WECル・マン24

【だぶりゅいーしーるまんにじゅうよん】

ジャンル レーシング
対応機種 アーケード
発売元 コナミ
開発元 テクノスター
コアランドテクノロジー
稼働開始日 1986年
判定 なし
ポイント ドリフト走行


概要

  • 擬似3Dレーシングゲーム。おそらくアウトランに対抗するために生み出された。
  • タイトルの「WEC」はスポーツカー世界選手権のこと(現行開催の世界耐久選手権の前身)で、「ル・マン24」はフランスのル・マンで行われる24時間耐久レースのこと。

システム

  • プレイヤーはハンドル・ギア・アクセル・ブレーキのみの単純な操作系統で進めていく。
    • コースを規定タイム内に4周する事でクリアとなる。
    • 専用筐体は三種類あるが、内一つが遊園地の遊具「コーヒーカップ」に良く似ており、プレイヤーがハンドルをきるたびにコーヒーカップがぐるぐると左右に回る。

評価点

  • グラフィックが丁寧に描かれている。
  • 楽曲はかっこいい。
    • 特にサウンドトラックで出たGalaxian Expressのアレンジ版は海外で高い評価を受ける。

不評点

  • ドリフトすると速度が上昇するという不思議な仕様のため、直線では直線ドリフトを多用することで早く移動できる。
    • そのため、攻略を意識すると始終スキール音が鳴り響く耳障りなゲームになる。
  • 代わり映えのしないコースを4周するだけと言うシンプルさで、ボリュームに欠ける。

総評

コーヒーカップ筐体以外特徴が無く、ボリュームも無いレーシングゲームの有象無象。だが、このゲームはそれなりに名が知れている。と言うのも、本作のポスターに使用されたKONAMIの名前とロゴの入ったレーシングカー、コナミ・スパイスSE86Cの写真がなかなか格好よく、更にその車が実際のレース、1986年に富士スピードウェイで行われたWEC IN JAPANに出場したというエピソードと、何より高い難易度とコーヒーカップという部分が、80年代末期のバブル経済を連想させるからかもしれない。