修正依頼」が出ています。総評を追記できる方はご協力をお願いします。


百鬼夜行

【ひゃっきやぎょう】

ジャンル RPG
対応機種 ファミリーコンピュータ
発売・開発元 ユース
発売日 1989年2月23日
定価 6,200円
配信 プロジェクトEGG:2019年8月20日/500円(税別)
判定 クソゲー
ポイント 8割が作業ゲー
クリアさせる気のない3Dダンジョン
ひゃっきだいおおさま


ストーリー

それは ほしひとつない
ある まよなかの できごとだった
いまにも しずもうとする ゆうひのように
そらを ちいろに そめながら
すさまじい おとを とどろかせ
まっかに もえさかる きょだいな ひのたまが
ほこらの もりに おちた
ほこらの もり そこには とおいむかしから けっかいが
はられており ひとはおろか いのちあるもの
すべての しんにゅうを こばんできた
しかし なんのために そこにけっかいが はってあるのか
いまとなっては おぼえている ものは いない ただ
だれもが わすれかけている むかしばなしの なかに
とくのたかい そうが じぶんの いのちと
ひきかえに じゃあくなるものを ふうじこめた
という いっせつがあるが それもさだかでは ない

それから はんとしがすぎ ひとびとは
ひのたまのことは すっかり わすれていた
じっさい そんな よゆうが なかったのである
それは いつから はじまったのだろう
ひとびとは わらいを わすれ
まちから へいわが きえた
よなよな みのけもよだつ こえが ひびき
なんにんもの ちょうにんが どこかへ きえていった
おしろの とのさままでが きえてしまった
そんな うわさまで ながれたほどである
ちょうど そのころ ほこらのもりから ほどとおくない
もりのなかの あばらやで
みるからに つかれはてた おとこが
ひとりの かげと はなしをしていた

かげの せかいに いきるものよ
わたしに ちからを かしてくれ
いったい なにが おこって いるのだ
このまちは どうなってしまうのだ
たのむ ちょうにんを このまちを そして わたしを
すくってくれ おねがいだ
ひとびとの こえがみちていた
きぼうと よろこびが あふれていた
あのころの まちに
ほんらい あるべきはずの あのころの まちに
しかと たのんだぞ

概要

ユース制作のRPG。鬼の封印が解かれてしまい魑魅魍魎が蔓延る様になった町を舞台に、主人公の忍者が情報収集をしながら仲間を集めて鬼の親玉である百鬼大王を倒すのが目的。
「ひゃっき"やこう"」ではない。

システム

  • 時間サイクルがあり、朝→昼→夕→夜→朝と一定時間ごとに変化する。
    • 店や神社は夜なるとしまってしまう。また夕方のみ仲間を加えることが可能。
  • 仲間は夕方に勧誘する必要があり、「泥棒」「商人」「武士」「浪人」「僧侶」「山伏」の6種がおり、その中から4人を選択してパーティを組む。
  • また世界観に合わせるためか妙に凝ったシステムがある。
    • 主人公が人の目を忍ぶ身であるためか町人に話しても会話が出来ず情報を収集するためには「野宿」コマンドから「変装」を選びおかっぴきに変装して行う必要がある。
    • 「道具屋」などで購入できるものは仲間が居るかで変わる。忍者一人の場合は火薬やまきびしと言った忍具が中心だが仲間が居ると違うものが並ぶ。
    • 夜の時間は町民が消え町にはモンスターが蔓延る。夜の町を魑魅魍魎が跋扈する様は百鬼夜行の世界観が再現されているともいえる。
    • 井戸などの抜け道を使うには「縄」を、ふすまを開けるには「釘抜き」と言った道具を使う必要がある。

