機動戦士ガンダム クライマックスU.C.

【きどうせんしがんだむ くらいまっくす ゆーしー】

ジャンル 3Dアクションシューティング
対応機種 プレイステーション2
発売元 バンダイ
発売日 2006年3月2日
定価 7,140円
判定 なし
ポイント バンダイ名義最後の据え置き機タイトル
U.C.総決算なのにVガン不在
ロボットアクションとしては手堅い作り
ガンダムゲームリンク


概要

ガンダムシリーズの中で、宇宙世紀を舞台にしたタイトルを揃えた3Dアクションシューティング。
前年の某ミリオンが惨憺たる有様だったため、画面構成やシステムが似ている本作は情報が出始めた段階ですでに「また似たようなのを出すのか」と批判の声が上がっていた。
が、実際蓋を開けてみれば、これまでのファースト偏重を改めたかなり雰囲気の違うゲームに仕上がっていた。


特徴

  • 同様のタイトルとは違う多作品ぶり
    • これまではファーストを神格化していたのかやたらとそればかり重視していたが、今回はZZや逆シャア、映像化されていなかったクロスボーン・ガンダムまで含めた豪華ぶり。
    • キャッチコピーは「宇宙世紀の総決算!!」だった。が、実はVガンダムは不参戦。(後述)
  • システムの見直し
    • 先行してPSPで展開していたガンダムバトルシリーズに近い操作性で、しかもシューティングゲームライクなため爽快感もある。雑魚がビームライフルを受けてもビクともしない、などということはない。
    • 武器の持ち替えはないが、タメ段階で武器が変化する。また、ジャストショットだと威力や一撃の弾数が上がる。
    • 機体の性能によってはスピードに欠けるものもあるが、それも「遅すぎてイライラする」ということはなく「重量感がある」という感じになっている。
  • 二つのモード
    • 原作の名場面を追体験する「クロニクルモード」と、一兵士として戦場を駆ける「プログレスモード」の二つがメインとなる。
    • クロニクルモードでは、クリア済みのミッションはパイロットや機体を変更して遊べる。ジオンのミッションで連邦機を使うとNPCが「識別を切り替えろ!!」と言ったりする芸の細かさ。
    • プログレスモードでは、親子二代にわたる戦場の記録が紡がれる事になる。
  • 他にもエクストラモードなどがある。

評価点

  • 初心者にも優しい仕様
    • ダメージを受けた状態で敵機を破壊すると、高確率で回復アイテムを落とす。また、被弾していない場合はカードを入手出来、使用可能な機体やパイロットが増える。
    • うっかり被弾しても、すぐに応戦すれば回復する事が可能となっている。
    • 全体的にスピード感があり、難易度も比較的優しめなのでテンポが大変良い。サクッと遊ぶには実に丁度いいゲームバランス。
  • 軽い動作
    • Wikipediaによれば、動作性の軽さのためにこれまでのタイトルに比べてポリゴン数が少なめになっているらしい。実際、処理落ちして興が冷めるようなことはほとんどない。
    • その割りにモデリングは綺麗。さすがはPS2円熟期のタイトル。
  • マニアックなこだわり
    • 上記のNPC台詞の他にも、かなり細かいこだわりが多い。オペレータとして『08小隊』で登場したジオンの女性兵士*1がいたり、ステージによって特殊セリフも用意されている。
  • 参戦作品
    • 従来はやたらと「1st」推しの商品展開だったが、本作は「1st」「08MS小隊」「ポケットの中の戦争」「0083」「Z」「ZZ」「逆襲のシャア」、更には「F91」と充実の収録作品数であり、ファンを大喜びさせた。
    • 今でこそ「VSシリーズ」や「ガンダム無双」等で多数の作品の機体が使用できるものの、当時ここまでの作品が収録されたダムゲーは本作以外には存在しなかった。本作から7カ月後に発売された「ガンダムバトルロワイヤル」でさえ、マイナー機体の収録という長所こそあれど「Z」までしか収録されていない。
    • その「F91」では、まさかのクロスボーンガンダムF90Vを使用可能。
  • 魅力的なオープニングムービー
    • 本作のオープニングムービーはファースト~F91までの宇宙世紀作品を駆け抜けるような内容となっており、非常にクオリティが高いと名高い。
    • 通常版の他に条件を満たすと見ることのできるバージョンが存在し、両方ともファンの心を奮い立たせる演出になっている。

