サイドアーム

【さいどあーむ】

ジャンル シューティング
対応機種 アーケード
発売・開発元 カプコン
稼動開始日 1986年12月
判定 なし
ポイント 左右撃ち分けロボシューティング
カプコンシューにしては難易度かなり低い
敵の使いまわしが目立つ

概要

1986年にカプコンからリリースされたアーケード横シューティング。
ゲーム中のタイトル画面では「SIDEARMS HYPER DYNE」とタイトルが表示され、タイトル下には「絶対合体 ZETTAI GATTAI!」という表示がでかでかとされている。

本作は自機が常にロボットの状態で戦闘を行うのが特徴。一応は変形して戦闘機型になるシーンもあるが、その状態では一切戦闘は行われない(合体時などの演出のみ)。一人~二人同時プレイ可能、各ボス撃破までの道のりを1ステージに換算すると全10ステージ構成となるが、ボスを倒しても一切画面が切り替わらず(そのままの状態で次ステージに進む)、ステージクリア表示もされない(ステージクリアのファンファーレは鳴る)。

主なルール

  • 使用するボタンは全部で3つ。コンパネの左配置から順に、左方向ショット、右方向ショット、武器切り替え、となっている。
    • 本作は自機が左右に向きを変えてショットを撃つ事が可能で、左方向と右方向を個別のボタンにて撃ち分ける操作方を採用している。
    • 武器切り替えボタンは装備している最大5種類の所持ショットを変える為の操作である。初期の所持ショットは「BIT」のみだが、敵を倒すと落とすアイテム「POW」を撃ち込む事により、アイテムの種類を変化させ、特定のパワーアップアイテムを取れば装備できる所持ショットが増える。
    • 以下ショット及び撃ち込む事で変化するアイテムの種類を示す(「BIT」から「AUTO」の順で武器切り替えができる)。
      • 装備1「BIT」…自機の初期装備ショット。連続で取ると最大三個まで自機周りに補助オプションが付き攻撃してくれる。
      • 装備2「S.G.」…弾が途中で切れてしまうが攻撃範囲が広いショット。連続で取ると最大三段階までパワーアップする。
      • 装備3「M.B.L」…連射は効かないが攻撃力が高くすべての敵や壁を貫通するショット。連続で取ると最大二段階までパワーアップする。なお呼び名は「メガバズーカランチャー」で武器の見た目も某百式のソレである
      • 装備4「3WAY」…その名の通り三方向に攻撃を放つショット。連続で取ると最大二段階までパワーアップする。
      • 装備5「AUTO」…「弥七」「佐吉」の二種類のアイテムがあり、どちらかを取るかで性能が変わるショット。両者を併用する事はできないので、使いたいショットだけを取る必要がある。弥七は前方のみだが連射力に優れたショット、佐吉は弾の当たり判定が弱めだが上前下の三方向に弾を放てるショットを撃つ。各アイテムともにパワーアップは一段階(すなわち、取った時点でパワー最強)。
      • 「POW」「WOP」…前者は自機スピードを上げ、後者は下げる。
    • ステージ中のとある場所にショットを撃つと、隠しアイテムが出現する場合がある。以下その種類。
      • 「合体Pow」…二人同時プレイ時は1Pと2Pの自機が合体、一人プレイ時の場合は合方機がエクストラとして出現し合体する。合体すると全方向に攻撃が可能となり、ダメージをもらっても合体解除になるだけでミスせずに済む。また、1P側と2P側のどっちが合体POWを取ったかによってショットの性能が変わる。
      • 「モビちゃん」…見た目は小さくディフォルメされた自機。取ると1UPするが、当然滅多に出現しないレアアイテム。ハイパーダインでなくモビルなんちゃらなのか?
      • 「スコア関係」…世界観に合わない苺や牛などがでてきて、取るとスコアが入る。
  • 途中復活の残機制ですべてミスするとゲームオーバー。ミス条件は合体していない状態でダメージをもらうか、自機がスクロールと壁に挟まれる(合体時も例外ではない、壁に触れるだけではダメージにはならない)かのいずれかである。
    • ミスをした際のペナルティとして装備している武器が失われてしまうが、装備していない武器は残るので即座に武器を切り替えれば立て直しはそれほど難しくない

評価点

  • 左右撃ち分けの操作性は、本作の一年前に同社からリリースされた『セクションZ』にあったシステムで、本作はそれを受け継ぐ形となった。
    • 『セクションZ』では方向転換の度にボタンを押す必要があったが、本作の場合は方向転換と攻撃が同時に行われるため、囲まれた時の対処が格段に楽になった
      • 敵側も画面左右からまんべんなく攻撃をしてくるので、同じショットボタンばかりに偏っていると確実に苦戦するゲームとなっている。
  • グラフィックやBGMに関しては当時の基準から見てもハイレベルで、その辺の評価は高かった。

賛否両論点

  • 総合的な難易度はカプコンがリリースしたシューティングの中でもかなり低い部類。
    • その要因としては「合体すると攻撃が強力になるばかりか、ダメージ時のシールドの役割も果たすので生き延びやすい*2」「敵種類の少なさ故に、敵攻撃のバリエーションも少なく、慣れると余裕で対処できてしまう」「初見殺しが少なく、全体的に敵があまり本気を出してこない」などが挙げられる。
    • 難易度の低さから『1943 ミッドウェイ海戦』と並んでシューティングの教科書として名前が挙がる事もある。

