修正依頼」が出ています。対応できる方はご協力をお願いします。
依頼内容:『ターボ』の項目に各種評価項目を追記し記事の体裁を整えてください。


※本稿では、FC版『桃太郎伝説』と、PCエンジン移植版『桃太郎伝説ターボ』の2本を紹介する。


桃太郎伝説

【ももたろうでんせつ】

ジャンル RPG
対応機種 ファミリーコンピュータ
メディア 2MbitROMカートリッジ
発売・開発元 ハドソン
発売日 1987年10月26日
定価 5,800円(税別)
ポイント 昔話ベース
判定 良作
桃太郎シリーズリンク
ハドソン マル超シリーズ
ボンバーキング / ファザナドゥ / 桃太郎伝説

概要

後に『桃太郎電鉄』シリーズを生み出す、桃太郎シリーズ第一作。X68000版も存在する。
日本人なら誰もが知っているであろう昔話「ももたろう」をベースに、様々な昔話をミックスしてギャグ化した独特の世界観を持っている。
シナリオはさくまあきら氏、キャラクターイラストは土居孝幸氏が手掛けていることから、当時両氏が担当していた『週刊少年ジャンプ』の読者コーナー『ジャンプ放送局』でも、度々取り上げられていた。また音楽を手掛けていたのはサザンオールスターズのベーシストである関口和之氏である。


ストーリー

むかしむかし――。
桃から生まれた桃太郎は6歳の時、世の平安を乱す鬼を退治するべく鬼ヶ島へ旅だった!! 
行く手をさえぎる鬼の手下を退治し、犬・猿・キジの3匹のお供を見つけ出さなければならない!!

金太郎を始め、浦島太郎、花咲か爺さん、かぐや姫等、昔話のヒーロー、ヒロインが総出演!! 
抱腹絶倒の旅が、今、始まるッ!!
(説明書より)


特徴

  • オーソドックスなスタイルにちりばめられた独特な演出
    • ドラクエスタイルの典型的なRPGながら、上記の昔話のエピソードや個性豊かな敵、また全編に散りばめられたギャグ要素がかなりの異彩を放っている。
      • 特にギャグ要素の多さは戦闘面にまで及んでおり、様々なパロディ要素も多分に含んだユーモラスな外観とネーミングのギャグ敵が多く出現するのも特徴。
    • いわゆる「勧善懲悪」の王道なシナリオであるが、物語の根底にあるのは「愛と勇気」であり、桃太郎の立ち位置は一方的な正義に根差したものではない。
      • 本作では、桃太郎が敵を倒すことを「こらしめた」と表現し、ザコ敵からボス、果てはラスボスに至るまで決して命を奪わず、敵側も桃太郎の愛と勇気を学び改心する。また、戦闘に敗北しても死亡ではなくあくまでも戦闘不能という扱いで、死という概念を避けているのも特徴的である。
    • レベルは「段」、パスワードは「天の声」、経験値・MP・HPはそれぞれ「心」「技」「体」と、RPGにおける基本的な用語が和風な世界観に沿った言葉に置き換えられている。
    • 呪文・魔法に相当する「術」はレベルアップで習得するのではなく、各地にいる仙人から修業を受けることによって習得していく。
      • 修行の内容は仙人ごとに異なっており、中にはひたすら長い話を聞き続けたり、高額なお金を払ったりするものもある。
    • 旅の途中で出会うイヌ、サル、キジにきびだんごを与えてお供にすることで桃太郎の攻撃力と守備力が上がる。
      • 彼らはNPCとして独自の判断で戦闘に参加するが、さくまあきらによると、これはRPGの戦闘でAIが導入された初めての例だという。
    • 前述のとおり、様々な昔話をモチーフにした村が出てくるが、本作では「昔話と違って悪いことをしている→正体は鬼でした」というパターンが多い。
      • 金太郎や浦島太郎が仲間になるのは『II』以降で、本作では初代『ドラクエ』同様、終始一人旅となる。

