CAPCOM FIGHTING Jam

【かぷこん ふぁいてぃんぐ じゃむ】

ジャンル 対戦格闘アクション

対応機種 アーケード(SYSTEM246)
プレイステーション2
Xbox
発売元・開発元 カプコン
稼動開始日【AC】 2004年10月8日
家庭用 【PS2】2004年12月2日/6,980円
【Xb】2005年6月16日/5,040円
配信 ゲームアーカイブス
2012年12月19日/1,200円
※オフライン専用
判定 なし
ポイント カプコンの格ゲー開発力低下が露呈
家庭用も追加要素もなく手抜き
CAPCOMクロスオーバー関連作品シリーズ


概要

ストリートファイター』シリーズと『ヴァンパイア』と『ウォーザード』からキャラクターを集めた、SNKにおける『KOF』や『ネオジオバトルコロシアム』の様なメーカー内クロスオーバーによるドリームマッチ。
スイッチタッグシステムを採用しているが、基本的には1対1。キャラクター達は古巣作品を再現したシステムで戦うのが特徴。
本作オリジナルキャラクターに、製作中止となってしまった『CAPCOM FIGHTING ALL STARS』(参考リンク)でデビュー予定だったイングリッドがいる。
カプコン格ゲー集大成のお祭りゲームという触れ込みで、期待度は高かったのだが…。

参戦キャラクター

ストリートファイターII リュウ、ガイル、ザンギエフ、ベガ、神人豪鬼(隠しボス)
ストリートファイターZERO ガイ、ローズ、春日野さくら、神月かりん
ストリートファイターIII アレックス、ユン、ユリアン、春麗
ヴァンパイア デミトリ・マキシモフ、アナカリス、フェリシア、ジェダ・ドーマ、パイロン(ラストボス)
ウォーザード レオ、ムクロ、ヌール、ハウザー
オリジナルキャラクター イングリッド(乱入キャラクター)

システム

ボタンは多くのカプコン格ゲーと同様に弱中強のパンチ・キックが用意された6ボタン形式。
次ラウンドでゲージシステムが違うキャラクターに交代した場合、ゲージはそのシステムの最大値の割合分を引き継ぐ(例として最大3本のゲージで2本の状態でラウンドを終え最大2本のキャラクターに交代した場合、1本+1/3本の状態からスタートする)。

  • ストリートファイターII
    • 時間差起き上がりしかサブシステムがなく、パワーゲージも1本とシンプル。
    • ただし飛び道具を除いた全ての攻撃が空中ガード不能で、攻撃力とスーパーコンボの威力が高い。またスパコンは『ストZERO3』のX-ISMや『カプエス2』のP-GROOVEの様なレベル3固定である。
    • なお、本作の乱入隠しボスのみ例外的に本システムをベースに別のシステムを複数併せ持つ。
  • ストリートファイターZERO
    • 空中ガードとダウン回避が使用可能。パワーゲージは2本で、ZEROカウンター・スーパーコンボ・オリジナルコンボが使える『ZERO3』のZ-ISMとV-ISMを合わせた仕様である。多くの作品で猛威を奮ったオリコンはゲージが長い、オリコン中の削りダメージ低下、オリコン中に攻撃を受けるとゲージが無くなる、といった弱体化が施されている。
    • オリコンが使える代わりにスパコンの性能はシリーズにおけるレベル1~2に抑えられており、各技でばらつきがある。
  • ストリートファイターIII
    • ブロッキング・スーパーキャンセル・リープアタック・ハイジャンプ・ダッシュ・ダウン回避(クイックスタンディング)が使用可能。
    • パワーゲージは2本で、EX必殺技とスーパーアーツが使える。また『ストIII』シリーズではスーパーアーツは選択する必要があるが、本作では削除されたものを除いて全て使用可能である。
  • ヴァンパイア
    • チェーンコンボ・ガードキャンセル・空中ガード・ダッシュ・ダウン追撃・移動起き上がりが使用可能。
    • パワーゲージは3本で、ES必殺技とEX必殺技が使える。また一度のジャンプで複数回ジャンプ攻撃を出せるのも特徴。
  • ウォーザード
    • アルティメットガード・ハイジャンプ・空中ガード・ダッシュ・ダウン追撃・移動起き上がりが使用可能。パワーゲージは2本で、レベルアップとミスティックブレイクが使える。
    • システム上、ラウンド数が多いほど有利になっており、3ラウンド制と5ラウンド制ではキャラクターランクに大きな差が出る。
  • イングリッド
    • 回り込み・ハイジャンプ・空中ガード・ダッシュ・移動起き上がりが使用可能。
    • パワーゲージは3本
    • キャンセル移動とスーパーアーツが使える。イングリッドのスーパーアーツは『ストIII』のものとは異なり、消費するパワーゲージ量が技ごとに設定されている。
    • 彼女はデフォルトキャラクターでありながら特殊な立ち位置にあり、通常CPU戦には登場しない。条件を満たすと乱入してきて、テーマソング「陽炎」が流れる中で戦うことになる。密かな名曲であるが、現在のところ他の作品では聴けない。

