モンスターファーム

【もんすたーふぁーむ】

ジャンル 育成シミュレーションゲーム
高解像度で見る 裏を見る
対応機種 プレイステーション
発売・開発元 テクモ
発売日 1997年7月24日
定価 6,090円(税込)
廉価版 PlayStation the Best
1998年11月19日/2,940円(税込)
判定 良作
モンスターファームシリーズリンク


概要

ゲームディスクを市販の様々な種類のCDと入れ替え、読み込んだデータを下にモンスターを誕生させる、
プレイステーションのディスク入れ替え機能を活かした新機軸のシステムで人気を呼んだモンスター育成・対戦ゲームの第1作。

あらすじ

古代、人はモンスターと共に平和に暮らしていた。
しかし、モンスターの強大な力を悪用した人間同士で戦争が勃発し、多くの命が失われてしまった。
神はこれを嘆き、モンスターを封印し、人と関わらせないようにした。
人々は平和を取り戻し、大陸の地形が変わるほどの時が過ぎた。

現代。
古代の遺跡を発掘していると、ごく稀に「円盤石」が見つかる事がある。この円盤石こそ神がモンスターの封印に使った媒体である。
円盤石の封を解く技術は既に確立されており、人は取り出したモンスターの力を借りながら、かつてのように共に暮らすようになった。
そうするうちに、いつのころからかモンスター同士を戦わせる競技が誕生した。「モンスターバトル」である。
この娯楽は人々を熱狂させ、大会のためにモンスターを鍛える人、通称「ブリーダー」と呼ばれる人たちも現れだした。
モンスターバトルは大陸中に広まり、ブリーダーを目指す者もあれよあれよという間に増えていき、ついにはこの世界で一番人気の娯楽・職業にまでなっていった。

そして今。円盤石を手にブリーダーとして歩みだそうとする者がいた…

ゲームの基本

  • 1000年4月1週からスタート。12の月×4週間、育成の指示は1週間単位で出すため、1年で48回育成ができる。
  • モンスターはいくらでも手に入るので死んでもゲームの進行的にはなんてことはないが、資金が尽きた状態で月を終えてしまうと下記のエサが買えなくなるためゲームオーバーになってしまう。最初の資金は3000G。
  • 月のはじめにエサを選ぶ。10、100、300Gの3種類。高い方が効果がいいのは言うまでも無いが、特に序盤はお金ときちんと相談して決めよう。
  • 育成は基本的にファームで行う。ここでは割愛するが、アイテムショップもファームの近くにある。
  • モンスターの育成
    • 仕事
      • 疲れとストレスの貯まりが少ないがパラメータの上がりが少なく、100Gもらえる軽い仕事が6種類。
      • パラメータが大きく上がる代わりに、疲れとストレスが大きく貯まる上ちょっと下がるパラメータまである、150Gもらえる大変な(重い)仕事が4種類。
    • 修行
      • 2000G(半額割引あり)払って、1ヶ月の間モンスターを修行に出す。仕事と比べるとパラメータの上昇量が大きく、新しい技を覚えてくることもある。
      • 修行中はずっと修業しっぱなしで休養を取る事が不可能。なので修業に出す前は体調を万全に整え、戻ってきたら休ませてあげよう。
    • 大会