評価点

  • 全体に漂うほのぼのさ
    • 敵である鬼の中には、行動やルックスが相応に凶悪なものもいるが、本作ユーザーがプレイ後に思い浮かべる「桃伝の敵キャラ」と言えば「貧乏神」「ユキだるま」「勉強の鬼」などのユニークな物が断然多い。
      そういったほのぼのとした部分が強く押し出されており、敵側である鬼も人間を痛めつけたり殺したりといった非道で血生臭い悪行を行うことはない*1。戦闘面でも前述のように重くなりがちな生死の表現や敵を倒すことの表現をやわらげていることもあり、RPGにありがちな殺伐感もなくどこか懐かしく温和な雰囲気のまま最後まで遊ぶことができる。
      • 前述の「愛と勇気」というテーマの所以であり、本作の温かみある世界観を形成する要素でもある。
  • 豊富なネタ要素
    • 容量の限られたファミコンというハードの制約上、普通ならば余計なデータは削減に徹するものだが、本作では「攻略に関係ない遊び」が実に多い。
      中でも有名なのが「女湯」。桃太郎の年齢*2が一定値を下回っている状態だと正面から入浴可能で、サービス画像が拝める。希望の都まで時間がかかってしまい入れなくなっても、かくれみのを使えばこっそりと覗ける。
      • さくまあきら氏は「ジャンプ放送局」内で、「女湯のイベントを入れると普通のRPGの場合、村を4~5個増やせる」「女湯のためにシナリオが減ってるのはうちくらい」とコメントしていた。
    • 年齢は「ステータス画面の桃太郎の外見が変化する」というだけのパラメータであり、実質「女湯に入れるか否か」を判定するための数値である。エンディング時の桃太郎の外見にも影響するが、その程度。従って、100歳近いヨボヨボの姿になっても普通に冒険できる。あんまり時間を掛けた所為で冒険中におじいさんとおばあさんに先立たれる、なんて事は無いのでご安心を*3
    • 上記のユニークな敵たちも、行動パターンがかなり豊富。「金を盗む」「金をくれる」くらいは序の口、「いきなりクイズを出す」「攻撃をバットで打ち返す」など様々な個性豊かなアクションを見せてくれる。
      • 敵は発売当時に知られていた著名人やCMのパロディも多く、『あかおにホーマー』『わかだいしょう』『ジャキ チェーン』『きんぎんパールプレゼントのオニ』なども存在する。
      • 中には、Dr,マシリトこと鳥嶋和彦氏がモデルの敵「天邪鬼」もいる。攻撃時のセリフは「ボツ!ボツ!」。
      • 後の『桃太郎電鉄』シリーズでもお邪魔キャラとして主役の桃太郎とタメを張る程の人気キャラになった「貧乏神」のモデルは、当時『ジャンプ放送局』のレイアウトを担当していた「ボンビーえのさん」こと榎本一夫氏である。
    • 回復アイテムを「つかう」と転がしてしまったり、「放屁の術」を村人の前で使うと「桃太郎さん、臭いですよ!」と言われてしまったりと桃太郎の行動もかなりユニーク*4
    • 放屁の術以外にも畑にしゃべるう〇ちがいて話しかけると「ぼくはう〇ちだよ!ぷりっ!」なんて低学年の小学生が喜びそうな下ネタを言い放ってくれたりする。
    • 戦闘中にやられて戦闘不能になる以外には、希望の都の料亭でフグ料理を食べるとフグ毒にあたって死ぬという場面がある。ちなみに攻略に必要な場面でもある。
  • 初心者への手厚い配慮
    • 当時のRPGらしくレベル(段)上げ作業は相応に必要だが、村の施設で「次の村へ行くのに適した段」を教えてくれたり、段が上がると体力・技が最大値まで回復するようになっているなど配慮が行き届いており、RPGに不慣れなプレイヤーでも安心して進められる。
      • 但し、後述するようにゲームバランス自体は良い訳ではない。
    • 先に述べたように温和な雰囲気で統一されているのもとっつき易さを促している要因である。
  • シリーズの常連となるキャラクターたち
    • 前述の貧乏神や、変装とスリ取りでプレイヤーを悩ませた「スリの銀次」など、後のシリーズにおいて常連となるキャラも本作で既に登場している。
  • きれいなグラフィック
    • マップやキャラクターなどは緻密に描きこまれており、ドラクエとはまた違った温かみある雰囲気を醸している。
  • コミカルでほのぼのとした世界観にマッチしたBGM
    • 音楽面においては純粋な和風要素はまだ少なめであるが、ほのぼのとした世界観にマッチしたBGMが多く、印象に残る曲が多い。
      • 特にパスワードを入れるときの曲「天の声」は人気が高い。この曲のおかげで長いパスワードも落ち着いて入力できる。シナリオ中でも感動的な場面で使用される。
    • 作曲担当がバンドメンバーのベーシストということもありポップス的なエッセンスが含まれている曲もある。
    • ギャグ敵との戦闘の際は、特定の敵との戦闘時含め、複数のバリエーションがあったりと凝っている。
    • 一方、ダンジョンの曲はホラー調でかなり不気味に作られており、戦闘曲も激しさと共に緊張感を感じさせる。場面によってメリハリの効いた構成になっていると言えよう。