評価点

  • 「お蔵入りになった作品の人気キャラ」であるイングリッドが正式に登場したこと。
    • 『カプコンファイティングオールスターズ』(CFAS)がお披露目された時から可憐な外見から高い前評判を集め、同作の開発中止後もプライズマシンの景品としてフィギュアが出回るなど、公式な登場作品を持たないまま単独での商品展開を見せ、その人気と知名度を受けて、ようやくこの『CFJ』で(3Dから2Dになるという変化はあったものの)公式に格闘ゲームにデビューする事となった。
    • なお、彼女がロリババァ*1属性を持っていたのは賛否両論となったが、これは元作品から存在していた設定である。
    • 彼女の独自システムは『CFAS』のプログレススーパーアーツシステムを元にしたものとなっている。ただし2D格闘である関係上、完全再現というわけではない。
  • 外部出演に恵まれていなかったキャラクターの登場。
    • 特に『ウォーザード』はゲームこそ評価が低かったものの、キャラクターや世界観は一定以上の人気があるにもかかわらず、これまで外部出演の機会にまるで恵まれなかった(タバサがせいぜい)。家庭用移植もないためキャラクターを拝む機会にも乏しいため、評価点と見ても間違っていないはずである。
      後述のように人選など賛否両論点は多いものの、メイン主人公であるレオ、元々プレイアブルキャラクターではなかったハウザーとヌールの参戦はファンを喜ばせたことは間違いではなく、決して批判点ばかりではない。両者ともに巨大な体躯は健在で、これを操作できる点も見た目のインパクトはある。
    • また、主人公なのに外部出演がことごとくモリガンにとられていたデミトリや、主人公ながら影が薄いとネタにされていたアレックスもしっかりと参戦している。
  • デミトリの超必殺技「ミッドナイトブリス」の作りこみが深い。
    • この技は相手を女体化させた後に吸血する、吸血鬼のデミトリらしさとヴァンパイア特有のお遊び要素も含んだもので、このグラフィックを基に作られたフィギュアも存在していた。本作のもいくつか後にフィギュア化されている。
    • 誤植で有名なゲーメストの「ザンギュラのスーパーウリアッ上(正:ザンギエフのスーパーラリアット)」をカプコン開発者が気に入ったのか、今作の女体化ザンギエフには「ザンギュラちゃん」と命名されている。
      また、リュウのブリスで変化する女の子はアニメ映画『ストリートファイターII MOVIE』を見ないと解らないネタである。他にもかりんやローズのブリス化した姿はある漫画のパロディネタであったりするなど、なかなか手が込んでいる。

問題点

対戦バランスの問題

  • ゲームキャラクターごとにシステムがばらばらでまとまりに欠ける上、『ストZERO3』や『カプエス2』の様な選択制ではないので自由度が低い。
    • 自由度の低さはストリートファイター所属キャラクターに顕著で、特に複数シリーズに出演しているキャラクターだと固定される時点で疑問が残る。
      • 特に春麗はシステムが『II』でなく『III』仕様の為に、『III』を遊んでいないプレイヤーからは遊びにくいと指摘される。単純に使い勝手が違いすぎるので『III』出身のプレイヤーからも不評。
    • 『ヴァンパイア』のシステムが圧倒的に有利で、それゆえに『ヴァンパイア』キャラクターが強い。
      • ガードキャンセルと移動起き上がりが凶悪な防御能力を誇る。その割にゲージが豊富で一発があり、ゲージが無くてもチェーンコンボからの追い打ちで最低限の火力が保障されている。
    • なお、『II』のキャラクターはシステムが非常に少ないが、代わりに攻撃力が非常に高い上にほぼ全ての技が空中ガード不能と言う形でバランスがとられているため、『ヴァンパイア』勢(強すぎ)とイングリッド(弱すぎ)以外は比較的システムバランスは取れている。
  • キャラバランスの難
    • 鳴り物入りで参戦した新キャラクター・イングリッドが面白味に欠ける上に弱い。
      • 攻撃力・防御力共に最弱クラスに加えて技性能自体も微妙なものが多い。本来なら強力な当身投げも「体が小さい(=当身の判定まで小さく攻撃を受け止めにくい)」「発動が派手で見切られやすい」ため非常に使い辛い。さらにコンボ性能が非常に低く、得意な間合いが中距離での差し合いである等の理由により、チマチマとした戦いを強いられることになる。
    • 強キャラの筆頭はシステムと性能に恵まれたジェダで、それを筆頭に、かりん、アナカリス、ユリアンなどの相性に恵まれた強キャラを使わないと最終的には勝てなくなる。
      闘劇で行われた本作の大会の使用キャラクターもバラけているように見えるが、実際に使われていたキャラクターは上記の4キャラクターがほとんどであった。
    • ジェダが強すぎるため、弱キャラの存在も特に目立つ。特にイングリッドや、『ZERO』キャラクター同士なのに強キャラのかりんと最弱争いのさくらなどのあたりは練りこみ不足感が強い。
  • タッグバトルだがタッグの意味がない。
    • ラウンドをまたぐ時に交代は出来るのだが、MvCシリーズのような試合中のアシストや、KOFシリーズのように2ラウンド目は強制交代等のシステムは一切無い。1キャラだけでクリアしようと全く問題なし。

