To LOVEる-とらぶる-ダークネス バトルエクスタシー

【とらぶるだーくねす ばとるえくすたしー】

ジャンル 超快楽アクション
対応機種 プレイステーション・ヴィータ
メディア PlayStation Vitaカード
発売元 フリュー
開発元 タムソフト
発売日 2014年5月22日
定価 7,538円(税8%込)
プレイ人数 1人
セーブデータ 10個
レーティング CERO:D(17才以上対象)
判定 バカゲー
ポイント タッチ画面や演出に光るものはある
いろんな意味で女の子を襲うゲーム
説明不足がたたって原作のノリが変な方向に
少年ジャンプシリーズリンク


概要

かつて『週刊少年ジャンプ』で連載されたSF学園ラブコメ『To LOVEる -とらぶる-』のスピンオフ作品*1で、『ジャンプSQ.』にて連載していた『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』*2を原作としたゲーム。
シナリオの時系列は同名アニメの第2期『To LOVEる -とらぶる-ダークネス 2nd』終了後と思われる。
本作は天性のラッキースケベ体質を持つ純真無垢な男子高校生、結城リトをとりまくドタバタ劇を再現しつつもアクションを主体としており、今回はリトが武器を手に取りダンジョンに巣食うモンスターだけでなくヒロインとも肉弾戦を繰り広げる。

あらすじ

修業のためにララが発明した仮想世界ゲーム「とらぶるくえすと2」に、ララの発明武器「ラッキーアイテム」を手に取り挑むことになったリト。はじめはヒロインを助けにモンスターを蹴散らす冒険のつもりだったが、この仮想世界には無数のバグが潜んでおり…。

基本的なシステム

  • シナリオに沿って3Dで描かれたダンジョンを攻略していくアクションゲーム。
  • ダンジョンの奥へ奥へと進みつつストーリーを進捗させる。
  • イベントの大半は主人公のリト視点で描かれ、ヒロインのポリゴンモデルが立ち並んで会話劇を繰り広げる。
    • この会話劇のログを消すことができるほか、ボイスの自動再生モードを搭載している。バックログ機能はないが、条件を満たせばメニューから過去に見たイベントを再閲覧できる。

リトの家

とらぶるくえすと2のダンジョンの対となる安全地帯。構造はリトの家そのものだが、これもとらぶるくえすと2が構築した異世界であり、ゲームによるバグの影響でリトの家でも不可解な現象が巻き起こる。

  • メニュー
  • STARTボタンでメニューを開ける
    • 2階の寝室と玄関間、外のダンジョンとホーム間をワープ移動する機能が搭載されている。
      • 入手した衣装でヒロインを着せ替える
    • また以下の特典と攻略情報を閲覧可能。
      • ギャラリーから一度見たイベント、BGM、イベントスチル
      • リトのパラメータ(現在のレベル, HP, 次のレベルに必要な経験値)、装備武器とダンジョンに同行するヒロイン、武器作成に必要な素材、現在のヒロインとの親密度