問題点

戦闘のバランス調整の不備ゆえの理不尽な点

  • 物価が高いわりに敵から得られる金額がやたらと安く、序盤は宿代にすら困る*5
    • 最初の所持金100両をはたいて「かたな」を買えばそれなりに戦える。たとえ戦闘で負けてもほぼ無一文なので、所持金半減のデメリットは無いも同然。
      • 逆に刀以外の物を買ったり、易者占いでお金を使ってしまうと、ものすごく苦労するハメになる。敵を倒して得られるお金よりも宿代のほうが高くつき、稼ぐに稼げなくなる。
    • 苦労してお金を貯めて装備を買い替え、レベルを上げても、強くなった感じが全然しない。旅立ちの村で一番いい装備を整え、5段までレベルアップしても、最弱の赤鬼1匹すら一撃で倒すことができないほど。このせいで戦闘にとにかく時間がかかってしまう。
  • 戦闘時における「素早さ」のステータスの影響がかなり大きく、ゲーム全般を通じてプレイヤー側の素早さがかなり低い一方、敵側はかなり高くなっている。
    • ゲーム中盤~後半だと最高値である255の素早さを持った敵も珍しくないため、段数を大幅に上げて装備品をしっかりつけていても奇襲攻撃されることが非常に多い*6。これは後述のリメイク版「ターボ」でも改善されていない。
  • 終始一人旅となるため、特定の鬼が使ってくる特殊攻撃の「炎も凍るような冷たい風を吹き付けてきた」で行動を封じられ続け、ハメ殺されてしまう状況が頻発する。
    • 特にこの特殊攻撃を使う敵が多い中盤の「氷の塔」は運要素が大きく本作最大の難所になっている。
    • 桃太郎の行動を高確率で封じてくる雑魚敵の「じゃこつばばあ」「いんねび」など、プレイヤーがトラウマとして挙げる敵も多い。
+ ラスボス戦もかなりバランスが悪い。ネタバレ注意
  • ラスボスは体力が非常に高く設定されており*7、ダメージ蓄積により行動パターンが変わる。
    • 前述の氷漬け攻撃も使用してくるので、いきなりハメ殺されることがある。
    • 体力が半分を切ると回復行動を取ることがある。さらに追い詰めると完全回復することがあり、これをやられると仕切り直し。しかも何度でも使用してくる。
    • これらの状況を打破するには会心の一撃を出す「ろっかく」の術を連発しての速攻撃破が有効。しかし技ポイントを大量に消費するため、回復アイテムが大量に必要である。
      • 苦労して覚える最強の術「だだぢぢ」もラスボスには効果がないので、ろっかく以外に有効な攻撃方法がない。このため戦闘がどうしてもワンパターンになってしまう。
      • 善戦していて突然ハメ殺された場合は、使った回復アイテムを集めるところからやり直しになってしまう*8