      • モンスターを大会に出す。優勝すれば賞金や商品が貰え、公式戦で勝てばブリーダーのランクが上がり、名人への階段を上ることが出来る。
      • モンスターは疲れてしまうが、体を動かすからなのか、ストレスは大きく下がる。
    • 休息
      • 人間と同じようにモンスターにも休みは必要。1週間何もさせずに休ませ、疲れとストレスを取り払うことが出来る。
      • 疲れやストレスがたまっていると寿命が縮む上、仕事を指示しても逃げ出し、勝手に休んでしまうこともある。
      • あまりに酷使しすぎると、小屋を壊して脱走*1したり、最悪そのままポックリ死んでしまったりする。
  • モンスターの入手や管理などは街で行う。モンスターを連れていないとファームには行くことができない。
  • 街の施設
    • モンスター市場
      • 純血種の「ディノ」「ライガー」「スエゾー」の中から好きなモンスターをいつでもいくらでも無料で貰える。
      • モンスターを連れている場合は、そのモンスターを手放す事も出来る。次回作以降とは違い、円盤石再生したモンスターを直後に手放すことができないため、利用頻度はそれなり。
    • モンスター神殿
      • 「円盤石」(CD)からモンスターを再生する。これは特徴の欄で詳しく紹介する。
    • モンスター工房
      • モンスターの管理はここで行う。育てたモンスターを10体まで保存する「冬眠」や、冬眠させたモンスター2体*2を合わせ、強くて新しいモンスターを作る「合体」などが行える。
      • 冬眠したモンスターは年を取らない。大事な大会があるけれど寿命が不安なときには開催される週まで冬眠させよう。
      • 対人戦をするときには、出したいモンスターを冬眠させておく必要がある。
  • モンスターの基本
    • モンスターには寿命が設定されている。種類によって長さはまちまちだが、だいたい3~5年は生きる。
      • だいたい1~2年目で肉体的にピークを迎える。ピーク中は能力の上がりが最もよくなる。
      • ピークに入った時はホリィが教えてくれる他、体の大きさ*3からある程度推察する事も可能。ちなみに、寿命を迎えそうなときも教えてくれる。
      • また、レアアイテムである「黄金モモ」「卵カブリ」を与えればさらに寿命を延ばすことが出来る。6年以上長生きさせるにはほぼ必須のアイテムである。
    • モンスターは「ライフ」「ちから」「丈夫さ」「命中」「回避」「かしこさ」の6つのパラメータを持つ。
      • それぞれ「体力」「力技の威力」「ダメージの減少」「攻撃命中率」「攻撃回避率」「かしこさ技の威力」にかかわる。
    • モンスターには「忠誠度」というものがあり、これが低いうちは言うことをきかない、具体的には仕事の失敗やバトルでの指示を無視して意味不明*4になる確率が高くなる。
      • 内部的には『甘え度』『恐れ度』の2種類に分かれている。モンスターを甘やかして甘え度を高くした「溺愛」状態だとモンスターの寿命は延びるが仕事の失敗率が上昇し、モンスターに厳しくして恐れ度を高くした「スパルタ」状態だと仕事の成功率は高くなるがストレスが貯まりやすいため寿命が短くなる。

