メダロット カブト/クワガタ

【めだろっと かぶと/くわがた】

ジャンル ロールプレイング
対応機種 ゲームボーイ
発売元 イマジニア
開発元 ナツメ
発売日 1997年11月28日
定価 4,179円
判定 なし
ポイント 単なるポケモンの二番煎じではない独自性
メダロットシリーズの礎
全体的な出来は荒削り
メダロットシリーズリンク


概要

講談社の児童誌『月刊コミックボンボン』にて、ほるまりん氏が連載していた同名漫画を原作とする、『メダロットシリーズ』の第1作。
ゲームコンセプトは育成要素を含むRPGであり、1996年以降大量に現れたポケモンのフォロワーの中の1つでもあるが、本作独特の要素やシステムが一定の評価を得たため、後にマルチメディアな展開をしつつシリーズ化されていった。尚、本作の独自要素はそのままシリーズの基本になっている。

特徴

  • メダロット
    • 本作のタイトルである「メダロット」とは、自律行動可能な小型*1のロボットである。
    • 「メダロット」は、骨組みである「ティンペット」・「頭部パーツ」・「右腕パーツ」・「左腕パーツ」・「脚部パーツ」・頭脳である「メダル」から構成される。プレイヤーは各種パーツやメダルを収集し、自分なりのメダロットを構築することになる。これが本作の醍醐味の1つである。
    • 詳細はこちらを参照のこと。
  • ロボトル(戦闘)
    • お互いにメダロットをリーダー(必須)+2体の最大3体まで選んだあと、相手のリーダーメダロットの頭部パーツの装甲値(いわゆるHP)を0にするまで戦う。勝利すると対戦相手のメダロットのパーツがランダムで1つ貰え、負けると逆にランダムで1つ奪われる。イベント戦での敗北はゲームオーバーとなり、やり直し。
    • 戦闘方法は極めて特殊で、本作品の最大の特徴になっている。
      • 戦闘画面を一言でまとめると、シャトルラン式バトル。あるいは往復ビーチフラッグバトル*2
      • 戦闘が始まるとお互いのメダロットが左右の画面端に分かれ(プレイヤーのメダロットは左端)、画面中央にダッシュ→もとの地点に戻るをそれぞれ繰り返す。
      • 画面端で使用するパーツを選択し、画面中央に到達したときにそれを使用する。画面中央までのダッシュが行動準備時間で、元の地点に戻るまでの時間がクールタイムのようなものである。
        ゲーム中ではそれぞれの時間を「じゅうてん(充填)」、「ねつりょう(熱量)」と表記している。*3
      • 以上のように見た目こそ奇抜ではあるが、要するにファイナルファンタジーシリーズ等でお馴染みの「アクティブタイムバトル」をメダロットの動きで直接表現したものといえる。
  • 通信
    • 対戦はパーツを賭けない「あそびでロボトル」とパーツ・メダルを賭ける「しんけんロボトル」の二種類が存在する。
    • もちろんパーツの交換もある。また、通信交換でパーツが変化するものもある。
    • ただしメダルは「交換」出来ない。この点に関しては後述する。
  • 主人公はあがたヒカル。
    • 本作での事件の解決から後々のシリーズ作品では「伝説のメダロッター」と称されることも。
      • 数年後の続編である『メダロット2』~『4』では主人公イッキの先輩ポジションとして登場。
      • 『2』の主人公イッキほどではないが、同シリーズ内での再登場も多く、イッキを超える最強のメダロッターという扱いを受けている。
  • カブト・クワガタの2バージョン発売。
    • カブトでは射撃タイプの「メタルビートル(通称:メタビー)」が主人公機として登場。火力の高い頭部のミサイルが主武装。
    • クワガタでは格闘タイプの「ヘッドシザース(通称:ロクショウ)」が最初のメダロット。成功値の高い両腕の格闘攻撃で戦う。
      • 上記の主人公機のように、どちらかのバージョンでしか手に入らないメダルとパーツが存在する。

