レッキングクルー'98

【れっきんぐくるー きゅうじゅうはち】

ジャンル アクションパズルゲーム

対応機種 スーパーファミコン
発売元 任天堂
開発元 パックスソフトニカ
発売日 NP版:1998年1月1日
ROM版:1998年5月23日
定価 NP版:書き換え価格3,000円→2,000円(各税別)
ROM版:3,800円(税別)
プレイ人数 1~2人
トーナメントモードは最大8人参加可
セーブデータ 1個(バッテリーバックアップ)
レーティング CERO:A(全年齢対象)
※バーチャルコンソール版より付加
配信 バーチャルコンソール
【WiiU】2016年9月28日/823円(税8%込)
備考 NP書き換え版発売後にROM版も発売
判定 なし
ポイント リニューアルしすぎた誰得リメイク
マリオの世界観から浮いたオリジナルキャラ達
オマケでファミコン版を丸々収録
マリオシリーズ・関連作品リンク


概要

ファミコン用ソフト『レッキングクルー』の続編+初代の移植。
ファミコン版から数えると実に13年ぶりの新作。
前月から供給が開始されたニンテンドウパワーの新作ソフト第2弾でもある。

オリジナルはステージ内の壁やはしごなど、すべての破壊対象物を壊すことで面クリアとなる思考型アクションだったのだが、大幅に異なる作風に変化している。

後にROMカセットでも発売された。

ストーリー

旅行からひさびさに家へ帰ってきたマリオ。しかし家の周りがうす暗くなっていることに気付く。
なんとマリオがいない間にクッパのアジトが各地に建設され、国中が日陰になってしまったのだ。
マリオは日差しを取り戻すため、レッキングクルー時代のハンマーとヘルメットを身に付け一人でアジトを壊しに向かうのであった。

(ゲーム内デモより要約)


特徴

  • '98は面クリア型アクションパズルではなく、 落ち物タイプの対戦型アクションパズル になっている。
    • オリジナルと共通するのは主要登場キャラクターと壁(パネル)を壊すことのみ。
  • プレイヤーはキャラクターを操作してフィールド内のパネルを壊していく。
    • フィールドはパネル横6枚、縦10枚。ただし、9段目以上は敗北ゾーンとなる。画面上部のライン(8段目と9段目の間)よりパネルがはみ出して3秒経つと負け。
      • パネルはキャラクターの背面の独立したフィールドに積まれていくため、パネルの状態がキャラクターの動きに干渉することはない。
    • 十字キーで移動、Bボタンでジャンプ、A,Yボタンで背面にあるパネルの破壊。Xボタンでパネルの任意追加(上から一列降ってくる)。
    • 消すべきパネルは時間経過またはXボタンで落とすか、あるいは相手の青パネルによる攻撃により下からせり上がってくる。
      • Xボタンでパネルを落とした場合、しばしば壊すと四方2マスを爆破してくれる爆弾パネルが降ってくる。
    • 画面端(1P側は左、2P側は右)にはハンドルが横列ごとに1つずつ設置してあり、これをA,Yボタンで叩くことでその列のパネルを横にスライドできる。
    • 同色のパネルを3つ以上縦または横に並べることで消える。パネルの破壊・スライドにより位置をずらして消していくことになる。
  • 4枚以上のパネルを一度に消したり、パネルを消した後にその上のパネルが落下して連鎖が起こると、パネルの色に応じた攻撃が相手フィールド内に起こる。
    + パネルの色と効果の詳細
  • 赤:触れると一定時間操作不能になる敵が土管から出てきてうろつく。連鎖や同時消しが大きいと、敵の数が増えたり大きな敵や遅い敵など厄介な敵が出たりする。
  • 青:下から新しいパネルが出てきてせり上がる。連鎖や同時消しが起きた場所と同じ相手の場所がせり上がるようになっている。
  • 緑:相手パネルの一部がブロック塀に変化してしまう。ブロックは何色でもない扱いで並べて消すことができず、一度破壊しないと通常のパネルに戻らない。
  • 黄:爆弾パネルでしか消せない鉄板が降る。緑のブロック化より数は少ないが、その分対処が困難。
  • パネルを全てなくし、モンスターもいない状態を作る(『ぷよぷよ』で言う「全消し」)と、次の攻撃が若干強力になるボーナスがかかる。
  • 同色を9個同時に消すと、ヘルメットを被ったクッパと「安全第一」の文字が描かれた巨大な看板が相手フィールドに落ちてきて、無条件で勝利となる。
    • 唐突に看板がドスッと落ちてきてゲーム終了となる有様は割とシュール。
    • 9個消しは狙おうと思えばある程度狙える程度の難易度。対人戦で発動するのは困難だろうが、CPU戦だと割と決まったりする。