アイテム関連

  • 現在装備中の兵具は、新しいものと付け替えることはできても、単純に外すことはできないため、先に売って新しいものを買うための資金の足しにすることができない。
  • 回復アイテムを使いたい時、「つかう」ではなく「たべる」を実行しなければならないため、間違えやすい。
    • 戦闘中に誤って「つかう」を実行してしまうと前述のように『アイテムを転がしてしまう』ため、1ターン無駄になる*9
  • 不要なアイテムの売却は兵具屋や茶店ではできず、別に存在する質屋に行かなければならない。しかも、どういうわけか、質屋は兵具屋や茶店から遠く離れた場所にあることが多く、わざわざ歩かされる。それだけでも面倒なのに、質屋が無い村もあるので、不便極まりない。特にだだっ広い希望の都では大変。
    • 問題視されたのか、続編からは各施設に移動できる「村ひえん」が登場した。
  • アイテムは8個までしか持てないうえに、預かってくれる施設も存在しない。
  • 前述の天邪鬼はアイテムを盗むという特殊攻撃を行うが、盗まれた後に天邪鬼に逃げられるor自分が逃げると当然そのアイテムは消滅してしまう。
    • とある村では「やぐらだいこ」という重要アイテムを渡すとクリアに必要なアイテムと交換できるのだが、渡す前に「やぐらだいこ」を盗まれて取り戻せないと村に「やぐらだいこ」が戻ったことになってしまい、クリアに必要なアイテムを貰えず詰んでしまう。
    • 「やぐらだいこ」はその村の中でのイベント戦闘で入手するアイテムなので、村の外に出る前にさっさと返すようにすればこうした事態は防げる。

マップ関連

  • 安売り王ドイン・といちや・占い屋は看板が無いため、どの家なのか、見た目で判別できない。
  • 次の村までかなり距離があることが多い。しかも、中継地点となるすずめのお宿では天の声を聞くことができないうえにひえんの術で飛んで来ることもできないため、パスワードでの再開時やゲームオーバー後のコンテニュー時にはかなり戻されてしまう。

その他

  • お供がほとんど役立たず。攻撃力・防御力が上がるのはいいとして、個々の固有の能力が微妙。
    • イヌ:近くに仲間がいたら探してくれる→仲間が揃った後は何の役にも立たない。
    • キジ:近くにかぐや姫の宝物があると教えてくれる→これもほとんど使いどころがない。
    • サル:船を漕ぐ→それ以外全く使えない。……というわけで、「めいれい」コマンドがほとんど何の役にも立たない。
  • 戦闘中にたまに敵に攻撃してくれることがあり、桃太郎より高いダメージを出すこともあって、びろーんのような桃太郎の打撃が効かない相手にも通用するのはいいが、そもそも攻撃してくれる確率が高くないので、頼れない。
    • キジは空を飛んで刀の届かない敵に攻撃してくれやすく、犬と猿は桃太郎がピンチの時に攻撃してくれやすい。しかしそんな場合に無理して通常攻撃するよりも術で切り抜けたほうが良いため、どれもあまり意味がない。
  • ひえんの術の消費技数が1回で20と、かなり燃費が悪い。
  • 後半はいつ死んでもおかしくないバランスになるので所持金を預けておきたいところだが、手数料がかかるので利用しづらい。しかもトイチ

総評

昔ながらの民話をRPGに落とし込んだ秀作。
調整不足な面が見受けられやや厳しい側面があるが、和をベースとしたRPGという斬新さや、RPGにありがちな殺伐とした世界観ではなく民話を取り込んだ温かみある世界観により、ドラクエの後追いで発売されつつも強い独自性を印象付けた。