評価点

  • オリジナリティ
    • 前述したとおり戦闘システムは他に類を見ないものであり、ゲームボーイという画面制約の厳しい環境の中で動きのある戦闘を上手く表現した点が評価されている。
    • 単純な通常攻撃だけでなく、回復・状態異常付加・トラップ・味方を庇う…などパーツ毎に異なる戦闘行動は多種多様なため、組み合わせ次第で様々な戦略が立てられる要素は揃っている。
  • 豊富なサブイベント。
    • メインのストーリーはそれほど長いものではないが、その分サブイベントが充実している。
    • 隠しメダルやパーツ探しなどのやり込み要素もそこそこある。
  • マルチエンディング。
    • 幼なじみのあきたキララ、メダロット博士の孫アキハバラナエのどちらかとある程度仲良くなると、そのヒロインとの特別なエンディングを迎える。ゲームボーイ、しかもRPGでこのような要素というのは当時としては斬新で、『2』を初め以降のシリーズ作品のいくつかにも採用されている。

問題点

処女作ゆえに、システム関係は全体的に荒削りである。

インターフェイスに関する問題点

  • 会話文に名前も顔グラフィックも表示されないので「誰が何をしゃべっているのか」が把握しづらい。
  • メニューやメダロット組み立て時、画面が切り替わる度にわずかながらロードが入る。
  • メダロットのゲーム内グラフィックが微妙。
    • 攻略本などでのイラストと見比べてみると、ゲーム版は全体的に頭身と横幅の比率がアンバランスになっている。
  • メダルは交換できないが、通信でしか手に入らないメダルが存在する
    • 前述したが、メダルを通信交換する機能は本作にない。しかし、通信対戦の「しんけんロボトル」で勝利してメダル強奪が発生した際に特定のメダルを奪い取ると、奪ったメダルが変化して入手可能になるものが存在するのである。
    • 通信強奪で変化するメダルは4枚。カブトVer.かクワガタVer.によって変化後が異なるので、都合8枚もこの方法でしか入手できないメダルが存在する。
    • 「しんけんロボトル」で勝利した際にメダル強奪が発生する確率は20%。このため、メダル交換目的でヤラセ試合をしても、運が悪いと相当時間がかかる。8枚すべてを1つのカートリッジに集めるとなると尚更である。なぜ素直にメダル通信交換機能を付けなかったのかは謎。
    • 説明書にも攻略本にもこの仕様について詳しく書かれておらず、「通信でメダルが手に入る」という曖昧なものになっている。詐欺とまでは言わずとも、かなり不親切。
    • ちなみに、既に持っているメダルと同じものを強奪すると、持ってる同名メダルのすべての熟練度が4上がるかわりに奪ったメダルが消滅する。要するに、同じメダルを2枚以上は持てない仕様になっている。
  • マルチエンディングの問題。
    • 学校にある女子トイレにうっかり入ってしまったが最後、キララ&ナエ共に攻略不可能になりバッドエンド(ヒヨコ売りルート)が確定する。事前警告も標識の類も全く無いので、知らずにフラグをへし折ってしまったプレイヤーも多々いた。
      • 別に入らなければ何の問題も無いし、女子トイレで入手できるアイテムの類も無いので、気付かない人もいた。しかしこの手のRPGを「全アイテム入手のために、全ての部屋を隅々まで探索し、全ての人に話しかける」プレイヤーは大抵一度は犯してしまったと思われる。
      • 尚、この手の女子トイレにうっかり入ってしまい中にいた女子に追い出されるor慌てて出て行くイベントは以降のシリーズでも恒例のものになっている。ただしいずれも特にデメリットはない。
    • キララの攻略は簡単だが、ナエを攻略する場合はストーリーとは関係ないイベントを何度もクリアしていかねばならない。終盤のメダロット暴走時に学校の教師(理科と保険の先生)にパーツを渡すイベントもフラグの一つなのだが、うっかり保険の先生から先に渡してしまうと理科の先生に渡せなくなる。もし両名に渡せなければ即詰み。