特徴・評価点

  • 「円盤石再生」というシステムが最大の特徴。
    • これは、プレステにCD*5を読み込ませ、その情報からモンスターを再生させるというもの。もちろんCD毎に生まれるモンスターや能力値は違う。
    • また、合体で生み出せず、特定のCDからしか出てこない「レアモン」と呼ばれるものも存在する。
    • このゲームにもポケモン図鑑のようなものがあり、図鑑を完成させてもメリットは特にないが、やりこみ要素としてはかなりのボリューム。
  • モンスターがとても個性的。ゴーレム、ピクシー、ナーガ、ドラゴンなどの他のゲームでも聞いたことがあるぐらいメジャーなものや、恐竜のディノ、動物型モンスターのライガー(名前に反して狼型)、植物型モンスターのプラント等はともかく、黄色い体に大きな目玉としっぽが1本というこのゲームの看板モンスターである「スエゾー」を筆頭に
    • パッと見可愛らしいウサギだが、硬派なマーシャルアーツの達人「ハム」
    • 見た目からは想像できないバランスの取れた戦闘力、羽化イベント等様々な要素で優遇されたイモムシの「ワーム」
    • 太陽の塔のような仮面とマント(と時折出る白い本体)だけの「ガリ」
    • ただの黒い板(と度々浮き上がる顔らしきもの)だけの「モノリス」
    • その上記2体の謎を解くと登場する隠しモンスターだがパッと見バスケ選手にしか見えない人型モンスターの「マジン」
    • アイテム集めに謎解き等、再生条件は厳しいもののそれに見合う実力と見た目のインパクトを持つ変形ギミック持ち古代ロボの「ヘンガー」
    • がんばれギンくん…もとい、テクモの別ゲームキャラが元ネタの「ラクガキ」
    • 継ぎ目などが嫌な意味でリアルな猫のぬいぐるみがそのまま動きだしたようなモンスターの「ニャー」
    • どう見ても円盤石そのものだが、本体は中のトカゲの「ディスク」
      • やったことがない人は一見「なんだこれ」と思うようなモンスター達だが、仕草に愛嬌があり、育てていくうちになんだか愛着がわいてくる、そういう不思議な魅力があった。イモムシだってかわいい。
    • 王道モンスター代表のゴーレムですら、今シリーズでは象徴的な攻撃技がでこぴん。当時のテクモスタッフのセンスを感じられる。
  • 大会ではモンスター同士を戦わせる。「ガッツ」という技を出すのに必要なものや距離によって出せる技が違うなど、なかなか面白い出来。
    • 相手のライフを0にしてKOさせるだけでなく、技を出されないように相手のガッツを徹底的に削って逃げ切る戦法(通称「ガッツロック」)を取ることもできる。
    • 出せる技は種族毎、ガッツが貯まる早さはモンスターごとに違う。まあ最終的には誰を選んでも戦法次第で勝てるので、見た目で選んでしまうのも良い。
  • 他の大きなイベントとしては、探検が挙げられる。これはモンスターと一緒に未開の地へ行き、そこの遺跡を探索していろいろなアイテムを手に入れるというもの。
    • 隠しモンスターの出現条件になっているため、全モンスターを育てるには必須の作業。そうでなくても、探検限定のアイテムがあったりお金稼ぎに使えたりと何かとお世話になる。
    • 修行と同じくらいの疲労がたまるので、探検の前の週は休養を忘れずに。
      • 余談だが、探検に誘ってくれるおじいさんは実はとっても凄い人。
  • クリア難易度は適度なバランスとなっている。
    • 育成するモンスターが一体目や二体目ではクリアは厳しい*6が、それを合体させて次世代のモンスターにして育てて行けば着実に能力は上がるため、ゲームが上手くない人でもクリアできる事だろう。
    • それなりにゲームを進めると「トロカチンEX」というパラメーターを劇的に成長させるアイテムがショップで販売される*7ため、これを利用すればクリア難易度は大きく下がる。
  • BGMは全体的にオーケストラ調で、ヨーロッパ風のデザインにピッタリ。
    • タイトル画面や街、育成関連では軽快でご機嫌な曲調、反面大会やバトル中は勇ましいものが数多く用意されている。
    • ファームのBGMも季節毎に用意されていたり、大会もランク別に6曲存在。成り上がるに連れて壮麗になるバトル曲に、育成モンスターの出世を実感出来る。
    • このオーケストラ路線は『2』『BCPS』にも引き継がれている。*8