そのほかの問題

  • 出場キャラクターや作品の選別が微妙。
    登場キャラクター数が21人とクロスオーバーにしてはかなり少ない上、参戦作品の都合上半分以上が『ストリートファイター』シリーズのキャラクターであり、偏りが激しい。
    • 開発者が「過去のVSシリーズに出てなかったキャラを出したかった」という旨の発言をしているが、『ウォーザード』で主人公の(外部出演があるとはいえ)タバサやタオ、敵キャラクターにしても人気の高いボスキャラクターのブレイドではなく、敵キャラクターからそれらを差し置いてほどして出すべきほど人気も知名度もないヌールやハウザーが登場しているなど、開発者の発言や評価できる点があっても気になる人選がある。
    • 他のシリーズから参戦したキャラクターも、人数制限のためかケンやサガット、モリガンといった従来のクロスオーバー作品には高い出演率を持っていた人気キャラが背景のみの登場となってしまっているのには首をかしげる人も多い。
      これらのキャラクターはリュウやデミトリと似た操作感を持つ、いわゆる波動昇竜系のキャラクターで仮に上記キャラクターが参戦してたとしても新鮮味に欠けるところは否めないが、本作は根本的にキャラクター数が少ないので普段以上に不在が目立つ。
    • 格闘ゲームの"シリーズ"から参戦する事になっているためか、『VS.シリーズ』に出場していたロックマンストライダー飛竜キャプテンコマンドージン・サオトメ(本来はパイロットだが)、ジル・バレンタイン、トロン、3D格闘ゲームからは『MVC2』に参戦していた『スターグラディエイター』のハヤトと『カプエス2』に参戦していた『ジャスティス学園』の鑑恭介などのキャラクターは等身大のドット絵が存在して流用ができたのに未参戦となっている。
      シリーズごとの参戦・システム利用という名目上、使いまわしであっても参戦が難しかったと考えられるが、やはり本作は作品数・キャラクター数ともに物足りないので、もしこれらのキャラクターが参戦していれば本作の評価はもう少し向上していたのは想像に難くない。また、その名目にも上の項にあるように穴が少なくないので、キャラクター数を犠牲にしてまで守るべきものかと感じさせる。
    • その他、『マッスルボマー』シリーズからの参戦も一切なかったが、これに関しては原哲夫氏が関係してある都合上、難しかったと思われる。
  • キャラクターのグラフィックはイングリッド(とザンギエフなどの一部)を除き過去作品の使い回しばかりで目新しさが無い。
    • 特に『ヴァンパイア』のキャラクターはデミトリが一部作り直されてはいるものの、当時からすればよかったドット絵も発売時期からすれば明らかに浮いている(本作以外の『ヴァンパイア』のキャラクター登場作品でも見られることだが)。滑らかな動きの『ストIII』のキャラクターや『ウォーザード』のキャラクターと比較すると顕著。
  • ストーリー・演出面の物足りなさ
    • 本作のストーリーは「パイロンが退屈しのぎに格闘家を招集した」という適当なもの。イングリッドのコートホルダー関連の設定についてもまったく語られない。
    • エンディングは過去作のようなストーリー仕立てでなく、台詞の無いコミック調のイラストが流れるだけという味気ないもの。
      • イラストのクオリティは高いが殆どはゲーム本編と無関係。イングリッドのエンディングについては台詞がないせいで非常に意味が分かりづらい。
      • 尚、エンディングに限ってはガロンやリリス、東風やダンテ等といった豪華な面子が出て来る。
        しかもパイロンのエンディングは、ケンやタオ、ビクトルやダッドリー等といった本作に出演できなかったキャラクター達がパイロンに挑んでいるという、自虐的にとれるものになっている。
    • 隠しキャラクターの一人である神人豪鬼は、元々『カプエス2』に登場したキャラクターで「豪鬼自身が持つ殺意の波動とルガール(SNKキャラクター)の持つオロチの力が混じり合った半暴走状態」という設定であったが、SNKが関わっていない今作での設定は不明。「普通の豪鬼を出せばよかったのでは?」という声も多い。