ダンジョン

ララが開発したAIがリトの心身を強化するために構築した異世界。階が何層にも重なる構造をしている。同時に仮想上のモンスターも構築されておりリトの行く手を阻む。

  • アクション
    • □で弱攻撃、△で強攻撃、Rでダメージ軽減効果のある防御、○で向いている方向へスライディングダッシュする。
    • 上下キーで武器切り替えができ、弱攻撃と強攻撃のモーションは武器の種類に応じて変化する。リトのレベルアップに応じて作成できる武器のバリエーションが増していく。
  • リトのパラメータ
    • ゲームに直接影響するのはリトの体力と攻撃力。
      • ゲーム中常に表示されるのはHP(体力)、SPゲージの2つ。HPゲージが0になると基本的に階層の最初からやり直し。
    • 体力は自発的に回復できないが、リトがレベルアップする、階層を移動する、もしくはダンジョンからログアウトしてリトの家に帰ることで全回復する。
    • 各階層に1箇所ほど体力回復用のパッドが設置されている。一定時間、攻撃力、防御力、移動速度を上下させるパッドが設置されている場合もある。
    • 使用制限などはなくこのパッドは何回も使える。体力回復用のものも数回にわたって乗れば全回復できる。
  • 武器(ラッキーアイテム)
    • 両手剣、片手剣、銃、ボクシンググローブ、槍の5タイプがある。
    • ダンジョンに持ち込めるのは2種類まで。
    • ダンジョンモンスターのドロップ及び、設置物の破壊で手に入る素材を必要数用意すれば、ヒロインのララの発明で新規作成や改造ができる。
    • コンボも存在し、リトのレベルが上がれば新しく可能になるコンボがどんどん増えていく。
  • 特殊技
    • 必殺ゲージがたまっている状態であれば、○と△の同時押しで持っている武器の種類に応じた必殺技が放てる。
    • また□と×の同時押しで仲間ユニットを呼んで攻撃することができる。使用制限は3回まで。ダンジョンの階層を変えるか、ホームベースに帰還することで回数はリセットできる。
  • エンカウント
    • ダンジョン攻略中に、特定の区画に足を踏み入れると敵襲にあい、全滅させるまで通行止めされる。

ミッション

  • ダンジョンの各階層に設置してあるオブジェに触ると挑戦できる。
  • 1階層に対して4,5個存在し、ひとつのミッションい基本的に何度も挑戦できる。
  • クリアするとクリアにかけた時間やダメージの少なさといった要素から、成績が判定されて経験値になる。
  • メニュー
    • ダンジョンではダンジョンのマップを開ける。目的地は表示されないが、ミッションを受けられる場所は表示してくれる。

その他

  • トラブルタッチ
    • 本作の(…恐らく)目玉要素。ダンジョンでは武器となっていたラッキーアイテムを使い、ヒロインたちをエクスタシーの極みへと至らせる。
    • シナリオ上で戦うことになる中ボスとしてのヒロインの撃破後、およびリトの自宅を模したホームベース内で発生するイベントで発生する。
      • 古手川を初めて救出した後、ホームベースにいるヒロインと練習試合ができるが、この勝利後にもトラブルタッチが行われる。
      • ホームベースでは扉の前やヒロインの頭上にハ ートマークが現れるので、これを話しかけたり調べるとイベントに突入する。
    • ハートマークが一段階稼がれる(これは練習試合の後のトラブルタッチでも有効)。
    • 2周目以降は衣装特典が貰えるようになるほか、ヒロインの好感度を一定まで上げることがトロフィ獲得の条件でもある。
    • ヒロインの好感度はゲームの分岐に関係しており、2周目以降限定だが21層のボスを倒した時にヒロインの誰か一人でもいいので好感度がハート7つ以上になっていると隠しダンジョンに行ける。
+ トラブルタッチの内容
  • 1st step と 2nd stepに分かれている。Vitaのタッチ機能を介して操作をすることに。
    • 1st stepではヒロインの体の周りにハートマークが次々に現れるため、タイミングよくそのハートをタッチしていくことになる。ゲームオーバーといったペナルティは一切ないが、1st step のパフォーマンスが良いと、2nd stepで上げるべき快感ゲージを稼ぐことができる。
    • 2nd stepでは、武器として所持しているラッキーアイテムをとっかえひっかえしながらヒロインのいろいろな場所を触りまくることに。快感ゲージを満タンにしない限り終わることができない。
  • 難易度調整
    • 「ノーマル」「ハード」「ベリーハード」の3段階がある。
    • 難しくすると、敵の攻撃力・思考速度がアップする模様。
  • セーブ
    • ダンジョンのひとつの階層をクリアするか、ログイン・ログアウトを行うことで、自動セーブが行われる。ラスボス討伐時のセーブを除いて、プレイヤーが能動的にセーブすることは不可能。
    • リスタート地点ボスにまで到達するとそこからリスタートできるが、リロードには非対応。