問題点

  • プログレスモードのシナリオがあまり良くない。その上薄い。
    • どの陣営にいてもメンバーが同じなのはまだいい方。初代は「逆シャア」シナリオ終了後に結婚して引退するのだが、嫁候補の一人はそれまでシナリオに一切出てきていない「地球に残してきた幼馴染」。しかも彼女と結婚しないと、子供がNTになれない。
    • 初代・二代目ともに主人公の仲間の男性キャラが完全に空気。女性キャラは嫁候補なのでまだ出番はあるのだが。
    • 後述のコミカライズ版では、その薄さが見事に解消された。最初からそうしてくれれば…。
    • クロスボーン・ガンダムミッション終了後の一枚絵は、子供がどのタイプ(男女2タイプずつの容姿がある)でも同じ。と言うか、四人全員が集合している。そこまでのシーンで共闘するような描写はないのに。
  • 参戦作品の扱いについて
    • とにかく「Z」偏重で、機体数もミッションも多い。当時は新訳劇場版で盛り上がっていた時期だったとはいえ、さすがに偏りすぎ。
    • 逆に「ポケ戦」ミッションは、バーニィ編を入れても3つしかない。そしていずれもタイマン。ストーリー上は間違ってはいないのだが…。
    • そして「クロスボーン」からは機体がクロスボーンガンダム系3機しか参戦しておらず、機体的にもミッション内容的にも「おまけ」感が拭えない。
    • 前述の通り、Vガンダム不参戦。「宇宙世紀の総決算」なのに。
      • Vガンダムは内容が色々とアレなためもあって*2、原作者の富野監督にひどく嫌われている、というのはガンダムファンの間では有名な話。
      • 一年戦争から70年、「F91」からも30年ほど後の話なので、一緒に扱うのが難しかったのかもしれない。プログレスモードが「百年三代の物語」になってしまうし。
      • 元々(テレビシリーズのUC作品としては)マイナー寄りの作品でありガンダム好きなら誰でも知ってる訳ではない為収録を見送られた可能性もある。じゃあ何でアニメにもなってないクロボンが出るのか、という疑問もあるが。
      • また、VガンダムはUCガンダムの「1st・Z・ZZ・CCA・F91・V」としてではなく、平成ガンダムの「V・G・W・X~」と括られてしまう場合も多く、もしかしたらその影響もあるかもしれない。ガンダムバトルシリーズ4部作最後の「ガンダムバトルユニバース」でさえ収録はされなかった。

総評

作品の扱いなどについて少々粗はあるが、システムなどには特筆するほどの問題点はない。目新しい要素は少ないが、ガンダムの3Dアクションシューティングとしては非常に手堅くまとまっている。
ガンダムシリーズが好きで、「宇宙世紀を追体験したい」「パイロットになった気分を味わいたい」というのであれば文句なくオススメ。
少なくとも某ミリオンのようなことにはならないだろう。


余談

  • 月刊ガンダムエースでは本作のプログレスモードを元にしたコミカライズ版が連載された。
    • 初代編と二代目編を平行で進める構成など、作者によるオリジナル要素が非常に色濃い他「フォーミュラー戦記0122」からガードナー艦長がゲスト出演するなど、見所もかなり多い。
  • あまり語られないが、プログレスモードのオリジナルキャラの声優が豪華。
    • 主人公カムナを石川英郎氏、主要キャラも堀江由衣氏、能登麻美子氏、勝安里氏、水樹奈々氏と人気と実力を兼ね揃え、他のガンダム作品ではあまり見かけない声優が並んで演じている。