修正依頼」が出ています。評価点を追記できる方はご協力をお願いします。


女神転生外伝 ラストバイブル

【めがみてんせいがいでん らすとばいぶる】

ジャンル ロールプレイングゲーム

対応機種 ゲームボーイ
ゲームボーイカラー(全GB共通)
ゲームギア
発売元 【GB/GBC】アトラス
【GG】セガ・エンタープライゼス
開発元 【GB/GBC】アクセス、マルチメディア インテリジェンス トランスファー
【GG】シムス
発売日 【GB】1992年12月23日
【GBC】1999年3月19日
【GG】1994年4月22日
定価 【GB】5,300円
【GBC】3,980円
【GG】3,800円
配信 3DSバーチャルコンソール【GBC】2012年4月25日/600円
判定 なし
ポイント 本家とは別の方向に尖った世界観
元祖対戦型RPG
女神転生シリーズリンク


概要

  • 女神転生シリーズ初の携帯ゲーム機作品として制作された。開発はPCE版『ウィザードリィ』シリーズやSFC将棋ゲーを多く手掛けるアクセスで、企画制作は多くの女神転生シリーズの関連作を手掛けることになるマルチメディア インテリジェンス トランスファー(MIT)。
  • シリーズおなじみの悪魔絵師、金子一馬氏はメインキャラクターデザインのみ参加。人間キャラだけのデザインは珍しいパターンである。なお続編には参加していない。
  • 後に、グラフィックがカラー化されたゲームボーイカラー移植版が発売されている。

特徴

  • 近未来やサイバーさを世界観に取り入れる本家シリーズと異なり、神話や聖書などを取り入れた幻想的な世界観をベースにしており、シリーズの中では異色な雰囲気を持つ。
  • 全てのマップが見下ろし型2Dで、シリーズの特徴である3Dダンジョンは登場しない。
  • 神と悪魔という存在が明確になる以前という設定のため、いままでの作品で「悪魔」と呼ばれていた存在は本作では「魔獣」と呼称される。
    • つまり「仲魔」は「仲間の魔獣」といった意味合いとなる。
  • おなじみ「合体」も、本作では「合成」と名前を変えている。
    • 本作では一人目の仲間が合成魔法「コンバック」を使用可能で、彼の力で魔獣合成を行う。合成が魔法の一つとして扱われるため、基本移動中ならいつでも合成が行えるということになる。
    • たまに合成時にミューテーションが発生し、予想外の魔獣が誕生することがある。本家の合体事故システムの原点とも言える。
  • 会話システムは独自の進化を遂げ、主人公の代わりに仲間や仲魔に交渉を任せることが可能に。
    • 各キャラは、交渉を任せると「今機嫌が悪い」「自分に任せろ」などとセリフを言うが、出るセリフによって交渉の成功率が変化する。
  • ゲームボーイだけに対戦型であり、友達が育てたパーティと対戦できるおまけ要素がある。
  • 本家女神転生シリーズにおけるロウ・カオスに近い概念として、フォース・ガイアと言う概念により終盤のシナリオ展開が分岐する。

問題点

  • 戦闘バランスがかなり大味。
    • 特に戦闘を不安定にしている要因が、仲間の魔獣は武具を装備出来ないため非常に打たれ弱いこと。安定して頼りになるのはレベルを上げて装備でガチガチに固めた人間キャラ。しかも、仲間の魔獣は攻撃もあまりあてにならず、魔法もボス相手だとまるで効かないことが多い。
    • 武具を装備出来ないと言うハンデがあるにも拘らず魔法を一切覚えない魔獣がかなり多い。この種類の魔獣はアタッカーとしても期待出来ない上に肉壁にすら出来ないと言う悲惨さ。
      • 攻撃力が低くて魔法が使えない魔獣は、全くの役立たず。
  • 合成に使えない魔獣が多い。ミューテーションでできた魔獣はまず合成不可なので、戦力外になったらポイするしかない。
  • 設定が独特な上、序盤から独自の用語が飛び交うなど、ややシナリオがプレーヤーにとって置いてけぼりな感じもする。
    • 「主人公を導く女神や神官も一概に善とは言えず、魔獣を操る人間も必ずしも悪とは言えない」など本家に通じる深いテーマではあるのだが、全体的に主人公(=プレイヤー)に対して説明があまり無く、そのまま話が進んでいく。
  • せっかくの対戦機能も、仲魔の育成や魔法(スキル)継承といったカスタマイズ要素がないため薄い。

総評

ゲームバランス、システムともにもう一歩といった出来だが、携帯機の新たな女神転生として一定の評価と支持は獲得し、独自の方向で続編などの展開が行われていくことになる。

移植・その後

  • 1994年にセガから発売された本作のゲームギア版は、ハード特性を生かしてカラー化され、魔獣のグラフィックやBGMもGB版とは異なっている。
    • ラスボス攻略後にエピソードが追加されており、エンディングもGB版とはまったく違ったものとなっていた。
  • その後、ラストバイブルシリーズとして本家と独立してシリーズ化され、続編『II』ではキャラクターが全体的に漫画調になるなど、主にGBのメインユーザーである児童層をターゲットにした独自性が強まっていく。
  • 本シリーズを制作したMITは、のちにこの路線を引き継いだ『デビルチルドレン』シリーズを制作することになる。
  • 2007年より2014年まで、アトラスモバイルコンテンツでフィーチャーフォン向アプリ『新約ラストバイブル』シリーズ全3作が配信されており、中でも『II』は、メガテンシリーズ屈指の鬱ゲーとの評判であった。
    • ラストバイブルの名前は付いているものの、新訳とあるとおり、移植ではなく独自路線のシリーズとなっている。