評価点

  • フルボイス
    • プレイヤー目線となるリトを含め、全編フルボイスでゲームが進む。
    • トラブルタッチ時にはちゃんとヒロインが喘いでくれる。またアイスバーといった冷たいものにはちゃんと冷たいと反応する。
  • ポリゴンのモーションの完成度
    • 問題点もいくつか抱えているが、ヒロインの動きも原作でみられる個性をきちんと反映しているなど出来が良い。
    • アクションの仕草もそこそこ豊富、バトル中もノックバック以外に壁に打ち付けられた時のアクションもある。
    • 髪や胸が揺れるところもきちんとやってくれるのだが、ここの完成度に関しては意見が分かれるところか。
    • 原作にリトが女体化する一幕があるのだが、本作はダンジョンに潜っている間のみ隠しコマンドでリトを女体化できる。
  • モーション
    • アクションゲームとしては荒削りな部分もあるが、リトの攻撃モーションはかなり洗練されている、持っている武器は面白テイストなものばかりで、原作の独自の世界観を再現しているといえる。
      • 敵として対峙することになるヒロインの攻撃モーションも、原作からのネタを適度に拾っておりかなりクオリティが高い。
    • レベルアップに応じてアクションに関しては、だんだんとできることが増えていくのでじっくり操作に慣れることが可能かもしれない。
  • その他
    • イベント等のコレクション機能はきちんと網羅してある。このため一度見たシナリオを見返すためだけにアクションパートをやる必要はない。
    • 外のダンジョンに移動する際に特定のことをするとリトを女体化できる。ボイスも女の子の声になるなどなかなか凝っている。

賛否両論点

  • リトのパラメータ
    • 経験値によるレベルアップという概念こそあるものの、武器の性能によって戦況が変わりやすいため、レベルアップによる恩恵が今一つわかりにくい。
    • 裏を返せば育成期間の面倒さを省けるという意味でもあるのだが。

問題点

アクションゲームとして

  • ゲームバランス
    • 敵の体力が全体的に高めなので、攻略のテンポが悪化しがち。一度クリアした階層であろうが敵襲に遭うと全滅させるまでその区画に閉じ込められてしまうのもテンポの悪さを助長している。
    • リトが空中にいると当たらない攻撃が多い。もっともゲームバランスを崩壊させるレベルではないのだが、この特徴により、敵に囲まれているときは接近戦武器を使ったジャンプからの強攻撃がかなりの安全パイに。またマップの角に追い込んで威力の高い技を打ち続けるとハメができたりする。
    • リトがノックバックに若干弱い。こちらを弾き飛ばす攻撃を繰り返す敵の集団から波状攻撃を食らうと操作が効かずにイライラする。
      • 転倒状態から脱出する手段がジャンプしかないので、感覚的にプレイすると雑魚敵の群れにハメられやすい。
      • その他にも、集団で突進してくる敵や遠くから短い間隔でノックバックの大きなビームを射ってくる敵と対峙すると、リトが着地狩りを受けてハメられやすい。
    • ヒロイン等の中ボスの攻撃は基本的に優先度が高い。こちらからの攻撃には一切ひるまず強引に攻撃を当ててくることもある。(ボスの攻撃にあたるとこちらの行動も中断されやすい。)特に、「金色の闇」の攻撃は巻き込み性能も異様に高いので、適度に距離を取らないと連続攻撃を受けてしまう。
    • 回復手段も極端。基本的に体力回復パッドの位置さえ記憶してしまえば、深手を負ってもそこに戻れれば全回復できる。さすがにマズイと判断されたのかメニューで開けるマップには表示されないが。
      • 逆に隠しダンジョンに登場するドラゴン型の敵×3の組み合わせは、こちらに行動の余地を与えずかつあっという間に体力を削ってくるので、すばやくこの回復パッドに気づかないと死が見える。
  • 武器性能の差
    • 銃タイプの武器の地上△ボタン連打のダメージがやたらと高く、1対1のタイマンであればバランス崩壊級の性能を誇る。
      • リトの向きの調節に慣れてしまえば、○で距離を保ちながら△を使うだけでもかなりの敵に有効。
  • 最終階層の構造
    • 特定の条件を満たすと行くことのできる最終階層は正しいワープパッドを踏むことで先に進む必要があるのだが、ダミーを踏んでしまうと下の階層に飛ばされてしまう。
      • 階層をまたぐと先述のように10秒強の長いロードが待っているほか、敵襲も待ち構えているため、彼らを全滅させないと最終階層に戻ることができない。
      • ログアウトはできるので、選択肢を間違えた場合はすぐにログアウトして再び最終階層に入りなおした方が効率がよいなど、ゲームとして雑と言わざるを得ないつくりをしている。
  • 不具合
    • 敵が出るセクションに足を踏み入れてから素早く出るとバリアーに閉じ込められなくて済む。
    • 敵の飛び道具が壁を貫通してくるのだが、こちらの遠距離攻撃は壁に阻まれてしまう。
    • 古手川がしゃべっているときに口が動かない。全キャラ共通でトラブルタッチクリア時に前髪がブレて映る時がある。
    • 狭い部屋にも関わらずすし詰め状態にしてくる状況があるが、処理に時間がかかり敵にハメられるリスクも生じて非常にプレイしにくい。