問題点

  • 敵の種類が少なく先に進んでも敵の顔ぶれの変化が乏しい。
    • これはボス敵にもいえる事で、ボスの種類はラスボスを含めてもたったの5種類しかおらず、早い段階からマンネリ化が目についてしまう問題を持っている。
    • 一応、1面とラスボスは固有で使い回されていないのだが、これなら全てのステージにボスを配置することが出来たのでは?
  • ミスをした際の無敵時間が異様に短く、ほぼあってないようなもの。その為、一度死ぬと連続して死んでしまう事も起こりうる。
  • 二人同時プレイ時に合体すると、アイテムを取ったほうがコントロールの権利を持ってしまい、合体した相手は合体時の8方向ショットを撃つしか出来なくなり、ボタンを押しながら画面を眺めているだけという状態に陥る。
    • 上述の通り合体している方が強力で生き延びやすいので、二人同時の意義がほぼ無くなってしまう。

総評

良くいえば難易度控えめで遊びやすく、悪くいえばプレイヤーに優しすぎてやり込み性に欠ける、そんなシューティングであろう。そういうゲームだからか、とっつきは良かったものの、ロングヒットする事もなく影を潜めてしまった一作だと思われる。本作単体での家庭用移植はPCエンジン二種のみであり、アーケード版同様にその知名度はあまり高いとはいえない模様。


家庭用移植

  • PCエンジン Huカード版(1989年7月14日、NECアベニュー)
    • 基本的にアーケード版に忠実だが、大きな変更点として以下の点がある。
      • 二人同時プレイが廃止された。但し、合体システム自体は健在で、アーケード版でいうところの2P機体は合体時のエクストラとして登場する。
      • BGMがアレンジ曲に総入れ替えとなり、アーケード版のBGMはほとんど収録されていない。
      • 武器切り替えボタンは廃止され、ポーズをかけている最中に所持ショットの切り替えを選択できる方式に変更された。
      • S.G.に敵弾をかき消す能力が追加された(『1943(改)』のショットガンに類似した性能)。
  • PCエンジン CD-ROM2版(1989年12月15日、NECアベニュー)
    • ゲームタイトルは『サイドアーム スペシャル』となっている。Huカード版とほぼ同様の移植に加えて、ステージ構造からゲームシステムまで大幅にアレンジを効かせた「BEFORE CHRIST」モードの二本立ての豪華収録となっている。BCモードの主な変更は以下の通り。
      • 完全なるステージクリア方式となり、クリアすると画面が切り替わるようになった(全10ステージだが原作とはかなり構造に相違がある)。また、ミス後は戻り復活制となった
      • ショットが一つしか持てないようになり、武器切り替えの概念が存在しない。また、M.B.Lはボタン押しっぱなしによる溜め撃ちになっている。
      • ショットの性能自体が原作とは似て非なるものとなっている他、アイテムの効力やグラフィックまでもが別物化している。また、アイテムが時間経過により変化するように変更された。
      • 合体システムそのものが廃止され、その変わりに専用アイテムを取得する事により、自機の上下に補助オプション(BITとは別物)が付いて援護攻撃を行ってくれる。また、このオプションは自機のダメージを一定回数防いでくれる。
      • 各ステージのボスはほとんどが一新され、すべてのステージにて違う性能のボスが配置されている。これにより原作に難点だった使い回しは大分薄らいでいる。
    • 収録されているBGMが、当時のカプコンのサウンドクリエイター集団だった「アルフ・ライラ・ワ・ライラ」が手がける生演奏によるアレンジCD音源となっている。ちなみに、曲そのものはアーケード版が元であり、Huカード版とはまた違う曲調である。
  • この他にもPS3/Xbox360の配信サービスの『カプコンアーケードキャビネット』のラインナップとして配信されている。
    • 『必殺無頼拳』『ラッシュ&クラッシュ』と共に本作のAC版の移植は国内初である(海外では『カプコン クラシックス コレクション vol.2』(PS2/XBOX)で移植されていた)。

余談

  • ネームエントリーはゲームスタート直後のデモ画面中に行う珍しい仕様。画面下でこっそり始まっているので気づかないプレイヤーも多かった。
  • 当時はロゴの『S』も発音して『サイドアーム』と呼ぶ人もいた。
    • PCエンジン版発売時に『サイドアーム』とカタカナ表記されたことでそう呼ぶ人はいなくなった模様。
  • 本作に登場した「モビちゃん」は、本作以降もカプコンの多くのゲームに1UPアイテムとして登場するマスコット的立場に。名称がモビルスーツの略という危ない設定なのに…
    • 逆に言えば本作を知らない人間には「なんでロボなんだ?」と言う事になるが。
    • なお「弥七」「佐吉」は『1942』から存在する*3のでモビちゃんより先輩である。此方は「POW」と同類のシンボル的なデザインだが*4
  • 本作の流れを組む作品として『ロストワールド』が存在する。また、左右撃ち分けシステムは『天地を喰らう』に引き継がれている。
    • 『ロストワールド』では最終面に本作の敵キャラが登場する他、『NAMCOxCAPCOM』(後述)では名無しの超戦士と共演する等シリーズの繋がりを見せている。
    • 2005年発売のPS2用シミュレーションRPG『NAMCOxCAPCOM』では、ロストワールドから出演となる名無しの超戦士1P・2Pが装備する補助兵器『サテライト』として登場し、必殺技や同作から出演のシルフィーとの協力攻撃にて、本作におけるロボット形態時の姿を見せてくれる。