短所

  • 修行や探検でモンスターが迷子になってしまうことがありがちなこと。
    オール999モンスターを作るときや金稼ぎの作業をするときは、いつでもリセットできるよう心の準備を忘れずに。
    • 続編の2では迷子そのものにならなくなり、修行では失敗した時に時々ケガをするようになってたり色々改善されている。
  • ややバグが多い。以下はその一例。
    • 参加できる大会を選択する瞬間に十字キーで操作すると、操作した先の大会に出る事が出来てしまう。
      • そこで大会のない欄を押すと、「DUMMY ZERO」という名の大会の画面となり、大会開始のアナウンスと名前のないディノ同士が戦っているような映像がエンドレスで流れ続ける。
      • なお、入力は割とシビアであるため、意図的に狙わなければ発生しないバグである。
  • 隠しモンスターの解禁方法が面倒なものばかり。
    • 解禁が簡単なドラゴン*9ですら「チャレンジ杯(春)」に優勝→モンスターをAランクにして7月に「協会特別招待試合」の挑戦状を貰いボスに勝利という手順を踏むことで解禁用アイテムを手に入れることができる。…が、問題はこのあとで、ディノパープル(ディノ×ナーガ)とスティンガー(ナーガ×ディノ)に先程のアイテムを使いながら合体というややこしい合体が必要になってくる。
    • マジン・ヘンガーもドラゴンと同じく、「大会に勝利・アイテム・特定レシピでの合体」が必要になり、非常にめんどくさい。
      • 一応1度でも合体した後でならCDから再生可能であるが、今作における解禁が必須なモンスターは正規の方法で登場するCDの種類が非常に少ないため、何度も育成するのであればその特定のCDを用意する必要がある。
    • 隠しモンスターのうち、ニャーのみ「ショップで売られるアイテムを合体に使うだけ(特定レシピの必要がない)」と解禁条件自体は簡単だが、アイテム入手までゲーム内時間で25年間プレイする必要があるため、結局遠いことには変わりない。
    • ゴースト及びラクガキはどちらも前準備が必要な上に運ゲー。確率自体は低くないためセーブとリセットを繰り返せば上記4種より簡単に出現させることができる。
    • ディスクは隠しモンスターという扱いであるものの、解禁条件は無くCDを再生させるだけでいい。問題はそのCDがPCEの超激レアゲームソフト『テクモワールドカップスーパーサッカー』と地味にマイナーで流通数が少ないと言われる『レイジレーサー』の2本のみ。ウイイレやリッジじゃダメだったのかよ。
  • モンスターの性格の基準になる「まじめさ」が各モンスター毎に固定されている隠しパラメータ扱い。
    • 尚且つ、法則性が薄い。一例を挙げると真面目さの値が低い同士の合体である「エンジェル(ピクシー×ガリ)」は全モンスターでもトップクラスの真面目さ70を誇る。対して逆位置の「ピクセル(ガリ×ピクシー)」はそうでもない。
    • ちなみに最も不真面目なモンスターは「ラグナロックス(ドラゴン×モノリス)」。なんと真面目さの数値が5しかない。「太古の文明を滅ぼすきっかけとなった暗黒の使い」等という大層な設定がついており、見た目も非常にカッコイイのだが。(ちなみに今作のドラゴンはそこそこ真面目な方。*10
    • 一応ライガー派生・特殊派生がある程度真面目だったりする程度の法則はある。真面目さが低いモンスターでも忠誠度が高くなれば言うことを聞くようになる。
      • 『2』では「ヨイワル度」として性格が可視化+変動化、『3』は真面目・不真面目以外に細かく性格が設定されて育成やバトルに大きく影響するようになった。
  • 隠しパラメータの潜在能力を上げすぎると仕事失敗が多発するようになる。
    • これは、モンスター同士を合体させることで上がるステータスの上がり幅と仕事の成功率であり、上げれば上がるほどステータスがよく育ち、仕事もこなす優秀なモンスターになる。
    • ところが、最大値150であるはずの潜在値が128を超えると上がり幅は上がるが、仕事の成功率がオーバーフローしてしまい、失敗続きになってしまう。
  • 明確な「ラスボス」が存在していない。
    • 一応四大大会のみに出場している「四天王」扱いのレアモンスターはいるが、全体的に他のSランク敵に毛の生えたような能力程度である。
      • 但し夏の四大大会である「グレートモンスターズ杯」のレアモンとして登場するドラゴン「レドント(ドラゴン種xゴーレム種のジハード)」だけは別格で、脅威的な攻撃力故にドラゴンタイプの攻略法を知らないと瞬く間に秒殺され、加えてKO負けすると100%死亡する難敵となっている。
      • 続編以降は「レジェンド杯」という明確なラスボス戦が登場した。*11
  • 初代ということもあり、対戦バランスにやや難がある。
    • 単に「ガッツが貯まっているほど技のダメージが上昇する」という仕様であったために「ガッツが貯まるのが速いモンスター≒最強」という図式が出来てしまった。
      • 事実、後述する「モンスター甲子園」の優勝モンスターは4回中3回が「ベニヒメソウ(プラント×ピクシー)」というガッツ回復が最速のモンスターであった*12
        そうでなかった1回は3体でのチーム戦形式で、優勝チームにベニヒメソウこそ居なかったものの、ベニヒメソウと同じピクシー派生が2匹いた。
      • 次点はワーム系統最速のベニシャクトリから羽化のマグナビートル(ゴーレム×ワーム)とされている。ゴーレムの高火力とゴーレムにしては破格のガッツ回復速度を併せ持ち、やや反則気味の性能を持っていた。*13
      • 続編の2では「ガッツ回復が遅いモンスターほどガッツを貯めた時の技の威力の上昇率が高い」というように改善されている。

