法、プラス商法、セット商法といった批判が存在する。無論作品の内容自体は評価が高いため『参』程の批判はない。というより『参』の存在によってかき消されたというべきか。
  • 同名のアダルトアニメもゲームの発売元と同系列の会社より全3巻で発売されている。ストーリーは別物で一応アダルトアニメとしては形になっている。
    • セルフパロディなのか、「ごらんの有様だよ」の台詞もしっかりと登場する。
    • そして後にメーカー自らが「ごらんの有様だよ」という白抜きの文字が描かれた黒いTシャツを30着限定で販売した
    • ヴィジュアル系ロックバンド『DIR EN GREY』の楽曲『DIFFERENT SENSE』のPVには随所に本OVAの触手凌辱シーンが挿入されている。当然18禁な内容なので調査は自己責任で。
      • つまり、アニメの触手シーンを見たい場合、楽曲のPVを見ればいいだけの話……である。
      • ちなみに何故こうなったかというと、監督としてPVを手掛けた近藤廣行氏によれば、「得体の知れないモノ」に犯されている日本の現状をB級的手法を用いて表現したかったためだという。
      • 使用したシーンは全て近藤氏が責任をもって選んだものらしい。
  • 2004年に発売された1・2作目のイラスト集『魔法少女アイ原画集』の帯には、「待望のアイ3*7イメージカット初公開!」というアオリ文句が記述されており、実際に『魔法少女アイ3』に使用予定だったと思われるラフイラストが多数収録されているが、本作にそれらが使用されている形跡はない。
  • 2018年にエロゲー雑誌「メガストア」に『2』と共に収録された。
    • なお、アペンドパッチは適用済みである。
    • 過去に『1』も収録していたとはいえ、まさかの復刻である。