問題点

  • 時間サイクルの問題
    • このゲームには朝→昼→夕→夜→朝と一定時間毎に時間のサイクルがあるのだが、宿屋以外は夜に入る事が出来ない。その上夜だけ異様に長い。
    • 逆に夕方は異様に短く、そのくせ何故か町を闊歩する仲間を加えられるのは夕方だけ。概ね出現場所は固定されているので、目当ての仲間が現れるまで張る事となる。
  • 仲間の格差問題。
    • 術が強い本作では術が使える忍者(主人公)・回復術が使える僧侶・攻撃&補助術が使える山伏などは優遇されているが、商人と泥棒の使い道はない。
    • 一応、商人はそろばん(道具)を持たせることで道具を高く売れるのだが下記の問題点と相まって使われない事が殆ど。
    • 泥棒は器用さが高いだけで攻撃力防御力共に水準以下。装備も貧弱。
      • 説明書には「泥棒がいないと開かない扉がある」とあるが忍者でも開けられる。しかも泥棒が使う扉開け道具は使うごとに一定確率で壊れるが、忍者専用の扉開け道具は壊れることが無い。つまり泥棒はあらゆる面で忍者の下位互換である。救いようがない。
      • 一応、器用さの高さを活かしてレベルさえ上げれば敵の術以外の攻撃に当たらなくなるので生存率は忍者と並んで最高になるが、それだけである。
    • 攻撃力が高いものの器用さが低く術が使えない浪人・武士も不遇。
      • 防具は一つを除いて武士専用なので浪人は耐久面で武士に大きく劣る。ただレベルが上がってくると器用度の影響で浪人の方が僅かに有利。
  • 戦闘バランスの問題
    • 術士以外に人権無しと、言い切って良いぐらい物理職が不遇。
      • 本作では命中率が「器用さ」に依存するため器用さが低いうちはまともに攻撃が命中しない。一方で術は防御無視の必中攻撃なので攻撃の術が使える忍者と山伏以外はまともな攻撃性能は期待できない。
      • 器用さが高いのは忍者と泥棒の2人だが泥棒はまともな武器が無く攻撃性能が低く、武器が強力で攻撃が高い武士と浪人は器用さが低めでまともに命中しないのどちらかになりがち。
      • LVが上がってくれば攻撃もまともに命中するようにはなるが、そこまで行くと今度は敵の守備が非常に高くなり武士や浪人でもまともにダメージが入らなくなる為、攻略は終始術頼みとなる。
    • また器用さは逃走確率にも影響をしており、敵との差があると絶対に逃走できない
      • 前述したように器用さが低いと敵に攻撃が当たらないため、本作は格上と接触した時点で詰み確定である。幸い、町中では「野宿」コマンドから自由にセーブできるのでこまめにセーブできるのは救いか…
      • しかし、夜に徘徊する敵は初期レベルでは歯が立たないぐらい強いので開始地点である程度レベルを上げないと町で夜を迎えた時点で詰む可能性がある。
    • 忍者の術で敵を麻痺させる術「かげぬい」が異常に強い。敵の耐性が全体的にザルなので中ボスはおろかラスボスにすら有効で、うまくはまればハメ殺すことも可能。敵全体を即死させる「こがらし」もラスボスに有効なのでますます物理職の立場が無い。
    • ラストダンジョンで手に入るアイテム「かみなりだいこ」は防御無視必中の全体攻撃かつ何度でも使用可能。ますます物理職のry
      • 一応攻撃アイテムは「使用者の攻撃力」で威力が決まるので術が使えないが攻撃が高い武士や浪人が使う事でアタッカーを任せることも可能。刀を携えておいて延々と太鼓を鳴らす姿を想像すると物悲しくなるが…
  • 育成の問題
    • 本作はドラゴンクエストⅢのように経験値分配式なのだが、敵から貰える経験値が全体的に低めで最大の5人パーティではレベル上げに非常に時間がかかる。格上に挑んでも絶対に勝てない都合上、基本はレベル相当の敵を安全に狩る事が前提になるためこのゲームの8割近くはレベル上げに費やされる事になる。
    • 敵の強さは忍者のレベルに依存するので忍者一人だけレベルを上げてしまうとすぐに敵が強くなり、低レベルの仲間は一撃で殺されてしまい全く育成できなくなってしまう。
    • 重要なステータス「器用さ」と術を使うのに必要な「神通力」はレベルを上げても増えないため、ただレベルを上げただけではいつまでたっても攻撃は当たらず、敵から逃げられない。これらの能力を上げるには広大な町中にある神社に寄付をすることでレベル相当の数値にしてもらう必要がある
      • しかも上げるたびに寄付料として「忍者のレベル×25両」が必要。しかも個人ごとに。そのため5人パーティで進める場合能力を上げるだけでもかなり出費がかさむ事になる。一回でレベル相当になるためある程度レベルが上がってから来ることで節約することは可能。
      • 器用度が上がらない状態で寄付すると「ありがとうございます」の記述とともにガメられてしまう。
  • 道具の問題。
    • 役に立たない道具が多い。例えば泥棒が使うことで3Dダンジョンの扉を開ける事が出来る道具があるのだがこれだけで「きり」「やすり」「はりがね」「やっとこ」と4種類もある。しかもこれらは全て一定確率ですぐ壊れる。忍者専用で使っても壊れない上位互換の「くぎぬき」の影に隠れてしまっている。値段も100両程しか変わらないので「くぎぬき」以外買う必要が無い。
    • HP回復アイテムである「むようそう」はHP10回復。ゲーム開始時の忍者のHPは50で、少しレベルを上げるとすぐ100に近くなる。雀の涙もいいところである。
  • 拠点となる町が異常なまでに広い。
    • 画面数にして脅威の108画面分もある。施設があるエリアに限っても48画面という広大さ。
      • この広さなのに、町の施設には一切看板などの表示が無いので、どの家がどの施設なのか丸暗記する必要がある。
      • 更に体を回復する「休憩処」神を回復する「酒屋」寄付することで様々な効果がある「神社」の3施設は利用料すら表示されない
      • アイテムの売却方法が特定の店でBボタンを押すという裏技みたいな方法。しかも説明書にも記述が無い。
      • 仲間を蘇生することが出来る寺が異常に遠い。主要な施設なのにこれだけ堀で遮られている区画の更に奥の町はずれの森の中にありたどり着くころにはとっぷり日が暮れている。しかも蘇生時のHPは1。当然帰り道に敵に捕まろうものなら再び蘇生しに長い道のりを戻るハメになる。
  • システム面の問題
    • 状態異常・毒を治す方法がアイテムと僧侶の術のみ。僧侶不在で毒消しが無いでは死ぬしかないが、ご丁寧に開始位置から毒を入れてくる敵がいる。そいつに捕まり毒を入れられたら最初からやり直しである。
    • 「たんどく」コマンドを選択する事でその場で仲間と別れられ忍者一人になれるが選択した時点で強制的に一人にさせられる為、うっかり選択してしまうと大変。
      • アイテムの「のろし」を使う事で別れた仲間といつでも再開できるが、仲間が死亡状態で「たんどく」行動を選んでしまうと仲間はロストしてしまう。同じ職業を再び加えれば元のレベルで加わるなんて親切設計等など無い再び育成のやり直しである。装備も当然返ってこない
  • 物価が異常に高い
    • 敵から入手できるお金が全体的に少ないのに物価は異常に高い。
    • 序盤は精々1匹辺り10~50両しかもらえないのに毒消しだけでも170両もするため気軽に買えない。前述したように能力を上げる寄付だけでも馬鹿にならないお金がかかるというのに…幸い「あくとくしょうにん」が弱い割に1000両もの大金を持っているので金策には困らないが、それでも店売り最強の武器は6500両。忍者で8000両。武士と浪人に至っては35000両もするので悪徳商人による金策を知らないと武器はもちろん回復アイテムすらまともに購入できない。
  • ストーリーの中心である自己視点型の3Dダンジョンも異常なまでに広い。
    • 長方形の約1500マスにも及ぶまさに迷路と呼ぶに相応しい超難関ダンジョン。救済処置である「ちず(今自分のいる場所がわかる)」と「にんい(ちずと同様の効果を持つ術)」は数歩歩くとすぐに効果が切れるのであまり役に立たない。さらにちずはこのダンジョン内でしか入手できない。
    • 3Dダンジョンの移動時にアニメーションが無く紙芝居のように絵が切り替わるだけなので進んだのか向きを変えたのか分からなくなる
      • ウィザードリィのように移動するとMAPがちらつくといったような表現が無いので直線通路などは何歩進んだか覚えておかないとすぐに現在位置が分からなくなる。
    • 泥棒か忍者が扉明けの道具を持っていないと扉すら開けられない
    • 入口は複数箇所あるので何かあった時に脱出しやすい(?)のが唯一の救いかも知れない。
  • おかしな誤字衍字。
    • 「しにいそぐとこはなかろう」「ひゃっきだいおさまのかおをおがんでからしんだらどうじゃ」…?