ストーリー・演出面

  • シナリオについて
    • 本作のシナリオは、リトの心身強化のために試作したララの発明品で、リトをはじめとしララの身の回りの戦闘能力のない一般人も巻き込まれて危険な目に遭う、というもの。
      • 原作でもララの突拍子もない発明で周囲に(大半は性的な)被害が及ぶことは珍しくないのだが、今回のように安否にかかわる被害を圧してまでリトを強化したいララとモモが身勝手に映りかねない。
    • ある意味原作らしさを再現しているようにとれるプレイヤーもいるかもしれないが、本作のシナリオは端的にいうと手抜きな印象を受けてしまう。とにかくリトをバグによる誤作動の解決のために、無理やりヒロイン(西連寺春菜などの一般人も含む)と戦わせようとする傾向が強い。
    • ゲームのキーワードである「ラッキーアイテム」などの説明を序盤のほんの軽い小話で済ませてしまっているうえ、再び聞きたいならニューゲームするしかない。聞き逃すとゲームのコンセプトが全く以て意味不明に。
    • 無駄に雲行きを怪しくして、話を引き延ばすようなことも多い。以下例。
      • ダンジョンの奥へと消えた古手川を探しに行く際に、ベースにいるモモが「古手川の声がしたが、こちらを誘い出す罠かもしれない」と警告するシーンがあるが、そもそも罠を疑う根拠がシナリオ上に乏しいうえ実際罠もなかった。結局何事もなかったようにお話が続行される。
      • ヤミがとらぶるくえすと2の「バグを修正するためのアイテム」をリト一行から強奪する理由が結局明かされない。
    • もっともこういった設定もすべて突き詰められているとは言えないため、単純に何も考えずにアクションゲームがしたいなら、上記のことを把握していようがなかろうが全く影響はないのだが。
  • お色気シーンのクオリティなど
    • 上記の繰り返しだが、ヒロインを打ち負かしてそのままセクハラタッチが始まるという流れ作業。雰囲気は電波でバリエーションも実質存在しない。
    • 年齢の配慮もあったのだろうが肝心の挿絵が殆どない。「To LOVEる」のシナリオを話し言葉中心のテキストだけで堪能することとなる。
      • 寸法が大幅に狂っている類ではないのだがシナリオカット絵のドットがそもそも粗い。
      • 数少ない挿絵にも原作の挑戦的な描写も特に再現されておらず、ラッキースケベの内容もヒロインの股間に顔をうずめる、もしくは半裸になってリトやモンスターに襲われているといったファンからすればもはや見飽きている内容。
    • ヒロインが快感を覚えている時の口の動きが、まるで餌を欲しがる前の金魚のようにパクパクと動くため不自然。
    • 気にならない人もいるだろうし対象年齢による配慮なのかもしれないが、何度も見せつけられるヒロインのパンツ柄が、一部を除いてどのヒロインも無地の白パンツなので残念、また着せ替えることもできない。
    • リトが意図的にセクハラするケースも多いため、ヒロインとの接触にたじたじになるリトを楽しめないという弊害もあるかもしれない。

