メタルマックス2改

【めたるまっくすつーかい】

ジャンル ロールプレイングゲーム
対応機種 ゲームボーイアドバンス
メディア 32MbitROMカートリッジ
発売元 ナウプロダクション
発売日 2003年6月20日
定価 4,800円(税別)
判定 クソゲー
劣化ゲー
ポイント メタルマックス2改悪
劣化に留まらないゲームの変質ぶり
大量のバグと不具合
埋蔵アイテムがどこかへ行った
事実上の中止となったキャンペーン
今から買う価値は皆無
ソフトごとまるやきにしてくれるわ! がががー!
メタルマックスシリーズリンク


概要

隠れた名作としてコアな人気を誇るスーパーファミコン用ソフト『メタルマックス2』を、ゲームボーイアドバンスに移植した作品。
しかし実際は戦車と賞金首を増やしただけで「改」と言い張っており、加えてただの移植作品としてもレベルが低すぎたため、ファンの怒りを買った。


問題点

致命的なバグの数々

  • 守備力のオーバーフローバグ。
    • 守備力が255を超えた数値になると、数値が振り切れて守備力0扱いになってしまうというもの。
    • このゲームにおいて守備力255は中盤で達成できる数値であり、それ以上上げられないということは戦略上においても成長の楽しみという点でも少なくないダメージが生じる。
  • 一部の敵の動作で完全にフリーズ。
  • 普通は倒せない敵を倒して強引にイベントを進行させることができる
  • エンディングで本来表示されるはずの賞金首が表示されない、エンディングで表示される全滅回数がカウントされていない、など最後までバグが続く

問題だらけの追加要素

  • 追加戦車が狂ったように強いため、ゲームバランス崩壊。明らかに序盤に使えてよい性能ではない。
    • 加えて追加戦車はレンタルタンクという店からレンタルする種類の戦車。自分だけが入手できる戦車ではない。ガッカリ。
  • 追加賞金首は既存ボスのグラや行動パターンのコンパチボスであり、追加する意味が分からない追加要素。
    • なお、追加賞金首はセーブ1で倒すと、セーブ2では出現しない
      • もっとも、このゲームを別データで2周する人間はまずいないので被害は少ないが…。
    • ちなみに、その追加賞金首であるホークとフクマル、ホークはテッドブロイラーをベースにしてあり、ステータスも同様。
      クリア寸前のパーティーでも普通に全滅する。
      そんなのが序盤の山場グラップルタワーの西(酒場サースティの北)の森の中にいる。
      一方フクマルはモンキーセンターから真東に6歩の固定位置に出現。戦車砲の数発も打ち込んでやればあっけなく死ぬ。
      行動パターン・ステータス・賞金額どれをとっても明らかに出現位置が逆に設定されている。
      • もし逆であったのなら、
        グラップルタワーに挑む際に喉から手が出るほど欲しいサースティ&バザースカで買えるアイテムの資金として生身限定(森なので)で戦うそこそこの強さのフクマルと、
        テッドブロイラーは本来戦車で戦えないため、戦車で戦ってみたいという願望をかなえる歯ごたえのある相手として用意されたホーク、
        この2体の追加賞金首は良かった点として評価されていたことだろう。

原作からの劣化

  • 「埋蔵アイテム」が90%以上消滅している。希少アイテムがない。
  • SFCの画面比率を無理やりGBAに合わせたため、常に画面がちらつきキャラクターが縦に押しつぶされたような感じになっている。
    • 同時期に発売された『MOTHER1+2』がBGM・グラフィックともに頑張っていたため、これらの劣化は槍玉に挙げられた。
  • 圧倒的な強さゆえに語り草となっていたテッドブロイラーの能力が大幅に弱体化。
    • 白兵戦前提故の調整と言えなくもないが、この仕打ちにはがっかりした人も多い。