のちにシリーズ化されることとなるがいずれの作品も高評価を受け、「愛と勇気のRPG」として知られるようになった。


裏技

  • 「天の声」で「ふ」と一文字だけ入力すると、レベルがかなり高い状態でスタートする。しかもしばらく経つと桃太郎の年齢が0歳になる(見た目はゲーム開始時の幼少期)。
    • これを利用すれば、前述の「女湯に入れる」が簡単に可能。
    • 他にも「おにのばか」と入力しても、レベルが高い状態からのスタートとなる。年齢はかなり高齢で、所持金も「ふ」に比べると少ないが。
    • 「天の声」では、「すべてのき よくがききたい な」でサウンドテストモードの「桃太郎音楽室」、「すべてのて きがみたいな」で全敵キャラのグラフィックを鑑賞できる「桃太郎美術室」を出すことも可能。
      • 途中から省略しても認識されるため、音楽室は「す」、美術室は「すべてのて」まで短縮可能。
  • 最初からスタートし、一度も「天の声」を聞かない(神社の神主に話しかけない)で「飛燕の術」を覚えると、行き先リストが表示されず、月の宮殿など通常では行けない場所に行けてしまう。
  • 一度クリアしてエンディングを見た後、電源を切らずにリセットして最初から始めるか「天の声」で再開すると、Bボタンを押しながら移動することで岩山や海などの障害物のすり抜けができるようになる。敵も出ない。
  • 「飛鳥の剣」を質屋で売ると300両になるが、浦島の村の安売り王ドインからは200両で買えるため資金増殖ができる。

桃太郎伝説ターボ

【ももたろうでんせつ たーぼ】

ジャンル RPG
対応機種 PCエンジン
メディア 3MbitHuカード
発売・開発元 ハドソン
発売日 1990年7月20日
定価 5,800円(税別)
判定 良作

概要(ターボ)

ファミコン版の移植作品であり、幾つかの要素を変更したいわゆるリメイクバージョンにあたる。
この後に発売される『桃太郎伝説II』は本ソフトの実質続編にあたる。
PCエンジンのソフトでは売上第5位を記録し、もっとも売れたRPGとなった。

追加・変更・改善点(ターボ)

基本的にファミコン版を踏襲しているが、幾つか改められた要素がある。中には以後の桃伝シリーズに影響を与えるものも存在する。

  • ファミコン版から移植したことで音質やグラフィックが向上。『ドラゴンクエスト』の様にお供のキャラが表示されるようになった。
  • サルの居場所の変更。FC版でホウライの玉がある洞くつがあった場所にいる。
  • 本タイトルから『SUPER桃太郎電鉄』のテーマが使われるようになった。
  • 外部記録ユニット(天の声2など)を接続すればセーブができるようになった。
  • 装備が「武器」「胴」「足」の3種類のみになり、いでたちは廃止された。
  • すずめのお宿が5か所から8か所に増えた。浦島の村北の毒の沼地の中洲(おやど2)、氷の塔の南(おやど4)、鬼の爪跡の出口(おやど7)に新しくできた。
    これに伴ってつづら屋の中身も変更され、お食事券が廃止された。
  • 希望の都の料亭いしいの料理の値段が安くなり、フグ料理が7000両になった。
    もちろん当たって死んでしまうが、下記の金色の毛皮の入手方法変更によりお詫びの品が打ち出の小づち(売値7000両)に変わった。つまり実質打ち出の小槌を7000両で買ったのと同じ形になっている。
  • 質屋が廃止され、何処のショップでも売ることが出来るようになった。
  • といちやが、道具も預かってくれるようになった。また手数料が全廃され、さらには段が上がる度に利息(段の数×1%)まで付くようになった。
  • 仙人の名前が簡略化された。天の仙人とひとりでも仙人以外は術の名前+仙人になった(万金丹のみ少し短くまんきん仙人)。
  • 『ひえんの術』の習得方法が変更されかなり早くなった上、中盤の仙人の試練をクリアするとパワーアップされてすずめのお宿にも行けるようになった。
  • 灼熱の弓矢の入手場所が変わった。きっちょむさんから貰うのではなく、きっちょむさんは弓矢を鬼に奪われており近くの洞くつに隠されている。
    • 全面落とし穴で『ふゆうの術』が無ければ弓矢の所にたどり着けない。これに伴いふゆう仙人の居場所が変更され、きっちょむさんの家のすぐそばになった。
  • 各ボスの変更。希望の都で雑魚敵の茨木童子*10がボスとして登場*11。船乗り場のボス「やまんば」がさるかにの村の中に移動し、船乗り場では色違いの「じゃこつばばあ」がボス格に*12
  • 雑魚敵も追加された。『ほほえみの大地』の一部敵キャラも改変され、発売当時の時代に合わせた時事ネタやパロディがメインとなっている。
  • 桃太郎の年齢の廃止。代わりに経過時間が記録されるようになった。
  • 宝物の入手方法の変更。
  • 勇気の剣のありかが変わった。