不親切なゲーム説明

  • オプション
    • ○でダッシュ、防御がRボタンでできることについて説明がない、Rに関しては大半のアクションゲームの典型例なので困る人ばかりではないと思うが。
    • オプションから開けるゲームの基本的な説明はいくつかのページに分かれているのだが、1つのページを閲覧している際にそのまま隣のページに移動することができないので、別のページを見たい場合は一回戻るボタンを押す必要がある。ページも番号で管理されてしまうため、開いてみないとどういうことが説明されているのかわからない。
  • マップやミッションについての詳細
    • 目的地を全く教えてくれない、前の階層と次の階層へ行ける地点は示してくれるが、特にイベントと関係のない事もちらほら。
    • そもそも次の階層は各地を回って敵の待ち伏せを殲滅しないと障壁が解除されないことで行けなかったりする。
    • リトの足はそこそこ速いがワープ機能がない分やはり広めのマップをさまようのはやはり問題。
    • 古手川がシナリオの都合でワープさせられ、マップを転々とするのでプレイヤーもそれを追いかけて各地を右往左往する必要がある。
      • 12Fなどが該当。「ダンジョンの奥に古手川がいる」というメッセージが出るため次の階層に進みがちだが、そこに行くためのワープパッドへの道が通行止めされているので混乱しやすい。実際は袋小路にしらみつぶしに入っていけばイベントを進められる。
    • リトの本拠地でヒロインとお色気イベントをどれだけ起こしたかが、後のシナリオ分岐に影響するのだが、当然こういったところも説明なし。
    • 配置してあるミッションもクリアしたときの恩恵も今一つわかりにくい。ストーリーには一切関係がないので、雑なギミックにすら感じる。

その他

  • 単調さ・使い回しの多さ
    • タッチイベントがしつこい。中ボス後に挟まれるものはともかく、本拠地のリトの家でもイベントをみるため、もしくは好感度を上げるために頻繁にタッチイベントをしなくてはならない。
    • 求められる作業は基本的に同じなのでメリハリがない。ヒロインのアングルやポージングのパターンはあまり多くはない。一応着せ替えをすることは可能だが解決策になっているかは微妙なところ。
    • イベントスチルにも使い回しがみられる。特に金色の闇関連は同じものを3回以上も登場させている。地球人を酔っぱらわせる効果があるデビルーク星の飲み物が作中でやたらと登場する。
    • 登場するザコ敵のバリエーションもそこまで多いわけではないので、人によってはダンジョンで強制的に発生するバトルも作業のように感じられる。
    • 基本的にボス戦に差し掛かりでもしない限り、1つの階層ごとにリスタート地点が複数あるといったことはないため、途中でリトが力尽きると今まで倒したザコ敵をもう一度倒さなくてはならないため面倒。
    • 武器性能にバリエーションこそあるものの、アクションに差を感じられる場面はあまりない。ヒロインも再戦時に新しいわ差を使ってくるわけではない。
  • その他、基本的なシステムまわり
    • セーブできるタイミングはステージの階層を攻略した、もしくは一定のイベントを終了した時のみ。PSVは好きな時にスリープモードにできるうえ電池もちも良いのだが、任意セーブができないというのは不便。
    • リトの体力が尽きた時のリスタートはすぐに行われるのだが、エリアチェンジ時のステージ読み込みのロードが10秒ほどと、この時代のゲームとしては長い。
    • 動作は比較的軽いが、狭い所に大勢の敵が出てくると画面処理が重くなってしまうこともある。
    • 自宅でカメラアングルが固定かつ頻繁に切り替わるため、部屋を変えただけでリトの歩行の向きが狂いやすく、リトを動かしにくい。

