ザ・ハスラー

【ざはすらー】

ジャンル テーブルゲーム
対応機種 アーケード
発売・開発元 コナミ
稼働開始日 1987年
判定 なし
ポイント 完成度の高いシンプルなビリヤード

概要

  • 1962年に公開され反響を呼んだ映画『ハスラー』の続編、『ハスラー2』により巻き起こった第二次ビリヤードブームに便乗したと思われるビリヤードゲーム。
    • というか、デモに出てくる場面とキャラが『ハスラー2』そのまんま。
      • 海外版はさすがにまずいと思ったのか、キャラの顔は別物に作りかえられている。
    • FCのエキサイティングビリヤードのリメイクとも言われるが、同時制作だったと思われる。

システム

  • ナインボールとローテーションを選択。基本ルールは通常のビリヤードと同様。
  • ゲーム中にチェックボタンを押す事で球の番号を確認する事ができる。
  • 画面左側に台を真上から見下ろした状態が、右側に白球(手持ちボール)視点が表示されている。
    • これにより微妙な角度のショットが可能。見下ろし画面だけでなく、白球視点もあるためミスショットをおこしにくい。
  • 白球を突く角度を調整する以外にも、白球を突く場所を選択できる。
    • フォローショットやドローショットと言った、白球が他の球に当った後の挙動を選択できる。
  • ショットを打つたびに主人公と思われる人物がショットを打つシーンが描写される。
    • パターンは5種類程。意味は無い。
  • 2クレジットで対戦プレイ可能。通常のビリヤードのルールと同様にゲームを進めていく。どちらか片方がゲームオーバーと同条件になると二人ともゲームオーバー。コンテニューには2クレジット必要。

長所

  • 球がはじかれる効果音は心地良く、BGMもなかなかにオシャレ。
  • 途中で挟まれるデモ画面も短いのでテンポを悪化させる事は無く、むしろビリヤードの性質上、ちょっとした休憩時間のような丁度良い緩衝材になっている。
  • この頃に擬似3Dを駆使した白球視点があるのは珍しく、臨場感に満ちている。

短所

  • FC版のエキサイティングビリヤードにあった対戦が無い。
    • エキサイティングビリヤードのNPCは長考で有名なので、やむ得ない処置と言えなくも無いが。

総評

 特に語るべき事の無い極普通のビリヤードゲーム。NPCや2Pとの対戦機能は無く、ただひたすらに1人でゆっくりとビリヤードを堪能する事だけに特化したゲームである。
 なお、BGMはエキサイティングビリヤードと同一の物を使用しており、評判は良い。

移植

  • 海外版の「Rack 'Em Up」と言うタイトルでX-Box360のGame Roomに移植されている。が、BGMに難があり、仕様も異なっているらしく劣化移植と言える。