総評

  • 第一作目ゆえの粗さはあるが、モンスターファームシリーズの基盤となった作品だけあり、今なお評価する声のある良作。
    • 中でもCDからモンスターを再生すると言う独特のシステムは好評を博し、大きな話題を生み、そして後のシリーズにも代々受け継がれた*14
  • テクモはそれまでもいろいろな作品を出してきたが、モンスターファームシリーズはそれらにも負けない新たな看板タイトルになるほどの人気が出た。
    • このゲームはもちろん対人戦も出来るのだが、それの全国大会である「モンスター甲子園」が開催されるほど。


余談

  • 本作を初期型のPS2でプレイすると一部の大会中にフリーズする事がある。
    • 中にはゲームクリアに必須な四大大会の内二つフリーズしてしまう。*15
    • 本作に限った話ではなく、PS2発売以前に発売されたソフトの中には、PS2でプレイすると何らかの不具合が生じる物が少なからずある。
    • 後期型の薄型PS2ではフリーズが解消された。
  • 「モンスターファーム~円盤石の秘密~」としてアニメにもなった。ゲームとは全く違うオリジナルのストーリーだが、2期が放送されるほど好評だった。
    • 「モンスターファーム大好きな少年がゲームの中に吸い込まれて冒険」という、いわゆる王道な冒険モノ。その一方で敵・味方問わず死者が多く出る展開が続く、朝アニメとしては重い内容だった。
    • 主役となるモンスターは次回作の目玉だったモッチーに加えてスエゾー、ゴーレム、ハム、ライガーの5体。後続作(『ソロモン』『モンスターファームジャンプ』)でこの5体が主役として抜擢されたり、スエゾーの関西弁設定やライガーのクールな性格がゲームにも逆輸入されるなどの影響もある。
    • また、ゲームで単なるわがまま娘だったピクシーが「冷徹だが、時折善側に付く女幹部」という設定になったりする面白いアレンジも。
  • このゲームは1000年4月1週(月に関係無く4週で1月経過)から始まり、やりこんでいる人は2000年を突破しているらしい。軽く1000年は経過しても姿が全く変わらないホリィさんやその他のキャラの事はいろいろとネタにされまくっている。
    • しかも、ホリィさんは10年経過時と100年経過時にお祝いメッセージを言ってくれる。100年…
  • 本作の助手であるホリィはモンスターファームの人間キャラの中で根強い人気を誇るキャラである。
    • 次回作の『2』では対抗戦のライバルとして、またGBA版の『アドバンス2』では再び助手キャラとして、再登場をして見せた。
    • アニメ版でも登場し、アニメ版主人公のゲンキと共に冒険をして見せた。
  • 特定のCDを再生した際に誕生する突然変異種(後述の「アルデバラン」や「サンプラザ」等の派生種不明モンスター)は、実はCDのトラック総数と総合時間で判別されており、トラック数と時間さえわかればCD-Rで自作する事も可能。
    • 上述したディスクも、この方法を使えば一応手に入れることができる。
  • 続編の『2』で本作を再生するとレアモンが誕生する。その名は「すえきすえぞー」。
    • 「モンスター甲子園」で予選に使われていたタイムアタック用の対戦相手で、「ライフと丈夫さが999、回避が1」という極端なパラメータを持っている。そのステータスを再現*16スエゾーのレア種が登場する。
    • 『2』で現在発見されているデータの中で最高の初期値を誇るが、もちろんそんなうまい話があるワケもなく、1週間しか生きられない人工モンスターという扱いで、育成は不可能である。
  • 今作時点で「テクモネタ」は健在。
    • 『刻命館』を再生すると、館の主である「アルデバラン(マジン種のレアモン)」が再生される。
    • また、『刻命館』のサウンドトラックからは、同作の没キャラ「イヴ(ピクシー種のレアモン)」が登場。
    • テクモネタ…かは微妙だが、『ギャロップレーサー』からは競走馬のような姿をした、その名も「ギャロップ(ディノ種のレアモン)」が生まれる。
  • 影牢 ~刻命館 真章~』の隠しトラップの一つにスエゾーが降ってきて転がってくるというものがある。
    • ついでに、このゲームを2で円盤石再生させるとエミリアのコスプレをしたようなナーガ「トキビト」が生まれる。
  • イメージソングとして爆風スランプの「モンスター」が使用された。
    • シングルCDを再生すると「サンプラザ」というニャー種のレアモンが登場する。名前の通りサンプラザ中野氏そっくり。なおサンプラザはガッツ回復がニャー種の中で最速である。
  • 本作の話題性は実際かなり大きかった物で、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」で本作を題材とした話が作られた程である。作中では両津勘吉が本作をプレイしている様子も描かれている。その話、「CDモンスター!!の巻」は単行本107巻に収録されている。
    • 原作にほぼ忠実なゲーム画面で描かれているが、麗子に借りたクラシックCDからはライガー種らしきオリジナルモンスター(悪魔のような顔付きで鋭角的な翼と尾を持つ)が再生されている。
    • 話の中盤からは、電子少年の電極+と友達の小学生達によって開発されたモンスターファームのオリジナルゲームが題材に変わる。
  • 2019年にTwitterの公式アカウントが設立された。(リンク
    • 本作発売から22年後である2019年7月24日に、本作の移植版が配信予定だとアナウンスされた。
    • iOS/Android/Nintendo Switch向けにダウンロード専売で配信予定。価格は1,900円。iOS/Android版は11月28日、Switch版は12月19日にリリース予定。
    • ネットワークを介して独自のデータベースからCD名やアーティスト名を検索してモンスターを再生できる仕組みを採用予定である。(参考リンク)