戦闘に関する問題点

  • 戦闘バランスが悪い。
    • リーダーを集中攻撃すれば戦闘は終了になるので、シナリオを進める分にはわざわざリーダー以外のメダを倒すメリットが薄い。
      • 一応多くの敵を倒せば取得できる経験値が増えるというメリットはある。本作のメダルの能力(熟練度)上昇はレベルアップ時に限られており、強いメダルを育成したい場合はレベルアップまでに出来る限り多くの行動をとる必要があるため、その稼ぎとして僚機に攻撃する意味は存在する。
    • 基本的に防御役のメダロットを1体作り、攻撃役2体でリーダーを集中攻撃すれば大抵はどんなロボトルでも勝てる。
      • これを受けてか、以降の作品では防御役を打破するのに向いている行動方法が追加されていくことになる。
  • 戦闘中、敵味方お互いのメダロットは全パーツのHPを足した総合HPしか表示されず、他のパーツのHPはどれくらいあるのかが把握しづらい。
    • 各パーツのHPが表示されるようになるのは『3』になってからだった。
    • 後述のリメイクである『パーフェクトエディション』では各パーツのHPが表示されている。
  • ストーリー中に入手できるメダルが防御・補助向きのものばかりである。
    • 通信強奪の8枚やクリア後入手可能メダルに攻撃向きのものが固まっているせいである。
    • シリーズを通して一回の戦闘が長めなことは問題点に上げられるが、火力不足が常に付きまとう本作ストーリープレイ中は一層顕著に現れる。
  • 女性型メダロットが実戦向きではない。
    • 全体的にパーツの装甲が薄く、直接攻撃出来るパーツも少ない。パーツ数も男性型より少ない。
    • 回復や復活、最多回数の完全防御といった特殊な機能を持つ機体こそいるが、無理して利用するほどでもない。
  • エンカウントが多い上に逃げるには消費アイテム「ロボロボメダル」を使う必要がある。
    • エンカウント率を下げるor無効にするアイテムなどもない。
    • そのロボロボメダルを入手する手段は主にロボロボザコとの戦闘報酬。倒せば確実に1つ入手できるとは言え、エンカウントを回避するためにエンカウントを狙うというおかしな事態に。
  • 戦闘曲が1曲だけしかない。ラスボス戦ですら通常戦闘曲である。
    • 一応、その戦闘曲はシリーズで人気の曲であり、以降のシリーズにも使われている名曲ではあるのだが。
  • ラスボス「ビーストマスター」(のパーツ)がコンビニで買える。しかも対峙する前に、である。
    • 挙句、『2』以降のシリーズが原作であるアニメ版メダロットでは1話から右腕パーツが登場する始末。ラスボスの威厳はいずこへ…。
      • 一応アニメでは後にパワーが強すぎて販売を見送ったプロトタイプとして超強力な固体が登場。また、漫画版『2』では普通にコンビニに売ってるが突如販売された謎の機体*4と言うことになっている。*5
  • 問題点とは趣が異なるが、初期作故にメダルの性格が本作独自のもので、成長方法やロボトルへの影響度がどのようなものであるかを具体的に説明されていないなど、やや不親切な部分がある。
    • 一応遠回しながら攻略本や後発の『パーツコレクション』などで説明されている。数値の上げ方などはファンの手によって明らかにされている。

総評

全体的に荒削りな部分が目立つが、「ロボットもの」・「育成ゲーム」といった定型にとらわれず、独自の遊びを提供した作品である。 それゆえに、ポケモンライクゲーが現れては消えていく中で、息の長いシリーズになったといえる。
システムの難点のうちの幾つかはシリーズを重ねるごとにで改良されていったため、続編の中には名作たる評価を得たものも存在する。

移植・リメイク

  • 99年にはワンダースワンにてリメイクである『パーフェクトエディション』が発売された。
    • グラフィックの大幅刷新やパートナーメダロットが喋るなど、かなり好評な出来。
  • 2004年には本作のリメイクである『真型メダロット』が発売された。
    • キャラクターデザインがメダロットの雰囲気と大きく異なる上に、ストーリーはほぼそのまま、メダロットの性能は『2』のリメイクである『弐CORE』とほぼ同様の使い回しと、メダロッターからはかなりの酷評を受けることになってしまった。

余談

  • 本作の漫画版は以降のシリーズとは違い、ゲーム版とストーリー展開がほぼ同じである(ロボトルトーナメント、ロボロボ団の暗躍など)。
    • もちろん完全なトレスではなく、漫画オリジナルの展開も存在する。
      • ラスボスであるビーストマスターに至っては、初戦時に主役機であるメタビーを小学生のトラウマになるぐらいに破壊するなど、ゲーム版以上に恐ろしさが強調されている。
  • ロボトル中の「風向き」などのように開発者自身も気づかなかった隠し仕様が組み込まれていたりする。