総評

格闘ゲームの第一人者であったカプコンの格闘ゲーム復帰作でありながら、そのゲーム・ドット絵製作能力が著しく低下していた事が露見してしまった非常に難儀な作品。
単純に遊ぶ分にはキャラクター数の少なさ以外は気にならないが、やりこむとなるとその底の浅さが見えてきてしまう。
制作側の熱の低さ、愛のなさがユーザーにモロに伝わってしまい、メインユーザーであろう本作の元作品にハマっていた世代にそっぽを向かれてしまった。


移植

  • 2004年12月2日にはPS2、2005年6月16日にはXboxへの移植版が発売された
    • しかし、おまけ要素等はなく本当に単なる移植であり、昔のカプコンではあり得ない程のやっつけ仕事っぷり。
      一応、アーケード版の内容から遜色なく完全移植であり、不具合なども特になく、さらにAC版では使用不可だったボスであるパイロンと神人豪鬼が新たに使用可能になっている(当然プレイヤー仕様は弱体化している)ため模範優等生的な移植ではあるのだが、オマケはその程度。
      • そのおかげか、発売からそんなに経たずに新品ワゴンいきという事態も散見された。

余談

  • このような出来になってしまった最大の理由は『カプエス2』以降、カプコン社内において「2D格闘ゲームはすでに古く、ドット作成が苦痛」と非難の声が上がり、
    『ヴァンパイア』『ストリートファイター』などのシリーズのプロデューサーであり中心的存在だった船水紀孝氏をはじめとした開発陣が抜け*2、残った僅かなスタッフにより本作が開発されたのが原因とされている。
  • 一方、イングリッドと同じく『CFAS』の登場キャラクターとしてお披露目されていたD.D.とルークは長らく音沙汰がなく、このまま闇に埋もれてしまうのではないかと思われていたが、2014年にスマホアプリ『オトレンジャー』で遂に日の目を浴びることとなった(ただし彼らの配信から僅か10ヶ月でサービスそのものが終了)。
    • 今となっては「誰?」「イングリッドのオマケ」程度の扱いではあるが、あのまま見捨てられなかっただけ、良しとしておこう。
    • なお、『ストリートファイターV』の公式サイト「シャドルー格闘家研究所」の「キャラ図鑑」にてイングリッドと並んでD.D.とルークのプロフィールも初公開された。
      • 後に『ストV』自体にもDLCキャラクターとして「ルーク」が新たに参戦…と言いたいところだが、『CFAS』のキャラクターは「ROOK」、『V』の追加キャラクターは「LUKE」で残念ながら全くの別人である。
  • 後にスタッフが語ったところ、当初は『元祖ストリートファイター』枠としてサガット、イーグル、烈の参戦も検討されていたが、お流れになったとの事。
    • なお、『ストリートファイターV』の公式サイト「シャドルー格闘研究所」のブログにてその詳細が語られており、記事によればイーグルは『カプエス2』からドットを流用し、烈とサガット(傷がない)は新たにドットが書き起こされている。
    • しかし、もしも彼らが参戦していたら現状よりもさらに『ストリートファイター』勢の偏りが増していたため、残念ながら非参戦も已む無しだろう。
  • あまり評価の芳しくなかった本作ではあるが「『ストリートファイターIII 3rd STRIKE』をPS2に移植するきっかけになったのは本作の製作」という意外な功績がある。
    • PS2互換基板*3で作られ、そちらへの移植も当初から決まっていたであろう本作の制作によって、それまで不可能と思われていた「『ストIII』のキャラアニメーションのPS2への移植」がほぼそのまま実現できたため。
  • 有名人プレイヤーもあって闘劇本選は盛り上がりを見せたが、予選の方はなんと人数割れを起こしていた
最終更新:2022年02月22日 20:00

*1 端的に言うと、「不老や老化速度の違いなどの理由で外見は少女でも実年齢は老女と呼んでいい年頃の女性」のこと。

*2 事実、船水紀孝氏はインタビューで「カプコン社内でも『2D格闘は古い』と言われて作るのが辛い」と語っていた。

*3 基本情報にもあるように使用基板はナムコ製PS2互換基板のSYSTEM246