*1 モンスターが居ないので仕事の収入がなくなる上、脱走した状態で月の初めを迎えると「捜索費」がかかるので、ゲームオーバーの危険が跳ね上がる。

*2 にプラスして隠し味のアイテムを混ぜ、隠しモンスターを出したりパラメータを更に上げたり出来る。

*3 このゲームでは成長具合(年齢ではない)によってモンスターの大きさが変わる。成長具合を動かさないようにすれば小さいままで10歳なんてモンスターも。

*4 アホそうなアクションをとる。その間はガッツ回復が止まる上に回避が大幅に下がるため危険。逆に言えば、相手がコレを発動したらチャンスということでもある。

*5 PSのゲームだけでなく、音楽CD、セガサターンやPCEのソフト、パソコン雑誌の付属ディスクなどCD-ROM規格ディスクなら広く読み込める。流石にまだDVDの規格すらなかった次世代ディスクは厳しいが…

*6 慣れている人ならば不可能ではない。

*7 初めてショップに行ってからゲーム内時間で20年後に発売。

*8 『3』では世界観変更か、BGMの雰囲気も大きく変化。完全に番外編の『ジャンプ』はゴキゲンなカントリー調のBGMとなっている。

*9 但しドラゴンは解禁手順こそ簡単なものの、攻撃力と命中率に優れた技が多い故に敵として対峙した際にKO負けした時の致死率が高く、ハンパな能力で大ダメージ技及びガッツダウン技を一つも覚えていない場合取得条件となる2つの大会の制覇が難しい。

*10 おそらく、続編のヴァージアハピのように数値入力を1桁間違えた結果だと思われる。もっとも、世界を滅ぼした悪名高い存在としての極悪さを表現しているという説もあり、続編でも本作ほどではないものの育成初期ではかなり不真面目な設定なので一概に設定ミスだとは断言できない

*11 『2』では「それぞれの師匠キャラの相棒」という設定のモッチー・スエゾーが、『3』では上記不真面目さで話題になったラグナロックスが「ラグナ」と名を変えて君臨する。

*12 最速タイでミント(ピクシー×ライガー)がいたが、ピクシー系統モンスターは習得技のクセが強く、ベニヒメソウのような人気は得られなかった。

*13 ワームの羽化イベントで現れるモンスターは羽化前のワームのガッツ回復速度を引き継ぐ仕様だった。そのため、最速のベニシャクトリをガッツ回復の遅い系統のモンスターに羽化させることで大幅に強化される。

*14 ハードの関係で不可能なGBA版・DS版を除く

*15 5月3週のマスターズ・オブ・ブリーディング杯と2月1週のオールスターバトル

*16 但し『2』で登場するすえきすえぞーは、基本技と「かみつき」のみしか覚えておらず、完全再現はされていない。