信長の野望 全国版

【のぶながのやぼう ぜんこくばん】

ジャンル SLG


対応機種 PC-8801、PC-9801、X1、X68000、MSX、MSX2、FM-7、
Windows 98~XP、ファミリーコンピュータ、スーパーファミコン、
メガドライブ、PCエンジン スーパーCD-ROM2、プレイステーション
発売・開発元 光栄
発売日 【PC88】1986年12月
【FC】1988年3月18日
【SFC】1993年8月5日
【MD】1993年9月15日
【PCE】1993年12月11日
【PS】1998年1月22日
【Win・コーエー25周年記念パック】2003年8月1日
プレイ人数 1~8人
定価 【機種共通】9,800円
【コーエー定番シリーズ】1,980円
備考 コーエー定番シリーズ:
【PS】2000年8月3日
【Win】2005年7月22日
配信 バーチャルコンソール:
【Wii】SFC版:2008年12月24日/1,000Wiiポイント(税5%込)
【WiiU】SFC版:2014年10月29日/823円(税8%込)
Steam:2017年1月25日/1296円(税8%込)
判定 良作
信長の野望シリーズリンク


概要

前作との違い

  • 信長の野望シリーズの第二作。文字通り、今回は全国が舞台となっている。
    • 前作のマップを踏襲した範囲が織田信長を中心とした近畿・中部の17国モードと、全国を舞台にした50国モードがある。
  • 本作から各大名の顔グラフィックが登場した。
    • イベント時にも対応となるCGや音声が出力され、演出面が強化された。
  • ターンの単位は春夏秋冬の1年4ターン。担当大名が死亡するとゲームオーバー*1。最大の敵は寿命と言われ、一部の大名はじっくり育て上げ盤石を固めてから攻めるプレイが困難*2になっている。
    • 敵大名が複数国持っている場合、その母国に攻め入り第1部隊を撃破した場合はその国全てを一気に占領することができる。この作品ではまだ史実イベントとして設定されていないが「桶狭間の戦い」のような戦い方も可能。
  • プレイヤーは開墾や治水などの開発を行い国を豊かにし、増えた人口は徴兵(又は攻めて来た兵を横取り)して戦力を強化、隣接する国に侵攻し領土の拡大を目指す。最終的に全ての国を占領すればゲームクリアとなる。ちなみにコマンドは1ターンあたり1つのみ*3
    • 『全国版』は国単位の統治であるため城や城下町それを結ぶ道が存在せず、原則隣接する国なら攻めることができる。そのため開始時に隣接する国が少なく、国力もそこそこある島津*4や長宗我部など*5は初心者向けとされた。
  • 前作では収入、戦闘力でしか影響がなかった民および兵士の忠誠度が、低いと前者では一揆、後者では謀反を起こされてしまうようになった為隣国などよりも遥かに脅威となる様になった。またこれらのパラメータは敵国にも設定されており、コマンド「忍者」を使うことで低下させることが可能。
  • 相場に関してもターンによって変動するようになり、米の売買や徴兵時の費用、または借金の借入返済などに影響を与える。これを利用して米の相場が安い時に大量購入、上がったら売りつけ金を稼ぐ。ただし取引するとそのターンが終了するので、手順に気を配ろう。
  • 今作でも「武将」の概念が存在しないが、各部隊に特徴が付けられて戦闘で国を落とされると無条件で敗北する第1部隊、騎馬隊の第2部隊、鉄砲隊の第3部隊、足軽の第4、5部隊という編成なっている。この5部隊は兵をパーセンテージで割り振ることができるようになり、均等に20%に振ったりオトリ戦法として第一部隊1%、第二部隊99%という極端な配分もできる*6
    • 最も強いのは鉄砲部隊だが、武装度によって割り振り上限値があり、大抵の場合20%までしか編成できない。
  • 前作では2人までしかプレイできず、大名も織田家と武田家で固定だったが、本作では同時プレイ人数が8人に増加し
    全国の大名を選ぶことが出来るようになった。*7友人と一緒に遊ぶことができるようになったのはもちろん、他の7国をわざと負けさせて取りこむようなプレイも可能。

前作との共通点

  • プレイヤーの初期パラメータは固定ではなくスペースキーを押してランダムに決定する。健康、野心、運、魅力、IQの5つでこれは自分が気に入るまでリトライすることができる、これは後の光栄作品『三國志』『提督の決断』などでも受け継がれた。
    • なおパラメータの健康は年齢によって低下幅が増大していき、最終的に老衰で死亡する(三國志の一部の武将のように死期が設定されているわけではない)。コンピュータの大名にも設定されており、これは忍者の暗殺コマンドで下げることも可能であるが失敗すると自分の健康が減る。

