天地創造

【てんちそうぞう】

ジャンル アクションRPG
高解像度で見る 裏を見る
対応機種 スーパーファミコン
メディア 32MbitROMカートリッジ
発売元 エニックス
開発元 クインテット
発売日 1995年10月20日
定価 11,800円(税別)
判定 良作
クインテットの神様リンク
アクトレイザー - ソウルブレイダー - ガイア幻想紀 - 天地創造 - ソロ・クライシス


ストーリー

地球は二つの世界、「地表」「地裏」に別れていた。

地裏ただ一つの村クリスタルホルム。
村一番のやんちゃ者アークは、長老の留守中に開かずの扉に入り、封印を解いてしまう。
村人はアークと長老を除き全て石のように固まってしまう。

長老は地裏にある試練の塔で封印を解き、地表の大陸を復活させる事で村人が戻ると告げる。

概要

クインテットが開発した『ソウルブレイダー』・『ガイア幻想紀』とあわせて「ソウル三部作」と呼ばれる。

特徴・長所

システム

  • アクションRPG。マップを歩くフィールド画面と、町やダンジョンなどのエリア画面に分かれている。アクションが行えるのは後者のみ。
    • レベル制。敵を倒し経験値を貯めることでレベルアップ、ライフや攻撃力ステータスが増加する。
  • ダッシュやジャンプのほか、物を持ったり投げたり押したりなどのアクションが可能。
  • 武器は槍のみ*1。アクションRPG定番の剣は使用しない。
    • この槍を用いて様々なアクションをこなす。ダッシュやジャンプと組み合わせれば技も出せる。
  • プライムブルーと呼ばれる青い石が各所に散らばっており、これを店に持っていくことで魔法の指輪やメダルを作り、魔法を使えるようになる。
    • 魔法のアイテムは一定回数の使用でなくなる消費アイテム。消費した魔法のアイテムは再び手持ちのプライムブルーに戻り、店に行けば再び魔法のアイテムを作れる。
  • 一風変わったメニュー画面。
    • 物語序盤に手に入る「箱」これがメニューになっている。見た目の大きさに反して人も入ることができ、中には生活できそうな空間が広がっている。武器や道具等それぞれの項目は「部屋」と呼称される。

シナリオ~まさに天地創造~

  • 第1章 旅立ち
    • 世界は最初、暗く生き物のいない「地裏」から始まる。アークの住むクリスタルホルムという小さな村が唯一の生き物の拠り所。生き物は外に出ることなく一生をここで過ごす。
      地上を蘇らせる使命を帯びたアークは、地裏での試練を乗り越えることで地上に5大陸を生み出す。
  • 第2章 世界の復活
    • 大陸が出来た後地上へ赴くが、この段階ではどこも土ばかりの荒野しかない。
    • 荒れ果てた大地に生物---植物・鳥・動物・人間を復活させてゆく。
      • 創世記と違って魚が取り扱われていないが、魔法メダルには水棲生物が2枠居る。
  • そして文明を発展させる「第3章 天才の復活」、物語の黒幕と相対する「第4章 えいゆうの復活」と続く。
  • つまり、タイトル通り旧約聖書の「天地創造」に沿った壮大な目標がこのゲームの大きな特徴というわけである。
+ 旧約聖書の「天地創造」抜粋

創世記(口語訳)

1:3-4
神は「光あれ」と言われた。すると光があった。
神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。
1:9-10
神はまた言われた、「天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」。そのようになった。
神はそのかわいた地を陸と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた。神は見て、良しとされた。
1:11-12
神はまた言われた、「地は青草と、種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ」。そのようになった。
地は青草と、種類にしたがって種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ木とをはえさせた。神は見て、良しとされた。
1:20-22
神はまた言われた、「水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ」。
神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。神は見て、良しとされた。
神はこれらを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、海たる水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」。
1:24-25
神はまた言われた、「地は生き物を種類にしたがっていだせ。家畜と、這うものと、地の獣とを種類にしたがっていだせ」。そのようになった。
神は地の獣を種類にしたがい、家畜を種類にしたがい、また地に這うすべての物を種類にしたがって造られた。神は見て、良しとされた。
1:26-30
神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。
神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。
神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。
神はまた言われた、「わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、種のある実を結ぶすべての木とをあなたがたに与える。これはあなたがたの食物となるであろう。
また地のすべての獣、空のすべての鳥、地を這うすべてのもの、すなわち命あるものには、食物としてすべての青草を与える」。そのようになった。
1:31
神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。夕となり、また朝となった。第六日である。
2:1-2
こうして天と地と、その万象とが完成した。
神は第七日にその作業を終えられた。すなわち、そのすべての作業を終って第七日に休まれた。
  • 目的そのものの壮大さもそうなのだが、この天地創造においてもっとも外すことのできない要素はその演出である。
    • 各大陸の復活、植物の復活、獣の復活、それぞれSFCとしてはとてつもないクオリティのグラフィックとそれにマッチしたBGMによる演出が非常に秀逸。文章では伝わりづらいのが残念。
  • 都市発展
    • 一部の都市は主人公の行動により発展させることが可能。
    • 都市を発展させると町並みが変わり、アイテムを入手できたり売っている物の質が上がったりする。
+ ただ、いいことばかりというわけにもいかず
  • 都市を発展させると子供が困っていたり、死んでしまう人がいたり、鳥たちが捕まったり、動物達が動物園へ連れてこられたりといった悲しいイベントも起きる。
  • 発展はいいことばかりではなく、犠牲も伴っているということを描いているのだろうか。