評価点

  • ストーリーモードのデモシーンにおいて無個性だった旧作のキャラクターを掘り下げている。
    • ラストのクッパを焚きつけていた黒幕は実はあの人でした、というオチはだれもが納得できるだろう。
    • 同一開発元の『平成 新・鬼ヶ島』や『スヌーピーコンサート』にも見られた手書き風のグラフィックもなかなか。
  • レッキングクルーのキャラクターだけでなく、ピーチやクッパなど後に登場したマリオシリーズのキャラも参戦。
    • ヘルメットを付けて壁をたたき壊すピーチ姫を見られるのはこのゲームくらいなのではないだろうか。
  • ファミコン版『レッキングクルー』をまるまる収録している。
    • 隠しタイトルではないのでゲーム開始後すぐに遊ぶことができる。忠実移植だが、ハードの違い上、BGMの音色や効果音の違いはある。

賛否両論点

  • 個性が強烈で浮いているオリジナルキャラ
    • ストーリーの隠しルートにはオリジナルキャラがいるものの、どれも強烈な色物ばかりで、従来のマリオの世界観から比べても明らかに浮いている。
    • ねじりはちまきに腹巻の和風マリオっぽい酔っ払い大工「オヤジ」、猫娘のようなつり目おかっぱの幽霊「女の子」、大長編ドラえもんで見かけたような空飛ぶ「土偶」、ころころ転がる謎の「オニギリ」の4人(?)。おにぎりを操作できるゲームもなかなか無いだろう。ある意味本作の特色と言えるかもしれない。
      • 「オヤジ」はまだビルの解体工事という事で大工キャラ登場も分かるが、あとの3名はなぜこのジャンルのゲームに出てきたのか自体が不明。彼ら同士は「和風」という共通点があるが…
    • どいつもこいつも見た目だけでなく設定も濃いが、 個人名はない 。エンディングでは「OYAZI」「ONNANOKO」「DOGU」などとローマ字表記でキャラクター紹介がされており、この時点でやっと彼らが名無し(あるいは見た目そのまんまの名前)であったことが分かる。

問題点

  • ゲームモードが1人専用のストーリー、多人数用の対戦とトーナメントのみ。ルールもすべて対戦形式。
    • 1人でえんえんとパネルを消してハイスコアを狙うなどの1人プレイ用モードの類はない。そもそもスコアの概念がなく、最後は勝つか負けるかの世界。
  • ルール上、パネルを動かすための労力が他の落ち物パズルよりも大きいため、連鎖の影響が小さくゲームが大味。
    • 横方向に動かすにはその列のハンドルのところまでキャラを動かす必要があるし、縦方向に動かすにはパネルを壊して使えるパネル数を減らしてしまうので、そもそ連鎖が作りにくい。
    • 加えてフィールドがあまり広くないため、作れるのは2、3連鎖がせいぜいであり、連鎖しても際立って威力が上がるわけでもない。
    • 結果、時間をかけて意図的に連鎖を成立させるより、壁破壊でちまちまと消しながら4個消しや5個消しレベル程度を狙うプレイになりがち。

総評 

『レッキングクルー』のリメイク作・続編として発売されたものの、システム上や演出上は、キャラクターを借りた完全に別のゲームとも言える作品となっていたため、オリジナル版を踏襲しつつ新たな要素を付け加えたリメイク作としてのゲーム内容を期待していた人にとっては、肩透かしであった感は否めないところ。

これで落ち物アクションパズルとしての出来がよいのならいいのだが、本作は肝心のゲーム性の練りこみ不足感が否めない上、ルールも対戦のみでゲームモードも少なく遊びに幅がない、という残念な点がある。
さらにグラフィックやオリジナルキャラをはじめ開発元のカラーが強いため、本流のマリオシリーズとは違う独特の空気を放っており、この点でも好みが分かれるかもしれない。


余談

  • FC版→SFC版でジャンルが変わってしまった本作ではあるが、もともとFC版の『レッキングクルー』は先行して稼動していたアーケード作品『VS.レッキングクルー』の移植作であり、そもそものAC版が対戦プレイを主眼においた内容であり、ファミコン移植の際に1人用プレイを前提としてパズル性を高めたゲーム性に変更されたという経緯があったのである。
    • 対戦パズルゲームにジャンル替えしてしまった本作も、対戦型ゲームという観点から見ればAC版の内容を基にしたアレンジとも言える。
  • ROMカセット版パッケージがやっつけ気味。
    • 箱のマリオはゲームのタイトル画像をそのまま抜き出しただけで、ドットの粗やテレビ画面をそのまま撮影したかのようなノイズが目立つ。せめてトレースしてイラストにして欲しかったところ。
    • ラベルシールは白地にタイトル画像と活字のタイトル表記というショボさ。正規品なのにパチ物や海賊品っぽい。
    • 一応、書き換えで買ってしまった人のためにあえてそうしているとも取れるのだが、『平成 新・鬼ヶ島』はしっかり墨絵風のパッケージアートを用意していた。