評価点

  • 先述の通り、全大名を選択できるようになり日本全国の様々な大名を主人公にプレイできるようになったこと
    • 東北・九州の人も「地元の大名で全国統一」という夢のプレイが実現できるように。
    • 辺境の大名などは1ターン生き延びることすら難しいという酷い状態の大名もいたが、それでも最初期さえ乗り切れば上記のような「全国統一」も十分可能である。
    • このためゲーム雑誌で弱小大名でスタートし全国統一していくという誌上リプレイが連載され好評を呼んだ。
  • 隠しイベントとして、「本能寺の変」が導入。織田家でプレイしていた場合、ある一定の条件を満たすと明智軍が反乱を起こし、豊臣・明智・柴田の3勢力に分裂する。
    • ただし、条件はかなりシビアなので、知らずに起こすのはかなり難しい。
    • このイベントが好評だったためか、後のシリーズでは歴史再現イベントが多数盛り込まれるようになった。
  • BGMの追加。特にオープニングの「Overture」は非常に印象深く、後のシリーズにもアレンジして使われる信長の野望を代表する曲となった。
    • 作曲者は管野よう子。本作以降もシリーズを通して(全てではないが)担当している。また、当時は無名だったが90年代半ばにTVアニメに関わった事で一躍有名になり、以後は様々な場で活躍している。
  • 当時のSLGはカップラーメンにお湯を注いで食べられる位*8に1ターンのCOM思考は時間が掛かったが、本作にそのようなストレスを感じる要素はほとんどない。
    • MSX版やファミコン版は合戦場がヘクス(六角)構成ではなくスクエア(四角)構成に変わっている。ただし、1列ごとに半マスずつずらして隣接マスを6つにすることで擬似的なへクス構成を再現しているため、バランスはなんら変わってはいない。
  • 後の作品よりも「委任」や「借金」コマンドが使いやすい。
    • 委任は「生産」「商業」「軍事」「バランス」の4種類を指定でき、生産か商業なら勝手に兵士を雇うことがないので、敵国に隣接していない国を安心して委任できる。
      • 後の作品では委任の方向性を指定できなくなったり、内政型の委任をしても勝手に兵士を雇うようになって非効率なシステムになってしまった。
    • 借金は大名ではなく国別で行われるため、借金→(そのお金で徴兵)→物資全部持って別の国に移動または戦争→カラッポになった元の国を敵国が借金ごと奪ってくれるというテクニックがある。
      • 後の作品では大名帰属になって使いづらくなり、誰も使わないからか借金システムそのものが消えてしまった。

問題点

  • プレイスタート時点で、各国一大名という設定であるため1560年時点では無理がある人物が大名に据えられている。
    • 元服前である人物も大名にされており特に十河存保や別所長治はなんと6歳…、間違いなく家臣たちの担ぎ上げである。
      • 他にも最北端の大名の蠣崎慶広は11歳、そして唯一の隣接国で頻繁に攻めてくるのは10歳児でありながら南部から独立した津軽為信である。最北端で小学生に率いられ戦う兵士たち…シュールである。
  • 大名は基本的に一代限りであるため、毛利など年齢の高い大名でプレイすると姉小路や一条といった弱小大名以上の難易度になる。
    • なおCOMが統一を達成することはまずない。統一する前に死んでしまうからである。
  • 弱小大名は1ターンを待たずに一揆・謀反・敵国からの侵攻・暗殺で滅亡してしまうことがよくある。
  • COM担当の大名が本来1ターンに1回しか実行出来ないコマンドを複数回実行する。上記の弱小大名が1ターンを待たずに滅亡する原因でもある。
    • 参考(0:58から始まる戦争画面左側の部隊編成に注目。1ターン目でCOM担当大名の三好が編成と戦争の両方を実行している。本来はどちらか片方しか実行出来ない。)
  • 成功すれば戦わずして滅亡に追い込める暗殺が強すぎる。上記の弱小大名が1ターンを待たずに滅亡する原因でもある。
    • ただし、相手がIQが高い大名だと成功せず、逆にこちらが暗殺される事もある。
  • 以上の仕様により長宗我部最強。大名がそこそこ強い、隣接国が少ない、年齢が若いという好条件がそろっているためである。
  • 空白地の獲得手段がフェアにするためかなぜか入札になっている。このため大名を暗殺しても金が足りず入札で負けるなどという事態が発生した。
    • 隣接地が全て空白地だったり隣接している大名が一つだけだと無条件で独立する。
  • 今では標準搭載しているチュートリアル*9が無い。そのためマニュアルを読まないと何から始めてよいか分かり難く、あっという間に滅亡することも。
    • 当時のPCゲームとしては非常に分かり易くマニュアルを読まず簡単に覚えられるように配慮された操作法とルールであり、光栄のSLGに共通する基本部のシステムとなっている。
    • チュートリアルはPS、SSといったコンシュマー機の媒体容量に余裕が出来た頃から採用された機能。本作はそれ以前に発売された作品である。
  • 大名の能力が意外と適当
    • 流石に主要の大名は適切な評価をされている…と思いきや(ゲームレベル1CPU時)大友宗麟(30歳 知能65)<十河存保(6歳 知能70)<一条兼定(17歳 知能71)<今川義元(41歳 知能91)<筒井順慶(11歳 知能92)<朝倉義景(27歳 知能101)等少々首を傾げざるを得ない設定も見られる。
      • 一応プレイヤーはルーレットである程度補正がかかるし、コマンドや合戦等で能力が上がるので(ゲームプレイにおいては)よほど高難易度でない限り特に問題はないが。
  • 本願寺家は一揆が起きない。
    • 一向一揆を起こす側なのだから当然かもしれないが、税率100%にしても起こさないのはいかがなものか?

総評

初代で築かれたシステムをより洗練し、現在も続いている同作品のシリーズ、および三國志など歴史シミュレーションシリーズの雛形となった作品である。

ソフトの値段が当時の標準的なゲームソフトの価格と比べ、非常に高価であるが値段相応に楽しめると思えた本格的なものであった。
最近作に慣れ親しんだ人にはターンや部隊の概念など現行作品とは非常に異なるため違和感を感じるかも知れないが、故にシンプルでありSLG初心者にもお勧めできる。