  • 移植・リメイク
    • 1998年に、続編『II』及び『II』のリメイク作『』のシステムやキャラクターなどを導入したPS版リメイクが発売された。
    • 2001年には『II』とのカップリング移植がゲームボーイカラー専用ソフト『桃太郎伝説1→2』として発売された。
    • 2011年には各社フィーチャーフォン(ガラケー)用アプリとして『桃太郎伝説モバイル』が配信開始された。
    • 1990年9月に『桃太郎伝説』を基礎としたPCエンジンのアクションゲーム『桃太郎活劇』が発売された。
      • 各ステージには『桃太郎伝説』には登場しなかった本作オリジナルのボスが登場する他、桃太郎が水中を泳いだり、天に召されたりするなど、『桃太郎伝説』ではありえない演出が施された。

余談

  • 1989年から同名のアニメ*13が放映されたが、桃太郎達がアーマーを着込んで変身する*14などオリジナル要素が多い。また1作目のビデオ化は途中までしかされていない。
  • 本作発売の3年後にアスキーからリリースされたRPG『忍者らホイ! 痛快うんがちょこ忍法伝!!』は、ゲームデザイン、キャラクターデザイン、音楽が本作と共通のメンツであり、作風も踏襲してギャグ基調の和風な世界観となっている。
最終更新:2020年04月27日 15:40

*1 敵が明確に人間を殺す描写や非道な悪者が出るのはSFC版「新」が唯一。ただし、本作で登場するダメージ床の「血の池」については「鬼に殺された人々の血でできた池」という少々重い設定になっている。

*2 プレイ時間に応じて加算され、リアルタイムで2時間毎に1歳分年を重ねていく。

*3 四コマアンソロジーでは桃太郎が高齢になったのにいざ帰ったらおじいさんとおばあさんは全然変わっていなかった、とネタにされていた。

*4 実は「放屁の術」はクリアに絶対必要な術である。また「つかう」→「アイテムをころがす」も有名な昔話にちなんだものであり、これもまたゲーム進行に必須だったりする

*5 敵を倒して得られるお金が1~2両で、宿代は5両

*6 桃太郎と敵の素早さが同じ場合でも、約4割の確率で奇襲される。

*7 特殊仕様でファミコンの限界である255を超えている

*8 しかも回復アイテムの入手はランダムな上に大金がかかる。

*9 技を回復させる「せんにんのかすみ」は「つかう」を実行しても回復はするが、何故か「たべる」での回復量の半分しか回復しない。

*10 FC版でも鬼の爪跡で普通に雑魚敵として出てくる これはターボでも変わっていない

*11 これに伴い希望の都の中央の城がダンジョンになっている。

*12 おじいさんとおばあさんに化けて桃太郎を騙そうとするのもじゃこつばばあになっている

*13 制作は『チャージマン研!』で知られるナック(現・ICHI)が担当していた。

*14 当時は『聖闘士星矢』をはじめ『鎧伝サムライトルーパー』『天空戦記シュラト』など「鎧モノ」と呼ばれるアニメが流行していたので、そのブームに乗ったものだろう。