メダロット パーツコレクション

【めだろっと ぱーつこれくしょん】

メダロット パーツコレクション2

【めだろっと ぱーつこれくしょん つー】

ジャンル ロールプレイング
対応機種 ゲームボーイ
発売元 イマジニア
開発元 ナツメ
発売日 P1:1998年3月20日
P2:1998年5月29日
定価 4,179円
判定 なし
ポイント 初代メダロットのパワーアップキット

通称「パーコレ」。“パワーアップキット”という触れ込みであり、本編に登場する全てのパーツとメダルを手に入れることができる。
もちろん、本編カブト・クワガタバージョンと通信する事が可能。 本記事ではこの2本をそれぞれ『P1』、『P2』と扱う。

概要(パーツコレクション)

  • 主人公は本編の脇役であるパディ。
    • 魔女ミルキーにさらわれたユウキを助けるというストーリーだが、展開は次々と現れるメダロッターを倒す“だけ”という単調極まりないものなのであってないようなものである。
    • 限定生産品だったが、後に追加生産分として主人公がユウキになった『P2』も発売された。
      ストーリーと内容はほとんど同じなので、余程のファンでもない限り両方買う必要はない。

本編との相違点

  • 初期パートナーの違い。
    • 『P1』・『P2』共に最初に手に入るのは本編でのパディ・ユウキが愛用するクマ型とザリガニ型のメダロット。
  • パーツセッティング時、性別の影響を受けない。
    • 本作で手に入るティンペットはグラフィックこそ従来の男性型・女性型だが、なんと「両性ティンペット」と扱われる。
      • 主役機のパーツに女物の脚部を付ける…などとネタ構成を楽しむことができるが、上記の通り第一作の女性型パーツは非力なものが多いため実践面での利点はあまりない。
  • 一部グラフィックの描き直し・追加。
    • 歩行時のグラフィックの大半は新規。主要・モブ問わず新たに追加されたキャラも多い。
    • ラスボスであったビーストマスターに戦闘前フェイスグラフィックが追加されるなど。
  • 本編で戦う機会のなかったキャラクターの追加
    • 戦う機会のなかった主人公の母親や「みずぎギャル」のような本編未登場のモブなどが対戦相手として登場。
      • なお、「本編未登場のキャラクターや本編に登場していながら戦うことに無かった主要人物やモブといったキャラクターと戦える」要素は以降の『パーコレ』シリーズでも恒例行事となっていった。

『P1』と『P2』の相違点

『P2』は『P1』の主人公差し替えということで、基本的なゲーム内容は全く同じと言えど、以下の相違点が存在する。

  • 主人公と一部設定が異なる。
    • 『P1』ではパディが主人公となり、物語の舞台設定は彼女の夢の中となる。魔女ミルキーにさらわれた王子ユウキを助け出すために3つの塔に挑む。
    • 『P2』ではユウキが主人公であり、物語の舞台設定は彼が作ったゲームの中となっている。魔女ミルキーにさらわれた王女パディを(略)
  • 各種キャラクターとの会話内容や一部イベントCGが異なる。
    • 主人公が違うと言えど、変な手の込みようである。
      • 物語冒頭のカットをはじめとする『P2』主人公のユウキのプレイボーイっぷりはある意味必見…かもしれない。
      • 余談だが、スーパーゲームボーイ使用時の専用ウィンドウもそれぞれ描き分けている徹底ぶり。
  • 主人公の入れ替わり・舞台設定の変更によって、一部イベントの内容もそれに準ずる形で変更されている。

評価点(パーツコレクション)