グラフィック、サウンド

  • 上でも触れているが、高いクオリティを誇る。各復活シーン等は感動もの。

長所

  • 多彩なアクション
    • ダッシュやジャンプ、槍を使った各種攻撃などのアクションがある。
    • ダッシュ速度を保ったまま攻撃可能なのでストレスレス。
    • 突進技に無敵時間があるため、レベルや装備や回復アイテムに頼らず、操作の腕に頼ったプレイも可能。
    • 操作性は良好。慣れれば問題なく動かせると思われる。
  • やりこみ要素
    • 都市発展、プライムブルー探し、ミニゲームなど、サブイベントのやりこみ要素も多くある。

短所

  • レベルによるステータス上昇の火力差が大きく、適正レベル以外では難易度に大きな差を生じる。
    • レベル不足で挑むとボスに与えられるダメージが極端に低く厳しい戦いを強いられる。
      • とくに中盤のボス「ブラッディマリー」は普通に進めた程のレベルでは2,3発食らえば瀕死になる高い攻撃力と、ボスのHP400に対して一撃で与えられるダメージが2前後というタフさから挫折する者多数。
      • 気づき難いがこのゲームには属性があり、このボスに挑む時持っているであろう単純攻撃力最大の武器が、ブラッディマリーが超軽減する属性であるのが原因。
      • それに気づかずチマチマ戦っていると演出もホラーなのでトラウマ化する事に。
    • また逆にレベルアップによる成長率が高い分、レベルを上げ過ぎるとどんなボスでも一撃で倒せるほどの火力にもなる。
      • ラスボスでさえも、初期装備であるクリスタルの槍でクリティカルで一撃となってしまうほど、ステータスによる火力の上昇は大きい。
  • 人魚の塔など、後半の一部のダンジョンが手抜き構造。
  • 魔法の使い勝手がイマイチ。使用する場面は少なくなりがち。
    • もちろん上手く使えば便利。上記「ブラッディマリー」にも上手く魔法を当てられればかなり楽になる。
  • ラスボスが回避不能攻撃を使用する。
    • 効果はHP半減なのでその攻撃で倒れることはない(HP1までしか減らない)し、ガードすればダメージ1~2に抑えることも可能だが、収束するまで何度もダメージを受けるため地味に削られて反則気味。
      • ただし、HPが1のときにガードすると1ダメージ受けて倒れてしまう。
    • 1回しかダメージを受けない方法もあるが、裏技の範疇。
  • シナリオが秀逸であることは確かだが、細かく見れば粗やツッコミどころもそれなりにある。
  • メニュー画面が風変わりすぎて使いにくい、という意見もある。
    • アイテムの捨て方がわからなかった人も結構いるらしい。

その他

  • 地名は実在する(もしくは実在した)地名と同じ、または実在する地名・都市名を捩ったものとなっている。
  • バグはほとんどないと思われる。プレイしていて遭遇することはめったにない。
  • 藤原カムイのキャラクターデザインは好評。「ロトの紋章」「雷火」で人気のあった氏のキャラクターは、前作の萩尾望都のキャラクターや前々作の不評パッケージからすると至って王道。

総評

同年発売ゲームに、長期にわたり話題を掻っ攫う『クロノ・トリガー』。同時期発売に『バーチャファイター2』、『真・女神転生デビルサマナー』。その後間も無く『ドラゴンクエストVI』、『風来のシレン』が来た為悲しいほど隠れてしまったが、ARPGとしての完成度は高く間違いなく名作と呼べる出来であり、今でもファンが多い。

余談

  • 開発部のクインテットが倒産したせいかVCの配信自体が絶望的。
  • youtubeにファンが作った天地創造20周年記念サンドアートがアップされている。ファンにはたまらないモノなので必見。