…と、これだけでも十分にクソゲーといわざるを得ない作品であるのに、それらを上回るほどのBGMの劣化具合は目を覆いたくなる物がある。

史上稀に見る最低BGM

  • とにかくBGMが最低。携帯電話草創期の4和音の着メロよりひどい。『2』の原曲と比べると、各パートごとの音色選択がでたらめだったり、1オクターブ低い、あるいは高いままであったりとハチャメチャ。
    • 全体的に物凄く音が軽く、原曲の持ち味でもあった重厚さが完全に消えている。それどころかこれを採用したスタッフの神経を疑いたくなるような酷い有様。
    • 特にシリーズ最高クラスの名曲である「お尋ね者との闘い」は完全にノイズと化してしまっている。あまりに改悪度合いが酷すぎてもはや曲なのかどうか疑いたくなるようなレベル。
      • ベースなんか完全に音を外している。音楽的に言えば、すべての音が完全5度高い状態、原曲よりテンポが遅くなっている。携帯機だからとか、素人が作ったとか、もはやそんなレベルではない。
    • ラスボス曲「バイアス・ブラド」に至っては最初からベースラインが1オクターブ高い上に音が外れている。さらに曲末端のベースのピッチベンド(音を滑らかに変化させる表現法)が下がったまま元に戻っていないため、2周目以降は更に音が外れたままで演奏が続くという前代未聞のBGMが展開される。
      + 参考動画集
      参考その1
      参考その2「お尋ね者との闘い」
      参考その3「バイアス・ブラド」
    • ファンからの評価は「素人が作ったMIDI以下」。これならただの改悪アレンジのほうがマシである。

評価点

  • 強引に挙げるとすれば追加のレンタルタンクが使える事と賞金首と戦える事。

総評

完全な移植失敗作品。

その商品失格レベルのお粗末さは、おそらくテストプレイを一回もしないまま発売してしまったのであろうことを如実に伺わせるほどのもの。
原作ファンはもちろん、原作を知らない人が見たとしても、ファンが激怒する理由が明らかに分かるだろう。それほどまでに酷すぎる。
数少ない長所は全部原作で面白かった部分であり、移植ならではの独自の評価点というものは皆無。
これからメタルマックス2をプレイする人はSFC版かVC版(もしくはDSリメイク版)を選ぼう。


その後の展開

  • 2011年11月までは携帯機で遊べる唯一の『2』だった。
    • 2010年7月、バーチャルコンソールにてオリジナルの『メタルマックス2』が購入できるようになったため、『2改』の存在意義はほとんど消失した。
    • トドメに2011年12月、ニンテンドーDSにて『メタルマックス2: リローデッド』が発売され、携帯機で遊べるという唯一のポイントさえも奪われたため、『2改』の存在意義は完全に消失した。

余談

  • 当時2chの『2改』スレでは「埋蔵位置が変更されているのではないか」という一縷の望みにかけ、住人によるMAP上を1マスずつしらみつぶしに調べるローラー作戦が展開された。
    • だが、データ解析により埋蔵アイテムが存在しないことが判明。その結果、ゲーム中のセリフ「死にてぇ」が大量に書き込まれ祭り状態に。
  • 元がファンの多い名作でありながらも、当時は原作発売元であったデータイーストの経営事情が深刻で続編の発売も絶望的であったこともあり、移植決定の報はファンを喜ばせた。
    • ところが、ゲームの出来はこのような有様であったため大いにファンを嘆かせ、そして激怒させた。ゲーム中の悪役「バイアス・グラップラー」にちなんで、発売元のナウプロダクション(通称:ナウプロ)に「ナウップラー」という蔑称がつけられた。
    • 当時の購入者からは『2改』ではなく『2壊』『痛壊』『2悔』『2改悪』などと呼ばれている。
  • 実はFCで出ていたMM1をリメイクした『メタルマックスリターンズ』の移植も半ば決定していたが、権利関係の懸念や本作の失敗のため立ち消えとなった。
    • 『2改』と『R改』を購入してはがきを送ればサウンドトラックをプレゼントという企画を売りにしていたため、それ目当てで『2改』を買った購入者達は完全に泣き寝入り状態だった。もっともあの音質でCDを出していてもどのみち怒りを買うだけなのだが…。
  • ちなみにリメイク発表時にナウプロ公式サイトには『2改』『R改』のリメイクに関する掲示板が作られていた。
    • MM2にはコアなファンが多かったため、ゲームシステムやバランス、SFC版では入手不能だったアイテム、新戦車、新賞金首などに関するマニアックで熱い意見・要望が書き込まれていた。
    • 凄まじい勢いでファンのリメイクへの熱い思いが書き込まれ、大いに盛り上がっていたのだが、その掲示板は何のアナウンスもなく突如謎の消滅を果たす。
    • そして発売されたのがバグまみれの劣化ゲー。掲示板消滅の一件とゲーム自体の出来から、製作側は旧作への愛がなく、本来のターゲット層である旧作のファンを甘く見すぎであると評された。