  • ゲームをクリアすればすべてのメダルとパーツが手に入る。
    • 本編で入手回数が限られていたり、期間限定で取り逃したメダル・パーツも、本作があれば通信で持ってきてメインデータでコンプリートできる。
    • 周回プレイすれば主人公機やボス格機体など、希少な機体も複数揃えられる。
    • 通信対戦のメダル強奪によって同種のメダルを奪った場合の熟練度上昇を逆手にとって、「本編とパーコレを対戦→パーコレからメダルを奪う→ダブって本編のメダル能力アップ→パーコレのデータを初期化」を繰り返すことで本編セーブデータの全メダルを育成することができる。
      • 一応、毎回データをリセットする手間とメダル強奪が成功するまで粘る必要があるが。
    • 続編『メダロット2』では「クリアすると前作からメダルやパーツをコピーする機能」があるため、本作があると『メダロット2』でのメダル・パーツ集めにも役に立つ。
      • さらに言えば、『2』とパスワード転送でパーツのやり取りができる『メダロットR』のパーツ集めでも本作の存在が生きることとなる。 この辺になると完全にメダロットコレクター向けであるが。
  • 本編プレイでは分からないゲームの仕様を教えてくれるキャラがいるなど、メタなネタがちりばめられている。
    • 本編ヒロインの1人が「攻略フラグが複雑になってしまってごめんなさい」と謝罪したり、ラスボスが「パーツの威力は破壊的だが行動速度の遅さも破壊的」などと自虐めいた発言をするなど。
      • あくまでも主人公の夢の中(あるいは主人公が作ったゲーム)という設定だから無し得る物とも言えるか。

問題点(パーツコレクション)

  • 本編を持ってない人にはお勧めできない。
    • ゲーム起動時にも表示されるが、『パーツコレクション』はあくまで「本編の拡張キット」である。
    • 『P1』・『P2』共に基本的に「1フロアにいる相手を倒し、塔を登り続けるだけ」であるため、詳細なストーリーや新キャラなどがあるわけではなく、淡白。
  • 本編を持っている人でも作業ゲーになりがち。
    • 前述の通り、サブイベントすらないため。あるのは果てしないロボトルだけである。
    • 序盤に手に入るメダルやパーツの関係上非力になりがち…だからと言って、本編から強力なパーツを持ってくるとさらに作業感が増す。
  • 基本システムは本編と同じ。
    • 戦闘システムやインターフェースの問題点はそのまま。
  • カブト・クワガタの主役機が手に入るイベントのみ見落としやすい。
    • ゲームクリア後にある場所を調べると現実世界に戻る。その時に特定の箇所を調べるとなぜかさらわれた対象が現れ戦闘となり、勝利すると入手できる…というもの。
    • 調べる場所自体は目星が付くが、ノーヒント。因みに現実世界で調べることができる場所も(カブト・クワガタそれぞれ)2か所存在する。
  • PRの文章について
    • 「限定生産品の為数に限りがございます。弱いメダロットをお持ちの方はご遠慮くださいなーんちゃって。」という文章は「サポートキットを売り込む側として如何なものか」と言われることも。

余談(パーツコレクション)

  • 限定生産品だが『ニンテンドーパワー』のGB書き換えのラインナップに『P1』が含まれていた事もあった。
    • ゲームの内容が重複しているせいか、残念ながら『P2』は書き換えのラインナップに含まれていない。ちなみにニンテンドーパワーは『P1』『カブト』『クワガタ』とほぼ全ての初代メダロットシリーズが配信されていたこともあってか、『P2』は初代メダ唯一の未配信タイトルになってしまった。
  • 「パーコレ商法」の誕生
    • 以後『パーツコレクションシリーズ』は『2』・『R』・『3』と全部で4(5)作発売されることとなる。
      • 対応した作品に登場したパーツ・メダルが手に入るというのは共通するが、『2』のパーコレは『2』のパーツ・メダルのみ、『R』のパーコレはよりによってパーコレ単体でもパーツがすべて揃わないという問題作となっている。
      • 一応『3』のパーコレはパーツ・メダル共にきちんと揃い、本編ほどとは言わないが手の込んだシナリオやサブイベントが用意されているため、ファンからの評価もそれなりとなっている。
    • 本編では登場しないメダル・パーツを用意しておき、パーコレで入手可能にする、という今でいう「アンロック商法」に近い。
      • 『ポケモン』のように地域や期間が限定されることが無い点はマシだが、結果的には「本編未満のボリュームのソフト1本を購入しなければいけない」という点ではタチが悪い。
      • 『メダロット4』以降は廃止された。この点は反省したと前向きに捉えてもいいだろう。
      • もっとも後に皮肉にもパーコレを排したことが裏目に出てしまった作品もあるのだが。
  • 本作の悪役を務めている魔女ミルキーは『2』以降は本編シリーズでのキャラクターとして登場している。
    • ちなみに使用メダロットは初出となる本作では本編の主役メダロットの流用だったたが、『2』以降の作品ではサンウィッチーといった魔女型のメダロットを愛機として使用するようになった。