おバカな点

  • トラブルタッチに至るまで
    • 繰り返しになるが、本作ではなんとヒロイン(非戦闘員である西蓮寺や古手川まで)ともラッキーアイテムを手に取り殴り合いをすることになる。
      • また彼女らを倒すと必ずトラブルタッチイベントが始まるため、上述のようにラッキーアイテムに殺傷能力がないにしても絵ヅラ的にはかなりヤバイ状況に。当然どうしてトラブルタッチが必要なのかはシナリオで説明していない。
    • リトは(当然?)乗り気ではないのだが、大抵はゲームのプログラムの異常が原因で戦わざるを得ない状況になり、プレイヤーの疑問をはさむ余地を与えない。
    • シナリオが佳境に入ってリトや関係のあるヒロインがピンチに遭っていても、トラブルタッチは空気を読まずに発生する。
      • イベントを起こすにはヒロインに話しかければよいのだが、そのヒロインの待機場所も謎。リトのベッドで無防備に寝ているならまだしも、下着姿で風呂場にいたり鍵もかけずに便器に座っていることもある。
  • バグ
    • 本作(バトルエクスタシー)の欠陥としてのバグではなく、ララが開発した『とらぶるくえすと2』に起こるバグ。本作ではこのバグのせいで、リトが強制的にヒロインといちゃつかなくてはならない。
    • 基本的にはヒロインとリトが密室で二人きりになるようにドアが自動でロックされる。解除するにはどういうわけか、閉じ込められた二人でスキンシップをするしかない。
      • 最初こそバグの内容は謎のドアロックが多いものの、シナリオが進むとお風呂のお湯が一瞬で冷水になってヒロインが意識朦朧になった末に淫乱な性格になったり、トイレに宇宙空間が形成されるなどもはや何でもアリ。
+ バグの真相

実はドアロックというバグはモモが設定したもの。シナリオの途中から外部からの介入があったり、プログラム自体が暴走したりするので、モモにも予測不能なことが起こるようになる。
…のだが、正直設定をちゃんと理解したところであまり意味はないかもしれない。

  • ラッキーアイテムのテイスト
    • 原作にはそれなりにしっかりとしたバトル要素があるのだが、リトが振り回す武器(ラッキーアイテム)は食べ物だったりおもちゃだったりどこかコミカル。しかしアクションがやたらと洗練されているので、ギャップがよい意味でシュール。
    • トラブルタッチ時にもラッキーアイテムは効力をいかんなく発揮しており、ヒロインを通常ならあり得ない方法、逆に妙にリアルな方法で「感じさせる」ことになる*3
    • このため、基本的に紳士なリトならありえないようなプレイをプレイヤーが強いることが可能に。
  • 荒ぶる校長
    • リトが通う高校の校長はカワイイ娘が大好きで、見つけると興奮してふんどし一丁になりながら抱き着いてくる危険人物。これは原作通りの設定なのだが…。
    • ゲームにはなぜかふんどし一丁の校長が敵として登場してくる。
    • さらにゲームを進めると「校長を棒でくくりつけたもの」をラッキーアイテムの両手剣として振り回すこともできる。校長は本人かどうかはさておき振り回すとちゃんと校長は喋る。
      • 当のリトもいざ戦いとなると何事もなかったかのように、スタイリッシュに校長を振り回し地面に叩きつける。
      • 「校長」という武器を作るには、ダンジョンで敵として出てくる「校長」のドロップアイテムである「校長」が素材に必要なため、おそらく成敗した彼を縛り上げたのだろうか。
      • 余談だが、敵として出てくる校長先生を倒すとたまに 身の毛もよだつ恐ろしいこと*4が起こる…。

総じて、シナリオの問題点も含めて、原作には理屈が介在できないおバカ加減もあるのだが、本作はそれに加えて良くも悪くも意味不明で変な世界観を作り上げてしまっている。

総評

ただでさえどこかの方向に振り切った感のある原作をベースにしているにもかかわらず、システム及びシナリオをアクションへと力技で落とし込んだ意欲作といえるだろう。この経緯から本作では原作とはまた別のシュールでカオスな世界観やゲーム性が形成されている。
しかし説明不足やシステムの設計ミスといったゲームのごくごく基本的な部分ができていないといったきらいがあるため、本作の理屈が通用しない世界観を楽しむためのハードルを結果的に高くしてしまっているのが非常に残念なところ。