評価点

  • BGMは割りと良い。
    • 特に夜の森はゲームに相応しい明るくも暗い曲になっている。
    • 3Dダンジョンも、音楽は思わず体を揺らしてしまうような軽快な曲に仕上がっている。
    • 戦闘曲も和テイストながらもテンポが良く評価が高い。
      • ボス戦の曲などないので戦闘曲は1つだけという事もあって謎の中毒性がある。
  • パーティの編成は自由なので好きな組み合わせでプレイできる…といった自由度はある。

総評

  • はっきりいって、出来が悪い。昼夜のシステムで出る敵が切り替わるというシステムや、世界観や忍者が主人公という設定を再現しようとした試みは評価できるが、ゲームで出来る殆どが戦闘とレベル上げのみで退屈。そのくせ経験値分配システムの調整が甘く劣悪な戦闘バランスが合わさり戦闘はストレスフル仕様なのですぐに投げたくなってくるだろう。「毒」というRPGでは定番な状態異常すら予備知識がないと回復する道具が買えず治療できる施設すらない、仲間を蘇生する施設が異常に遠いと不親切な設計ばかりが目立ち、術が使えない仲間は育てたところでまともに戦えない、中ボスはおろかラスボスにすら即死魔法が有効などとにかく調整の甘さが目立つ。
  • 一つ大きいダンジョンを作って、これを攻略しろと言うのはわかるのだが、到底突破させようとは思えない広さでストレスだけが溜まっていく。
  • 時間さえかければクリア出来なくはないのだろうが、だからといってそこだけで評価を得ようとするのは土台無理な話である。
    • 一方でイベントの大半をすっ飛ばせる事に加え、「器用さ」の仕様と「術」の強さ、ラスボスを含むすべての敵に「即死」魔法が有効などシステム面を理解していれば忍者一人のレベルを上げるだけでクリアまでこじつけられるため早解きを目指す人には好まれる…かもしれない?

余談

このゲームのメーカーであるユースは現在XUSE(ザウス)というエロゲーメーカーになっている。


最終更新:2020年04月16日 07:56